必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました

   2014/12/28

Googleガイドライン

読んでいないと話になりません

本日(2012年10月3日)、Googleのウェブマスター向けガイドラインが更新されました。ウェブマスター向けガイドラインの重要性については、以前の記事でも書いています。

>>ウェブマスター向けガイドラインを読んでいますか?(2012年9月20日)

そのウェブマスター向けガイドラインが、10月3日に更新されています。まだチェックしていない方は、是非確認をしておいて下さい。WEB制作者・サイト運営者にとっては、必読です。

>>ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

今回の更新により、リンクプログラムや隠しテキスト・隠しリンクなどに関する内容が、以前よりも詳しく解説されています。

Googleのメッセージとは?

私たちサイト(ブログ)アフィリエイターにとって、Google(検索エンジン)は決して無視できない存在です。アクセスの大半が検索エンジンに依存しているからです。

そのGoogleが、どんなサイトを上位表示させようとしているのか?Googleの思考を詳しく知っておくことは、大変重要なことです。

Googleが私たちサイト運営者に求めていることは、たった一つのメッセージに集約されます。それは、サイトを訪れるユーザーを第一に考えようというメッセージです。このことは、Googleウェブマスター向け公式ブログにも、はっきりと明記してあります。

 今回品質に関するガイドラインを更新しましたが、私たちがお伝えしたい基本のメッセージに変わりはありません

— それはサイトを訪れるユーザーを第一に考える

ということです。

~Googleウェブマスター向け公式ブログより引用~

Googleは、訪れるユーザーのことを最優先に考えているサイト(ブログ)を、高く評価するということです。被リンクがたくさん付いているサイトを高く評価するとか、中古ドメインだから評価するとか、文字数が多いから評価するとか、無料ブログだから評価するとか、そんなことは、ひと言も書いていません。

もう一度、Googleのメッセージを見て下さい。

 私たちがお伝えしたい基本のメッセージに変わりはありません

— それはサイトを訪れるユーザーを第一に考える

ということです。

~Googleウェブマスター向け公式ブログより引用~

Googleは、ユーザーにとって役立つ、ユーザーにとって価値のあるサイトを、高く評価するのです。至極当然といえば、当然ですね。

Googleにとっても、価値のあるサイトが上位表示されれば、Googleの検索エンジンの利用者が増え、結果的にGoogleの利益にも繋がるからです。これが本質です。

SEOテクニックなど、枝葉に過ぎません。外的SEOに拘(こだわ)り過ぎている人は、「木を見て森を見ず」に陥っています。

価値のあるサイトとはどんなサイトか?

では、どんなサイトが価値のあるサイトなのでしょうか?価値のあるサイトの定義は簡単ではありませんが、ユーザーにとって利便性があり、オリジナリティがあり、コンテンツに魅力があるサイトですね。

ひと言で分かりやすく言えば、ユーザーが「お気に入り」「ブックマーク」に登録したいと思えるようなサイトです。もう一度読みたい、更新されたら再訪問したい、と思ってもらえるサイトは、大抵ブックマーク登録されると思います。

あなたがこれまでに作成したサイトについて、以下の2つの質問を問うてみて下さい。

  • あなたのサイトは、ブックマークされるようなサイトですか?
  • 自分のサイトを、自分でブックマークしたいと思えますか?

この2つの質問に「YES」と答えられなければ、そのサイトは、ユーザーにとって価値の低いサイトと言えます。サイトを作るときは、常にこの2つの質問を投げかけてみて下さい。言うまでもありませんが、ペラサイトを量産など、論外だということがわかると思います。

ユーザーの視点に立つということ

ユーザーにとって価値のあるサイトを作る為には、ユーザー側の視点に立ってサイト作成するということが、非常に重要になります。ユーザーの悩みや疑問に思いをはせ、その悩みや疑問に対してコンテンツで答えを返してあげることが、私たちアフィリエイターの役割です。

ユーザーが本当に求めている情報を、求められるタイミングで提供することで、悩みを解決できる商品やサービスへの橋渡しをしてあげられるサイトこそ、優れたアフィリエイトサイト(価値あるサイト)と言えるでしょう。

そしてGoogleの役割(目的)は、ユーザーの悩みや疑問を解決できる優れたサイト(価値あるサイト)を、上位に表示させることです。アフィリエイターも、Googleも、ユーザー視点に立ってこそ、ウィン・ウィン(WIN-WIN)の関係が完成します。

