ルレア(LUREA)のロングレンジ戦略をそのまま実践しても成功しない理由とは?

ルレアロングレンジ戦略レビュー

ルレアプラス(LUREAPlus)のロングレンジ戦略とは?

前回はルレアプラス(LUREAPlus)のミドルレンジ戦略について私なりの見解を述べました。今回はロングレンジ戦略についてレビュー&解説します。

【ルレア関連記事】

ミドルレンジ戦略が1商品に対して1サイトを作成していくスタイルであることに対して、ロングレンジ戦略は、1テーマに特化した専門性の高い情報提供型ブログを作り、ロングテールキーワードで広く集客をしていくスタイルです。サイトの資産化を目指し、長期的に運営していくアフィリエイトサイトを構築していく。最近流行りのコンテンツアフィリエイトとも言えます。

ルレアプラス(LUREAPlus)ロングレンジ戦略のメリットとデメリット

ロングレンジ戦略の最大のメリットは、資産化するサイトを構築できる点にあります。普遍的なテーマ(ジャンル)を取り扱い、様々なロングテールキーワードで集客することで、長期的に(数年にわたって)報酬を獲得することができます。

サイトを軌道に乗せることができれば、定期的なメンテナンス(記事追加)だけでアフィリエイト報酬を安定させることができます。まさに”サイトの資産化”ですね。

一方で、ロングレンジ戦略のデメリットは、ロングテールでアクセスが集まるようになるまでに時間がかかること、そして成約させるために必要な導線(コンテンツ)の構築が難しいことです。

ロングレンジ戦略は、ミドルレンジ戦略のように成約に近いキーワードを狙い撃ちしてサイト(記事)を作るわけではありません。ジャンル特化型であるため、そのジャンルに関する様々なコンテンツを構築し、そのコンテンツに自然と含まれるロングテールキーワードによって集客を狙う。つまり、成約から少し遠いキーワードによる集客が中心となります。

換言すれば、”今すぐ客”ではなく”そのうち客”を広く集める戦略といえます。そのうち客が主要ターゲットになるため、成約までの距離は当然遠くなります。結果として、成約までの距離を埋めるコンテンツが求められることになるのです。

PASONAの法則を使って解説すると、

  • Problem(問題点を明確化する)
  • Agitation(その問題点を炙り出し、あおりたてる)
  • Solution(解決策と証拠を提示する)
  • Narrow down(緊急性を訴える)
  • Action(行動を起こさせる)

「PASONA」の全ての段階、もしくは「P」を除いた「ASONA」を埋めるコンテンツが、ロングレンジサイトにおいては必要です。

ジャンルに沿った大規模(大量の記事)サイトを構築すれば良いという単純な話ではありません。成約までの距離を埋めるためのコンテンツを適切に提供することこそが、ロングレンジ戦略の重要なポイントです。

ジャンルに沿って記事を大量に投下すれば、ロングテールキーワードでアクセスは集まります。しかしそれだけでは成約するサイトにはなりません。大量の記事にアフィリエイトリンクを貼るだけでは、単なるアドセンスと同じです。大切なことは、成約までの導線を意識してコンテンツを作ることです。

スナイパーサイトでクロージング

成約までの導線として、ルレアプラス(LUREAPlus)では”スナイパーサイト”の構築が推奨されています。スナイパーサイトとは、ロングレンジサイトとは別に、成約させることを目的とした”売り込み特化型サイト”です。ロングレンジサイトで集めたユーザーを、スナイパーサイトへ送客してクロージングするわけですね。

ロングレンジサイト(集客) → → スナイパーサイト(クロージング)

この手法は、アンリミテッドアフィリエイトで解説されていたものとまったく同じです。アンリミでは、メインサイトとは別に1カラムのキラーサイト(レター型の成約サイト)を作ることが推奨されていました。ロングレンジサイトとは別にスナイパーサイトを作ることによって、PASONAの法則を別々に訴求するという考え方です。

ロングレンジサイトの役割

  • Problem(問題点を明確化する)
  • Agitation(その問題点を炙り出し、あおりたてる)

スナイパーサイトの役割

  • Solution(解決策と証拠を提示する)
  • Narrow down(緊急性を訴える)
  • Action(行動を起こさせる)

