フィードマティック【購入レビュー】その2

フィードマティック【購入レビュー】

フィードマティック【購入レビュー】その2

関連記事:

「フィードマティック」概略をおさらい

自動取得した2ちゃんまとめ記事(RSS情報)をTwitterで拡散し集客→クリック報酬型広告がキャッシュポイント

前回の記事でフィードマティックの概要を解説した。もう一度下の図を見て欲しい。これがフィードマティックのおおまかなアウトラインとなる。

フィードマティックの概念図

フィードマティックの概念図

WordPressを作って「2ちゃんまとめブログ」の記事をRSSで自動取得し、Twitterを連動させてフォロワーをWordPressに送り込む。キャッシュポイントはWordPressのクリック報酬広告だ。詳しくは以下のの記事を読んで欲しい。

これらを理解したうえで、今回は商材の中身をレビューしていきたい。

フィードマティック【購入レビュー】 タイトル:フィードマティック
販売:株式会社Manifold Knowledg
発売日:2016年4月27日
メディア:PDFテキスト
【フィードマティック公式サイト】

「フィードマティック」本編マニュアル中身を解説

ごちゃごちゃでわかりにくい購入者専用ページ

購入すると専用サイトへのアクセス権が付与される。専用サイトはこちらだ。

フィードマティック購入者専用サイト

フィードマティック購入者専用サイト

見た目はごちゃごちゃしてわかりづらい。どの流れで読んでいけば良いか迷ってしまうような構成はちょっと残念だ。せめて目次形式でコンテンツを表示するべきだろう。

これほど読みづらいマニュアルは初めてだ。とりあえず目次形式にまとめてみた。ナンバリングがないため、以下の順番で合っているかどうかすら定かではない。マニュアル構成としてはかなり読みづらい。

  1. はじめに
  2. ワードプレス徹底設置マニュアル
  3. フィードマティック操作マニュアル
  4. 新 ツイッターアカウント強化極意書
  5. ツイッターアカウントを1日で量産する方法
  6. 広告掲載テクニックマニュアル
  7. ツイットフィールダー操作マニュアル
  8. 田島式アクセスアップ奥義書
  9. フィードマティックロケットスタートセミナー
  10. よくある質問Q&Aお問い合わせ
  11. 新・次世代アフィリエイト完全解説マニュアル
  12. 実演動画モザイク無し完全バージョン
  13. 北川ブートキャンプ

では、各章をレビューしていきたい。

1.はじめに

田島文忠(ふみただ)氏の自己紹介と、フィードマティックの全体概要の解説だ。

著作権について触れている箇所があるのだが、田島氏は「他人の著作物を引っ張ってきている以上、やっていることはグレーゾーンではあります。」と述べている。

たしかにRSS情報とはいえ、それらをメインコンテンツにしているわけだから、微妙な立ち位置ではあるだろう。気になる人はやめておいたほうが良いかもしれない。

2.ワードプレス徹底設置マニュアル

WordPress導入・設定方法、そしてWordPressとTwitterアカウントの連携手順の解説だ。Twitterとの連携には IFTTTという無料ツールを使用する。

WordPressのテンプレートはStinger推奨(無料の国産テンプレート)。

3.フィードマティック操作マニュアル

フィードマティックは取得したRSS情報を読み取り、自動でブログに投稿してくれるツールだ。WEBサービスとして提供されるツールであり、自分のパソコンにインストールなどはできない。このツールに万が一不具合が生じれば、自動投稿はストップしてしまう。ツールに依存するスタイルに不安を覚えるのは私だけではないだろう。

この章ではフィードマティックの操作方法について解説されている。動画も用意されているので理解はしやすいはず。

4.新ツイッターアカウント強化極意書

Twitterのフォワーを増やす方法がかなり具体的に示されている。なかなか読み応えのあるパートだ。

最短でTwitterアカウントを育てていくための様々な施策が用意されており、手間はかかるが、着実にフォロワーを増やしていくためには欠かせない内容だ。

5.ツイッターアカウントを1日で量産する方法

アカウント凍結のリスクを常に抱えるTwitterビジネスにおいて、複数のアカウントを作成することは必須のスキルだ。ただ1日に複数のアカウントを同時作成すると凍結されるというリスクもある。

