Googleがリンクプログラムに参加するサイトに対し制裁措置を発動

Googleがリンクプログラムに参加するサイトに制裁措置

Googleがリンクプログラムに参加するサイトに対し制裁措置を発動

不正リンクに対するGoogleの制裁措置が発表された

昨日のGoogleウェブマスター向け公式ブログにて、リンクプログラムに参加するサイトに対する新たな制裁措置が発表されました。

リンク プログラムのネットワークに対策を行いました

Posted: 2016年2月5日金曜日 Share on Twitter Share on Facebook

Google では検索ユーザーの皆さんに、より良い検索結果を届けるために日々いろいろな取り組みをしています。例えばウェブマスター向けガイドラインを設定し、これに違反するようなサイトに対策を施すのもその一つです。

この一環として、Google ではこの度、検索結果を不正に操作するためにリンク プログラムに参加しリンクの売買を行っていた日本語のいくつかのサイト ネットワークに対して対策を施しました。この中にはウェブマスター向けガイドライン違反を繰り返しているサイトも含まれていたため、通常よりも厳しい対策を施したケースもあります。

引用:ウェブマスター向け公式ブログ

「通常より厳しい対策」というのが気になりますね。ただ、現時点で大きな順位変動は見受けられません。一部のサイトだけが影響を受けている可能性があります。

namaz.jpも現在のところ安定しています。

namaz.jp
出典:namaz.jp

2015年は大きなアップデートもなく、検索順位は安定しています。そろそろ大きなアップデートがあってもおかしくなさそうですが、まだまだ静かですね。

ただ、こうしてウェブマスター向け公式ブログで制裁措置を公表するということは、Googleの強い意志を感じます。これからのGoogleの動きに目が離せません。

Googleの定義するリンクプログラムとは?

ちなみにリンクプログラムとは、検索エンジンのランキングを意図的に操作する目的で貼られた自演リンクです。Googleでは以下のように定義しています。

リンクプログラム

PageRank や Google 検索結果でのサイトのランキングを操作することを意図したリンクは、リンク プログラムの一部と見なされることがあり、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)への違反にあたります。これには、自分のサイトへのリンクを操作する行為も、自分のサイトからのリンクを操作する行為も含まれます。

引用:Search Console ヘルプ

Googleは検索エンジンの質を高めるために、日々対策をおこなっているようですが、まだまだ道半ばという感じです。自演リンク・有料リンクに代表されるブラックSEOがなくならないのは、それが有効だからです。上位表示に対していまだに即効性があるからこそ多くのアフィリエイターがブラック施策をするのですね。

Googleも大変ですね。サイト評価(順位決定)に外部リンク要素を取り入れている限り、不正リンクはなくならないと思います。

ただ、長期的にサイトを運営するならば、不正リンクは割に合いません。結局バランスです。ペナルティ覚悟でサイトを量産するのか?それともペナルティを避けて自然リンクを増やすのか?

自然リンクを増やす方法については、Googleが以下のように解説しています。

他のサイトから自分のサイトへの高品質で関連性の高いリンクを作成してもらう最善の方法は、インターネット コミュニティで自然に人気を獲得する、関連性の高い独自のコンテンツを作成することです。

良質なコンテンツを作成すると、それが利益につながります。リンクは編集者による人気投票のようなもので、役立つコンテンツの数が多いほど、誰かがそのコンテンツが自分のサイトのユーザーにとって役立つことに気付き、リンクを作成してもらえる可能性が高くなります。

引用:Search Console ヘルプ

ユーザーと真摯に向き合い、ユーザーに価値を提供するコンテンツを作り続けることが、質の高いリンクを獲得する一番の近道です。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則
『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その1】

『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入した 本日は書籍のご紹介です。中村貞文さんの『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』です…

【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?
【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?

infotopランキグで情報商材業界の”いま”が見えてくる 私は1週間に一度くらいのペースで、インフォトップの30日ランキング(1位〜100位)を定点観測しています。ランキングを定…

必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました
必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました

読んでいないと話にならない『ウェブマスター向けガイドライン』 本日(2012年10月3日)、Googleのウェブマスター向けガイドラインが更新されました。ウェブマスター向けガイドラ…

横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催
【日本アフィリエイト協議会主催】横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催

参加費「無料」の勉強会&交流会 日本アフィリエイト協議会が主催する横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催されます。 横浜アフィリエイト勉強会&交流会、2016年10月…

書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』
書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』

250円で”個人WEBメディア”の構築と運営ノウハウが学べる 本のご紹介です。 『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』 250円 Kindle本…

【9月23日実施】ペンギンアップデート4.0により被リンクスパムは駆逐されるのか?
【9月23日実施】ペンギンアップデート4.0により被リンクスパムは駆逐されるのか?

ペンギンアップデート4.0が9月23日に発動 9月23日にペンギンアップデート4.0を実施したと、Googleが公式に発表しました。ペンギンアップデートとは、Googleが不正と認…

当ブログからの記事盗用に関して
当ブログからの記事盗用行為に関して

このブログ「アフィリエイト戦略思考」(https://affiliate-review-blog.com)から無断で記事を引用・盗用しているサイトが多く見受けられます。今後、悪質な…

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ
腐るコンテンツと腐らないコンテンツ

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ パワーサイトは、サイトを資産化する手法です。つまり、長期にわたって継続的に収益を生み出してくれるサイトを運営することです。そのために最も大切なこ…

アフィリエイトで「週4時間」だけ働く

週4時間だけ働く 『「週4時間」だけ働く。』という書籍をご紹介します。 刺激的なタイトルですが、出版されたのは約10年前です。2007年9月が初版であり、そのときのタイトルは『なぜ…

4400本の被リンクをもらうためのたった1つの施策とは?
4400本の被リンクをもらうためのたった1つの施策とは?

アフィリエイト界の”7人の海賊”たち 読者様から教えていただいたのですが、このブログ『アフィリエイト戦略思考』を”アフィリエイト界の七武海”として取り上げていただきました。大変光栄…

ニッチなテーマについて
どうせならニッチなジャンルで専門性の高いサイトを作る

ニッチなジャンルで”尖ったサイト”を作ることの重要性 これまでにいただいたアフィリエイトに関する質問メールから、シェアできるものを数回に分けてピックアップしてお届けします。今回は、…

自己満足サイトに陥っていませんか?
アフィリエイトで2000万円の所得隠しが発覚!?

アフィリエイト報酬で2000万円の所得隠し 本日の読売新聞WEBニュース(YOMIURI ONLINE)からのニュースです。 アフィリエイト、報酬申告を…2千万所得隠しも 2014…