具体的には、ロングレンジサイトでジャンルに特化したお役立ち記事を書きつつ、ユーザーが気付いていなかった彼らの潜在的な欲求・悩みを炙り出す。その上で、それらの悩みや問題を解決するための特定の商品を紹介することで、興味・関心を引きつける。その後、スナイパーサイトに誘導したうえで、その商品の特徴や実績・緊急性等を訴えることで、アクション(クリック)を起こさせる。

この一連の流れを実践し、ロングレンジサイトを更新しつつ継続的に集客することで、長期的に安定した報酬が得られるとルレアでは解説されています。

ルレアプラス(LUREAPlus)のロングレンジ戦略における致命的な弱点とは?

こうして解説してみると、ルレアのロングレンジ戦略は、スキがないように見えますね。たしかにテキスト通りにコンテンツを構築すれば多少の成果はでるでしょう。しかし突出した成果は難しいと考えます。同様にサイトの資産化(長期的に安定した報酬を得られるサイトの構築)の実現は困難を極めるはずです。

その理由は、ルレアプラス(LUREAPlus)のロングレンジ戦略が、どこにでもある平凡なロングテールサイトを構築することを目的としており、結果としてほとんど市場に”価値”を提供していないからです。

ルレアプラス(LUREAPlus)のマニュアルでは、ジャンルに特化したサイトを作り、ユーザーの役に立つコンテンツを記事として更新していくことが解説されています。しかしながら、このお役立ち記事というコンテンツが、あまりにも平凡で退屈なのです。

  • ○○とは?
  • ○○を□□する方法
  • △△の使い方
  • ○○の豆知識

この手のWikipedia(ウィキペディア)的な記事や、

  • ○○のまとめ記事
  • □□のオススメ情報ベスト10
  • △△のレシピ集

などのまとめ系記事が中心です。誰にでも書くことができ、簡単に真似されるつまらない記事です。ルレアのロングレンジ戦略では、この手の平凡な記事のロングテールキーワードで集客することが推奨されています。市場に価値を提供することを全然意識していない記事が大半で、残念なサイトと言わざるを得ません。

平凡で退屈な記事など誰も読みたくない

平凡で退屈なお役立ち記事やまとめ記事は、どこにでもあります。なぜなら誰にでも書けるからです。同じような記事がネット上に大量に存在すれば、検索結果の1〜2ページ目に表示れるのはごく一部です。仮に表示されても、平凡な記事はスルーされます。

情報が大量にあふれている現代において、退屈でつまらないコンテンツはそもそも読まれません。ユーザーは、数秒で検索結果に戻ってしまいます。平凡で価値の低い記事をいくら大量に量産しても、スルーされるだけです。

ルレアで紹介されているロングレンジサイト(サンプルサイト)を見れば一目瞭然です。サンプルとして高級牛肉専門サイトが公開されているのですが、残念ながら退屈でつまらない平凡なサイトです。

(※余談ですが、ルレアのミドルレンジ戦略で紹介されている家具のサイトのほうが、よっぽどマシです。執筆者の個性もにじみ出ていて、気付きを得ることのできるサイトです。)

この高級牛肉専門サイトにはそれなりの数の記事が投稿されていますが、ほぼすべての記事が、どこかで読んだことのあるような平凡な記事であり、退屈で面白くありません。仮にユーザーがロングテールキーワードでこのサイトにアクセスしても、すぐにサイトを閉じてしまうでしょう。少なくとも私はそうします。軽く流し読みして二度とアクセスすることはありません。

サンプルの高級牛肉専門サイトにおいて興味深く読むことのできたコンテンツは、数記事で構成されたレビュー記事だけです。レビュー記事を除いた残りの大量の記事は、どうでも良いコンテンツばかりです。つまり無価値な記事です。わざわざこのサイトにアクセスして読むべき記事ではありません。

これでは、せっかくロングテールキーワードで集めたユーザーを取りこぼしてしまうことになります。平凡で退屈な記事ばかりなので、リピーターはほぼ望めません。限りなくゼロに近いでしょう。また、PV(ページビュー)数も低く、直帰率が高いことが推測できます。