この章では、1日でアカウントを量産する裏ワザが紹介されている。この方法を使うことで1日に10個でも20個でもアカウントを作成できるらしい。

たしかに可能かもしれない。ただ、この方法はかなりリスキーな気がする。いずれ対策を取られてしまい、この裏ワザが通用しなくなる可能性もあることを念頭に置くべきだろう。

6.広告掲載テクニックマニュアル

フィードマティックではアドセンス広告の運用は不可。コンテンツにオリジナリティがなく品質が低いため、アドセンスの審査を通すことは難しい。マニュアル内ではクリック課金型広告ASPが3社、紹介されている。3社で配信される広告は属性ともマッチしているため、クリック率は期待できる。

  1. imobile
  2. nend
  3. fam

3社の内、上の2社(imobileとned)は比較的目にするASPだが、famは初めて耳にするASPだ。famは「インフィード広告」を配信するASPとして有名らしい。インフィード広告とはコンテンツの中ほどに配置される広告だ。コンテンツに溶け込むことで広告色を押さえ、ターゲットに違和感を抱かせにくいという特徴がある。

Twitterなどのタイムライン上に挟み込まれる広告もインフィード広告だ。2ちゃんまとめサイトなどとも相性が良いとされる。若干アダルト色の強い広告が配信されることも特徴だ。

最初に広告タグを貼ってしまえば、メンテナンスは不要。

このノウハウに使用するASPは3つです。
基本的に今回紹介する3つのASPさえ登録していれば、他のASPは一切使用する必要はございません。
実際に、私、田島現在は今回紹介する3つのASP以外使用しておりません。
この3つのASPから100万円以上もの収入を得ています。

引用:フィードマティック本編マニュアルより

7.ツイットフィールダー操作マニュアル

ツイットフィーダーは、記事をTwitterに自動でつぶやくWordPress専用プラグインだ。WEB上で入手できるものではなく、フィードマティック購入者のみが使用できるプラグインだ。Twitterのアカウント凍結対策が組み込まれたプラグインらしい。

8.田島式アクセスアップ奥義書

大量のタイムラインに埋もれがちなツイート(つぶやき)をいかに目立たせて、WordPressに誘導させるか?具体的な施策が解説されている。

9.フィードマティックロケットスタートセミナー

2016年3月6日、東京で開催されたセミナー動画が視聴できる。2時間38分にも及ぶ長時間セミナー動画となっている。

フィードマティックのセミナー動画

フィードマティックのセミナー動画

10.よくある質問Q&Aお問い合わせ

現時点で90個のQ&Aが用意されていて、たいていの疑問はここで解決できそうだ。

11.新次世代アフィリエイト完全解説マニュアル

全ての章の中でもっとも重要であると位置づけられているパートだ。

  • 複数のTwitterアカウントを使った誘導法
  • アクセスを集められる記事と集められない記事の違い
  • RT(リツイート)で爆発的なアクセスを集める方法
  • アクセスを集めた記事をbot化する手順

具体的で実践的なノウハウ・ヒントが凝縮されている。

12.実演動画モザイク無し完全バージョン

初期設定から初報酬が発生するまでの経過(1日目〜4日目)を動画で撮影したものが公開されている。3日目で初報酬が発生している。

初日

  • ツイッターアカウントを10個作成
  • フォローマティック起動 アカウント登録
  • ツイッターとブログの連携設定
  • フォードマティックのスイッチON

2日目

  • 広告の貼り付け
  • フォローマティックの設定見直し
  • (フィードマティックによる記事自動更新)

3日目

  • 初報酬の発生を確認
  • (フィードマティックによる記事自動更新)

4日目

  • 継続報酬発生
  • (フィードマティックによる記事自動更新)

いきなり報酬が発生することに驚きを隠せない。が、報酬額は微々たるものだ。これをいかに積み上げていくか?ということなのだろう。

13.北川ブートキャンプ

Twitterで稼ぐためのマインドとスキルを、フィードマティック販売者である北川雅嗣氏が講師となって教えてくれるオンラインセミナー。

「フィードマティック」の欠点

欠点1.コンテンツは三次情報の借り物であるためブログが資産にならない

フィードマティックは、2ちゃんねるまとめブログのRSS情報を自動でかき集めて、コンテンツの体裁を整える。つまり借り物で構成されたブログを運営することになる。言い換えれば他人のふんどしで相撲を取るということだ。ある意味効率的だが、第三者のコンテンツに依存するため、いつまでたってもブログが資産にならない。資産化できないトレンドブログを運営していくようなものだと割り切るしかない

