YTM∞(MUGEN)YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)【検証とレビュー】

YTM∞(MUGEN)YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)【検証とレビュー】

YTM∞(MUGEN)YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)【検証とレビュー】

C評価商材

「YTM∞(MUGEN)YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)」でなにができる?

YouTube動画を量産して「アドセンス」で収益を得る

YTM∞(MUGEN)は、2013年にリリースされた「YouTubeトレンドマーケティング」を最新の情報・ノウハウを加えてリメイクしたものです。

YTM(MUGEN)
YTM∞(MUGEN)YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)
販売元:株式会社move
発売日:2017/04/20
メディア:動画・PDF
http://ytm-mugen.info/

販売元は、下克上∞を始めとした数多くのトレンドアフィリ商材をリリースしてきた株式会社move(バナナデスク氏)。

YTM∞(MUGEN)は、動画を作成してYouTubeにアップロードし、広告収入を得るノウハウです。キャッシュポイントは、アドセンスです。YouTubeアドセンスは再生回数に応じて報酬が支払われます。

報酬単価はかなり低いので、動画を大量にアップして再生回数を増やす戦略が必然的に求められます。

「ネタ探し」「顔だし」「声出し」「動画撮影」「撮影機材」すべて不要…

YTM∞(MUGEN)で作成する動画は、オリジナル動画ではありません。基本的には第三者のコンテンツを編集した動画です。著作権的にはグレーゾーンですね。

だから「ネタ探し」も不要。なぜなら既存のコンテンツを流用するから。「顔出し」「声出し」も不要。なぜなら自ら動画に出演する必要がないから。「動画撮影」「撮影機材」も不要。なぜなら既存の動画コンテンツを編集するだけだから、無料ソフトで十分なのです。

まさに「他人のフンドシで相撲を取る」を地で行くビジネスです。

YouTubeアフィリでの収益化はハードルが高い

YouTubeアフィリエイトの参入障壁は極めて低いです。いまやスマホで高画質な動画を撮影できる時代です。キャッシュポイントはアドセンスですので、広告や商材のことを考える必要もありません。

YTM∞(MUGEN)のように第三者のコンテンツを流用・加工すれば、動画作成時間も短縮できますし量産も可能です。

ところが「収益化」となると格段にハードルが上がります。あなたが想定していたほど再生回数が伸びないからです。

YouTubeには毎分300時間超の動画がアップロードされている

YouTubeに動画がどれくらいアップロードされているかご存知ですか?驚くことに、1分毎に約300時間分の動画がアップロードされています。少し古いデータですがご紹介します。

2013年に公表されたデータですが、1分ごとに300時間を超える動画がYouTubeにアップロードされていることを示すグラフです。300時間とは12日半に相当する量です。つまり1分間で12日半分の動画がアップされ続けているのです。

1日は1440分なので、1日にアップロードされる動画は、43200時間分ということになりますね。

1分あたり300時間というデータは2013年のものです。2018年の最新のデータは不明ですが、300時間(1分あたり)どころではないことは確かでしょう。

YouTube動画の「99%」は視聴すらされていないという事実

もちろん視聴時間も全世界で1日に10億時間を超えます。とはいえ視聴される動画に大きく偏りがあるのも事実です。

あなたは、YouTubeの99%の動画がほとんど再生されることもなく視聴すらされていないという事実をご存知ですか?

実際の再生回数の93%は、YouTube上の1%の動画に集中。また、同じく実際の視聴時間の94%は、やはりYouTube上の1%の動画に偏っているというデータです。つまり、YouTubeにアップされている99%の動画は、ほとんど再生されることも視聴されることもなく終わってしまっているということ…

引用:YouTube、99%の動画は見られてないとのデータ(GIZMODO)

毎分300時間を超える膨大な動画がアップロードされ続けているYouTube。再生回数を稼ぐことのできている動画はその中のほんの一部にすぎません。99%の動画は見られていないというデータは衝撃的です。

総再生回数「1万回」を超えないと広告は表示されずマネタイズもできない

2017年4月にYouTubeの大きな仕様変更がありました。総再生回数1万回に満たないチャンネルは、YouTubeパートナー・プログラムへの参加を拒否する(審査しない)と発表しました。

チャンネル開設以来の視聴回数が 10,000回に達するまで、YouTube パートナー プログラムへの参加申し込みは審査されません。

引用:YouTube Creators

つまりチャンネルの動画再生回数が1万回に達するまで広告を表示させることができなくなったということです(※動画単体の再生回数ではありません)。

新規参入者は、再生回数の合計が1万回に達するまで動画をアップし続けることが求められることになったわけです。

この措置は、悪質なユーチューバーを排除することが目的とされています。再生回数が1万回に達するまでにアップされる動画が適切であるかどうか(著作権侵害など)を運営側でチェックします。もしも不適切な動画がアップされていれば、即座にアカウント停止などの措置を取ることができます。不適切動画での収益化を未然に排除したいという運営側の苦肉の策ですね。

