ルレアのロングレンジ戦略を加速させる方法【その2】

ルレアのロングレンジ戦略を加速させる方法【その2】

ルレアのロングレンジ戦略を加速させる方法【その2】

ルレアプラス(LUREAPlus)のロングレンジ戦略を加速させる方法の続き

国産高級牛肉マーケット内の「細分化されたニーズ(ニッチ)」を意識する

前回の続きです。

ある程度ターゲットの絞り込みができたら、独自の切り口を考えていきます。その際に大きなマーケットの中のニッチを意識することが大切です。ニッチと独自の切り口は密接に絡み合っているからです。

国産高級牛肉というマーケットがあるとして、その中のニッチ、つまり「細分化されたニーズ」とは何でしょうか?

このニッチを考えるときに、事前の徹底的なリサーチが活きてきます。頭だけでニーズを考えても限界がありますし、そもそも的外れなニーズを思いついてしまうリスクもあります。細分化されたニーズ…シンプルに考えるならば、

  • 神戸牛・松坂牛・近江牛など、特定のブランド牛肉に特化する
  • 肉の品質に特化する
  • 贈答品としての国産高級牛肉に特化する
  • ステーキ専用のお肉に特化する
  • 高級ローストビーフに特化する
  • バーベキュー用のコストパフォーマンスの高いお肉に特化する
  • 高級レストランで採用されているお肉に特化する(同じお肉を食べたいという欲求)
  • 最高ランクなのに安いお肉に特化する
  • 最高ランクでかつ値段も高いお肉に特化する(希少部位など)
  • 新鮮なお肉に特化する(鮮度優先)
  • 熟成肉に特化する
  • 一頭買専門店に特化する

時間をかけてリサーチすればもっと出てくると思いますが、今回はこの記事用に短時間でニッチを探してみました。これらのニッチを意識しつつ、独自の切り口を考えていきます。

商品&ターゲットを意識してピックアップ

常に商品&ターゲットありきで思考

ニーズや独自の切り口を探していく際に忘れてはならないことは、紹介したい「商品」と、その商品を手にすることで幸せになる人々「ターゲット」の存在です。この商品とターゲットからズレた「ニーズ」を考えても意味がありません。常に商品、そしてターゲットありきで、思考を進めていく必要があるということです。細分化されたニーズを複数上げていく中で、「商品」「ターゲット」とマッチしているものをピックアップしていきます。

仮に前回の記事で決めたターゲット、つまり…

ターゲットその1

  • 30代夫婦、共働きの世帯年収1000万円〜の中流家庭
  • 子どもが一人
  • 休日は子どもをつれてアウトドア
  • 都内のタワーマンションを購入
  • 食へのこだわりがあり夫も料理をする
  • 調味料は紀伊国屋や明治屋で買い揃える
  • 調理器具にもこだわりがある…

彼らをターゲットとするならば、選ぶべきニッチは…

  • 神戸牛・松坂牛・近江牛など、特定のブランド牛肉に特化する
  • 肉の品質に特化する
  • ステーキ専用のお肉に特化する
  • 高級ローストビーフに特化する
  • 最高ランクでかつ値段も高いお肉に特化する(希少部位など)
  • 新鮮なお肉に特化する(鮮度優先)

この辺りに絞られるでしょう(もっと時間をかけて探せばもっとあるはずです)。また、ターゲットとして、

ターゲットその2

  • エンゲル係数高めの40代独身男性
  • 週に一度は都内の有名レストランを予約して食事にでかける
  • 美食家であり食に強いこだわりがある
  • 月に一度は友人を招いてホームパーティ
  • 自宅の自慢のアイランドキッチンで作る食事も有機野菜や高級肉を使用した凝りに凝った料理ばかり
  • こだわりの食材は全国の有名店からお取り寄せだ…

