【速報】インフォトップが買収された!情報商材業界は終焉を迎えるのか?

   2015/05/07

アエリアがインフォトップを買収

ゲーム会社がインフォトップを買収・子会社化

驚きのニュースです。インフォトップがゲーム会社に買収されるようです。

モバイルゲームの開発等をおこなうアエリア(東京都)は、安定的な収益基盤であるレンタルサーバー等のITサービス事業を強化するため、オンライン電子出版に特化したアフィリエイト事業を展開するインフォトップ(東京都、売上高19億円、営業利益5億円、純資産11億円、以下「IT」という)を買収する契約を締結した(IT・ソフトウェア業界のM&A)。

買収の方法は、ITの全株式を保有するインフォトップホールディングスが、受け皿会社として設立したインフォトップキャピタル(以下「ITC」という)にITの全株式を譲渡した後、アエリアが株式交換によりITCを子会社化する。
株式交換比率はアエリア:ITC=1:4,417。
取得価額は約21億円。
株式交換実施予定日は平成27年4月24日。

引用:アエリア<3758>、インフォトップを買収

買収する”アエリア”とはどんな会社?

インフォトップを買収・子会社化するのはアエリアというゲーム会社です。いったいどのようか会社なのでしょうか?

>>株式会社アエリアWEBサイト

会社概要を見ると、どうやらオンラインゲームの開発・運営業務がメインのようです。最近ではスマホ向けのオンラインRPGなどをリリースしていますね。

2004年12月15日にジャスダックに上場しています。

アエリアがリリース(予定含む)したスマホゲームの一部です。私はスマホでゲームをしないのでまったくわかりません。

  • 『Klee(クレー)~月ノ雫舞う街より~』
  • 『ヴァリアスモンスターズ』
  • 『アナザーファンタジーストーリー~復活の戦士たち~』
  • 『アルティメットジョーカー』
  • 『守護騎士 ~Palladium Knights~』
  • 『DD 北斗の拳 〜北斗猛奪取〜』
  • 『プリズムファンタジア(PrismFantasia) ~精霊物語~』
  • 『グランドファンタジア-精霊物語-』
  • 『ミスティックストーン -Runes of Magic-』

資本金2億3,677万円、売上高は約61億円(連結、2012年12月期)と、それなりに大きな会社です。オンラインゲームって儲かるんですね。

インフォトップ買収の目的は?

今回のアエリアによるインフォトップ買収の目的は何でしょうか?

安定的な収益基盤であるレンタルサーバー等のITサービス事業を強化するため

ニュースでは上記のように報道していますね。

アエリアが情報商材ビジネスを展開するつもりで買収したのか?それともインフォトップのリソースを別の業務で再利用するために買収したのか?この辺りがよく見えません。

情報商材というジャンルはダーティーなイメージがある業界です。そんな業界のフラッグシップ企業をジャスダック上場会社が買収する理由が、いまひとつよくわかりません。収益拡大による事業基盤の強化には繋がるかもしれませんが、企業イメージ的にはむしろマイナスに感じます。

今後、アエリアがジャスダックから東証への鞍替えなどを計画しているのであれば、情報商材業界のネガティブなイメージは少なからず影響を及ぼすでしょう。業界健全化へ向けての舵取りが親会社に求められます。

買収によって情報商材業界の健全化が進むことを期待したい

ゲーム会社に買収されることで、私達アフィリエイターにどのような影響がでてくるのでしょうか?

アエリアが子会社化したインフォトップで今後も情報商材ASPを継続するつもりならば、非常に喜ばしいことです。

まがりなりにもジャスダック上場会社が親会社となるわけです。情報商材業界の健全化が大きく進む可能性が高いと考えれられます。親会社の方針により、詐欺のような商材は今後、排除されるのではないでしょうか。期待したいところです。この機会に怪しげなインフォプレナー連中を一斉排除して欲しいです。

また、親会社が大手企業になることで、インフォトップそのものの信頼度が高まります。

いつ飛んでも(潰れても)おかしくないレベルの企業だったインフォトップに、(少なくともインフォトップよりは)信頼できる親会社がついたことで、私達アフィリエイターへ支払われる報酬の保全が高まります。

インフォトップによるアフィリエイト報酬の支払いは、月末締めの翌々月5日支払いです。この間(1ヶ月以上)は、報酬が発生していても未払い状態となります。この期間にインフォトップが潰れてしまえば、債権の回収は困難になります。

