「さて、何の記事を書こうかな?」では遅すぎる

   2016/10/31

下書きをしておくことで記事の執筆速度は飛躍的にアップする

下書きをしておくことで記事の執筆速度は飛躍的にアップする

下書きをしておくことで記事の執筆速度は飛躍的にアップする

ストーリーが容易に描けるネタかどうか?

先日の記事のつづきです。

  1. ネタ探し(feedly・Googleアラート)
  2. ネタストック(Pocket)
  3. 下書き作成(WordPress下書き)
  4. 記事作成(WordPress清書→記事アップ)

今回は集めたネタをもとに、下書きを作成するまでの流れ(3〜4)を紹介します。Pocketにストックしたネタの中から、ブログの記事に使えそうなものをピックアップします。その段階である程度の記事の構成は頭に描いていることが多いです。

ネタを見るだけで大まかなストーリーが頭の中に完成しているというよりは、記事ストーリーが容易に描けそうなネタをピックアップするという感じです。記事のストーリー(起承転結)が思い描けないネタは、寝かせておきます。今は思い浮かばなくても、別の機会に何かのタイミングで、フッと思い浮かぶこともあるからです。

まずは、すぐにストーリーを組み立てられそうなネタを優先して下書きを書いていきます。

WordPressの下書き機能を使う

下書きは、WordPressの下書き機能を使って書きます。記事の新規追加画面でざっくりと文章を書いていき、「下書きとして保存」しておくだけです。その際に、タイトルはあとで判別しやすいような仮タイトルを付けておきます。

下書きの文字数は100文字〜300文字くらいです。ネタ元の情報(一次情報・二次情報)を自分の切り口で解釈し、落とし所(結論や意見)を見つけます。それらをざっくりと箇条書き程度で書いておきます。これが私にとっての下書きです。

下書きは常時10本以上は書き溜めておくようにしています。下書き作業は頭が冴える早朝にまとめて行うことが多いです。1本の下書きに要する時間は10分から長くても15分程度です。

記事の骨子がわかる程度に箇条書しておく

たとえば携帯電話を売ろうとする限り携帯電話が売れない理由という記事の下書きは、5分もかかっていません。記事執筆(清書)も20分程度です。

この記事のネタは「ダイヤモンドオンライン」というサイトの対談です。feedlyで拾ったネタであり、面白いと判断してすぐさまPocketに保存しました。その時点で記事にできるという感触は十分にありました。実際の下書きはこちらです。

  • 神田昌典氏と前田鎌利氏のスペシャル対談(仮のタイトル)
  • 人物紹介
  • 稼ぐ言葉を掘り当てる「5つの質問」引用
  • 携帯電話販売のエピソード
  • 自分が売っている商品が「何」なのか、実はわかっていない
  • 人は、誰かの強い”想い”に動かされる
  • 過去記事へリンク

下書きにしてはお粗末に見えるかもしれませんが、記事の骨子を自分が理解できればそれで問題ないと考えています。これくらいのボリュームの下書きを常時10本ぐらいストックしているということになります。

この下書きをもとに20分程度で仕上げた記事が、携帯電話を売ろうとする限り携帯電話が売れない理由です。引用を多用するなど極力時間をかけずに書くことを心がけています。作業時間が限られているので、30分以内に1本の記事を執筆することを必達目標と考えています。

「さて、何の記事を書こうかな?」では遅すぎる

この下書きがあるからこそ、記事の執筆速度があがると私は考えいます。大抵の人は記事を書く際に「さて、何の記事を書こうかな?」とネタ探しを始める人が多いのではないでしょうか。ネタ探しに時間がかかってしまい、結局記事を書くのを止めてしまう…というケースに陥ってしまいがちです。せっかくのモチベーションが、ネタ探しの間にしぼんでしまいます。

下書きのストックがあれば、「今日はこのネタを仕上げよう!」とすぐさまタイピングをスタートできるというメリットがあります。高いモチベーションを維持した状態(フロー状態)で、集中して記事を書くことができるのです。集中力を発揮しているから結果的に執筆時間も短くできます。このメリットは実践してみないと理解してもらえないかもしれません。