サンプルの高級牛肉専門サイトには、すべての記事の上部に同じ広告が貼ってありますが、これではアドセンスと一緒です。それこそ大量のアクセスがなければ成約しません。キツい言い方ですが思考停止していますね。

ルレアプラス(LUREAPlus)のロングレンジ戦略を愚直に実践しても、ほとんどのアフィリエイターが失敗する理由は、ここにあります。平凡で価値の低い記事を大量投下した結果、大規模なサイトにはなりますが、効率が悪く成約率の極めて低い”負の資産(サイト)”が完成する。資産化するサイトとはほど遠い状態です。

コンテンツアフィリエイトにおいて、平凡な記事(価値の低い記事)を書くことは、最も避けるべき施策なのです。

ルレアプラス(LUREAPlus)のロングレンジ戦略に欠けているピースとは?

前々回の記事でも触れましたが、ルレアのロングレンジ戦略には決定的に欠けているピースがあります。それは「独自の切り口」です。独自の切り口については、このサイトでも何度も解説しています。

私が考える独自の切り口とは、そのサイトでしか得られないオリジナルな価値です。他のサイトでは決して得ることのできないこと(知見を広めたり、深い理解を得るような体験)を経験できるからこそ、そのサイト(執筆者)のファンになってくれるのです。この人の書く記事、面白い!もっと読みたい!と思ってもらえる記事を書くことこそ、コンテンツアフィリエイトに求められる最適で最良の戦略です。

読者に新しい気付きを与えられ、読者の琴線に触れるような記事を書くスキル=市場に価値を提供するスキル、が求められるのです。「なるほど!」「そうか!」「えっ、そうなの?!」「おもしろい!」「これこそ私が探し求めていたサイトだ!」と思ってもらえるような記事を書くこと。「この人の記事をもっと読みたい!」「ほかの記事も読んでみたい!」「新しい記事が更新されたら、また読みたい!」と思ってもらえるサイトを作ることです。

この世で唯一無二のサイト、尖っていて突き刺さるようなサイトを作ることこそが、コンテンツアフィリエイトで生き残るための鍵なのです。

私は、常に独自の切り口を意識して記事を書くようにしています。このサイトでしか得られない(私にしか提供できない)価値を提供するように意識をしています。だからこそ、コアなファン(リピーター)がつき、直帰率は下がり、逆に精読率(ページビュー)は上がるのです。

すべての記事において、独自の切り口(オリジナルな価値)を意識することで、どのページにファーストアクセスがあったとしても、他の記事を読んでもらいやすくなります。そのサイトに読みたい(興味深い)記事が大量にあれば、必然的にブックマーク(RSS登録等)されることになるでしょう。サイト運営者がTwitterをやっていれば、フォローしてもらえる可能性も飛躍的に高まります。

独自の切り口で記事を書くことのメリットとは?

独自の切り口でサイトを構築するメリットは複数あります。

1.コアなファンを獲得でき、リピーターが増える

独自の切り口で記事を書けば、特定のユーザーに強く深く訴求することができます。万人に受ける記事を書く必要はないのです。売るべき(紹介すべき)商品を必要とする特定ユーザーにのみ強く訴求する切り口でサイトを構築することが重要な戦略となります。

結果として、濃いユーザー(リピーター)を獲得でき、検索順位に影響を受けずにアクセスを徐々に積み上げていくことが可能になります。

2.成約率が大幅にアップし効率が良くなる

独自の切り口でサイトを構築すれば、コアなファン(リピーター読者)を獲得できます。コアなファンを作ることで、成約率は飛躍的に上昇します。「この人が良いといっているモノだったら間違いないだろう…」と思ってもらえるからです。

売り込みなど必要ありません。「この商品良かったですよ」「この商品を使っています」と伝えるだけで売れます。記事を読んでもらうことでユーザー(読者)との間にラポール(信頼関係)が作られるからです。

芸能人ブログを使った商品プロモーションとまったく同じ考え方です。アメブロなどで芸能人が商品を紹介する記事がありますが、その芸能人のファンであれば、紹介された商品を盲目的に購入する可能性が高いですね。それと同じ構造です。

