アフィリエイトで2000万円の所得隠しが発覚!?

アフィリエイトで2000万円の所得隠しが発覚!?

アフィリエイトで2000万円の所得隠しが発覚!?

アフィリエイト報酬で2000万円の所得隠し

本日の読売新聞WEBニュース(YOMIURI ONLINE)からのニュースです。

アフィリエイト、報酬申告を…2千万所得隠しも

2014年07月26日 15時06分

インターネットサイトに広告を掲載する「アフィリエイト」で報酬を得ている個人に対し、国税当局がプロバイダーを通じて税務申告を促す取り組みを始めた。

アフィリエイトは手軽な副業として全国で100万人以上が手がけているとされるが、意図的に収入を隠す人が後を絶たないためだ。税務調査で2000万円を超える所得隠しが発覚したケースも出ている。

「税務署にばれるはずがないと思っていた。突然の調査はショックだった」。東京都内の男性(50)が振り返る。

男性の自宅をスーツ姿の男たちが訪れたのは2011年10月。勤務先の会社にいた男性は、妻からの連絡を受け、すぐに税務署に電話した。「パソコンでお仕事をされていますよね」。税務職員の一言で、「全て知られている」と悟った。

男性は当時、副業のアフィリエイトで年間200万~250万円の報酬を得ていたが、申告していなかった。税務署は、通信費などの経費を差し引いた所得が2年間で計約350万円に上ると指摘。男性は無申告加算税などを含め、約90万円を追徴課税された。

男性は「妻の実家に頭を下げて、やっと納税資金を工面した。恥ずかしい思いはもうしたくないので、その後は毎年ちゃんと申告している」と話す。

業界関係者によると、アフィリエイトを手がける人は「アフィリエイター」と呼ばれる。ネットの普及で市場規模が拡大し、アフィリエイトの広告費は年間1500億円に上る。アフィリエイターの中には年間2000万~3000万円の報酬を得る人や、スタッフを雇って1億円超を稼ぎ出す人もいるという。

アフィリエイトの報酬は「事業所得」や「雑所得」として申告する必要があるが、会社員や主婦が副業で行うことが多く、申告を怠る人も少なくない。そのため、税務調査で申告漏れを指摘され、追徴課税を受けるケースが相次いでいる。

2014年07月26日 15時06分

引用:YOMIURI ONLINE

いよいよ国税当局が本気を出すようです

これまで見過ごされがちだったアフィリエイト収入に対し、国税当局(税務署)が本気で追い込みをかけるようです。

法人化しているアフィリエイターは、毎年決算をおこなっているので税金を逃れようがありませんが、個人アフィリエイターの中で正しく申告している方は、少ないのではないでしょうか?

年間のアフィリエイト報酬が数十万程度であれば、税務署が動いて修正申告を促しても、それほど徴収できるわけではありません。手間だけかかって成果(徴収額)は雀の涙です。確定申告者に対して、税務調査が入るのは3%程度とも言われています。

  • 多少隠してもバレないだろう…
  • まさか、自分のところには税務調査は入らないだろう…

個人アフィリエイターの大半は副業だと思いますので、申告すらおこなっていないのが現状だと思います。

プロバイダ=ASP

国税当局がプロバイダーを通じて税務申告を促す取り組みを始めた。

とありますが、このプロバイダーとは、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)のことです。つまり、インフォトップやA8などの業者です。

YOMIURI_ONLINEアフィリエイトの仕組み

画像出典:YOMIURI_ONLINEアフィリエイトの仕組み

ASPは、私達アフィリエイターがどれくらい報酬を得ているかを全て把握しています。しかも、過去数年にわたってデータを保持しているはずです。税務署がASPに問い合わせれば、私達アフィリエイターは逃げようがありません。

過去(最大7年)にさかのぼって調査&徴収されます

もしも税務調査が入れば、過去にさかのぼって調査が行われます。通常は5年までさかのぼって調査されますが、不正行為(意図的に申告しなかったなど)があれば、最大7年までさかのぼります(7年で時効となるため)。そして申告漏れがあれば、合わせて追徴課税されます。

毎年数百万円単位で報酬を得ていて所得を隠していた場合、追徴課税される額もかなりのものになります。さらに無申告加算税(ペナルティ税)も加算されますので、さらなるダメージです。