ならば選ぶべきニッチは…

  • 高級レストランで採用されているお肉に特化する(同じお肉を食べたいという欲求)
  • 最高ランクでかつ値段も高いお肉に特化する(希少部位など)
  • 熟成肉に特化する
  • お取り寄せ高級牛肉「ランキング」
  • ホームパーティ献立(肉料理レシピ)&手土産
  • お取り寄せ高級食材特集(その中の1つとして国産高級牛肉を紹介)

などがマッチしているかもしれません。

独自の切り口を考える

様々な視点から思考

ニッチ(細分化されたニーズ)をある程度ピックアップできたところで、独自の切り口も平行して考えていきます。

独自の切り口とは「視点」です。視点とは「どのように語るか?」ということです。

  • その道の”専門家”として語るのか?
  • 別の専門家の視点から語るのか?
  • その道の”情報通”として語るのか?
  • ”マニア(オタク)”として語るのか?
  • ”体験者”として語るのか?
  • ”初心者”として語るのか?
  • ”熟練者”として語るのか?
  • ”成功者”として語るのか?
  • ”失敗者”として語るのか?
  • ”先駆者(元祖・パイオニア)”として語るのか?
  • 独特な発想で語るのか?
  • 面白い文体で語るのか?
  • 徹底的なデータをもとに語るのか?
  • 第三者の声をどこよりも大量に集めて語るのか?
  • 他のジャンルと組み合わせて語るのか?
  • あえて真逆に(反対意見として)語るのか?
  • 特定のニーズに絞り込んで語るのか?
  • 順序を入れ替えて語るのか?
  • 特定のシチュエーションに限定して語るのか?
  • 特定の職業に限定して語るのか?
  • 特定の利用シーンに限定して語るのか?

ここに挙げた「視点」は全てではありません。探せばもっとあるかもしれないし、組み合わせればさらに広がります。これらをヒントに独自の切り口を考えてみます。

  • 高級調理器具専門サイトで高級食材を語るサイト
  • ワイン通としてワインに合う高級牛肉&調理法を語るサイト
  • 珍しい調味料(胡椒や塩)、高級調味料専門サイトで高級牛肉を語るサイト
  • お取り寄せ国産高級牛肉を食べ比べたサイト
  • 贅沢キャンプ&バーベキュー食材専門サイト
  • お取り寄せマニアとして全国の高級牛肉を語るサイト
  • 食通(美食家)として国産高級牛肉を語るサイト
  • 国産牛肉の安全性を語るサイト
  • 希少部位(いちぼ、みすじ、ざぶとん等)のみに特化したサイト
  • テレビやメディアで紹介された国産牛肉を紹介するサイト
  • 安全性の高い国産牛肉を紹介するサイト
  • 自宅で熟成肉を簡単に作る方法を紹介するサイト
  • 高級牛肉を使った子どもでも食べられるレシピを紹介するサイト
  • 100g3000円を超える高級牛肉のみを紹介するサイト
  • 高級卵専門サイトですき焼きに合う卵を紹介するサイト
  • ふるさと納税で国産高級牛肉を取り寄せて食べてみた体験談を語るサイト

これらの視点も、リサーチ次第でもっと幅広くそして深く探しだすことができるはず。リサーチなしで考えることは限界があります。

尖った記事を書く

ターゲットに強く訴求する記事は拡散・共有されやすい

独自の切り口(視点)は、いわばサイトの骨子です。その枠組みからブレることなく、様々な記事を書いていきます。ありきたりのリライト記事を入れるよりは、尖っていてSBM(ソーシャル)で拡散されそうな何度も読んでもらえる記事をしっかりと作りこんだほうが、長期的にアクセスを呼び込め、結果として資産化することが可能になります。

