葉山直樹氏の株式会社MTSが倒産(任意整理)へ

   2015/11/21

葉山直樹と株式会社MTSが倒産(任意整理)

葉山直樹氏の株式会社MTSが任意整理、アフィリエイトセンターも閉鎖

驚くニュースが入ってきました。

アフィリエイト情報商材業界でも有名な葉山直樹氏の株式会社MTS倒産(任意整理)したというニュースです。数日前に、株式会社MTSのメルマガを購読していたユーザーに対し、倒産した件についてのメールが一斉送信されたそうです。

株式会社MTSは北海道札幌市中央区にある、情報商材販売業者です。その代表取締役である葉山直樹氏は、販売する情報商材のセールスレターでも頻繁に顔出しをしていたのでご存じの方も多いのではないでしょうか。

株式会社MTSは、MTSアフィリエイトセンターというオプトイン系のASPも運営していましたが、そちらも閉鎖しています。

≫MTSアフィリエイトセンター公式サイト(2015年11月21日リンク切れ)

MTSアフィリエイトセンター | 任意整理

このたびは誠に不本意ながら、弊社は倒産という事態に至り、本日をもって営業を終了せざる得なくなりました。

皆様方にはお詫びの申し上げようもございません。

今年より売り上げの低下が始まりましたが、そのこと自体よりも不正な広告に対しての莫大な支出や、未払顧客に対する売掛金の回収も思うに任せず、倒産という事態に至った次第です。

札幌地方裁判所に破産を申請しましたが、裁判所への高額の予納金(破産手続き費用)も収めることが出来ない状態のため、破産管財人は付かず、誠に不本意ながら法的手続きを経ることなく廃業せざるを得なくなりました。

皆様の長年にわたるご厚情に心から感謝申し上げますと共に、突然の廃業でご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げる次第でございます。

略儀ではございますが、まずはメールをもちまして廃業のお詫びとご挨拶を申し上げます。

皆様の今後のご健勝とご発展を心よりお祈り申し上げます。

MTSアフィリエイトセンター

引用:楽天SocialNEWS

会社のホームページもすでに閉鎖済・・・

株式会社MTSのサイト(http://m-ts.co.jp/)にアクセスをしても、すでにサイトそのものを削除してしまっているようですね。

WaybackでURLをチェックすると以下のようなサイトが出てきました。

株式会社MTS

ご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

Waybackで株式会社MTSのサイトを見てみる

会社は倒産したがインフォトップにはまだ商品が掲載されいているので注意

株式会社MTSは倒産したようですが、インフォトップではMTSが販売する情報商材が多数登録されたままです(2015年11月11日現在)。

インフォトップの管理画面で確認すると、563商材が登録され、販売中です。

MTS販売商材一覧1

(中略)

MTS販売商材一覧2

直近では先月(2015年10月)に「コア・メルマガ広告」という25万円の情報商材を登録していますが、販売ページはすでに削除されていますね。

MTSの任意整理にモヤッとする

アフィリエイト商材からせどり商材、高額塾まで様々な情報商材を販売してきた株式会社MTS(代表取締役:葉山直樹)ですが、なぜこの時期に倒産してしまったのでしょうか?実際は”任意整理による廃業”ですので、債権者と交渉しつつ借金を返済していくことになると思います。

今年より売り上げの低下が始まりましたが、そのこと自体よりも不正な広告に対しての莫大な支出や、未払顧客に対する売掛金の回収も思うに任せず、倒産という事態に至った次第です。

札幌地方裁判所に破産を申請しましたが、裁判所への高額の予納金(破産手続き費用)も収めることが出来ない状態のため、破産管財人は付かず、誠に不本意ながら法的手続きを経ることなく廃業せざるを得なくなりました。

このあたりの説明は、なんとなくモヤッとしていますね。調べれば色々とわかってくることもあると思いますが、しばらくは様子見でしょうか。

MTSアフィリエイトセンターに登録してアフィリエイト報酬が未払いになっているユーザーは、報酬が支払われるのかどうか気をもむことでしょうね。

葉山直樹氏とMTS
出典:株式会社MTS公式サイトより

まさに、「(任意整理に至る)原因があって、結果がある」ということなのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