芸能人は先天的な才能などでファンを獲得しますが、我々アフィリエイターは独自の切り口でファンを獲得することができるのです。

3.ソーシャルブックマークで記事が拡散・共有される

独自の切り口で書かれた記事(ユーザーに価値を提供する記事)は、ソーシャル(SBM)で拡散・共有される可能性が飛躍的に高まります。

通常アフィリエイトサイトは、ソーシャルから嫌われ敬遠されることが一般的です。しかしながら、オリジナルの価値を持つ記事は、ソーシャルで拡散・共有されやすい傾向にあります。たとえアフィリエイトサイトであったとしても、です。

このアフィリエイト戦略思考ブロブも商材のアフィリエイトサイトですが、多くの記事がはてなブックマークやフェイスブックで拡散・共有されています。アフィリエイトリンクを堂々と設置している記事でも、問題なくソーシャルブックマークされているのです。

ソーシャルで拡散・共有されることで、検索エンジン(Yahoo!やGoogle)に依存しないアクセスを獲得することが可能になります。

4.記事が資産化されストックされる

独自の切り口で書いた記事(ユーザーの琴線に触れ、新しい気付きを与えられる記事)は、長期にわたってアクセスを集め、継続的な報酬を獲得してくれます。まさに記事が資産化するのです。

資産化した記事を大量に積み上げてストックしていけば、放っておいても安定した報酬を得ることができるようになります。これこそが、コンテンツアフィリエイト戦略の最大のメリットではないでしょうか。

市場に価値を提供し続ける記事だからこそ、その対価として報酬を得ることができるのです。

5.外的SEOは一切不要で作業がシンプルに

独自の切り口で記事を更新していけば外的SEOは一切不要になります(むしろ外的SEO施策はリスキーです)。キーワードすら意識する必要がなくなります。

ユーザーの検索リテラシーは年々向上いています。それ以上に検索エンジンの機能が進化しつつあります。本当に優れた記事は下位に埋もれていても見つけ出されるし、検索エンジンの進化によってユーザーの検索ニーズに合った記事(ユーザーにとって価値のある記事)が上位に表示されるようになります。

我々アフィリエイターは、ユーザーにとって価値のある記事を更新するだけで良いのです。他の施策は一切不要なので、作業がシンプルになります。

6.スナイパーサイト(クロージング)など不要

ルレアのロングレンジ戦略では、売り込み(クロージング)専用のスナイパーサイトを作るよう指示されています。しかし、独自の切り口でサイトを構築できれば、スナイパーサイトなど不要です。

そもそも売り込みは不要なのです。濃いユーザーをファンにすることができれば「この商品使ってみたけど、良かったですよ〜」とアフィリエイトリンクを置くだけで売れます。

ルレアのロングレンジ戦略で「スナイパーサイト」を作る必要性がある理由は、単にユーザーとラポールが築くことを目的としていないからです。しかしラポールを築くことができれば、売り込みすら不要になるということです。

私が実践するパワーアフィリエイトと【ルレア】ロングレンジ戦略の決定的な違い

私が情報商材アフィリエイトで実践している手法、つまり山本流コンテンツアフィリエイトは、ルレアプラス(LUREAPlus)のロングレンジ戦略と酷似しているように見えるかもしれませんが、本質はまったく違います。私が運営するサイトも、ルレア同様1つのテーマに特化した専門サイトではありますが、そこに管理人の個性・主張が強く反映されている点がルレアのロングレンジサイトと大きく異なります。

ルレアプラス(LUREAPlus)で作ったサイト(もしくはルレアでサンプルとして掲示してあるロングレンジサイト)は、管理人(執筆者)の個性はほとんど感じられません。無個性な記事はブックマークされることもないでしょう。リピーターも獲得できません。もちろんソーシャル(TwitterやFacebook、はてブ)で拡散共有されることもありません。その結果として常に検索サイトから新規ユーザーを集め続けるしかないのです。そのうえアクセスされてもスルーされるような価値の低い記事が大半を占めているため、精読率は下がり逆に直帰率は高止まりします。非常に効率が悪く、まるでザルで水をすくっているようなものです。

私が運営する複数のサイトでは、リピーターが平均60%〜70%です。さらにソーシャルブックマークでも多くの記事が拡散・共有されています。この違いがアフィリエイトの効率に大きく影響します。私が実践しているコンテンツアフィリエイトは、独自の切り口でオリジナルな価値を提供することでコアなファンを獲得することを最大の目的にしています。何度もアクセスしてもらうことでラポールを築き、その延長線上でアフィリエイトをしているのです。