欠点2.Twitterアカウント凍結を回避しつつ大量のアクセスを集めるための慎重な運用が求められる

クリック報酬型広告が中心となるため、大量のアクセスをWordPressに流し込むことが求められる。そのためにはTwitterのフォロワーを増やし続ける作業が重要だ。この作業は付属のフォローマティックでおこなっていく。

いかに凍結を回避し、複数のTwitterアカウントを使ってフォロワーを増やすか?これは簡単なようでいて、ハードルは高い。Twitter運営側とは利益が相反するため、凍結を避けるために常に慎重な運用が求められる。

欠点3.仕組み構築までのハードルは決して低くない

WordPressを立ち上げ、2ちゃんまとめのRSS情報を自動取得する仕組みを組み合わせ、さらにWordPressとTwitterを連動させる。そしてフォロワーを増やすためのフォローマティックを稼働させる…

仕組みを構築するための作業は決して簡単なものではない。とはいえ、マニュアルをしっかり読み、付属の解説動画を見ながら、根気強く一つ一つの作業をこなしていけば仕組みは完成するだろう。

欠点4.1アクセス換算で0.3円〜1円の報酬額

クリック報酬型広告がメインなので、報酬単価は高くない。1アクセスに換算すれば0.3円〜1円程度の報酬額だ。月10万円の報酬を獲得するには、単純計算で10万〜33万アクセスが必要だ。1日平均で3000〜1万アクセスということになる。

このアクセスをTwitterからのアクセスのみで得ようとすれば、相当数のフォロワーが必要ということが理解できるはず。

ここが残念(欠点)

  • コンテンツは三次情報の借り物でありコンテンツ作成スキルは習得できない
  • Twitterアカウント凍結を回避しつつ大量のアクセスを集めるための慎重な運用が求められる
  • 仕組み構築までのハードルは決して低くない
  • 1アクセス換算で0.3円〜1円の報酬額

「フィードマティック」の評価ポイント

1.仕組みを構築してしまえばほとんど手がかからない

最初に仕組みを完成させてしまえば、あとの運用はほとんど手がかからない。着実にTwitterのフォロワーを増やしていく作業を続ければ、報酬も徐々に増えていく。

2.検索エンジンに依存しない集客方法を持つことの強み

フィードマティックは、Twitterから集客するため、一般的なアフィリエイトサイトと異なり、検索エンジンに全く依存しない。上位表示を獲得するための熾烈な競争に巻き込まれることもない。

3.すぐに集客できてすぐに報酬が発生する仕組みはモチベーションアップに直結

仕組みさえ完成させれば、集客はその日にでも可能だ。クリック報酬型広告が中心なので、数日以内に初報酬が発生するのもうなずける。

4.ほぼ自動化することでメンテナンス作業にのみ集中できるという強み

仕組み構築さえできれば、ほぼ自動で全てが進んでいく。記事更新も自動、Twitterでのつぶやきも自動、フォロワーを増やす作業もほぼ自動…広告張替え作業は不要、上位表示させることも不要、運営サイトは1つ…

完成した”仕組み”(自動販売機)に送客する数を増やし続けることだけを考えればOKだ。

5.”属性”を考えぬいて構築された仕組みは完成度が高い

フィードマティックにおけるターゲットは、Twitterユーザーだ。その中でも特に、暇つぶしユーザーがメインターゲットになる。だからこそ2ちゃんまとめ記事に反応をする。そして2ちゃんまとめ記事を読むユーザーと相性の良いASP広告を貼る。

属性を絞り込んでいるからこそ、反応も高くなる。

6.アイデア次第で仕組みの応用も可能

人を集めれば、それをお金に変換しやすいということを、端的に理解できる。「フォロワー=お金」という構図だ。フィードマティックの仕組み(Twitterユーザーをブログに送り込む)を応用すれば、様々なジャンルで集客が可能だろう。

