丸山塾の本質は”ペラサイト量産”ではない

丸山塾の本質は”ペラサイト量産”ではない

丸山塾の本質は”ペラサイト量産”ではない

S評価商材

【お知らせ】丸山広樹+アフィリエイト塾(2017年 後期)の新規募集がスタート

丸山塾(2017年 後期)の新規募集が、2017年10月18日からスタートしました。申し込みは以下のリンクから可能です。

丸山さんの運営サイトは、ペラサイトではない

前回の記事で、丸山塾長の運営サイトを218個拾った話を書きました。

今回、2時間ほどかけて、丸山塾長の運営するメインサイト(アフィリエイトサイト)を218個、拾い出しました。218サイトといっても、丸山さんが所有しているサイト群のほんの一部だと思います。しかも稼ぎ柱のサイトを拾えているかどうかも全く不明です。

引用:丸山塾での成功者が多い理由がわかった

運営サイトは、芋づる式に拾い出ししました。

この218サイトを眺めていると色々なことがわかります。やはり上手くいっているアフィリエイターのサイトは参考になります。

丸山さんのサイトにおいて特筆すべき点が1つあります。それは、218サイトのうち半数以上がペラサイトではなかったということです。つまり、218サイトのうち114サイト(52%)が、複数の記事で構成される中規模〜大規模サイトだったのです。残りの104サイトは、ペラサイト(メインページだけのもの、もしくはそれに運営者情報ページを追加したもの)でした。

たまたま私が拾ったサイトに偏りがあったのでしょうか?機械的に丸山さんのサイトを抽出したつもりだったのですが、被リンクのつながりで中規模サイトが芋づる式に拾えたのかもしれません。

丸山塾のノウハウを、ペラサイトの量産だと捉えているアフィリエイターは多いと思います。そして塾長である丸山さん自身もペラサイトを大量に運営しているという印象を持っていると思います。ところが、たまたま私が拾ったサイト(218サイト)の内、半数以上が中〜大規模サイトでした。この意外な事実に驚く方もいるのではないでしょうか?

「ペラサイト→パワーサイト」の流れは当然のこと

おそらく丸山さんは全てのサイトをペラサイトからスタートしていると思います。狙ったキーワードでペラサイトを作り、そのサイトが「稼げる」とわかってからページを追加していき、サイトのパワーをアップさせているのではないかと推測しています。

そもそも稼げるかどうかわからないサイト(ペラサイト)に、記事(ページ)を大量に追加する作業は、合理的ではありません。そのサイト(キーワード)で「稼げる」とわかったからこそ、記事(ページ)をどんどん追加していき、検索エンジンの評価を高めることで、ライバルサイトよりも更なる上位表示を狙っていく、という戦略だと考えます。

ペラサイトという構成でも、狙ったキーワードで上位表示できれば、それ以上そのサイトに施す施策はありません(丸山式の場合)。上位表示しても成約できなければ、そもそもキーワードがズレていた、もしくはコンテツが正しくなかったということになります。

その場合、キーワードに対して正しいコンテンツを入れることで成約する場合もあると思いますし、そのキーワードで商品に結び付けられるコンテンツ(導線)を設計し直すことで、成約するサイトに生まれ変わるケースもあると思いますが、恐らく丸山さんの場合は、そのまま放ったらかしのような気がします。それよりも、新たなキーワードで新サイトを作ることに注力するのでしょう。

一方、ペラサイトで上位表示していない(検索結果2ページ目以降)にもかかわらず、成約するサイトがあれば、それは大きな可能性を示唆します。そのサイトは、ペラページであってもユーザー(ターゲット)に正しく訴求できている可能性が高いからです。

仮にそのサイトを上位表示(検索結果1ページ以内にランクイン)させることができれば、アクセスも飛躍的に増え、結果的に成約数の増大につながります。

上位表示させるためには、ライバルサイトよりも相対的な評価を高めていく必要があります。被リンクの数を増やしたり、サイトのコンテンツを充実させることが、評価にプラスしていきます。

丸山さんのサイト展開(ペラサイト→パワーサイト)の流れとしては…

  1. ペラサイトを作る
  2. 様子を見る
  3. 成約するサイトがあれば、ページを追加していく

という感じではないでしょうか。

”成約率の高そうなキーワードで上位表示を狙う”

丸山塾において、重要な事はペラサイトを量産することではありません。前回の記事でも書きましたが、最も意識すべきは”成約率の高そうなキーワードで上位表示を狙う”という戦略です。ペラサイトの量産は、スタートであり戦術のひとつにすぎません。

ペラサイト構成であっても、狙ったキーワードで上位表示できればOKです。成約してもしなくてもこの段階で完了です。成約しなければ単にキーワードの狙いが外れたということです。もしも、狙ったキーワードで成約するペラサイトが出てきてそのサイトが上位表示できていなければ、ペラサイトに記事を追加して評価を高めることで上位表示を狙っていく。

まさに選択と集中ですね。限られたリソース(時間や労力)を活かすには、非常に合理的で効率のよいアフィリエイト戦略だと思います。

本質を見誤ると、上手くいかない

丸山塾ノウハウの本質は、ペラサイト量産ではなく”成約率の高そうなキーワードで上位表示を狙う”という点にあります。まさにアフィリエイトの王道であり、正攻法です。この本質を理解せずに、ただ単にペラサイトばかりを量産していても、なかなか成果は出ないと思います。

成約率の高そうなキーワードを拾うことが最重要であり、その次に上位表示させることが重要なポイントです。サイトの量産そのものは、必要に迫られておこなっているだけです。サイトを量産することで「成約しそうなキーワード」のヒット率が高まり、なおかつ「上位表示できるキーワードのすき間」を見つけることができ、さらに「ペナルティでサイトが飛ぶリスク」を分散することができるわけです。

ペラサイトを量産しているのに、なかなか成果を出せていない丸山塾生は、この点(本質)を再確認したほうが良いかもしれませんね。

成約率の高そうなキーワードとは?

