アフィリエイトはルーチンワークではない

アフィリエイトはルーチンワークではない

アフィリエイトはルーチンワークではない

ルーティン作業で報酬が上がる時代は終わりつつある

ルーチンワークアフィリエイトのレビュー依頼があったので、販売ページを見てみました。infotopランキングの上位にランクインしているようですね。未だに、お手軽アフィリエイト商材が販売され、しかも購入者がいるという事実に、ちょっと残念な気持ちになりました。そもそもマインドが間違っている(ズレている)と感じます。アフィリエイトビジネスはルーチン(ルーティン)ワークでは、決してありません。

ルーティンワークとは、毎回単調で同じ作業(業務)を繰り返すことです。言い換えれば、創意工夫のない作業です。配布されたテンプレートを使ったサイト量産作業、自動記事投稿ツールを使ってのブログ記事アップ作業、ボタン一つで完了する自動リンク集や、SBM(ソーシャルブックマーク)登録作業等々・・・。

ルーティン作業から生まれるサイトに、価値はありません。無価値なサイトを量産しているだけです。たしかに、これらの作業を大量にこなすことで、アフィリエイト報酬が上がった時代がありました。しかし、今後は難しいでしょう。

多くのネットユーザー(検索ユーザー)が、中身のないゴミサイトに辟易(へきえき)しています。我慢の限界に近づいています。(Googleよ、ゴミサイトを何とかしろ!)と思っています。

Googleも、必死にゴミサイト・無価値のサイトの排除に取り組んでいます。検索結果の質を向上することはGoogleの使命でもあります。そう遠くない将来に、ルーティン作業で作ったサイトは、淘汰・排除される運命にあると思います。

自分のことしか考えていないアフィリエイターが多い

ルーチンワークアフィリエイトに代表される「楽して稼ぐ」系の商材を買うユーザーは、おそらく自分のことしか考えていないのではないでしょうか?販売ページを見ても、「1日20分の作業で稼げる」「お金を自由に稼げてしまう」「いくらでも稼げてしまう」こんなワードのオンパレードです。

たしかに稼ぐことは大事ですが、そのためには、まず与えるというマインド(心構え)が重要です。あなたに報酬が支払われるということは、それを負担している(支払っている)誰かが存在するということです。

このサイトで何度も述べていますが、報酬(お金)は、ありがとうの対価であるべきです。

  • あなたのサイトは、誰かの役に立っていますでしょうか?
  • 誰かに感謝されるようなサイトでしょうか?

その視点が抜けていると、いつまでたっても大きな報酬を得ることはできないと思います。

価値の提供の対価として報酬を受け取るべき

アフィリエイトは、相手の顔が見えにくいビジネスですが、通常のリアルビジネスと基本は同じです。価値の提供の対価として報酬を受け取るビジネスです。アールナイチンゲールの著書である、『人間は自分が考えているような人間になる』の中でも、

報酬は奉仕に正比例するものである。

と記載されています。これは真理だと思います。どれだけ価値を提供できたか?その価値の大きさに応じて、受け取る報酬の量が決まるわけです。1億円の報酬を得ている人は、少なくとも10~100億円の価値を市場に提供していると言えます。

プロ野球やプロサッカーの一流選手の報酬(年俸)が高額なのは、それ以上の価値を市場に提供しているからですね。年俸の低い選手は、残念ながら大きな価値を提供できていないから、その結果としての年俸が低いのです。

あなたはどれだけの価値を提供しているのか?

アフィリエイトで報酬を得られない方は、報酬に見合うだけの価値を作り出していないということを、しっかりと自分で認識するべきです。

  • 疑問:何故、あなたが報酬が得られないのか?
  • 回答:あなたが価値を作り出していないから

とてもシンプルです。報酬を得たい、報酬を拡大したい、と思うよりも、もっと価値を提供するにはどうすれば良いか?どうすればより多くの人に価値を提供できるか?と考えた方が早いです。

ルーティン作業ではいつまでたっても低い報酬に甘んじることになる

ルーチンワークアフィリエイトでは、簡単な事を繰り返し行うだけで、月5万円は稼げる、と解説しています。もしも、あなたがもっと高い報酬を得たいと思うのでしたら、ルーティンから抜け出す必要があります。でも、複雑な作業をする必要はありません。

私が行っている作業は、極めてシンプルです。サイト(ブログ)を作成したら、ユーザーにとって価値のある記事を定期的に更新する。たったこれだけです。サテライトサイト(バックリンクサイト)を量産したり、無料ブログに記事をアップしてアンカーリンクを送ってキャッシュを促したり、中古ドメインを定期的に取得したり、日本語ドメインを取得してブログ(サイト)を作ったり、外注に記事作成を依頼したりという作業は一つも行っていません。