記事をなかなか書けないという人には、是非とも取り入れてみてほしいと思います。

下書きなしで書くケースもある

もちろん下書きなしでいきなり記事をかくこともあります。情報の鮮度がもとめられるような記事です。【9月23日実施】ペンギンアップデート4.0により被リンクスパムは駆逐されるのか?のような記事は、ストックしておいては意味がありません。できるだけタイムリーに記事をアップする必要があるのです。この手の記事は一次情報に近いソースがベースになるので、それほど多くを語る必要はないと考えています。まずは情報を伝えること。時間があるときに情報の内容を精査して、より深い記事を書けば良いと考えています。

ざっくりとですが、私が実践している記事の執筆スタイルについて紹介してみました。ご参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

アフィリエイトはシンプルなビジネス
アフィリエイトを難しくしているのは誰か? 

アフィリエイトは、本来シンプルなビジネスであるはず 私は2012年2月からアフィリエイトを始めて、今月で8ヶ月目になります。先月(2012年8月)は165万円を達成しました。 >>先月のアフィリエイト実績の詳 […]

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則
『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その1】

『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入した 本日は書籍のご紹介です。 中村貞文さんの『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』です。 中村貞文さんといえば、リスタートア […]

なぜアフィリ初心者が初月に15万円の初報酬を獲得できたのか?
なぜアフィリ初心者が初月に15万円の初報酬を獲得できたのか?

「遅延収穫環境」とアフィリエイト アフィリエイト初心者にとって最も辛いのは、作業に対する成果がすぐに現れないことです。これは私たち人間が「遅延収穫環境」に置かれていることが大きな原因であり、過去の記事でも取り上げました。 […]

Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話
書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』

250円で”個人WEBメディア”の構築と運営ノウハウが学べる 本のご紹介です。 『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』 250円 この書籍は、Kindle本の紹介サイト「きんどるどうで […]

類似コンテンツ
他と被らないコンテンツの作り方

類似コンテンツサイトの氾濫 大半のアフィリエイトサイトのコンテンツ(中身)は、どれも似通っていることが多いですね。情報商材アフィリエイトにしても、物販アフィリエイトにしても、同様です。 どのサイトを見ても、だいたい同じよ […]

「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと
「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと

「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと 長年このブログを読んでいただいている方は気付いているかもしれませんが、私は文体をよく変えています。ブログスタート当初は「ですます調」で執筆していました。 途中からは「 […]

ストックとフロー
あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?

ストックとフロー 経済用語でストックとフローという言葉があります。 ストック(資産)とは徐々に蓄積されていったものを指し、フロー(所得)は継続的に流れていくものを指しています。アフィリエイトにおける収入は、フロー(所得) […]

ブックマークされるサイトを目指す
あなたのサイトはブックマークされている?

ユーザーにとって価値のあるサイトとは? 私のアフィリエイト手法は、量産ではなく1つ1つのサイト(ブログ)を、時間をかけて育てていく方法です。いわゆるパワーサイトを作っていく手法です。 パワーサイトですので記事数は非常に多 […]

携帯電話を売ろうとする限り、携帯電話が売れない本当の理由
携帯電話を売ろうとする限り、携帯電話が売れない理由

携帯電話を売ろうとする限り、携帯電話が売れない理由 神田昌典氏と前田鎌利氏のスペシャル対談 神田昌典氏といえばマーケティングの第一人者でありコピーライティングにも精通した日本で最も有名なコンサルタントの1人です。そして前 […]

忍者サイト凍結
忍者サイト凍結措置が予見する、アフィリエイトの未来

忍者がアフィリエイトサイトを凍結 先日、読者様から悲痛な連絡がありました。その方は、忍者ホームページを始め様々な無料ホームページサービスを利用して、大量のアフィリエイトサイトを運営していたそうです。 忍者ホームページでは […]

「脳が老化する」はデマだった
「脳が老化する」はデマだった!高齢者でもアフィリエイトは始められる

高齢者にアフィリエイトはムリ? 昨日の記事で、老後も働かざるをえない社会が到来するのでは?という話をした。その中で、アフィリエイトビジネスこそが、年令に関係なく働き続けることができると述べた。普遍性の高いメインサイトを1 […]

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定

Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定 これまで検索結果の右側に表示されていた広告枠を、すべて撤去するとGoogleが発表しました。 ソースはThe SEM Postの記事です。 Google AdWor […]