アフィリエイトで2000万円の所得隠しが発覚!?

   2015/12/14

アフィリエイト報酬申告

アフィリエイト報酬で2000万円の所得隠し

本日の読売新聞WEBニュース(YOMIURI ONLINE)からのニュースです。

アフィリエイト、報酬申告を…2千万所得隠しも

2014年07月26日 15時06分

インターネットサイトに広告を掲載する「アフィリエイト」で報酬を得ている個人に対し、国税当局がプロバイダーを通じて税務申告を促す取り組みを始めた。

アフィリエイトは手軽な副業として全国で100万人以上が手がけているとされるが、意図的に収入を隠す人が後を絶たないためだ。税務調査で2000万円を超える所得隠しが発覚したケースも出ている。

「税務署にばれるはずがないと思っていた。突然の調査はショックだった」。東京都内の男性(50)が振り返る。

男性の自宅をスーツ姿の男たちが訪れたのは2011年10月。勤務先の会社にいた男性は、妻からの連絡を受け、すぐに税務署に電話した。「パソコンでお仕事をされていますよね」。税務職員の一言で、「全て知られている」と悟った。

男性は当時、副業のアフィリエイトで年間200万~250万円の報酬を得ていたが、申告していなかった。税務署は、通信費などの経費を差し引いた所得が2年間で計約350万円に上ると指摘。男性は無申告加算税などを含め、約90万円を追徴課税された。

男性は「妻の実家に頭を下げて、やっと納税資金を工面した。恥ずかしい思いはもうしたくないので、その後は毎年ちゃんと申告している」と話す。

業界関係者によると、アフィリエイトを手がける人は「アフィリエイター」と呼ばれる。ネットの普及で市場規模が拡大し、アフィリエイトの広告費は年間1500億円に上る。アフィリエイターの中には年間2000万~3000万円の報酬を得る人や、スタッフを雇って1億円超を稼ぎ出す人もいるという。

アフィリエイトの報酬は「事業所得」や「雑所得」として申告する必要があるが、会社員や主婦が副業で行うことが多く、申告を怠る人も少なくない。そのため、税務調査で申告漏れを指摘され、追徴課税を受けるケースが相次いでいる。

2014年07月26日 15時06分

引用:

いよいよ国税当局が本気を出すようです

これまで見過ごされがちだったアフィリエイト収入に対し、国税当局(税務署)が本気で追い込みをかけるようです。

法人化しているアフィリエイターは、毎年決算をおこなっているので税金を逃れようがありませんが、個人アフィリエイターの中で正しく申告している方は、少ないのではないでしょうか?

年間のアフィリエイト報酬が数十万程度であれば、税務署が動いて修正申告を促しても、それほど徴収できるわけではありません。手間だけかかって成果(徴収額)は雀の涙です。確定申告者に対して、税務調査が入るのは3%程度とも言われています。

多少隠してもバレないだろう…

まさか、自分のところには税務調査は入らないだろう…

個人アフィリエイターの大半は副業だと思いますので、申告すらおこなっていないのが現状だと思います。

プロバイダ=ASP

記事の中で、

国税当局がプロバイダーを通じて税務申告を促す取り組みを始めた。

とありますが、このプロバイダーとは、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)のことです。つまり、インフォトップやA8などの業者です。

YOMIURI_ONLINEアフィリエイトの仕組み

画像出典:

ASPは、私達アフィリエイターがどれくらい報酬を得ているかを全て把握しています。しかも、過去数年にわたってデータを保持しているはずです。

税務署がASPに問い合わせれば、私達アフィリエイターは逃げようがありません。

過去(最大7年)にさかのぼって調査& 徴収されます

もしも税務調査が入れば、過去にさかのぼって調査が行われます。通常は5年までさかのぼって調査されますが、不正行為(意図的に申告しなかったなど)があれば、最大7年までさかのぼります(7年で時効となるため)。そして申告漏れがあれば、合わせて追徴課税されます。

毎年数百万円単位で報酬を得ていて所得を隠していた場合、追徴課税される額もかなりのものになります。さらに無申告加算税(ペナルティ税)も加算されますので、さらなるダメージです。