新参者にとってはかなり厳しい措置といえますが、不適切動画での収益化を阻止するためにはやむを得ないのでしょう。

オリジナル動画を作成できる人はほんの一握り

著名ユーチューバーのように、一次情報メインの動画を作成できる人は、ほんの一握りです。だからこそ彼らの動画に価値があるわけです。

オリジナリティのあるコンテンツ(一次情報)を作ることは簡単ではありません。企画・撮影・編集など質の高い動画を作成するには膨大な労力と時間が求められます。そこまでしても、再生回数が伸びるかどうかは確約されないのです。

YTM∞(MUGEN)の販売ページで謳われているほど、「圧倒的に稼げる」わけでもなく、「驚くほど簡単に成功者になる」わけでもありません。

動画をアップロードするまでは容易でも、再生回数を稼ぐことは容易ではないということですね。夢を膨らませすぎると現実とのギャップに苦しむことになります。

「YTM∞(MUGEN)YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)」でどのような動画を作るのか?

YTM∞(MUGEN)で作成する動画は、他の商材でも推奨されてきたものと基本的には同質です。つまり、以下のような動画です。

  • 文字スクロール動画
  • スライドショー動画
  • ラジオ音源切り抜き動画
  • 総集編動画

文字スクロール動画、スライドショー動画は、ここ数年でYouTubeに氾濫するなりましたね。

※上の3つの動画はYTM∞(MUGEN)のノウハウをベースに作成した動画かどうかは不明です。

上記動画は、著作権的にグレーな芸能人の画像を背景に設定し、打ち込み文字を下から上にスクロールさせるタイプの動画です。どちらかと言えば紙芝居に近いイメージですね。これらの動画を「動画」と呼んでよいのか?という疑問はとりあえず置いておきましょう。

上の2つの動画は、それぞれ、

  • 187回
  • 4回

という残念な再生回数(2018年1月12日現在)。しかも、どちらも著作権的に疑問が残る動画です。

一方、3番目の動画「読めねぇよw芸能人のキラキラネームが凄かった!森三中大島、辻希美」は、80万を超える済生会すを達成しています。もちろん著作権に抵触する可能性のある動画であることは言うまでもありませんが…

トレンドアフィリエイトと同様に、当たれば再生回数は圧倒的に稼ぐことができます。ただ、YouTubeの規約に抵触していれば、いずれ動画は削除されるか、場合によってはアカウント剥奪の恐れもあります。

「ラジオ音源切り抜き動画」も著作権違反となる

YTM∞(MUGEN)が推奨する「ラジオ音源切り抜き動画」についてはどうでしょうか?ラジオで放送される芸能人などの発言を一部切り取り、それをまとめて動画にするというノウハウです。具体的には以下のような動画です。

YTM∞(MUGEN)の影響かどうかは不明ですが、YouTubeに非常に多くのラジオ切り貼り動画が存在します。

弁護士ドットコムでは、弁護士が次のように回答しています。

> ラジオ番組を録音してyoutubeなどにアップして収益をあげるのは法律上違法ですか?
> 違法だとすれば著作権違反ですか?

そうです。著作権侵害です。

引用:弁護士ドットコム

「著作権侵害」であると明言している回答者は、岡田晃朝「弁護士」です。

さらに、YTM∞(MUGEN)で作成した「ラジオ音源切り抜き記事」が「YOUTUBE内から軒並み削除」されたという記事もネット上に存在します。

法的にOKかどうか?各人の恣意的な法的解釈など関係ない

勘違いしている人が多いのですが、動画の著作権問題は法的にOKかNGかという話ではありません。法的にグレーであったとしても、判断するのはYouTube(=Google)です。

著作権を守りましょう。自作の動画または使用権を認められた動画のみアップロードするようにしてください。つまり、必要な許可を受けずに自作ではない動画をアップロードしたり、他者が著作権を所有しているコンテンツ(音楽トラック、著作権で保護された番組の一部、他のユーザーが作成した動画など)を自分の動画で使用したりしないでください。

引用:YouTubeポリシーとセキュリティ

たんなる営利企業が規約に基いて判断するわけで、裁判官が裁くわけではないということです。法的にグレーでも、YouTube(Google)がアウトと言えば、企業側の判断で「即」削除されるということです。

引用だし、法的にグレーだから大丈夫!と恣意的に法解釈していても、削除は一企業の判断によって行なわれます。違法性のリスクとアカウント停止・削除リスクは全く別モノであることを理解しておくべきです。

