フィードマティックを購入したら”フォローマティック”が無料でもらえた

フィードマティックに付属するフォローマティックで何ができるのか?

フィードマティックに付属するフォローマティックで何ができるのか?

関連記事:

フィードマティックを購入したら”フォローマティック”が無料でもらえた

22,800円のフォローマティックが”無料供与”される

フィードマティックには、フォローマティックというツールが無料で付属している。フォローマティックは、現在販売中のフォローマティックXYのプロトタイプ版(初期版)だ。フォローマティックは当初22,800円で販売されていたツールであり、それがフィードマティック購入者には無料で提供されるという大盤振る舞いだ。フィードマティック購入時に以下のようなメールが届く。

この度は、フィードマティックをお買い上げ頂きまして誠にありがとうございます。フィードマティック特典の初代フォローマティック用シリアルキーをご連絡いたします。
_____________________
シリアルキー: XXXX-YYYY
_____________________
シリアルキーは1つにつき1台のパソコンにのみご使用頂けます。以下のURLからフォローマティックの購入者通信へご登録してください。登録後にご案内される購入者専用ページよりツールをダウンロードすることができます。

今回はフィードマティックに無料で付属するフォローマティック(初期版)をレビューする。

フィードマティック【購入レビュー】 タイトル:フィードマティック
販売:株式会社Manifold Knowledg
発売日:2016年4月27日
メディア:PDFテキスト
【フィードマティック公式サイト】

フォローマティック購入者専用ページにアクセスしてみる

コンパクトで一覧性の高い”購入者専用ページ”

まずはフォローマティック購入者専用ページにアクセスしてみよう。

フォローマティック購入者専用ページ

フォローマティック購入者専用ページ

何度も述べるが、このフォローマティック(22,800円)は完全無料だ。フィードマティック購入者に無料で提供される。

PCインストール型ソフトウェアとして供与

フォローマティックはPCインストール型ソフトウェアとして供与される。WEBシステムではなく、あなた所有のパソコンにダウンロード&インストールして使用するソフトウェアだ。対応しているパソコンのOSは以下のとおりだ。

  • Windows 8/8.1 (32bit, 64bit)
  • Windows Server 2012 R2 Standard (64bit)
  • Windows 7 (32bit, 64bit)
  • Windows Server 2012 Standard (64bit)
  • Windows Vista (32bit, 64bit)

Macには対応していないため、WindowsPCを持っていないユーザーは、仮想デスクトップサービスなどを利用する必要がある。

ところでフォローマティックで何ができる?

”フォロー・アンフォローを自動化するツール”

そもそもフォローマティックとは何なのか?端的に言えば、Twitterのフォロー・アンフォローを自動化するツールだ。

  • フォロー…  気になるユーザーのつぶやきを受信すること
  • アンフォロー…受信しているユーザーを解除すること

通常は、このフォロー・アンフォローは手動でおこなう。大抵のTwitter利用者は、気になるユーザーやつぶやきを探して、自分のタイムラインに定期的に流すためにフォローをおこなう。一旦フォローしたユーザーを何らかの理由で削除したいときはアンフォローをするわけだ。フォローマティックは、このフォロー及びアンフォローを自動化するツールである。

フォローマティックを使う最大の目的は、フォロワーを増やすことだ。フォロワーを大量に集めることができれば、自分のブログにアクセスを流すことも可能になる。

フォロワーを増やす仕組みとは?

あなたが有名人でもない限り、勝手にフォロワーが増えることは100%ない。フォロワーを増やすには、まずあなたが誰かをフォローする必要があるのだ。フォローされた側は、お返しとしてあなたをフォローし返してくれる(相互フォローの慣習)。こうして様々な人をフォローし、相互フォローをしてもらうことを繰り返すことで、徐々にあなたのアカウントのフォロワーを増やしていくことになる。もちろんあなたが、興味深いつぶやき(情報発信・共有)を続ければ、徐々にフォロワーは増えるかもしれないが、まずは相互フォローによるフォロワー獲得が基本となる。

この相互フォローの慣習を利用し、フォロワー獲得を自動化したツールがフォローマティックだ。特定の属性(ターゲット)に限定して、自動的にフォローをしていく仕組みだ。フォローした相手の一定数が自分に相互フォローしてくれる。フォローマティックを24時間毎日稼働させることで、徐々にフォロワーが増えていく。

不自然な挙動は”アカウント凍結”のターゲットとなる

ただし、何でもかんでも自動化すれば良いという話ではない。不自然に大量のフォローをおこなう行為は、アカウント凍結の対象となる。過去にも、ツールを使ったフォロワー自動獲得行為によって、多くのアカウントが凍結されてきた。Twitter運営事務局が掲げるTwitterルールには、以下の行為をおこなった場合「スパム」として認定しアカウントが「一時的または永久に凍結」される。

  • 自動化されたアプリやツールを使用して、短期間に多数のアカウントのフォローまたはフォロー解除を行った場合

フォローマティックは、基本的にはTwitterルールに抵触するツールであり、ある意味ハッキングに近い行為を助長するものだという認識は持っていたほうが良いだろう。

フォローマティックが人気を博した理由(ワケ)

