丸山塾での成功者が多い理由がわかった

丸山塾での成功者が多い理由がわかった

丸山塾での成功者が多い理由がわかった

【お知らせ】丸山広樹+アフィリエイト塾(2017年 後期)の新規募集がスタート

丸山塾(2017年 後期)の新規募集が、2017年10月18日からスタートしました。申し込みは以下のリンクから可能です。

丸山塾のテキスト(1期〜6期)を全て読み終わった

先週購入した丸山塾全テキスト&動画ですが、ようやく1期〜6期のテキストと、動画を見終わりました。テキストそのものは、1期から6期まで各期毎に用意してあるのですが、手法のベースそのものは1期から6期まで全く同じです。ただ細かな部分において検索エンジンアルゴリズムに合わせた形で、若干の変更が加えられています(中古ドメインや日本語ドメインなど)。

動画もたくさん用意されていますので、テキストで得た知識を補完することができました。

さらには丸山塾長の運営するアフィリエイトサイトを独自に200サイト以上探し出し、すべてのサイトに目を通しました。

1期から6期まで通してテキストを読み込み、実際の運営サイトを200サイト以上チェックしたことで「なぜ丸山塾には成功者が多いのか?」その理由がよくわかりました。

極限まで簡略化された丸山塾の作業工程

御存知の通り、丸山塾でおこなう作業は極めてシンプルです。数行で説明できます。

  1. 商品を決める
  2. ドメインを取る
  3. サイトを作る
  4. リンクを送る

この繰り返しです。特別なことは何もおこなっておらず、ただこの繰り返しが丸山塾のノウハウです。シンプルだからこそ再現性は極めて高く、テキスト通り作業を行なえば誰でもある程度の実績は出せる内容です。

丸山塾の本質は”ペラサイト量産”ではない

ところで「丸山塾はペラサイトの量産である」と認識されている方が多いのではないでしょうか。その認識は間違っていないですが、本質を捉えきれていないと思います。

丸山塾の手法の本質(戦略)は、成約率の高そうなキーワードで上位表示を狙うというものだと私は考えています。成約率の高そうなキーワードとは、検索意図が明確であり、なおかつ実際に検索されているキーワードのことです。言い方を変えれば、「今すぐ客が検索するであろうキーワード」「購入一歩手前のキーワード」です。

狙ったキーワードで上位表示を狙うために自演リンクを積極的におこないます。飛ぶこと(ペナルティ)を前提にサイト作るため、サイトを量産することでリスクヘッジします。つまり、「自演リンク」や「ペラサイト量産」は戦術にすぎないということです。

中古ドメインや日本語ドメインを使うことも、上位表示を狙うための戦術の一つです。本質は、成約率の高そうなキーワードで上位表示を狙うことです。

15秒のテレビコマーシャル

私のイメージですが、丸山塾のペラサイトは15秒のテレビコマーシャルに近いと思います。丸山塾のペラサイトの文章はそれほど多くありません。質の高いコンテンツというよりは、アフィリエイトリンクへの自然な誘導文という印象です。

極論ですが、読まれることをそれほど意識していない文章とも言えます。ターゲットを広告主サイトへ誘導するためだけのサイト構成に徹している感じです。非常にシンプルで完結しており、いっさいのムダがありません。購入に近いターゲットを集めるためのサイトを作っているので、余計な説明は不要です。おそらくサイト滞在時間は数秒でしょう。

一方、私が運営しているアフィリエイトサイト(パワーアフィリエイト)は、60分の通販番組のイメージです。ユーザー(ターゲット)が疑問に思っていることや、不満に感じていることを、ひとつひとつ解説していくコンテンツを用意しています。ユーザーの悩みを紐解き、具体的な解決策としてアフィリエイト商品・サービス(広告リンク)を紹介するという流れです。

様々なコンテンツを用意することで何度もアクセスしてもらい、信頼関係を築いた上で購入に至ります。サイト滞在時間は数分〜となります。ロングテールキーワードでの集客が中心となるため、購入前提のユーザーだけでなく、購入から遠いユーザーも集めることが可能になります。

