オリジナル特典はコチラ

”無料ブログを使ったスパムサイト”に対する取り締まりが本格化

”無料ブログ”を使ったスパムサイトの取り締まりが本格化
”無料ブログを使ったスパムサイト”に対する取り締まりが本格化

スパムサイト情報の相互共有が本格始動

先日の記事にてAdvanced Hosting Meetupを取り上げました。

Advanced Hosting Meetupとは、Googleが先導しておこなっている「スパムサイト対策」のことです。日本国内の主要ホスティングサービス企業が参加しており、スパムサイト情報の相互共有が狙いです。

Googleだけではなかなか対策しきれない「無料ブログを使ったスパムサイト」を、各ブログ事業会社と提携することで一網打尽にする計画です。Advanced Hosting Meetupに参加している企業は以下のとおりです。

  • NTTレゾナント株式会社(gooブログ)
  • 株式会社サイバーエージェント(アメブロ、 Ameba Ownd)
  • シーサー株式会社(Seesaaブログ)
  • GMO ペパボ株式会社(JUGEM、ロリポップ!レンタルサーバー)
  • 株式会社はてな(はてなブログ、はてなダイアリー)
  • ピクシブ株式会社(pixiv)
  • ヤフー株式会社(Yahoo!ブログ)
  • 楽天株式会社(楽天ブログ、楽天市場)

アフィリエイターによる無料ブログを使ったスパムサイトに、多くのブログサービス業者が頭を悩ませているということですね。

各社で合意されたスパム対策の内容とは?

Googleが発表したAdvanced Hosting Meetup合意内容とはどのようなものでしょうか?

【スパム サイト情報の相互共有】本プログラムに参加したホスティング サービスを運営する企業(以下、プログラム参加企業 ※)は、各サービス上のスパム サイトに関する情報(例えば Google が Search Console 上の手動対策ビューアで提供しているスパム サイトの情報等)をプログラム参加企業間で共有します。情報を相互に共有することで、各サービス上のスパム検知や対策の精度向上を目指します。また、スパム サイトの情報に加え、各社で発見したスパムの最新の傾向や対策法などについても知見を共有します。

【アフィリエイト プログラムの悪用抑止】アフィリエイト プログラムを悪用したスパム サイトの作成抑止および、より迅速な対策を目指し、プログラム参加企業は、アフィリエイト プログラムを悪用したスパム サイトについて調査、情報交換を強化していきます。今回、その第一歩として、健全なアフィリエイト プログラムの活用という共通のゴールのもと、楽天アフィリエイトさんとの間で情報交換をスタートすることとしました。具体的には、悪用したスパム サイトを発見した場合、その情報を、楽天アフィリエイトに提供します。楽天アフィリエイトは、提供された情報をもとに調査を実施し、必要に応じて悪質なアフィリエイト サイトに対する対策を実施します。

引用:Advanced Hosting Meetup プログラム : 結果のご報告

要点は2つです。

  1. スパムサイト情報の相互共有
  2. 悪質なアフィリエイトサイト作成抑止措置

Advanced Hosting Meetupはまだ始まったばかりで、スパムサイトが一網打尽にされて駆逐されるのはまだまだ先のように感じます。ただ間違いなく対策は前進しています。

いずれは、無料ブログを使ったリンクスパムはほとんど効果を失う可能性も秘めています。

Google社員からスパム対策について話を聞くことができる機会

12月8日に渋谷で開催される「本気でアフィリエイトを学ぶ会2016 -Japan Affiliate Summit-」では、Google社員が登壇し今回取り上げたAdvanced Hosting Meetupに関する活動報告を直接聞くことができます。

無料ブログスパムを積極的におこなっているアフィリエイターは、聞いておいても損はないかもしれません。