自称「肉好き」「お取り寄せマニア」が同じく自宅でお肉を食することを好むターゲットに向けて記事を書くことを前提にコンテンツを考えてみます。例えば…

  • うちでは断然「お塩」!高級ステーキを自宅で100倍おいしく食べるためのオススメ「お塩」ベスト3
  • 【ネットで買える】自宅焼肉パーティが断然盛り上がる必須アイテムベスト10
  • 【ウマすぎ!】高級肉を買ってきて、モスバーガーを超える旨さのハンバーガーを作った話
  • ふるさと納税でもらえる高級牛肉を食べ比べてみた結果www
  • 様々な卵を試してわかった、松阪牛すき焼きにあう高級生卵ベスト3
  • 【絶品!】自宅で高級牛肉で炙り寿司を作る方法を解説するよ
  • 吉本のお笑い芸人がおすすめする都内の焼肉屋ベスト10!
  • うちで代々伝わっている、牛肉の美味しさを損なわない秘伝の保存方法を紹介するけど興味ある?
  • 【肉の猛者】3万円のフライパンを買ったから神戸牛を焼いてみたよ【絶品】
  • 希少部位をたらふく食べたいときに利用する【お取り寄せ肉店】ベスト3
  • 超簡単!激ウマ!炊飯器でローストビーフを作る方法を教えるよwww
  • コスパ抜群!お取り寄せ高級牛肉で自宅でステーキ三昧!
  • 高級店「今半」のすき焼きを自宅で再現する方法を見つけた!
  • レトルトカレーに国産高級牛肉を入れみた結果www
  • 自宅で至極の肉が食べたい!そんな時に私が利用する都内の高級牛肉専門店ベスト3
  • 絶対盛り上がる!ホームパーティにチョイスすべき希少食材&インパクト食材ベスト10!
  • 【感動!】死ぬまでに一度は食べたい国産高級希少部位はこれだ!
  • 自宅の焼き肉を高級店の味にレベルアップさせるために欠かせない市販タレ【ベスト5】
  • 海でバーベキュー!絶対盛り上がる超絶食材を紹介するよ!
  • 焼肉にあう市販タレを決める「焼き肉のタレ王者決定戦」をやってみた結果www

肉好きなら読んでみたい記事、つまりターゲットに強く訴求できそうな記事を、多少手間をかけてでも書くべきです。どこかのリライトしたツマラナイ記事を量産するよりもよっぽど効率的です。内容(切り口や視点)が面白ければそれだけでSBM(ソーシャル)で共有・拡散されます。もちろんライバルの参入障壁を高めることもできます。つまり真似されにくいコンテンツの構築が可能になるのです。

これらの記事のなかに、

「使用したお肉はこちらで買いました」

ここから買うと安く手に入ります」

などとアフィリエイトリンクを置いておくだけでOKです。

正しいことを書くことよりも自分が良いと思ったことを書くことで「尖る」

アクションを誘発させるコンテツとは

「〜とは」「〜の方法」「〜について」といった、いわゆるWikipedia的な記事やまとめ記事がなぜつまらないのか?それは正しいことを書こうとしているからです。もちろん検索キーワードによっては正確なコンテンツが求められることがあります。ただ、そうしたコンテンツはアクションを誘発させることはほとんどありません。

「購買」というアクションを誘発させる記事は、「〜が良かった」「〜が最高!」「〜はダメだけど〜は文句なし!」などと言った独断と偏見に満ちたコンテンツです。もちろんウソはダメですが、書いた本人が感じたことを率直に書いたコンテンツのほうが、相手には響きます。その独断と偏見が「偏っている」ほど、尖ったコンテンツになるのです。

尖ったサイトは、万人には受け入れられませんが、一部の偏狭的なファンを獲得することが可能になります。これが私の理想とするアフィリエイトサイトです。

…なんか面倒くさい?

ライバルサイトに勝つための施策はあるか?

ここまでの手順を読んで(なんだか面倒だな)と思う方もいるでしょう。もちろんここで紹介した手法が正しいという話ではありません。この手法は、ルレアプラス(LUREAPlus)のロングレンジ戦略を私(山本一郎)が実践するならばこうする、という内容に過ぎません。

ルレアプラス(LUREAPlus)のロングレンジ手順通りに実践しても良いし、ロングではなくミドルレンジを実践しても良いでしょう。また被リンクをガンガン送るブラック手法で攻めるのもアリです。正解などなありません。やりたいようにやれば良いだけです。