凍結リスクをゼロに近づける機能でライバルツールを圧倒

フォローマティック、及び後継ツールであるフォローマティックXYが売れ続けている理由は、ガチガチのTwitterルールの目をかいくぐり、凍結リスクを回避する機能が秀逸だからだ。もちろん凍結リスクはゼロではない。が、限りなくゼロに近づけるためのノウハウが集約されている。フォローマティックの機能をいくつか紹介しよう。

1.属性を絞ってフォローする(属性指定機能)

まずはユーザーの属性(嗜好)を絞り込んでフォローするターゲットを限定する機能だ。

フォローマティック属性指定機能

フォローマティック属性指定機能

属性指定機能とは、特定の趣味・嗜好に限定したフォロワーを集めるための機能。たとえばアニメ好きのフォロワーを集めたい場合、属性設定で”アニメ”というキーワードを入力することで、絞り込んだユーザーを抽出し自動フォローしていくことが可能になる。この場合、自分自身のアカウントも同じ趣味・嗜好に特化したプロフィールにしておくことで、相互フォローの可能性が高まる。アカウントごとに設定できるため、複数のアカウントでそれぞれ異なる属性を集めることができる。

  • Aアカウント…ダイエット属性
  • Bアカウント…英語学習属性
  • Cアカウント…ペット属性

2.フォロー条件設定機能

属性だけでなく、様々な条件を指定することで、狙いを定めたユーザーに絞り込むことも可能だ。

  • プロフィールに含まれる言葉を限定しての絞り込み
  • ツイート数による絞り込み
  • フォロー数による絞り込み
  • フォロワー数による絞り込み
  • 最終ツイート時間による絞り込み
  • デフォルトアイコンを含めない
  • etc.

まさに至れり尽くせりといったところだ。

3.フォロースピード設定機能

ツールによるフォローを限りなく”自然”に見せるための機能である。機械的な動きを極力排除し、人間的な動きに近づける工夫が満載だ。フォロワー数の増加に応じて、フォローする人数やフォローの最低間隔、1日のフォロー上限数、さらにリムーブ(フォロー解除)するタイミングまで、細かく設定できる。

Twitter自動化ツールの進化はアカウント凍結リスクとの戦いの歴史

フォローマティックの進化版「フォローマティックXY」とは?

Twitter自動化ツールの進化はアカウント凍結リスクとの戦いの歴史であるといっても良いだろう。フォローマティックが誕生する以前も多くの自動化ツールがあった。その多くは不自然な挙動を掌握されてしまい、アカウント凍結という残念な結果を招いてきた。

フォローマティックも例外ではない。少しでも不自然な挙動を発動してしまえば、すぐさま補足されアカウントが凍結される。フォローマティックはそれらのデータを収集・解析することで、アカウント凍結リスクを極限にまで下げるべくさらなる進化を遂げた。

そうして生まれたのがフォローマティックXY(現行版)だ。

フォローマティックXY タイトル:フォローマティックXY
販売:株式会社Manifold Knowledg
発売日:2014/04/03
メディア:ツール・PDF

初代フォローマティックと進化版「フォローマティックXY」との違い

アカウント凍結リスクを極限までゼロに近づけた進化版「XY」

XYの機能進化は、まさに凍結対策の強化にある。またツールとしての機能だけでなくTwitter運用ノウハウとしても充実した内容が提供される。フォローマティックXYは、2つのツールで構成される。

  • フォローマティックX
  • フォローマティックY

フォローマティックXは、純粋に初代フォローマティックの進化版だ。フォローマティックが従来持つ機能に加え、新たに追加された機能としては、

  • 属性指定機能のキーワードが3つまで登録可能
  • 根こそぎリムーバー機能(片思いユーザーをフォローから外す機能)
  • 地域検索機能

などがある。そしてフォローマティックYは、リツイートを活用してフォロワーを増大させることに特化したツールだ。

とりあえずはフィードマティックについている初代フォローマティックで十分

2000ユーザーレベルまでは初代フォローマティックだけでOK

Twitter集客が初めてならば、まずはフィードマティックで無料供与される初代フォローマティックで十分だろう。初代とはいえ、備わる機能は「XY」に引けをとらない。2000ユーザークラスの複数アカウントを育てるならば初代フォローマティックでも可能だ。

関連記事:

フィードマティック【購入レビュー】 タイトル:フィードマティック
販売:株式会社Manifold Knowledg
発売日:2016年4月27日
メディア:PDFテキスト

「当サイトオリジナル特典付きで購入する」ボタンから情報商材をご購入いただきましたあなたに、2つのオリジナル特典を無料プレゼントさせていただきます。オリジナル特典のご紹介

オリジナル特典その1

オリジナル特典その2

※どちらかではなく両方とも合わせて無料プレゼントさせていただきます。

オリジナル特典の詳細はこちらをご覧ください。⇒オリジナル特典の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

フィードマティック【購入レビュー】
フィードマティック【購入レビュー】

関連記事: フィードマティック【購入レビュー】その2 フィードマティックを購入したらフォローマティックが無料でもらえた フィードマティックを購入した 【驚愕】日本のTwitterユーザー増加率はなんと世界一 日本国民の4 […]

フィードマティック【購入レビュー】
フィードマティック【購入レビュー】その2

関連記事: フィードマティック【購入レビュー】 フィードマティックを購入したらフォローマティックが無料でもらえた 「フィードマティック」概略をおさらい 自動取得した2ちゃんまとめ記事(RSS情報)をTwitterで拡散し […]