YTM(MUGEN)
YTM∞(MUGEN)YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)
販売元:株式会社move
発売日:2017/04/20
メディア:動画・PDF
http://ytm-mugen.info/

「YTM∞(MUGEN)YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)」の欠点

まず「YTM∞(MUGEN)YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)」のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

1.YouTubeアフィリエイトの難しさをもっと知るべき

「参入しやすいが収益をあげにくい」これがYouTubeアフィリエイトの実情です。その点を事前に理解した上で取り組むべきでしょう。商材マニュアルに従えば、誰でも動画をアップロードするまでは容易にできます。ただ、その動画が再生されるかどうかは、また別です。あなたのチャンネルが、1万回の再生回数を超えなければ、広告は表示されません。つまり1万回を超えるまではタダ働きです。

※2018年2月20日から審査基準がさらに厳しくなります。「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」をクリアしなければ、YouTubeパートナープログラムへ参加することができなくなります。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

2.不適切とされる動画を作ることに対する”潜在リスク”

YTM∞(MUGEN)で作成する動画は以下の通りです。

  • 文字スクロール動画
  • スライドショー動画
  • ラジオ音源切り抜き動画
  • 総集編動画

既存のコンテンツに手を加えた動画が中心です。YouTubeポリシーでは次のように警告しています。

著作権を守りましょう。自作の動画または使用権を認められた動画のみアップロードするようにしてください。つまり、必要な許可を受けずに自作ではない動画をアップロードしたり、他者が著作権を所有しているコンテンツ(音楽トラック、著作権で保護された番組の一部、他のユーザーが作成した動画など)を自分の動画で使用したりしないでください。

引用:YouTubeポリシーとセキュリティ

YTM∞(MUGEN)は、規約に抵触する可能性があることを前提に稼ぎ続けるというビジネススタイルです。常に動画削除・アカウント停止・凍結というリスクが付きまとうビジネスです。短期的に収益をあげるのであればまだしも、ビジネスとして継続的に収益を上げ続けることは、かなり無理がありそうです。

「引用」というルールを自己流に拡大解釈し、不適切(と捉えかねられない)動画を大量にアップし続けるビジネスモデルであることに留意すべきです。

  1. YouTubeアフィリエイトの難しさをもっと知るべき
  2. 不適切とされる動画を作ることに対する”潜在リスク”

「YTM∞(MUGEN)YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)」の評価点

次に「YTM∞(MUGEN)YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)」の評価できるポイントを解説します。

1.はじめてYouTubeアフィリエイト商材を初めて買う人にはオススメ

YouTubeアフィリエイトのノウハウは、現在のところ出尽くした感があります。他人のコンテンツを加工・編集してスライド動画やスクロール動画をサクッと作る。大量にアップロードする。これが全てです。広告はアドセンスなので、広告選定や掲載などの作業は一切ありません。必要な作業は、大量に動画をアップし続けることだけです。これらのノウハウに興味があって取り組んでみたいという初心者ならば、YTM∞(MUGEN)を最初に購入するという選択肢はアリかもしれません。

2.動画による解説がわかりやすい

はじめてYouTubeアフィリに取り組む人でも理解しやすいように「解説動画」が多く用意されています。YouTubeアフィリの仕組み、マネタイズの流れ、動画作成からアップロードまで、迷うことなく理解できるはず。

3.動画にできる趣味を持っているなら活用できるかも

ビジネスとしてYouTubeアフィリに取り組むことは、かなりハードルが高い印象です。再生回数の稼げる動画を量産することが求められるからです。動画作成にかかる時間と労力に対して、はたして報酬が見合うのか?疑問を感じます。お金を得ることを目的として脇目を振らず動画作成することに、いったいどれほどの人が耐えられるのでしょうか?

一方で趣味の延長線上で動画をアップするならば、YTM∞(MUGEN)は多少役立つかもしれません。実際、趣味動画で驚くほどの再生回数を稼いでいるユーチューバーは、数多く存在します。

  1. はじめてYouTubeアフィリエイト商材を初めて買う人にはオススメ
  2. 動画による解説がわかりやすい
  3. 動画にできる趣味を持っているなら活用できるかも

「YTM∞(MUGEN)YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)」総合評価

C評価商材

YouTubeアフィリエイトは参入障壁はほぼゼロだが収益化のハードルは極めて高いことを知るべき
「ネタ探し・顔だし・声出し・動画撮影」全て不要で、一体どのような動画を作るのか?しっかり考えれば自ずとリスクも見えてくる