”ペラサイト量産”には必然性がある

丸山塾のペラサイトと、数十ページ〜百数十ページの大規模サイトですが、どちらが良いとか悪いとかの話ではないと思います。結局のところ、キーワード次第だと思います。そのキーワードで検索してきたユーザー(ターゲット)にとって、どのようなコンテンツを返せば正解なのか?ということです。

単純に商標名キーワードのみで検索してきたのであれば、すぐに広告主に誘導してあげることが正解でしょう。その場合、(極論ですが)コンテンツは必要ありません。ただ単に「公式サイトはこちらです」の一言でOKです。もっと極端に言えば、商標名キーワード(単体)で検索してきたら、公式サイト以外は不要ということになりますね。

一方「商標名+複合キーワード」で検索された場合は、その複合キーワードが意図するターゲットの思考を正しく読み解き、適切なコンテンツを用意してあげる必要があります。

「商標名+副作用」であれば、その商品(サービス)の副作用を気にしていると考えられますので、副作用の有無や具体的な副作用の内容、また副作用を防ぐための方法など、ターゲットの不安を取り除いてあげるコンテンツを用意する必要があります(一例です)。

購入から遠いところに位置するユーザーであれば、なおのこと、ユーザーに納得してもらうだけのコンテンツが必要とされます。遠ければ遠いほど、必要とされるコンテンツの量は増えていきます。

つまり検索されるキーワード(狙うキーワード)次第で、返すべきコンテンツのボリュームは変わってくることになります。1000文字以上の記事を書いても、キーワードとズレたコンテンツを書いていれば、ユーザーはサイトを閉じてしまいます。ペラサイトであっても、検索キーワードにマッチしたコンテンツが用意してあれば、100文字以下でもOKということになります。

ペラサイトがダメなのではなく、キーワードに対して正しく答えていないコンテンツがダメなのです。

キーワード戦略はシンプルだが、ここが最も重要なポイントだ

テキストで解説されているキーワード戦略も至ってシンプルです。丸山塾では、成約率の高そうなキーワードを非常にシンプルな方法で探しています。恐らく拍子抜けするほど簡単な方法です。しかし、私はこのキーワード選びが非常に重要なポイントを占めていると感じました。

丸山塾は基本的にはロングテールを狙っていません。意図が明確なキーワード、かつ実際に検索されているキーワードを選びます。このポイントがズレると上位表示されても成約のできないサイトになってしまいます。

テキストではさらっと解説されているため、初心者が理解するためには塾でのサポート(サイト診断など)が不可欠でしょうね。もしくは、私がしたように丸山さんの運営サイトを大量に見つけてきて、サイト構成(H1タグやサイトタイトルなど)を検証すると良いと思います。

キーワードを決めたら、あとはひたすらペラサイトを作っていきます。そして上位表示させるために無料ブログなどからリンクを送ります。

キーワードを選ぶ際に上位表示できるかどうかをある程度見極めますが、結局はライバルサイトの相対的な強さなどが影響しますので、やってみなければわかりません。

サイトの順位によってはさらに施策(サテライトサイトからの自演リンク)を施す場合もありますし、上がらなければ放置です。

作業効率を重視した”ペラサイト戦略”

丸山塾の本質は成約率の高そうなキーワードで上位表示を狙うことです。

そして上位表示させるために裏ワザ(サテライトサイトからの自演リンク)やドメイン戦略を駆使します。結果的に飛ばされる(ペナルティを食らう)可能性が飛躍的に高まります。

だからこそサイトの量産が必要になるわけですね。飛ばされても飛ばされても一定数のサイトが検索結果に残るようにするために、ある程度のサイト数の維持が求められます。

大量のサイトを継続的に作成するための作業効率を上げるには、ペラサイトが一番です。ペラサイトの作成には時間もかからず、少ない労力で済みます。サイトを大量に作るにはペラサイトが最適です。

だから丸山塾ではペラサイトを作るのですね。

自演リンクはGoogleのアルゴリズム(Payday Loans)に捕まるか?