私がサラリーマンを辞めない理由
私がサラリーマンを辞めて専業アフィリエイターを目指さない本当の理由

大学を中退してブロガーとして食べていくというエントリーがネットを賑わせていますね。 私は特に反論も賛同もしません。他人がどのような人生を選択しようが自由だからです。当人から相談され意見を求められれば別ですが、基本的には自 […]

類似コンテンツ
他と被らないコンテンツの作り方

類似コンテンツサイトの氾濫 大半のアフィリエイトサイトのコンテンツ(中身)は、どれも似通っていることが多いですね。情報商材アフィリエイトにしても、物販アフィリエイトにしても、同様です。 どのサイトを見ても、だいたい同じよ […]

被リンクの重要性
【自作自演は不要】3年で700本もの自然リンクを貰えた理由とは?

YouTube動画で紹介されました 当ブログ(アフィリエイト戦略思考ブログ)がYouTube動画で取り上げられていることを偶然知りました。 その動画とはこちらの2本です。tamo315さんという方が当ブログをピックアップ […]

売れる商品を扱うセオリー
【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?

infotopランキグで情報商材業界の”いま”が見えてくる 私は1週間に一度くらいのペースで、インフォトップの30日ランキング(1位〜100位)を定点観測しています。ランキングを定期的にチェックしていると情報商材業界の今 […]

ストックとフロー
あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?

ストックとフロー 経済用語でストックとフローという言葉があります。 ストック(資産)とは徐々に蓄積されていったものを指し、フロー(所得)は継続的に流れていくものを指しています。アフィリエイトにおける収入は、フロー(所得) […]

下書きをしておくことで記事の執筆速度は飛躍的にアップする
「さて、何の記事を書こうかな?」では遅すぎる

下書きをしておくことで記事の執筆速度は飛躍的にアップする ストーリーが容易に描けるネタかどうか? 先日の記事のつづきです。 ネタ探し(feedly・Googleアラート) ネタストック(Pocket) 下書き作成(Wor […]

ニッチとは”細分化されたニーズ”だ
ニッチとは”細分化されたニーズ”だ

ニッチジャンルに関するご質問 ニッチなターゲットとニッチなブログテーマに関するご質問を頂きました。 山本様が考えるニッチジャンルとはライバルがいないジャンルを狙うことであり、ニッチジャンルを考えるにあたり、ニッチな人をタ […]

ニッチなテーマについて
どうせならニッチなジャンルで専門性の高いサイトを作る

ニッチなジャンルで”尖ったサイト”を作ることの重要性 これまでにいただいたアフィリエイトに関する質問メールから、シェアできるものを数回に分けてピックアップしてお届けしたい。今回は、ニッチなテーマに関する質問から。 +++ […]

DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた
DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた

DeNAのウェルク閉鎖が健食EC業界を揺さぶる 健食EC事業者にとってキュレーションメディアは、販路拡大に欠かせないパワフルな広告媒体だったようですね。 そんな中、DeNAのウェルク問題が勃発。 2017年に入って徐々に […]

アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる
弱者のためのキーワード戦略

様々な”思い”に応えるためのキーワードを探す 私自身はほとんどキーワードを意識しないで記事を書いています。私が実践しているパワーアフィリエイトにおいては、キーワード戦略はさほど意味をなしません。 関連記事: >&g […]

”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア
”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア

超高齢化社会では1億4000万〜1億5000万円のお金が必要… 週刊現代WEB版にて興味深い記事を読みました。 年金だけではまったく足りない! 人生100年時代のゾッとする真実 超高齢化社会の到来によって仮に100歳まで […]

忍者サイト凍結
忍者サイト凍結措置が予見する、アフィリエイトの未来

忍者がアフィリエイトサイトを凍結 先日、読者様から悲痛な連絡がありました。その方は、忍者ホームページを始め様々な無料ホームページサービスを利用して、大量のアフィリエイトサイトを運営していたそうです。 忍者ホームページでは […]