私がやっている作業といえば、自分のブログに記事をアップし続けているだけです。ただ、有益な記事を書き続けることは簡単ではありませんし、ましてやルーティン作業でもありません。それでも”想い”がユーザーに届けばしっかりと成果は出るはずです。

2012年2月       61,074円 (アフィリエイト開始)
2012年3月     171,668円
2012年4月     475,594円
2012年5月     440,820円
2012年6月  1,120,281円 (5ヶ月目で100万円突破)
2012年7月  1,217,637円 (6ヶ月目で120万円突破)
2012年8月  1,659,412円 (7ヶ月目で165万円突破)
2012年9月  1,853,365円 (8ヶ月目で185万円突破)

ルーティン作業だけで報酬が継続的に得られる時代は、過ぎ去ろうとしています。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある
成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある

その商品を心の底から必要としてる人は「誰」か? アフィリエイターの役目は、商品を必要としているターゲットに適切にアプローチすることです。ユーザーにとって価値のある商品・サービスをお…

下克上(GEKOKUJO)は本当に成果がでるのか?
ニッチとは”細分化されたニーズ”だ

ニッチジャンルに関するご質問 ニッチなターゲットとニッチなブログテーマに関するご質問を頂きました。 山本様が考えるニッチジャンルとはライバルがいないジャンルを狙うことであり、ニッチ…

「脳が老化する」はデマだった
「脳が老化する」はデマだった!高齢者でもアフィリエイトは始められる

高齢者にアフィリエイトはムリ? 昨日の記事で、老後も働かざるをえない社会が到来するのでは?という話題を取り上げました。その中で、アフィリエイトビジネスこそが、年令に関係なく働き続け…

パワーアフィリエイトに不可欠な「独自の切り口」とは?
パワーアフィリエイトに不可欠な「独自の切り口」とは?

パワーアフィリエイトの定義 パワーアフィリエイトに関するご質問を多くいただいています。 量産アフィリに疲れたので、1つのサイトでアフィリエイトしたい パワーアフィリエイトを運営した…

アフィリエイトで「週4時間」だけ働く

週4時間だけ働く 『「週4時間」だけ働く。』という書籍をご紹介します。 刺激的なタイトルですが、出版されたのは約10年前です。2007年9月が初版であり、そのときのタイトルは『なぜ…

ウィキペディアサイトを作ってはいけない
ウィキペディアサイトを作ってはいけない

残念なサイトを量産していませんか? アフィリを始めてから、様々なアフィリエイトサイトをチェックするようになりました。しかしながら、そのほとんどが、非常に残念なサイトであるという事実…

下書きをしておくことで記事の執筆速度は飛躍的にアップする
「さて、何の記事を書こうかな?」では遅すぎる

下書きをしておくことで記事の執筆速度は飛躍的にアップする ストーリーが容易に描けるネタかどうか? 先日の記事のつづきです。 ネタ探し(feedly・Googleアラート) ネタスト…

横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催
【日本アフィリエイト協議会主催】横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催

参加費「無料」の勉強会&交流会 日本アフィリエイト協議会が主催する横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催されます。 横浜アフィリエイト勉強会&交流会、2016年10月…

「welq(ウェルク)」にアフィリエイターが勝てなかった理由
「welq(ウェルク)」に個人アフィリエイターが勝てなかった理由

「welq(ウェルク)」に個人アフィリエイターが勝てなかった理由は”生産性”の差にある DeNA運営の「welq(ウェルク)」を始めとした大手コンテンツサイトが検索上位表示を独占し…

2018年6月、仮想通貨アフィリエイトが全面禁止へ…!?
【衝撃】2018年6月、仮想通貨アフィリエイトが全面禁止される?!

Googleが仮想通貨とICOの広告を6月から禁止すると発表 盛り上がりをみせる仮想通貨アフィリエイトに水を差すようなニュースが飛び込んできました。 Googleが今年(2018年…

アフィ業者が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む
アフィリエイト法人が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む

セキネット vs. グーグル アフィリエイト業者の株式会社Sekinet(セキネット)が、Googleを相手取って裁判を起こしました。 自社名(株式会社Sekinet)をGoogl…

Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた
Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

Googleが本気を出します 昨日(2012年10月23日)の、Googleウェブマスター向け公式ブログをご覧になりましたでしょうか?全アフィリエイター必見の記事です。 まだ見てい…