丸山塾のノウハウは、驚くほどシンプルです。そして再現性も高いと感じました。テキスト通り作業をすれば、誰がやってもほぼ間違いなく成果は出ると思われます。

ちょっと気になったのは、サテライトサイトからの自演リンクです。丸山塾のテキストを読んでいるときに、タイムリーにGoogleのアルゴリズムによる順位変動がありました(2014年5月18日〜20日)。

今回の順位変動では、かなり大きな動きがあり、多くのアフィリエイトサイトが順位を落としたとウワサされています。パンダアップデート4.0とともに、Payday Loansと呼ばれるスパムサイトを排除するためのアルゴリズムが更新された結果のようです。

ここでいうスパムサイトとは、特定のキーワード結果で表示される不自然サイトであり、過度なリンク施策をおこなっているアフィリエイトサイトなども含まれると考えられています。

今回の順位変動(2014年5月18日〜20日)によって、丸山塾の塾長のサイトや塾生のサイトはどうなったのか?気になりますね。

短期的な利益を繰り返し狙う(だから飛んでもOK)

Googleによって自演リンクがどこまで(どの程度まで)捕捉されるのか、やってみなければわかりません。丸山塾では、ガチガチに被リンクを施すわけではないので、それほど影響は出ない可能性もあります。

そもそも、作ったサイトが飛ばされることを嫌がる人には、丸山塾の手法は向いていないですね。飛ばされることを前提にサイトを量産し、短期的な利益を繰り返し狙っていくことができる方であれば、丸山塾の手法は向いていると思います。

作ったサイト全てがヒットすることなどハナから考えておらず、10サイト作って2〜3サイト当たればラッキーという考え方です。

仮に上位表示できて成果が出たとしても、いつ飛ばされる(ペナルティを食らう)か判りません。1か月後に消えるかもしれませんし、もしかしたら今日、飛ばされるかもしれません。飛ばなければラッキー、飛んでも仕方がない、というマインドです。この割り切り感が、潔(いさぎよ)いですね。

丸山塾長の運営サイトを”218サイト”見つけました

今回のGoogleアルゴリズム更新によって、丸山さんのサイトは順位を落としたのか?結構、気になる方は多いのではないでしょうか?

テキストで紹介されている丸山さんのサイトは、その大半が消えています(テキストが古いことと、サイトが飛ばされるなどの要因で、ドメイン更新がされていないものが多いと考えられます)。

今回、2時間ほどかけて、丸山塾長の運営するメインサイト(アフィリエイトサイト)を218個、拾い出しました。218サイトといっても、丸山さんが所有しているサイト群のほんの一部だと思います。しかも稼ぎ柱のサイトを拾えているかどうかも全く不明です。

この218サイトを一度に眺めると、様々なことが見えてきます。

テキストや動画では、具体的にわからなかったノウハウの真髄なども理解できます。キーワードの選び方、サイトタイトルの付け方、H1タグの選び方、ヘッダー画像の特徴、サイト構成の特徴、そして丸山さんならではの独特のライティング技術等など。

丸山塾で成果が上がっていない方は、是非、丸山さんのサイトを100個以上探し出し、それらを分析することをオススメします。私だったら、丸山さんの全サイト(200サイト)の文章をそっくりそのままノートに(手書きで)写経して、独特のライティングスキルを盗むでしょうね。