仮に毎年100万円のアフィリエイト報酬を7年間、意図的に申告しなかった場合は、まるまる7年間分の所得に対して追徴課税され、さらに無申告課税(ペナルティ税)も追加されます。

恐ろしい額になりそうです。

ビジネスとして取り組むならば、正しく申告するべき

アフィリエイトをビジネスとして取り組むならば、税金は正しく申告するべきです。税金を払うことで社会にも還元できます。

個人の場合は雑所得として申告が可能です。また個人事業主であれば、事業税・所得税として申告できます。

パソコンや商材購入代金などは、経費として落とせる可能性が高いので、所得(課税対象額)は調整できます。

さらに法人化すれば、法人税(所得税)として支払うことになります。

私は、比較的早い段階で法人化しました。法人成りによって様々なメリットも享受できています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

「買いたい!」のスイッチを押す方法
たった280円で学べる”ブログ収益化戦略”

パワーアフィリエイター必読の書 わかったブログの運営者かん吉さんが発行した電子書籍『人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術』 [Kindle版]が、非常にオススメできるのでご紹介します。 Kin […]

”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探す

ブログの毎日更新を開始した理由 このブログでは、2016年9月12日から毎日記事を更新しています。それまでは月に1〜2本程度しか記事を書いていませんでした。 唐突に毎日更新を開始したことに対して「なぜ毎日更新するようにな […]

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則
『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その1】

『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入した 本日は書籍のご紹介です。 中村貞文さんの『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』です。 中村貞文さんといえば、リスタートア […]

意図が明確なkeyword
意図が明確なキーワードで記事を書くことの重要性

キーワードこそがターゲットとサイトを繋ぐ唯一の”橋” 今回は量産アフィリエイト(ペラサイト)におけるキーワードの重要性についてのお話です。 最近、多くのアフィリエイターのサイトを見る機会があります。伸び悩んでいる方のサイ […]

SEO
良質のコンテンツこそ、最良のSEOだ

ゴミサイトの排除は佳境に入りつつある 昨日(2012年10月24日)の記事は、読んでいただけましたでしょうか? いよいよGoogleがゴミサイトを追い詰めにかかっています。 検索結果を見ても、まだまだゴミサイトを見かけま […]

ニッチとは”細分化されたニーズ”だ
ニッチとは”細分化されたニーズ”だ

ニッチジャンルに関するご質問 ニッチなターゲットとニッチなブログテーマに関するご質問を頂きました。 山本様が考えるニッチジャンルとはライバルがいないジャンルを狙うことであり、ニッチジャンルを考えるにあたり、ニッチな人をタ […]

Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話
書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』

250円で”個人WEBメディア”の構築と運営ノウハウが学べる 本のご紹介です。 『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』 250円 この書籍は、Kindle本の紹介サイト「きんどるどうで […]

Spam in mailbox
アフィリエイトはルーチンワークではない

ルーティン作業で報酬が上がる時代は、終わりつつある ルーチンワークアフィリエイトのレビュー依頼があったので、販売ページを見てみました。infotopランキングの上位にランクインしているようですね。未だに、お手軽アフィリエ […]

【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される
【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される

渋谷で開催される年1回のビッグイベント 毎年恒例のビッグイベントが渋谷で開催されます。その名も「本気でアフィリエイトを学ぶ会2016 -Japan Affiliate Summit-」です。主催は日本アフィリエイト協議会 […]

忍者サイトとアームズ
Googleのさじ加減一つで、ゴミブログは消える

忍者サイト自動生成機能が終了 残念なお知らせです。以前ご紹介したARMS(アームズ)ですが、2012年9月27日をもって忍者サイト自動生成機能が使えなくなりました。 ARMS(アームズ)を販売している株式会社ミスリルから […]

売れる商品を扱うセオリー
【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?

infotopランキグで情報商材業界の”いま”が見えてくる 私は1週間に一度くらいのペースで、インフォトップの30日ランキング(1位〜100位)を定点観測しています。ランキングを定期的にチェックしていると情報商材業界の今 […]

70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている
70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

「自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。」竹中平蔵 BLOGOS「賢人論」インタビューで、竹中平蔵氏が取り上げられていて興味深く読んだのだが、とても印象的だった […]