しかし大手ゲーム会社が親会社になれば、少しだけ安心できますね。少しだけですが。

今後の動向には注意が必要

実際に買収・子会社化が完了するのは今年の4月24日です。それまでは通常営業すると思われますが、4月24日以降は、どんな展開が待ち受けているかわかりません。

来月の4月24日に前後して、なにか重大な発表、もしくは方向転換などがあるかもしれません。

私達アフィリエイターも注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

当ブログからの記事盗用に関して
当ブログからの記事盗用に関して

このブログ「アフィリエイト戦略思考」(http://affiliate-review-blog.com)から無断で記事を引用・盗用しているサイトが多く見受けられます。今後、悪質なサイトに対処し法的措置を取るためにも以下の […]

「脳が老化する」はデマだった
「脳が老化する」はデマだった!高齢者でもアフィリエイトは始められる

高齢者にアフィリエイトはムリ? 昨日の記事で、老後も働かざるをえない社会が到来するのでは?という話をした。その中で、アフィリエイトビジネスこそが、年令に関係なく働き続けることができると述べた。普遍性の高いメインサイトを1 […]

「視点」とは、どのように語るのか?ということ
アフィリエイトにおける「視点」とは、どのように語るのか?ということ

最近、私が提唱するパワーアフィリエイト手法の要素の一つである”独自の切り口”に関するご質問を多くいただきます。また、パワーアフィリエイトの手法をまとめたオリジナル特典において、独自の切り口に関する解説を補足したのですが、 […]

【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される
【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される

渋谷で開催される年1回のビッグイベント 毎年恒例のビッグイベントが渋谷で開催されます。その名も「本気でアフィリエイトを学ぶ会2016 -Japan Affiliate Summit-」です。主催は日本アフィリエイト協議会 […]

与沢翼
与沢翼氏が経営する会社の売上高は?

与沢翼氏が経営する会社の売上高は? 先日読んだ本に、非常に興味深い内容が掲載されていました。10月26日に出版されたばかりの新しい本で、タイトルは『ソーシャルもうええねん』です。 『ソーシャルもうええねん』 (ナナ・コー […]

ブックマークされるサイトを目指す
あなたのサイトはブックマークされている?

ユーザーにとって価値のあるサイトとは? 私のアフィリエイト手法は、量産ではなく1つ1つのサイト(ブログ)を、時間をかけて育てていく方法です。いわゆるパワーサイトを作っていく手法です。 パワーサイトですので記事数は非常に多 […]

意図が明確なkeyword
意図が明確なキーワードで記事を書くことの重要性

キーワードこそがターゲットとサイトを繋ぐ唯一の”橋” 今回は量産アフィリエイト(ペラサイト)におけるキーワードの重要性についてのお話です。 最近、多くのアフィリエイターのサイトを見る機会があります。伸び悩んでいる方のサイ […]

ウェブマスター向けガイドライン
ウェブマスター向けガイドラインを読んでいますか?

極めて重要な”Googleのウェブマスター向けガイドライン” コンサルを開始して非常に驚いたことがあります。(現在はコンサルの受付を終了しています) それは、私のコンサルを受ける大半のアフィリエイターが、Googleのウ […]

ストックとフロー
あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?

ストックとフロー 経済用語でストックとフローという言葉があります。 ストック(資産)とは徐々に蓄積されていったものを指し、フロー(所得)は継続的に流れていくものを指しています。アフィリエイトにおける収入は、フロー(所得) […]

報酬はありがとうの対価
アフィリエイト報酬は「ありがとう!」の対価であるべき

記事自動生成ツールで作った記事に”価値”はない 記事自動生成ツールが売れていますね。Sk-Grandeについて問い合わせをいただいたので、販売ページを見てみました。Sk-Grandeは次世代型の記事生成技術を搭載したツー […]

パンダ塾
あなたは、ペラサイトの量産に耐えられるか?

ペラサイトの量産・更新に抵抗がないか? パンダ塾ピラミダルが話題になっていますね。パンダ塾ピラミダルは、携帯・スマホアフィリを教えてくれる塾です(パソコンを使ったアフィリにも応用できます)。扱う商品は、着うたや、占い、パ […]

アフィリはテーマからスタートすると失敗する
なぜテーマから始めると、アフィリエイトは「上手くいかない」のか?

アフィリエイトは「テーマ」からスタートすると失敗する 今回はの記事は、前回の記事とも一部内容がかぶりますが、重要なポイントなので別の角度から改めて記事にしたいと思います。 >>成約するサイトとできないサイトの […]