アフィリエイトで2000万円の所得隠しが発覚!?

   2015/12/14

アフィリエイト報酬申告

アフィリエイト報酬で2000万円の所得隠し

本日の読売新聞WEBニュース(YOMIURI ONLINE)からのニュースです。

アフィリエイト、報酬申告を…2千万所得隠しも

2014年07月26日 15時06分

インターネットサイトに広告を掲載する「アフィリエイト」で報酬を得ている個人に対し、国税当局がプロバイダーを通じて税務申告を促す取り組みを始めた。

アフィリエイトは手軽な副業として全国で100万人以上が手がけているとされるが、意図的に収入を隠す人が後を絶たないためだ。税務調査で2000万円を超える所得隠しが発覚したケースも出ている。

「税務署にばれるはずがないと思っていた。突然の調査はショックだった」。東京都内の男性(50)が振り返る。

男性の自宅をスーツ姿の男たちが訪れたのは2011年10月。勤務先の会社にいた男性は、妻からの連絡を受け、すぐに税務署に電話した。「パソコンでお仕事をされていますよね」。税務職員の一言で、「全て知られている」と悟った。

男性は当時、副業のアフィリエイトで年間200万~250万円の報酬を得ていたが、申告していなかった。税務署は、通信費などの経費を差し引いた所得が2年間で計約350万円に上ると指摘。男性は無申告加算税などを含め、約90万円を追徴課税された。

男性は「妻の実家に頭を下げて、やっと納税資金を工面した。恥ずかしい思いはもうしたくないので、その後は毎年ちゃんと申告している」と話す。

業界関係者によると、アフィリエイトを手がける人は「アフィリエイター」と呼ばれる。ネットの普及で市場規模が拡大し、アフィリエイトの広告費は年間1500億円に上る。アフィリエイターの中には年間2000万~3000万円の報酬を得る人や、スタッフを雇って1億円超を稼ぎ出す人もいるという。

アフィリエイトの報酬は「事業所得」や「雑所得」として申告する必要があるが、会社員や主婦が副業で行うことが多く、申告を怠る人も少なくない。そのため、税務調査で申告漏れを指摘され、追徴課税を受けるケースが相次いでいる。

2014年07月26日 15時06分

引用:

いよいよ国税当局が本気を出すようです

これまで見過ごされがちだったアフィリエイト収入に対し、国税当局(税務署)が本気で追い込みをかけるようです。

法人化しているアフィリエイターは、毎年決算をおこなっているので税金を逃れようがありませんが、個人アフィリエイターの中で正しく申告している方は、少ないのではないでしょうか?

年間のアフィリエイト報酬が数十万程度であれば、税務署が動いて修正申告を促しても、それほど徴収できるわけではありません。手間だけかかって成果(徴収額)は雀の涙です。確定申告者に対して、税務調査が入るのは3%程度とも言われています。

多少隠してもバレないだろう…

まさか、自分のところには税務調査は入らないだろう…

個人アフィリエイターの大半は副業だと思いますので、申告すらおこなっていないのが現状だと思います。

プロバイダ=ASP

記事の中で、

国税当局がプロバイダーを通じて税務申告を促す取り組みを始めた。

とありますが、このプロバイダーとは、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)のことです。つまり、インフォトップやA8などの業者です。

YOMIURI_ONLINEアフィリエイトの仕組み

画像出典:

ASPは、私達アフィリエイターがどれくらい報酬を得ているかを全て把握しています。しかも、過去数年にわたってデータを保持しているはずです。

税務署がASPに問い合わせれば、私達アフィリエイターは逃げようがありません。

過去(最大7年)にさかのぼって調査& 徴収されます

もしも税務調査が入れば、過去にさかのぼって調査が行われます。通常は5年までさかのぼって調査されますが、不正行為(意図的に申告しなかったなど)があれば、最大7年までさかのぼります(7年で時効となるため)。そして申告漏れがあれば、合わせて追徴課税されます。

毎年数百万円単位で報酬を得ていて所得を隠していた場合、追徴課税される額もかなりのものになります。さらに無申告加算税(ペナルティ税)も加算されますので、さらなるダメージです。

仮に毎年100万円のアフィリエイト報酬を7年間、意図的に申告しなかった場合は、まるまる7年間分の所得に対して追徴課税され、さらに無申告課税(ペナルティ税)も追加されます。

