Googleがリンクプログラムに参加するサイトに対し制裁措置を発動

 

Googleがリンクプログラムに参加するサイトに制裁措置

不正リンクに対するGoogleの制裁措置が発表された

昨日のGoogleウェブマスター向け公式ブログにて、リンクプログラムに参加するサイトに対する新たな制裁措置が発表されました。

リンク プログラムのネットワークに対策を行いました

Posted: 2016年2月5日金曜日 Share on Twitter Share on Facebook

Google では検索ユーザーの皆さんに、より良い検索結果を届けるために日々いろいろな取り組みをしています。例えばウェブマスター向けガイドラインを設定し、これに違反するようなサイトに対策を施すのもその一つです。

この一環として、Google ではこの度、検索結果を不正に操作するためにリンク プログラムに参加しリンクの売買を行っていた日本語のいくつかのサイト ネットワークに対して対策を施しました。この中にはウェブマスター向けガイドライン違反を繰り返しているサイトも含まれていたため、通常よりも厳しい対策を施したケースもあります。

引用:ウェブマスター向け公式ブログ

「通常より厳しい対策」というのが気になりますね。ただ、現時点で大きな順位変動は見受けられません。一部のサイトだけが影響を受けている可能性があります。

namaz.jpも現在のところ安定しています。

namaz.jp
出典:namaz.jp

2015年は大きなアップデートもなく、検索順位は安定しています。そろそろ大きなアップデートがあってもおかしくなさそうですが、まだまだ静かですね。

ただ、こうしてウェブマスター向け公式ブログで制裁措置を公表するということは、Googleの強い意志を感じます。これからのGoogleの動きに目が離せません。

Googleの定義するリンクプログラムとは?

ちなみにリンクプログラムとは、検索エンジンのランキングを意図的に操作する目的で貼られた自演リンクです。Googleでは以下のように定義しています。

リンクプログラム

PageRank や Google 検索結果でのサイトのランキングを操作することを意図したリンクは、リンク プログラムの一部と見なされることがあり、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)への違反にあたります。これには、自分のサイトへのリンクを操作する行為も、自分のサイトからのリンクを操作する行為も含まれます。

引用:Search Console ヘルプ

Googleは検索エンジンの質を高めるために、日々対策をおこなっているようですが、まだまだ道半ばという感じです。自演リンク・有料リンクに代表されるブラックSEOがなくならないのは、それが有効だからです。上位表示に対していまだに即効性があるからこそ多くのアフィリエイターがブラック施策をするのですね。

Googleも大変ですね。サイト評価(順位決定)に外部リンク要素を取り入れている限り、不正リンクはなくならないと思います。

ただ、長期的にサイトを運営するならば、不正リンクは割に合いません。結局バランスです。ペナルティ覚悟でサイトを量産するのか?それともペナルティを避けて自然リンクを増やすのか?

自然リンクを増やす方法については、Googleが以下のように解説しています。

他のサイトから自分のサイトへの高品質で関連性の高いリンクを作成してもらう最善の方法は、インターネット コミュニティで自然に人気を獲得する、関連性の高い独自のコンテンツを作成することです。

良質なコンテンツを作成すると、それが利益につながります。リンクは編集者による人気投票のようなもので、役立つコンテンツの数が多いほど、誰かがそのコンテンツが自分のサイトのユーザーにとって役立つことに気付き、リンクを作成してもらえる可能性が高くなります。

引用:Search Console ヘルプ

ユーザーと真摯に向き合い、ユーザーに価値を提供するコンテンツを作り続けることが、質の高いリンクを獲得する一番の近道です。

関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

「視点」とは、どのように語るのか?ということ
アフィリエイトにおける「視点」とは、どのように語るのか?ということ

最近、私が提唱するパワーアフィリエイト手法の要素の一つである”独自の切り口”に関するご質問を多くいただきます。また、パワーアフィリエイトの手法をまとめたオリジナル特典において、独自の切り口に関する解説を補足したのですが、 […]

アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる
弱者のためのキーワード戦略

様々な”思い”に応えるためのキーワードを探す 私自身はほとんどキーワードを意識しないで記事を書いています。私が実践しているパワーアフィリエイトにおいては、キーワード戦略はさほど意味をなしません。 関連記事: >&g […]

報酬はありがとうの対価
アフィリエイト報酬は「ありがとう!」の対価であるべき

記事自動生成ツールで作った記事に”価値”はない 記事自動生成ツールが売れていますね。Sk-Grandeについて問い合わせをいただいたので、販売ページを見てみました。Sk-Grandeは次世代型の記事生成技術を搭載したツー […]

アフィリイトリンクへの誘導
アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる

一般記事からアフィリエイト記事への誘導 昨日、興味深いご質問を頂きましたので、シェアしたいと思います。 読者様からのご質問内容は、”一般記事からアフィリエイトリンクページへいかに誘導すれば良いか?”といったものです。 私 […]

レビュー記事の書き方
優れたレビューを書くために必要な、たった1つのこと

読む人を感動させるレビュー まずは、以下のカスタマーレビューをお読み下さい。 SANYO の IC レコーダーは優れものである。 先ず、音が良い。 30年数前に数十万円を投じてサロンの一角を占領しているハイファイ・セット […]

横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催
【日本アフィリエイト協議会主催】横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催

参加費「無料」の勉強会&交流会 日本アフィリエイト協議会が主催する横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催されます。 横浜アフィリエイト勉強会&交流会、2016年10月27日(木)無料開催 参加費は完全無料で […]

独自の切り口
パワーアフィリエイトに不可欠な「独自の切り口」とは?

私が考えるパワーアフィリエイトの定義 最近、パワーアフィリエイトに関するご質問を多くいただいています。 量産アフィリに疲れたので、1つのサイトでアフィリエイトしたい パワーアフィリエイトを運営したのだが、何から始めれば良 […]

アフィリエイトジーニアス
メルマガアフィリの最大のネックは、本名と住所の開示

メルマガアフィリの最大のネック・・・氏名と住所の開示 私がメルマガアフィリを行わない最大の理由は、住所や氏名を開示したくないからです。メルマガを発行するには、本名や連絡の取れる住所等をメルマガ本文に記載することが法律で義 […]

アフィリエイト実績
アルファブロガーに学ぶ、アフィリエイト成功法則

アフィリエイターではなく、ブロガー? 昨日の記事の感想メールを頂きました。 「アフィリエイターというよりは、ブロガーっぽいですね。」という感想がありました。確かに、良質なコンテンツを継続的に書いていくスタイルは、ブロガー […]

忍者サイト凍結
忍者サイト凍結措置が予見する、アフィリエイトの未来

忍者がアフィリエイトサイトを凍結 先日、読者様から悲痛な連絡がありました。その方は、忍者ホームページを始め様々な無料ホームページサービスを利用して、大量のアフィリエイトサイトを運営していたそうです。 忍者ホームページでは […]

丸山塾第7期がいよいよ開講します
情報商材アフィリエイトを再開することにしました(2014年4月1日)

”卒業”から”再び参入”へ 2013年7月に情報商材アフィリエイトからの卒業を宣言しました。 >>情報商材アフィリエイトを辞めます 情報商材アフィリエイトをやめた理由は、単純に熱が冷めたからです。 そして、卒 […]

作家の収支とアフィリエイター
多作は才能だ

ビジネスライクな小説家「森博嗣」のマーケティングセンス 『作家の収支』(森博嗣)という興味深い本をさきほどKindleで読み終えました。仕事帰りにiPhoneで購入し、Kindleで一気読みしてしまいました。 『作家の収 […]