これまで広められた手法の大半は、Googleを欺いて上位表示させ、ユーザーを誘導してリンクをクリックさせるようなものばかりでした。こんな裏技かつ自分よがりなテクニックが、いつまでも通用するとは思いません。

ゴミサイトを量産し続けるアフィリエイターも、外的SEOばかり気にしてコンテンツを軽視しているアフィリエイターも、そろそろビジネスの本質に立ち返って、襟を正すべきときが来ていると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている
70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

「自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。」竹中平蔵 BLOGOS「賢人論」インタビューで、竹中平蔵氏が取り上げられていて興味深く読んだのだが、とても印象的だった […]

Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話
書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』

250円で”個人WEBメディア”の構築と運営ノウハウが学べる 本のご紹介です。 『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』 250円 この書籍は、Kindle本の紹介サイト「きんどるどうで […]

上位表示は必要か?
良質な記事を書けば、放っておいても見つけてもらえる時代になってきた

上位表示ってそんなに重要ですか? 最近、メールでご質問をいただくことが多いのですが、その中でも特に多いお問い合わせが、 「どうすれば上位表示されますか?」 「サイトを作ったけれど、なかなか上位表示されない・・・」 「上位 […]

「welq(ウェルク)」にアフィリエイターが勝てなかった理由
「welq(ウェルク)」に個人アフィリエイターが勝てなかった理由

「welq(ウェルク)」にアフィリエイターが勝てなかった理由は”生産性”の差にある DeNA運営の「welq(ウェルク)」を始めとした大手コンテンツサイトが検索上位表示を独占し、その手法(記事作成方法)に多くの批判が集ま […]

アフィリエイトジーニアス
メルマガアフィリの最大のネックは、本名と住所の開示

メルマガアフィリの最大のネック・・・氏名と住所の開示 私がメルマガアフィリを行わない最大の理由は、住所や氏名を開示したくないからです。メルマガを発行するには、本名や連絡の取れる住所等をメルマガ本文に記載することが法律で義 […]

ニッチなテーマについて
SEOで真っ向勝負するか、オリジナルな価値を提供するか

SEOで真っ向勝負するか、オリジナルな価値を提供するか アフィリエイトにおいて、今、取るべき手法は2つしかないと考えています。(私の持論ですので反論もあると思います。) SEOで真っ向勝負する オリジナルな価値を提供する […]

ターゲットを軽視しない
ターゲットを軽視してはいけない

ターゲットの重要性 多くのアフィリエイターが、ターゲットを軽視している、もしくは上手く絞れていないことが多いように感じます。 ターゲットとは、私たちアフィリエイターが集めたいと考えているユーザーのことです。このターゲット […]

ニッチとは”細分化されたニーズ”だ
ニッチとは”細分化されたニーズ”だ

ニッチジャンルに関するご質問 ニッチなターゲットとニッチなブログテーマに関するご質問を頂きました。 山本様が考えるニッチジャンルとはライバルがいないジャンルを狙うことであり、ニッチジャンルを考えるにあたり、ニッチな人をタ […]

Googleがリンクプログラムに参加するサイトに制裁措置
Googleがリンクプログラムに参加するサイトに対し制裁措置を発動

不正リンクに対するGoogleの制裁措置が発表された 昨日のGoogleウェブマスター向け公式ブログにて、リンクプログラムに参加するサイトに対する新たな制裁措置が発表されました。 リンク プログラムのネットワークに対策を […]

忍者サイト凍結
忍者サイト凍結措置が予見する、アフィリエイトの未来

忍者がアフィリエイトサイトを凍結 先日、読者様から悲痛な連絡がありました。その方は、忍者ホームページを始め様々な無料ホームページサービスを利用して、大量のアフィリエイトサイトを運営していたそうです。 忍者ホームページでは […]

キーワードスキル
キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル

キーワードスキルは集客スキルの1つにすぎない キーワードに関するお問い合わせを多数いただいています。 私が実践するパワーアフィリエイト戦略においては、キーワードはそれほど重要ではありません。ターゲットにとって価値のある記 […]

アフィリエイト高額塾
初心者が高額アフィリエイト塾に入るべきではない最大の理由とは?

高額な塾の費用は、回収できるのか? Wインパクトシステムという高額アフィリエイト塾が販売されています。受講費は248,000円で、奇しくもパンダ塾と同じ値段です(9月27日現在)。 >>パンダ塾の検証レビュー […]