恐ろしい額になりそうです。

ビジネスとして取り組むならば、正しく申告するべき

アフィリエイトをビジネスとして取り組むならば、税金は正しく申告するべきです。税金を払うことで社会にも還元できます。

個人の場合は雑所得として申告が可能です。また個人事業主であれば、事業税・所得税として申告できます。

パソコンや商材購入代金などは、経費として落とせる可能性が高いので、所得(課税対象額)は調整できます。

さらに法人化すれば、法人税(所得税)として支払うことになります。

私は、比較的早い段階で法人化しました。法人成りによって様々なメリットも享受できています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと
「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと

「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと 長年このブログを読んでいただいている方は気付いているかもしれませんが、私は文体をよく変えています。ブログスタート当初は「ですます調」で執筆していました。 途中からは「 […]

LFM-TVをヤフオクで手に入れることの危険性
【危険】LFM-TVがヤフオクで手に入る?

販売終了の「LMF-TV」がヤフオクに出品されている件 私がアフィリエイトを始めた当初(2012年)は、素晴らしい教材がそろっていた。 アフィリエイトファクトリー アンリミテッドアフィリエイト LFM‐TV2012 残念 […]

SEO
良質のコンテンツこそ、最良のSEOだ

ゴミサイトの排除は佳境に入りつつある 昨日(2012年10月24日)の記事は、読んでいただけましたでしょうか? いよいよGoogleがゴミサイトを追い詰めにかかっています。 検索結果を見ても、まだまだゴミサイトを見かけま […]

レビュー記事の書き方
優れたレビューを書くために必要な、たった1つのこと

読む人を感動させるレビュー まずは、以下のカスタマーレビューをお読み下さい。 SANYO の IC レコーダーは優れものである。 先ず、音が良い。 30年数前に数十万円を投じてサロンの一角を占領しているハイファイ・セット […]

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定

Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定 これまで検索結果の右側に表示されていた広告枠を、すべて撤去するとGoogleが発表しました。 ソースはThe SEM Postの記事です。 Google AdWor […]

「買いたい!」のスイッチを押す方法
「買いたい!」のスイッチを押す方法

消費者の心と行動を読み解く 昨日、たまたまネットで見かけた書籍をAmazoneのKindleで購入した。内容がアフィリエイターにとってもかなり役立つものだったので紹介したいと思う。「買いたい!」のスイッチを押す方法(小阪 […]

Wikipediaサイトはダメ
ウィキペディアサイトを作ってはいけない

残念なサイトを量産していませんか? アフィリを始めてから、様々なアフィリエイトサイトをチェックするようになりました。しかしながら、そのほとんどが、非常に残念なサイトであるという事実に気付きました。 せっかく上位表示できて […]

自己満足的なアフィリエイトサイト
アフィリエイトで結果を出すために必要な2つの視点

”想い”と”切り口”を意識する 本日は、私が実践しているパワーブログアフィリエイトに必要な2つの”視点”についてお話したいと思います。 2つの”視点”、それは「想い」と「切り口」です。 ”想い”とは? 「想い」とは、商品 […]

ターゲット戦略の重要性
成約するサイトと、できないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある

その商品を心の底から必要としてる人は、誰か? 私達アフィリエイターの役目は、商品を必要としているターゲットに適切にアプローチし、ユーザーにとって価値のある商品・サービスを届けることです。 必要としているユーザーに必要な商 […]

アフィリエイトビジネスの可能性
利益率94.4%の凄いビジネス

「アフィリエイトって実際どうなの?」 私は、サラリーマンアフィリエイターです。会社関係の人には、私がアフィリエイトをしていることを隠しています。しかし、親しい友人には隠さず話をしています。 「アフィリエイトをやっているよ […]

上位表示は必要か?
良質な記事を書けば、放っておいても見つけてもらえる時代になってきた

上位表示ってそんなに重要ですか? 最近、メールでご質問をいただくことが多いのですが、その中でも特に多いお問い合わせが、 「どうすれば上位表示されますか?」 「サイトを作ったけれど、なかなか上位表示されない・・・」 「上位 […]

【ネタ集め】ブログ記事を早く書き上げるコツは事前の準備にある
【ネタ集め】ブログ記事を速く書き上げるコツは事前の準備にある

ブログ記事を30分で書き上げる方法 先日”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探すという記事を書いたですが、その中の記事執筆方法に関してご質問をいただきました。こちらがそのご質問内容です。 +++ […]