常に価値の提供に重きをおいて記事を執筆しています。価値の提供の対価としてアフィリエイト報酬を得るという考え方がベースになっています。だからこそ、少ない記事数・少ないアクセス・少ない更新頻度でも、成約率の高いサイトを運営することができるのだと考えています。

ロングレンジ、大規模サイト、コンテンツアフィリエイトと言えば、1000記事以上の大きなサイトをイメージするかもしれませんが、私が運営するサイトはせいぜい100〜300記事程度です。しかも更新頻度は非常に低いです。それでもしっかりと報酬をもたらしてくれているのです。ルレアとは根本的な戦略(思考)が異なります。

報酬=市場に提供する価値の大きさ

もちろんルレアのロングレンジ戦略を愚直に実践しても、ある程度の報酬は上がるかもしれません。しかし突き抜けた報酬を得ることは難しいでしょう。なぜなら、市場に価値を提供できていないからです。報酬は、提供する価値と等価です。当たり前ですが、資本主義社会では、価値を提供しなければ報酬は得られません。

価値の低い記事を大量に作成しても、得られる報酬は限られます。一方で、ユーザーの琴線に触れ新しい気付きを与えることは”価値の提供”そのものです。だから報酬に繋がるのだと考えています。この点を理解せずに記事を書き続けても、決して突出することはできないでしょう。

もし仮にルレアのロングレンジ戦略を実践してうまくいっているサイトがあるとすれば、そのサイトは意識せずとも独自の切り口でオリジナルの価値を提供できているサイトである可能性が高いと考えられます。

ルレアのロングレンジ戦略を山本一郎流にアレンジするなら…

ルレアプラス(LUREAPlus)のロングレンジ戦略を、私がアレンジするならば、以下の順番で進めます。

  1. 参入ジャンルを決める
  2. 紹介する商品を選定する
  3. ターゲットを見極める
  4. ターゲットに訴求する独自の切り口を探す
  5. その切り口にそってコンテンツ(記事)を入れていく
  6. 商品紹介記事を書く

あとは、5と6の繰り返しでコンテンツに厚みを加えていく。スナイパーサイトなど不要です。外的SEOも不要。キーワードすら意識する必要はありません。意識するのはターゲットのみです。

では、具体的にどのような記事を入れていくのか?

長くなったので今後の記事で、ルレアプラス(LUREAPlus)のロングレンジ戦略で紹介されている高級牛肉専門サイトを例に、解説をしたいと考えています。

評価A

オリジナル特典のご紹介

このブログの「購入リンク」からアフィリエイト商材をご購入いただいた場合には、オリジナル特典を無料にてご提供させていただきます。当サイトのオリジナル特典は以下の2つです。

  1. 【特典1】サラリーマンの副業なのに「毎月150万円超え」を実現する”山本流パワーアフィリエイト”の真髄を完全公開!
  2. 【特典2】完全放置で110万円の報酬発生、2日間で作成した30個のペラサイトURLを全て公開!

詳細はこちらをご覧ください。

当サイトオリジナル特典を手に入れるには?

当サイトでご紹介しているアフィリエイト商材をアフィリエイトリンクからご購入いただきましたら、オリジナル特典を無料にてプレゼントさせていただきます。商材の購入画面に進むと当サイトの購入者特典が付いているかどうかを、確認することができます。

特典確認画面

上記の特典表示を確認できないまま購入された場合、当サイトからの購入特典を受け取ることはできませんのでご注意ください。必ず、上記表示があることを確認してから購入して下さい。

商材をご購入後、ご自身のメールアドレスとパスワードにてインフォトップ購入者マイページにログインしていただき、アフィリエイター特典一覧から当サイトのオリジナル特典をダウンロードすることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

ホビリエイトとPRIDE、あなたはどっちを買うべきか?
ホビリエイトとPRIDE、あなたはどっちを買うべきか?

