私がミニサイトを作らない理由(ワケ)

   2016/11/02

私がミニサイトを作らない理由(ワケ)

私がミニサイトを作らない理由(ワケ)

最近のトレンドである「ミニサイト」

先日、ミニサイトに関するご質問をいただきました。

+++++++++++++++++++++++++++++++
山本様はミニサイト作りは考えておられないのでしょうか?
ミニサイトは実際どうなのでしょうか?
山本様が実践されてるパワーアフィリエイトとミニサイト、迷っています。

+++++++++++++++++++++++++++++++

ミニサイトはここ最近のトレンドですね。Wada-blogの和田亜希子さんが提唱されている手法です。メインサイトのコンテンツの一部をスピンオフさせて専門性の高い小型サイトを作るやり方です。ミニサイト提唱者の和田亜希子さんは『ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法』という書籍も出版され、”ミニサイト”がちょっとしたブームになりつつあります。

ミニサイトについて詳しく知りたい方は、まずはこちらのPDFファイルをご覧になると良いと思います。

今年のブロガーフェスティバルにてWada-blogの和田亜希子さんがミニサイトに関する講義をされたときに使われたPDF資料です。PDF内では様々なミニサイト事例が紹介されていて、非常に参考になる資料です。

ミニサイトのメリットとは?

「ミニサイト運営」のメリットは以下の3つに集約されます。

  1. マネタイズしやすい
  2. ニッチテーマに特化しやすい
  3. 短期間で完成させることができる

2番目の「ニッチテーマに特化させやすい」ことが、特定の情報を探しやすいという訪問者のメリットにつながります。

和田さんも述べられているようにミニサイトは「企画が命」です。単にメインブログの一部をスピンオフするだけでは、マネタイズできるミニサイトは作れないでしょう。「“勝てる”“充実コンテンツ”」を「作れる所まで絞込む」ことこそがミニサイト作りには欠かせません。

和田さんのPDF資料を読めば、一つのミニサイトを作るために非常に緻密なリサーチ、ターゲティング、コンテンツ構成などを検討されていることがわかります。ここまでの作業をしているからこそ和田さんのミニサイトは成功(マネタイズ)できているのだと思います。

サイトを作品と捉え、サイト作りを楽しめる方には向いている

ミニサイトは「サイト制作」が好きな人には非常に向いている手法です。1つ1つのサイトを短期間で完成させていく過程は、工芸品などの作品を手作業で組み立てて完成させることと似ていると思います。ミニサイトは「作品」です。

和田さんのミニサイト群を見ていると、和田さんが匠(たくみ)に見えてきます。確かな技術を持ち一つ一つの作品(ミニサイト)を仕上げていく姿はまさに現代の名工です。和田さんはきっとサイト制作が大好きなのだと思います。

和田さんと同じように「サイト制作」の過程(企画〜作業〜完成)を楽しめる方は、ミニサイト手法は合っているのではないでしょうか。

私がミニサイトを作らない理由(ワケ)

私は運営するサイトを「作品」というよりも「メディア」と捉えています。自身の作品をたくさん作って世に出すよりも、影響力のある「メディア」を運営することに喜びを感じます。

テーマに特化した少数のメディアを長期に渡って運営するというイメージです。メディアですので「完成(完結)」はありません。定期的に情報を発信し続けます。アフィリエイト戦略思考ブログも「メディア」という位置づけで運営しています。可能であれば10年20年と情報を発信し続けたいと考えています。

私が「ミニサイト」を作らない理由は、ミニサイトが長期的に情報発信を続けるメディアではなく完結型サイトだからです。手法の優劣ではなく、方向性の違いです。

作品を作り続けることに喜びを感じることができるならば、ミニサイトに代表される完結型サイトをたくさん作れば良いと思います。一方、メディアとして長期的に情報を発信し続けることが楽しいならば、1つのサイトを大きく育てていく方法を採用すれば良いと考えています。

手法の優劣を考えるよりも、どちらのやり方が自分に向いているかを考えてみると良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

キーワードの枯渇
稼げるキーワードが枯渇することに対する漠然とした不安

大半のキーワードが先行組アフィリエイターに牛耳られている… わたしたち後発組が、アフィリエイトをスタートするときに、ある事実を知って絶望的な気持ちになることがあります。その事実とは、ほとんどのキーワードで大量のアフィリエ […]

70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている
70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

「自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。」竹中平蔵 BLOGOS「賢人論」インタビューで、竹中平蔵氏が取り上げられていて興味深く読んだのだが、とても印象的だった […]

ニッチジャンルと独自の切り口(オリジナルな価値)との関係
ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法

ニッチジャンルと独自の切り口(オリジナルな価値)との関係 今回も、パワーアフィリエイトに関するご質問をいただきましたのでシェアしたいと思います。ご質問内容はニッチジャンルと独自の切り口(オリジナルな価値)との関係について […]

アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる
アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる

PRIDEの「ロングレンジキーワード戦略」と検索ボリューム 今回も、いただいた質問メールへの回答をシェアしたいと思う。 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ FX関連の専 […]

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則
『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その1】

『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入した 本日は書籍のご紹介です。 中村貞文さんの『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』です。 中村貞文さんといえば、リスタートア […]

Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話
書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』

250円で”個人WEBメディア”の構築と運営ノウハウが学べる 本のご紹介です。 『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』 250円 この書籍は、Kindle本の紹介サイト「きんどるどうで […]

アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックス
アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックスだ

”即時収穫環境”と”遅延収穫環境” 研究者によると、我々人間は「遅延収穫環境」と呼ふ世界に生きています。行動した結果がすぐに利益として現れない(遅延して現れる)世界のことです。 一方でキリンやライオンなどの動物は「即時収 […]

放置型アフィリエイト
特定電子メール法(迷惑メール防止法)について

特定電子メール法(迷惑メール防止法)について 私のメールボックスには毎日のように迷惑メールが届くのですが、その多くは特定電子メール法を無視したメールです。法律そのものを知らないのか、それとも知っていて無視を決め込んでいる […]

作家の収支とアフィリエイター
多作は才能だ

ビジネスライクな小説家「森博嗣」のマーケティングセンス 『作家の収支』(森博嗣)という興味深い本をさきほどKindleで読み終えました。仕事帰りにiPhoneで購入し、Kindleで一気読みしてしまいました。 『作家の収 […]

アフィリエイトLab(アフィLab)【検証とレビュー】
検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

「検索意図が明確かつ上位表示を狙えるキーワード」で記事を書くことの重要性 前回の記事の続きだ。 アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる 前回は、アドセンスを実践する際の検索ボリュームを底上げする方 […]

【ネタ集め】ブログ記事を早く書き上げるコツは事前の準備にある
【ネタ集め】ブログ記事を速く書き上げるコツは事前の準備にある

ブログ記事を30分で書き上げる方法 先日”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探すという記事を書いたですが、その中の記事執筆方法に関してご質問をいただきました。こちらがそのご質問内容です。 +++ […]

アフィ業者が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む
アフィ業者が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む

セキネット vs グーグル アフィリエイト業者の株式会社Sekinet(セキネット)が、Googleを相手取って裁判を起こしました。 自社名(株式会社Sekinet)をGoogleで検索すると「詐欺」「悪徳情報商材」など […]