丸山さんのアフィリエイトサイトは、ちょっとしたコツがあれば、誰でも簡単に探すことができます。

※2016年11月より丸山塾第7期が開講します。私は第7期に入塾することを決めました。詳しくは以下の記事に記載しています。

【お知らせ】丸山広樹+アフィリエイト塾(2017年 後期)の新規募集がスタート

丸山塾(2017年 後期)の新規募集が、2017年10月18日からスタートしました。申し込みは以下のリンクから可能です。

 よく読まれている記事

ルレア(LUREA)購入レビュー
ルレアのロングレンジ戦略を加速させる方法【その1】

ルレアが大量の”アフィリエイト挫折者”を生み出している!? ルレアのミドルレンジ戦略を成功させるためのたった一つの重要な思考 ルレアのロングレンジ戦略をそのまま実践しても成功しない…

ルレア(LUREA)購入レビュー
ルレア(LUREA)のロングレンジ戦略をそのまま実践しても成功しない理由とは?

LUREA(ルレア)が大量の”アフィリエイト挫折者”を生み出している!? ルレア(LUREA)のミドルレンジ戦略を成功させるためのたった一つの重要な思考 ルレアのロングレンジ戦略を…

アフィリエイトファクトリー
【あれから1年】2014年、アフィリエイトファクトリーの放置サイトはどうなったか?

1年経過して30個の放置サイトはどうなったか? 質の低いサイトがGoogle大変動の影響を受けて順位を落とした ちょうど1年前に、アフィリエイトファクトリーで作成した30サイトを放…

丸山塾第7期がいよいよ開講します
丸山塾第7期がいよいよ開講します

【お知らせ】丸山広樹+アフィリエイト塾(2017年 後期)の新規募集がスタート 丸山塾(2017年 後期)の新規募集が、2017年10月18日からスタートしました。申し込みは以下の…

丸山塾【第7期】に入会します
【本日20時】丸山塾第7期募集スタートします

【お知らせ】丸山広樹+アフィリエイト塾(2017年 後期)の新規募集がスタート 丸山塾(2017年 後期)の新規募集が、2017年10月18日からスタートしました。申し込みは以下の…

LFM-TVをヤフオクで手に入れることの危険性
【危険】LFM-TVがヤフオクで手に入る?

LFM-TV 【検証とレビュー】 販売終了の「LMF-TV」がヤフオクに出品されている件 私がアフィリエイトを始めた当初(2012年)は、素晴らしい教材がそろっていました。 アフィ…

アンリミテッドアフィリエイト
Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)【検証とレビュー】

私が最も影響を受けた商材…「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」 情報商材レビューの原点ともいえる”王道商材” 情報商材レビューサイ…

1ラウンドアフィリエイト
1ラウンドアフィリエイト【購入レビュー】

1ラウンドアフィリエイトを購入しました ”ライバル不在の市場”を見つけ出す秘策など本当にあるのか? 1ラウンドアフィリエイトは、サイトアフィリに特化した教材です。A8などの物販系商…

ルレア(LUREA)購入レビュー
ルレアプラス(LUREAPlus)の「ミドルレンジ関連キーワード戦略」レポートを読むべきたった1つの理由

ルレアプラス(LUREAPlus)別冊「ミドルレンジ関連キーワード戦略」(全94ページ)とは? 当サイトでA評価のルレアプラス(LUREAPlus)ですが、読者の方からミドルレンジ…

ルレア(LUREA)購入レビュー
LUREA(ルレア)が大量の”アフィリエイト挫折者”を生み出している!?

ルレアのミドルレンジ戦略を成功させるためのたった一つの重要な思考 ルレアのロングレンジ戦略をそのまま実践しても成功しない理由とは? ルレアのロングレンジ戦略を加速させる方法【その1…

丸山塾【第7期】に入会します
丸山塾【第7期】が始動した

【お知らせ】丸山広樹+アフィリエイト塾(2017年 後期)の新規募集がスタート 丸山塾(2017年 後期)の新規募集が、2017年10月18日からスタートしました。申し込みは以下の…

石田塾第8期
石田塾「第8期」が始動

9年ぶりに石田塾「第8期」が開講 石田塾が9年ぶりに再開します。石田塾とは、石田健さんによるアフィリエイト塾です。第1期はなんと2004年11月です。今から12年前です。そして20…