ただ一つ言えることとして、どのような戦略・手法にも共通の課題があるということ。それは「ライバルサイトにどうやって勝つか?」

ミドルもロングもブラックもホワイトも、そして山本流パワーアフィリエイト手法も、常に多くのライバルサイトと競争をしています。このライバルは今後増えることはあっても減ることはありません。常に増え続けると思っておいたほうが良いです。しかも日々凄い勢いで増え続けています。

日々増え続けるライバルサイト(競合サイト)に勝たなければ、報酬を得ることは難しいでしょう。

ブラックならば上位表示(1位〜3位)させることがライバルに勝つことに繋がります。ホワイトならばライバルサイトよりも高い価値を提供することが求められます。ロングテールならば、より多くのキーワードで広くアクセスを集めることが重要になるでしょう。

つまり、どのような手法においても重要なポイントはたったの1つだ。それは「ライバルサイトに勝つための施策」です。

優位性を確保し続けるための施策があるのかどうか?その施策を継続できるのか?その施策の費用対効果は?これらを明確にして戦略として構築していないと、今のアフィリエイトビジネスでそれなり(月100万円以上)の報酬を得ることは難しいと考えています。

ルレアプラス(LUREAPlus)のロングレンジ戦略における「ライバルサイトに打ち勝つための施策」とは何でしょうか?

ロングレンジサイトのコンテンツ記事の例

  • サイト訪問者の悩みを解決できる記事
  • まとめ系記事などサイト情報を集めた記事
  • 自分の考えや意見をしっかりうたった記事
  • 商品をしっかりと紹介したレビュー記事

このような記事を更新して増やすことで、外部リンクに頼らなくてもブログ全体から 集客出来るようになります。これをロングテール SEO戦略と呼びます。

引用:LUREAロングレンジサイト戦略より

この記述を見る限りにおいては、ルレアプラス(LUREAPlus)のロングレンジ戦略における「ライバルに打ち勝つための施策」とは、ロングテール+コンテンツ(数百ページ規模)の構築であると言えます。

ロングテールSEOは、実はかなりハードルが低く簡単な作業です。多くのロングテールキーワードを拾い、そのキーワードに沿った記事を書いていくことになります。つまり時間と手間を掛ければ誰でもできます。外注を使えば100記事、200記事などすぐに完成します。

ロングテール戦略に独自の切り口を加えることでライバルを圧倒する

残念ながら、ロングテールSEOはライバルに打ち勝つための強力な施策としては、脆弱と言わざるをえません。同じようなサイトが乱立しその中に埋もれてしまうことが予想されます。そうなれば上位に表示されたサイトが有利です。しかし上位表示されるサイトは、被リンク構築されたパワフルなブラックサイト、もしくは多くの自然リンクが付いた価値ある記事のどちらかなのです。

私が提唱したいのは、ロングレンジ戦略に「独自の切り口」(そのサイトでしか得ることのできないオリジナルな価値)を加えることです。数百記事の大規模ロングテールサイトを構築するよりも、はるかに効率よく成約させることができます。そして長期的に安定した収益を確保できます。なおかつ参入障壁が高いため、真似されにくいというメリットもあります。簡単ではないですが仕事としての面白さがあります。尖ったサイトを作ることで、訴求力は一気に高まります。

ルレアプラス(LUREAPlus)のロングレンジ戦略に取り組むならば、ぜひとも「細分化されたニーズ」や「独自の切り口」「独自の視点」「オリジナルな価値」そして「尖ったサイトを作る」ということを意識して欲しいと思います。

私が実践する手法についてはこちらの記事を参照してください。

評価AAA

オリジナル特典のご紹介

「当サイトオリジナル特典付きで購入する」ボタンから情報商材をご購入いただきましたあなたに、2つのオリジナル特典を無料プレゼントさせていただきます。

オリジナル特典その1

オリジナル特典その2

※どちらかではなく両方とも合わせて無料プレゼントさせていただきます。

オリジナル特典の詳細はこちらをご覧ください。⇒オリジナル特典の詳細

 よく読まれている記事

ルレア(LUREA)購入レビュー
ルレアのロングレンジ戦略を加速させる方法【その1】

ルレアが大量の”アフィリエイト挫折者”を生み出している!? ルレアのミドルレンジ戦略を成功させるためのたった一つの重要な思考 ルレアのロングレンジ戦略をそのまま実践しても成功しない…

ルレア(LUREA)購入レビュー
ルレア(LUREA)のロングレンジ戦略をそのまま実践しても成功しない理由とは?