この手の手法を駆使して、YouTubeアフィリ(アドセンス)で一時的に報酬を得ることは可能でしょう。ただ長期的に安定した報酬を得ることは困難です。常に高い再生回数を維持することは不可能だからです。特にトレンド系の動画はブログ同様に旬を過ぎればアクセスは落ちます。必然的に動画の量産が求められます。まさにラットレースですね。趣味の延長線上で動画をアップするならまだしも、ビジネスとして取り組むにはあまりにも生産性が低すぎると言わざるを得ません。

また、ラクをしたいがために不適切な動画(画像)を扱えば、アカウント削除リスクは一気に高まります。YouTube運営局のさじ加減一つで、あなたの苦労が水の泡になるの可能性を否定できません。

ただ、趣味の延長線上で楽しみながら動画をアップロードするならば、アリでしょう。オリジナル動画を継続的にアップできる趣味(ゲーム、釣り、スポーツ、キャンプ、etc. )を持っているのであれば、YTM∞(MUGEN)で趣味動画を収益化する道が開けます。そんな人にこそ手にとって欲しい商材です。

  1. はじめてYouTubeアフィリエイト商材を初めて買う人にはオススメ
  2. 動画による解説がわかりやすい
  3. 動画にできる趣味を持っているなら活用できるかも
  1. YouTubeアフィリエイトの難しさをもっと知るべき
  2. 不適切とされる動画を作ることに対する”潜在リスク”

「YTM∞(MUGEN)YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)」を購入するべき人

  • YouTubeアフィリに興味があり、はじめて商材を購入する人
  • アカウント停止・削除リスクを理解した上で取り組むことのできる人
  • 動画作成が好きな人

「YTM∞(MUGEN)YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)」を購入してはいけない人

  • 動画作成を好きになれない人
  • アカウント停止・削除リスクが気になる人
YTM(MUGEN)
YTM∞(MUGEN)YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)
販売元:株式会社move
発売日:2017/04/20
メディア:動画・PDF
http://ytm-mugen.info/

オリジナル特典のご紹介

「特典付きで購入する」ボタンから商材をご購入いただきましたあなたに、2つのオリジナル特典を無料プレゼントさせていただきます。

オリジナル特典その1

オリジナル特典その2

※どちらかではなく両方とも合わせて無料プレゼントさせていただきます。

オリジナル特典の詳細はこちらをご覧ください。⇒オリジナル特典の詳細

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

YouTubeオタクマーケティング
YouTubeオタクマーケティング!【購入レビュー】

YouTube恋愛マーケティング【購入レビュー】 「YouTubeオタクマーケティング!」を購入しました 5000億円を超えてなお成長を続ける”オタク市場” 経済成長が鈍化しつつあ…

FINALYOUTUBER
FINALYOUTUBERではどのような動画を作ることができるのか?

「FINALYOUTUBERでどのような動画を作ることができますか?」 FINALYOUTUBERの購入レビュー記事についての質問です。FINALYOUTUBERではどのような動画…

YouTubeアフィリエイトに暗雲立ち込める
YouTubeアフィリエイトを始めるには「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」であること!パートナープログラム審査基準が一層厳しくなる(2018年2月20日より)

「YouTubeパートナープログラム」への参加条件が厳しくなる 先日YTM∞のレビューをしたばかりですが、世界から暗いニュースが飛び込んできました。「YouTubeパートナープログ…

FINALYOUTUBER
YouTubeパートナープログラム(YouTube収益化)についてのおさらい

FINALYOUTUBERでアドセンスは可能か? FINALYOUTUBERを使ってYouTubeアドセンスは可能か?という質問をいただきました。YouTubeアドセンスとは、Yo…

YouTubeオタクマーケティング
YouTubeオタクマーケティング!の販売ページが刷新

YouTubeオタクマーケティング!の販売ページがリニューアル 以前、購入レビューをおこなったYouTubeオタクマーケティング!の販売ページがリニューアルされています。 YouT…

ランドオブハンモックYouTuber VIPは”情報弱者ホイホイ”だ
ランドオブハンモックYouTuber VIPは”情報弱者ホイホイ”だ

30万円の参加費を支払ってランドオブハンモックの「売り子」になれる商材 初見では誤認を生じさせる可能性の高い商材なので注意が必要 ランドオブハンモックYouTuber VIPを検証…

YouTube恋愛マーケティング
Youtube恋愛マーケティング!【購入レビュー】

Youtube恋愛マーケティング!を購入しました ”恋愛系商材”に特化したYouTube集客法が”Youtube恋愛マーケティング!” YouTube恋愛マーケティング!は、Y…

FINALYOUTUBER
FINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)【購入レビュー】

FINALYOUTUBERではどのような動画を作ることができるのか? 「FINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)Youtubeからリスト収集&稼ぐ最新プログラム!」を…