では、成約率の高そうなキーワードとは、いったいどのようなキーワードなのか?検索意図が極めて明瞭で、なおかつ実際に検索されているワード、であると私は考えています。明瞭な検索意図とは、

  • 検索者が、必要に迫られ、切迫感を持って打ち込んでいるワード
  • 検索者が、お金を払ってでも解決したいと思って打ち込んでいるワード
  • 検索者が、自身の悩みに絶望感を抱きながら打ち込んでいるワード
  • 検索者が、特定の商品を購入するつもりで打ち込んでいるワード

ですね。つまり、マーケティングで言われるところの「そのうち客」や「潜在客」が打ち込むワードではなく、「今すぐ客」が打ち込みそうなワードのことです。

暇つぶし的にネットの情報を探しているユーザーを集めても、効率よく成約させることは難しいです(アドセンスのように一定数以上のアクセスがあれば別ですが)。また潜在的なニーズを持ったユーザーを集めても、成約までの距離が遠いため、説得させるだけのコンテンツ量が必要になってきます。

それよりも「今すぐ客」を集めたほうが、コンバージョン率は圧倒的に高いはずです。この検索意図が極めて明瞭で、なおかつ実際に検索されているキーワードを、いかに拾うことができるか?サイトアフィリの成否を左右するほどの重要なポイントだと言えます。

※2016年11月より丸山塾第7期が開講します。私は第7期に入塾することを決めました。詳しくは以下の記事に記載しています。

S評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

丸山塾
丸山塾第7期がいよいよ開講します

丸山塾第7期が11月15日に開講する 11月15日から丸山塾第7期が開講するとの通知が届きました。 丸山塾7期の開講日は11月15日(火)となります。 18時頃の開講を予定しており…

1ラウンドアフィリエイト
1ラウンドアフィリエイト【購入レビュー】

1ラウンドアフィリエイトを購入しました ”ライバル不在の市場”を見つけ出す秘策など本当にあるのか? 1ラウンドアフィリエイトは、サイトアフィリに特化した教材です。A8などの物販系商…

アフィリエイトファクトリー
アフィリエイトファクトリー 【検証とレビュー】

アフィリエイトファクトリーを実践した結果を公開します アフィリエイトファクトリー実践のその後 あれから1年アフィリエイトファクトリーの放置サイトは? 徹底的に考え抜かれた”仕組み”…

丸山塾
【本日20時】丸山塾第7期募集スタートします

本日20時に募集スタート 今日(10月22日 土曜日)の20時から丸山塾の募集がスタートします。 私はすでに申し込むことを決意しています。 丸山塾7期生募集プログラム応募ページ こ…

商品レビューが最強のコンテンツである理由【さゆり塾レビュー】
商品レビューが最強のコンテンツである理由【さゆり塾レビュー】

オンライン塾は儲かるビジネス パンダ塾、坂本塾、篠原塾、鈴木塾、そしてさゆり塾・・・アフィリエイトには様々なオンライン塾が存在しますね。そして、だいたい20~30万円の価格帯が中心…

LFM-TV
【危険】LFM-TVがヤフオクで手に入る?

LFM-TV 【検証とレビュー】 販売終了の「LMF-TV」がヤフオクに出品されている件 私がアフィリエイトを始めた当初(2012年)は、素晴らしい教材がそろっていました。 アフィ…

丸山塾
丸山塾【第7期】が始動した

丸山塾【第7期】が始動した 月500万円の報酬を得ている丸山広樹さん 20時になりました。さっそくアドレスを登録して動画を視聴しました。 丸山式ペラページアフィリエイト講座 丸山さ…

LFM-TV
LFM-TV 【検証とレビュー】

※LFM-TVは2013年12月5日に販売を終了しました。 LFM-TVはキーワード戦略を学べる”動画教材” トッププレーヤーからキーワード戦略を学ぶ キーワード戦略を軸に外的SE…

アフィリエイトファクトリー
アフィリエイトファクトリーを実践した結果を公開します

アフィリエイトファクトリー 【検証とレビュー】 アフィリエイトファクトリー実践のその後 あれから1年、アフィリエイトファクトリーの放置サイトはどうなった? アフィリエイトファクトリ…

アフィリエイトファクトリー
【あれから1年】2014年、アフィリエイトファクトリーの放置サイトはどうなったか?

1年経過して30個の放置サイトはどうなったか? 質の低いサイトがGoogle大変動の影響を受けて順位を落とした ちょうど1年前に、アフィリエイトファクトリーで作成した30サイトを放…

丸山塾
丸山塾での成功者が多い理由がわかった

丸山塾(全6期分のテキスト)を購入しました 丸山塾の本質は”ペラサイト量産”ではない 【お知らせ】丸山広樹+アフィリエイト塾(2017年 後期)の新規募集がスタート 丸山塾(201…

ルレア(LUREA)購入レビュー
ルレアプラス(LUREAPlus)の「ミドルレンジ関連キーワード戦略」レポートを読むべきたった1つの理由

ルレアが大量の”アフィリエイト挫折者”を生み出している!? ルレアのミドルレンジ戦略を成功させるためのたった一つの重要な思考 ルレアのロングレンジ戦略をそのまま実践しても成功しない…