仮に毎年100万円のアフィリエイト報酬を7年間、意図的に申告しなかった場合は、まるまる7年間分の所得に対して追徴課税され、さらに無申告課税(ペナルティ税)も追加されます。恐ろしい額になりそうです。

ビジネスとして取り組むならば正しく申告するべき

アフィリエイトをビジネスとして取り組むならば、税金は正しく申告するべきです。税金を払うことで社会にも還元できます。

個人の場合は雑所得として申告が可能です。また個人事業主であれば、事業税・所得税として申告できます。パソコンや商材購入代金などは、経費として落とせる可能性が高いので、所得(課税対象額)は調整できます。さらに法人化すれば、法人税(所得税)として支払うことになります。

私は、比較的早い段階で法人化しました。法人成りによって様々なメリットも享受できています。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

ターゲットを軽視してはいけない
ターゲットを軽視してはいけない

ターゲットを軽視してはいけない ターゲットの重要性 多くのアフィリエイターが、ターゲットを軽視している、もしくは上手く絞れていないことが多いように感じます。 ターゲットとは、私たち…

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則
『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その2】

前回の記事はこちら 『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を購入してみた【その1】 書籍で紹介されている「あかちゃんのぐずり」サイト この書籍では、著者のサイ…

携帯電話を売ろうとする限り、携帯電話が売れない本当の理由
携帯電話を売ろうとする限り、携帯電話が売れない理由

携帯電話を売ろうとする限り、携帯電話が売れない理由 神田昌典氏と前田鎌利氏のスペシャル対談 神田昌典氏といえばマーケティングの第一人者でありコピーライティングにも精通した日本で最も…

あなたはペラサイトの量産に耐えられるか?
あなたはペラサイトの量産に耐えられるか?

ペラサイトの量産・更新に抵抗がないか? パンダ塾ピラミダルが話題になっていますね。パンダ塾ピラミダルは、携帯・スマホアフィリを教えてくれる塾です(パソコンを使ったアフィリにも応用で…

オリジナルアフィリエイト
我流はダメなのか?

アフィリエイトにおいて、我流は本当にダメ? アフィリエイトの世界でよく言われている話ですが、 「我流はダメです!」 「まずは、商材のマニュアル通りに進めて下さい!」 「他の商材のノ…

”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア
えっ!税務調査?アフィリエイターの会社に調査官がやってきた事の顛末

※今回の記事はストーリー仕立てで書いてみます。実話です。 運営する会社に税務調査が入った(設立3年目) 先月下旬(2016年4月下旬)、私の会社(私が作った会社)に税務調査が入った…

朝一番でベッドを整えるとアフィリエイト作業がはかどる
朝一番でベッドを整えるとアフィリエイト作業が捗る

自宅作業の生産性を向上させる秘訣 私は専業アフィリエイターではありませんが、基本的には早朝の60分〜90分をアフィリエイト作業に充てています。その際に必ずやっていることがいくつかあ…

アフィリエイト実績
アルファブロガーに学ぶアフィリエイト成功法則

アルファブロガーに学ぶアフィリエイト成功法則 アフィリエイターではなくブロガー? 昨日の記事に対して「アフィリエイターというよりは、ブロガーっぽいですね。」という感想をいただきまし…

「welq(ウェルク)」にアフィリエイターが勝てなかった理由
「welq(ウェルク)」に個人アフィリエイターが勝てなかった理由

「welq(ウェルク)」に個人アフィリエイターが勝てなかった理由は”生産性”の差にある DeNA運営の「welq(ウェルク)」を始めとした大手コンテンツサイトが検索上位表示を独占し…

アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックス
アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックスだ

”即時収穫環境”と”遅延収穫環境” 研究者によると、我々人間は「遅延収穫環境」と呼ふ世界に生きています。行動した結果がすぐに利益として現れない(遅延して現れる)世界のことです。 一…

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
ターゲットにとって価値のある記事を書けば、被リンクは自然に増えるという事実

被リンクについての考察 私が外的SEOを一切していない、とお答えするとなかなか信じてもらえません。本当は隠れてリンクを送っているんじゃないか?などと勘ぐられてしまいます。 何度も述…

アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ
アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ

パワーアフィリエイト手法の要素の一つである”独自の切り口”に関するご質問を多くいただきます。また、パワーアフィリエイトの手法をまとめたオリジナル特典において、独自の切り口に関する解…