RSS情報を発信しているブログからコンテンツをかき集め、そこにマッチするターゲットをTwitterで集客し、ブログに送り込む。ジャンルによっては情報商材なども売れるかもしれない、そんな可能性を感じさせる。

ここがマル(良い点)

  • 仕組みを構築してしまえばほとんど手がかからない
  • 検索エンジンに依存しない集客方法を持つことの強み
  • すぐに集客できてすぐに報酬が発生する仕組みはモチベーションアップに直結
  • ほぼ自動化することでメンテナンス作業にのみ集中できるという強み
  • ”属性”を考えぬいて構築された仕組みは完成度が高い
  • アイデア次第で仕組みの応用も可能

「フィードマティック」総合評価

【結論】1アクセス換算で0.3円〜1円の報酬額とはいえほぼ自動で運用できる点においてはまさにネット上の自動販売機だ
付属のフォローマティックが無料で提供される点も魅力

報酬単価は高くないがほぼ自動で運用できる仕組みを手に入れると考えれば、”アリ”かもしれない。また短期で成果が出やすいという点も評価できる。

フィードマティックの仕組みを応用して、Twitterという手垢に染まっていない(染まりにくい)市場を上手く利用すれば、もっと効率的にアフィリエイトができるような気がする。

初期バージョンとはいえ22,800円で販売されていたフォローマティックが無料で提供される点も嬉しい。

フィードマティックで何が学べるのか?

  • Twitterからブログへの集客方法を学ぶことができる
  • RSS情報だけでWordPressのコンテンツを作る方法を学ぶことができる
  • Twitterのフォロワーを効率的に増やす方法を学ぶことができる
  • アドセンス以外のクリック報酬型広告の提携方法を学ぶことができる

ここがマル(良い点)

  • 仕組みを構築してしまえばほとんど手がかからない
  • 検索エンジンに依存しない集客方法を持つことの強み
  • すぐに集客できてすぐに報酬が発生する仕組みはモチベーションアップに直結
  • ほぼ自動化することでメンテナンス作業にのみ集中できるという強み
  • ”属性”を考えぬいて構築された仕組みは完成度が高い
  • アイデア次第で仕組みの応用も可能

ここが残念(欠点)

  • コンテンツは三次情報の借り物でありコンテンツ作成スキルは習得できない
  • Twitterアカウント凍結を回避しつつ大量のアクセスを集めるための慎重な運用が求められる
  • 仕組み構築までのハードルは決して低くない
  • 1アクセス換算で0.3円〜1円の報酬額

フィードマティックを購入したほうが良い人

  • Twitter集客を学びたい人
  • 単純にTwitterのフォロワーを増やしたい人
  • クリック型広告で小さな報酬をコツコツ積みあげたい人
  • 短期間で初報酬を得たい人

フィードマティックを購入しないほうが良い人

  • 2ちゃんまとめブログからのコンテンツ引用に不安を感じる人
  • 1アクセス換算で0.3円〜1円の報酬額に不満な人
  • 仕組み構築が面倒な人
  • 資産化ブログを構築したい人

関連記事:

フィードマティック【購入レビュー】 タイトル:フィードマティック
販売:株式会社Manifold Knowledg
発売日:2016年4月27日
メディア:PDFテキスト

オリジナル特典のご紹介

「当サイトオリジナル特典付きで購入する」ボタンから情報商材をご購入いただきましたあなたに、2つのオリジナル特典を無料プレゼントさせていただきます。

オリジナル特典その1

オリジナル特典その2

※どちらかではなく両方とも合わせて無料プレゼントさせていただきます。

オリジナル特典の詳細はこちらをご覧ください。⇒オリジナル特典の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

フィードマティック【購入レビュー】
フィードマティックを購入したら”フォローマティック”が無料でもらえた

関連記事: フィードマティック【購入レビュー】 フィードマティック【購入レビュー】その2 フィードマティックを購入したら”フォローマティック”が無料でもらえた 22,800円のフォローマティックが”無料供与”される フィ […]

フィードマティック【購入レビュー】
フィードマティック【購入レビュー】

関連記事: フィードマティック【購入レビュー】その2 フィードマティックを購入したらフォローマティックが無料でもらえた フィードマティックを購入した 【驚愕】日本のTwitterユーザー増加率はなんと世界一 日本国民の4 […]