LUREA(ルレア)が大量の”アフィリエイト挫折者”を生み出している!? ルレア(LUREA)のミドルレンジ戦略を成功させるためのたった一つの重要な思考 ルレアのロングレンジ戦略を…

アフィリエイトファクトリー
【あれから1年】2014年、アフィリエイトファクトリーの放置サイトはどうなったか?

1年経過して30個の放置サイトはどうなったか? 質の低いサイトがGoogle大変動の影響を受けて順位を落とした ちょうど1年前に、アフィリエイトファクトリーで作成した30サイトを放…

LFM-TVをヤフオクで手に入れることの危険性
【危険】LFM-TVがヤフオクで手に入る?

LFM-TV 【検証とレビュー】 販売終了の「LMF-TV」がヤフオクに出品されている件 私がアフィリエイトを始めた当初(2012年)は、素晴らしい教材がそろっていました。 アフィ…

アフィリエイトファクトリー
アフィリエイトファクトリー 【検証とレビュー】

アフィリエイトファクトリーを実践した結果を公開します アフィリエイトファクトリー実践のその後 あれから1年アフィリエイトファクトリーの放置サイトは? 徹底的に考え抜かれた”仕組み”…

ルレア(LUREA)購入レビュー
ルレアプラス(LUREAPlus)の「ミドルレンジ関連キーワード戦略」レポートを読むべきたった1つの理由

ルレアプラス(LUREAPlus)別冊「ミドルレンジ関連キーワード戦略」(全94ページ)とは? 当サイトでA評価のルレアプラス(LUREAPlus)ですが、読者の方からミドルレンジ…

丸山塾【第7期】に入会します
丸山塾【第7期】が始動した

【お知らせ】丸山広樹+アフィリエイト塾(2017年 後期)の新規募集がスタート 丸山塾(2017年 後期)の新規募集が、2017年10月18日からスタートしました。申し込みは以下の…

ルレア(LUREA)購入レビュー
LUREA(ルレア)が大量の”アフィリエイト挫折者”を生み出している!?

ルレアのミドルレンジ戦略を成功させるためのたった一つの重要な思考 ルレアのロングレンジ戦略をそのまま実践しても成功しない理由とは? ルレアのロングレンジ戦略を加速させる方法【その1…

丸山塾第7期がいよいよ開講します
丸山塾第7期がいよいよ開講します

【お知らせ】丸山広樹+アフィリエイト塾(2017年 後期)の新規募集がスタート 丸山塾(2017年 後期)の新規募集が、2017年10月18日からスタートしました。申し込みは以下の…

丸山塾の本質は”ペラサイト量産”ではない
丸山塾の本質は”ペラサイト量産”ではない

丸山塾での成功者が多い理由がわかった 丸山塾(全6期分のテキスト)を購入しました 丸山塾【第7期】に入会します 丸山塾【第7期】が始動した 【丸山塾】なぜアフィリエイト塾に入る決意…

丸山塾(全6期分のテキスト)を購入しました
丸山塾(全6期分のテキスト)を購入しました

丸山塾の成功者が多い理由 丸山塾の本質は”ペラサイト量産”ではない 丸山塾【第7期】に入会します 丸山塾【第7期】が始動した 【丸山塾】なぜアフィリエイト塾に入る決意をしたのか? …

アフィリエイトファクトリー
アフィリエイトファクトリー実践のその後

アフィリエイトファクトリー 【検証とレビュー】 アフィリエイトファクトリーを実践した結果を公開します あれから1年、アフィリエイトファクトリーの放置サイトは? ファクトリーサイトの…