Googleがリンクプログラムに参加するサイトに対し制裁措置を発動

Googleがリンクプログラムに参加するサイトに制裁措置

Googleがリンクプログラムに参加するサイトに対し制裁措置を発動

不正リンクに対するGoogleの制裁措置が発表された

昨日のGoogleウェブマスター向け公式ブログにて、リンクプログラムに参加するサイトに対する新たな制裁措置が発表されました。

リンク プログラムのネットワークに対策を行いました

Posted: 2016年2月5日金曜日 Share on Twitter Share on Facebook

Google では検索ユーザーの皆さんに、より良い検索結果を届けるために日々いろいろな取り組みをしています。例えばウェブマスター向けガイドラインを設定し、これに違反するようなサイトに対策を施すのもその一つです。

この一環として、Google ではこの度、検索結果を不正に操作するためにリンク プログラムに参加しリンクの売買を行っていた日本語のいくつかのサイト ネットワークに対して対策を施しました。この中にはウェブマスター向けガイドライン違反を繰り返しているサイトも含まれていたため、通常よりも厳しい対策を施したケースもあります。

引用:ウェブマスター向け公式ブログ

「通常より厳しい対策」というのが気になりますね。ただ、現時点で大きな順位変動は見受けられません。一部のサイトだけが影響を受けている可能性があります。

namaz.jpも現在のところ安定しています。

namaz.jp
出典:namaz.jp

2015年は大きなアップデートもなく、検索順位は安定しています。そろそろ大きなアップデートがあってもおかしくなさそうですが、まだまだ静かですね。

ただ、こうしてウェブマスター向け公式ブログで制裁措置を公表するということは、Googleの強い意志を感じます。これからのGoogleの動きに目が離せません。

Googleの定義するリンクプログラムとは?

ちなみにリンクプログラムとは、検索エンジンのランキングを意図的に操作する目的で貼られた自演リンクです。Googleでは以下のように定義しています。

リンクプログラム

PageRank や Google 検索結果でのサイトのランキングを操作することを意図したリンクは、リンク プログラムの一部と見なされることがあり、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)への違反にあたります。これには、自分のサイトへのリンクを操作する行為も、自分のサイトからのリンクを操作する行為も含まれます。

引用:Search Console ヘルプ

Googleは検索エンジンの質を高めるために、日々対策をおこなっているようですが、まだまだ道半ばという感じです。自演リンク・有料リンクに代表されるブラックSEOがなくならないのは、それが有効だからです。上位表示に対していまだに即効性があるからこそ多くのアフィリエイターがブラック施策をするのですね。

Googleも大変ですね。サイト評価(順位決定)に外部リンク要素を取り入れている限り、不正リンクはなくならないと思います。

ただ、長期的にサイトを運営するならば、不正リンクは割に合いません。結局バランスです。ペナルティ覚悟でサイトを量産するのか?それともペナルティを避けて自然リンクを増やすのか?

自然リンクを増やす方法については、Googleが以下のように解説しています。

他のサイトから自分のサイトへの高品質で関連性の高いリンクを作成してもらう最善の方法は、インターネット コミュニティで自然に人気を獲得する、関連性の高い独自のコンテンツを作成することです。

良質なコンテンツを作成すると、それが利益につながります。リンクは編集者による人気投票のようなもので、役立つコンテンツの数が多いほど、誰かがそのコンテンツが自分のサイトのユーザーにとって役立つことに気付き、リンクを作成してもらえる可能性が高くなります。

引用:Search Console ヘルプ

ユーザーと真摯に向き合い、ユーザーに価値を提供するコンテンツを作り続けることが、質の高いリンクを獲得する一番の近道です。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

あなたはペラサイトの量産に耐えられるか?
あなたはペラサイトの量産に耐えられるか?

ペラサイトの量産・更新に抵抗がないか? パンダ塾ピラミダルが話題になっていますね。パンダ塾ピラミダルは、携帯・スマホアフィリを教えてくれる塾です(パソコンを使ったアフィリにも応用で…

2018年6月、仮想通貨アフィリエイトが全面禁止へ…!?
【衝撃】2018年6月、仮想通貨アフィリエイトが全面禁止される?!

Googleが仮想通貨とICOの広告を6月から禁止すると発表 盛り上がりをみせる仮想通貨アフィリエイトに水を差すようなニュースが飛び込んできました。 Googleが今年(2018年…

「welq(ウェルク)」にアフィリエイターが勝てなかった理由
「welq(ウェルク)」に個人アフィリエイターが勝てなかった理由

「welq(ウェルク)」に個人アフィリエイターが勝てなかった理由は”生産性”の差にある DeNA運営の「welq(ウェルク)」を始めとした大手コンテンツサイトが検索上位表示を独占し…

下克上(GEKOKUJO)は本当に成果がでるのか?
ニッチとは”細分化されたニーズ”だ

ニッチジャンルに関するご質問 ニッチなターゲットとニッチなブログテーマに関するご質問を頂きました。 山本様が考えるニッチジャンルとはライバルがいないジャンルを狙うことであり、ニッチ…

ウィキペディアサイトを作ってはいけない
ウィキペディアサイトを作ってはいけない

残念なサイトを量産していませんか? アフィリを始めてから、様々なアフィリエイトサイトをチェックするようになりました。しかしながら、そのほとんどが、非常に残念なサイトであるという事実…

類似コンテンツ
他と被らないコンテンツの作り方

他と被らないコンテンツの作り方 類似コンテンツが氾濫する世界 大半のアフィリエイトサイトのコンテンツ(中身)は、どれも似通っていることが多いですね。情報商材アフィリエイトにしても、…

下書きをしておくことで記事の執筆速度は飛躍的にアップする
「さて、何の記事を書こうかな?」では遅すぎる

下書きをしておくことで記事の執筆速度は飛躍的にアップする ストーリーが容易に描けるネタかどうか? 先日の記事のつづきです。 ネタ探し(feedly・Googleアラート) ネタスト…

必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました
必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました

読んでいないと話にならない『ウェブマスター向けガイドライン』 本日(2012年10月3日)、Googleのウェブマスター向けガイドラインが更新されました。ウェブマスター向けガイドラ…

全てのリンクには”必然性”がある
Googleのさじ加減一つでゴミブログは消える

忍者サイト自動生成機能が終了 残念なお知らせです。以前ご紹介したARMS(アームズ)ですが、2012年9月27日をもって忍者サイト自動生成機能が使えなくなりました。ARMS(アーム…

ブックマークされるサイトを目指す
あなたのサイトはブックマークされている?

ユーザーにとって価値のあるサイトとは? 私のアフィリエイト手法は、量産ではなく1つ1つのサイト(ブログ)を、時間をかけて育てていく方法です。いわゆるパワーサイトを作っていく手法です…

ウェブマスター向けガイドライン
あなたのSEO施策にやましい点はないか?

ウェブマスター向けガイドラインを読んでいますか? 極めて重要な”Googleのウェブマスター向けガイドライン” コンサルを開始して非常に驚いたことがあります。それは大半のアフィリエ…

自己満足サイトに陥っていませんか?
自己満足サイトに陥っていませんか?

自己満足的なアフィリエイトサイトの特徴 すごく頑張っているのに何故か上手くいっていないサイトには、共通している特徴があります。それは、自己満足的なサイト運営に陥っている、ということ…