アフィリエイトで2000万円の所得隠しが発覚!?

アフィリエイトで2000万円の所得隠しが発覚!?

アフィリエイトで2000万円の所得隠しが発覚!?

アフィリエイト報酬で2000万円の所得隠し

本日の読売新聞WEBニュース(YOMIURI ONLINE)からのニュースです。

アフィリエイト、報酬申告を…2千万所得隠しも

2014年07月26日 15時06分

インターネットサイトに広告を掲載する「アフィリエイト」で報酬を得ている個人に対し、国税当局がプロバイダーを通じて税務申告を促す取り組みを始めた。

アフィリエイトは手軽な副業として全国で100万人以上が手がけているとされるが、意図的に収入を隠す人が後を絶たないためだ。税務調査で2000万円を超える所得隠しが発覚したケースも出ている。

「税務署にばれるはずがないと思っていた。突然の調査はショックだった」。東京都内の男性(50)が振り返る。

男性の自宅をスーツ姿の男たちが訪れたのは2011年10月。勤務先の会社にいた男性は、妻からの連絡を受け、すぐに税務署に電話した。「パソコンでお仕事をされていますよね」。税務職員の一言で、「全て知られている」と悟った。

男性は当時、副業のアフィリエイトで年間200万~250万円の報酬を得ていたが、申告していなかった。税務署は、通信費などの経費を差し引いた所得が2年間で計約350万円に上ると指摘。男性は無申告加算税などを含め、約90万円を追徴課税された。

男性は「妻の実家に頭を下げて、やっと納税資金を工面した。恥ずかしい思いはもうしたくないので、その後は毎年ちゃんと申告している」と話す。

業界関係者によると、アフィリエイトを手がける人は「アフィリエイター」と呼ばれる。ネットの普及で市場規模が拡大し、アフィリエイトの広告費は年間1500億円に上る。アフィリエイターの中には年間2000万~3000万円の報酬を得る人や、スタッフを雇って1億円超を稼ぎ出す人もいるという。

アフィリエイトの報酬は「事業所得」や「雑所得」として申告する必要があるが、会社員や主婦が副業で行うことが多く、申告を怠る人も少なくない。そのため、税務調査で申告漏れを指摘され、追徴課税を受けるケースが相次いでいる。

2014年07月26日 15時06分

引用:YOMIURI ONLINE

いよいよ国税当局が本気を出すようです

これまで見過ごされがちだったアフィリエイト収入に対し、国税当局(税務署)が本気で追い込みをかけるようです。

法人化しているアフィリエイターは、毎年決算をおこなっているので税金を逃れようがありませんが、個人アフィリエイターの中で正しく申告している方は、少ないのではないでしょうか?

年間のアフィリエイト報酬が数十万程度であれば、税務署が動いて修正申告を促しても、それほど徴収できるわけではありません。手間だけかかって成果(徴収額)は雀の涙です。確定申告者に対して、税務調査が入るのは3%程度とも言われています。

  • 多少隠してもバレないだろう…
  • まさか、自分のところには税務調査は入らないだろう…

個人アフィリエイターの大半は副業だと思いますので、申告すらおこなっていないのが現状だと思います。

プロバイダ=ASP

国税当局がプロバイダーを通じて税務申告を促す取り組みを始めた。

とありますが、このプロバイダーとは、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)のことです。つまり、インフォトップやA8などの業者です。

YOMIURI_ONLINEアフィリエイトの仕組み

画像出典:YOMIURI_ONLINEアフィリエイトの仕組み

ASPは、私達アフィリエイターがどれくらい報酬を得ているかを全て把握しています。しかも、過去数年にわたってデータを保持しているはずです。税務署がASPに問い合わせれば、私達アフィリエイターは逃げようがありません。

過去(最大7年)にさかのぼって調査&徴収されます

もしも税務調査が入れば、過去にさかのぼって調査が行われます。通常は5年までさかのぼって調査されますが、不正行為(意図的に申告しなかったなど)があれば、最大7年までさかのぼります(7年で時効となるため)。そして申告漏れがあれば、合わせて追徴課税されます。

毎年数百万円単位で報酬を得ていて所得を隠していた場合、追徴課税される額もかなりのものになります。さらに無申告加算税(ペナルティ税)も加算されますので、さらなるダメージです。