トレンドアフィリエイトの両雄「PRIDE」と「ホビリエイト」 方向性は同じだがそこに至る戦略はまったく違う トレンドアフィリエイトの古参【PRIDE】と新参【ホビリエイト】だが、両者ともに従来のトレンドアフィリの常識を覆 […]

アフィリエイトファクトリー
アフィリエイトファクトリー実践のその後

関連記事はこちら >>アフィリエイトファクトリー 【検証とレビュー】 >>アフィリエイトファクトリーを実践した結果を公開します >>【あれから1年】アフィリエイトファクトリーの放置サイ […]

アフィリエイトファクトリー
【あれから1年】2014年、アフィリエイトファクトリーの放置サイトはどうなったか?

Google大変動の影響についての報告 ちょうど1年前に、アフィリエイトファクトリーで作成した30サイトを放置した結果を公開しました。 アフィリエイトファクトリーを実践した結果を公開(2013年7月4日) アフィリエイト […]

さゆり塾レビュー
商品レビューが最強のコンテンツである理由【さゆり塾レビュー】

オンライン塾は、儲かるビジネス パンダ塾、坂本塾、篠原塾、鈴木塾、そしてさゆり塾・・・アフィリエイトには様々なオンライン塾が存在しますね。そして、だいたい20~30万円の価格帯が中心です。これは一つのビジネスモデルです。 […]

丸山式は「真のコンテンツアフィリエイト」だ
丸山塾こそ「真のコンテンツアフィリエイト」を学べる

丸山塾を”ペラサイト量産”と捉えることは本質を見誤っている 丸山塾のオプトインページでは、丸山式ペラページアフィリエイト講座と題しています。 月収500万円を安定的に稼ぎ続けるペラページアフィリエイトとは? 最新丸山式ペ […]

ホビリエイト・マスターズカリキュラム【購入レビュー】
ホビリエイト・マスターズカリキュラムの特典を紹介

関連記事: ホビリエイト・マスターズカリキュラム【購入レビュー】 ホビリエイトとPRIDE、あなたはどっちを買うべきか? ホビリエイト・マスターズカリキュラムの特典レビュー 6つの特典PDFテキストを紹介する 先日レビュ […]

ルレア(LUREA)購入レビュー
ルレアのロングレンジ戦略を加速させる方法【その2】

ルレアプラス(LUREAPlus)のロングレンジ戦略を加速させる方法の続き 国産高級牛肉マーケット内の「細分化されたニーズ(ニッチ)」を意識する 前回の続きです。 ある程度ターゲットの絞り込みができたら、独自の切り口を考 […]

ルレア(LUREA)購入レビュー
ルレアのロングレンジ戦略を加速させる方法【その1】

ルレアプラス(LUREAPlus)のロングレンジ戦略に欠けている重要なピース ルレアプラス(LUREAPlus)のロングレンジ戦略には決定的に欠けているピースがあります。そのピースとは「独自の切り口」です。そのサイトにア […]

ホビリエイト・マスターズカリキュラム【購入レビュー】
ホビリエイト・マスターズカリキュラム【購入レビュー】

関連記事: ホビリエイト・マスターズカリキュラムの特典を紹介 ホビリエイトとPRIDE、あなたはどっちを買うべきか? ホビリエイト・マスターズカリキュラム」購入レビュー 「ホビリエイト・マスターズカリキュラム」はラットレ […]

丸山塾6期
丸山塾での成功者が多い理由がわかった

丸山塾(全6期分のテキスト)を購入しました 丸山塾の本質は”ペラサイト量産”ではない 丸山塾のテキスト(1期〜6期)を全て読み終わった 先週購入した丸山塾全テキスト&動画ですが、ようやく1期〜6期のテキストと、動画を見終 […]

丸山塾とペラサイト
丸山塾の本質は”ペラサイト量産”ではない

丸山塾での成功者が多い理由がわかった 丸山塾(全6期分のテキスト)を購入しました 丸山塾【第7期】に入会します 丸山塾【第7期】が始動した 【丸山塾】なぜアフィリエイト塾に入る決意をしたのか? 丸山さんの運営サイトは、ペ […]

LFM-TV
LFM-TV 【検証とレビュー】

※LFM-TV2012は、2013年12月5日に販売を終了しています。 LFM-TVはキーワード戦略を学べる”動画教材” サイト(ブログ)アフィリエイトにおいて主要な戦略は大きく2つに分けられると考えています。1つはユー […]