仮に毎年100万円のアフィリエイト報酬を7年間、意図的に申告しなかった場合は、まるまる7年間分の所得に対して追徴課税され、さらに無申告課税(ペナルティ税)も追加されます。恐ろしい額になりそうです。

ビジネスとして取り組むならば正しく申告するべき

アフィリエイトをビジネスとして取り組むならば、税金は正しく申告するべきです。税金を払うことで社会にも還元できます。

個人の場合は雑所得として申告が可能です。また個人事業主であれば、事業税・所得税として申告できます。パソコンや商材購入代金などは、経費として落とせる可能性が高いので、所得(課税対象額)は調整できます。さらに法人化すれば、法人税(所得税)として支払うことになります。

私は、比較的早い段階で法人化しました。法人成りによって様々なメリットも享受できています。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

アフィリエイトを「自分年金」にする方法
老後に必要な資金を貯めるよりも「そこそこ稼げる仕組みの構築」を最優先すべき

アフィリエイトを「自分年金」にする方法 自分年金とは、金融商品を活用してリタイア後の生活費を自分自身で準備することです。公的年金や預貯金で足りない部分を補完するために、オリジナルの…

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則
『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その2】

前回の記事はこちら 『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を購入してみた【その1】 書籍で紹介されている「あかちゃんのぐずり」サイト この書籍では、著者のサイ…

どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか?
どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか?

どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか? 岡田斗司夫さんの「いや、上京するの面倒くさいし地元の方が楽だよね: ジモらくのススメ」を読みました。 いや、上京するの面倒くさい…

DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた
DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた

DeNAのウェルク閉鎖が健食EC業界を揺さぶる 健食EC事業者にとってキュレーションメディアは、販路拡大に欠かせないパワフルな広告媒体だったようですね。 そんな中、DeNAのウェル…

多作は才能だ
多作は才能だ『作家の収支』(森博嗣)

ビジネスライクな小説家「森博嗣」のマーケティングセンス 『作家の収支』(森博嗣)という興味深い本をさきほどKindleで読み終えました。仕事帰りにiPhoneで購入し、Kindle…

良質のコンテンツこそ最良のSEOだ
良質のコンテンツこそ最良のSEOだ

良質のコンテンツこそ最良のSEOだ ゴミサイトの排除は佳境に入りつつある 昨日(2012年10月24日)の記事にも書きましたが、いよいよGoogleがゴミサイトを追い詰めにかかって…

転がり始めたら雪だるま式に報酬が拡大するパワーアフィリエイト
転がり始めたら雪だるま式に報酬が拡大するパワーアフィリエイト

パワーサイトとはどんなサイト? 私が運営しているサイトは、俗に言うパワーサイトと呼ばれるものです。パワーサイトの概念ですが、私のイメージとしては、以下のようなサイト(ブログ)です。…

【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される
【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される

渋谷で開催される年1回のビッグイベント 毎年恒例のビッグイベントが渋谷で開催されます。その名も「本気でアフィリエイトを学ぶ会2016 -Japan Affiliate Summit…

横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催
【日本アフィリエイト協議会主催】横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催

参加費「無料」の勉強会&交流会 日本アフィリエイト協議会が主催する横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催されます。 横浜アフィリエイト勉強会&交流会、2016年10月…

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
ターゲットにとって価値のある記事を書けば、被リンクは自然に増えるという事実

被リンクについての考察 私が外的SEOを一切していない、とお答えするとなかなか信じてもらえません。本当は隠れてリンクを送っているんじゃないか?などと勘ぐられてしまいます。 何度も述…

私がキーワード選定にこだわらない理由
私がキーワード選定にこだわらない理由

キーワード戦略に関するご質問 過去記事で「キーワードを意識しない」と書いたことに対して、次のご質問をいただきました。 いつも楽しくブログを拝見しています。 現在山本様はキーワードに…

価値を提供できているか?
”儲ける・稼ぐ”という言葉に違和感を感じます

2ヶ月ぶりくらいの記事投稿になります。本業が忙しく、このブログの記事を書くほどの気持ちの余裕がありませんでした。ようやく本業が落ち着いてきましたので、徐々に記事を書くペースを上げて…