オリジナル特典はコチラ

もしもオリエンタルラジオのあっちゃんがアフィリエイターだったら…

もしもオリエンタルラジオのあっちゃんがアフィリエイターだったら…
もしもオリエンタルラジオのあっちゃんがアフィリエイターだったら…

オリラジのあっちゃんがアフィリエイターだったら…

しくじり先生の『中田歴史塾』が最高に面白い!

テレビ朝日で放送されているバラエティ特番『しくじり先生 』、面白いですよね。

この中で昨年から注目を集めているのがお笑い芸人オリエンタルラジオの中田敦彦(あっちゃん)による「歴史講義」です。別名『中田歴史塾』とも呼ばれていて、世界の偉人たちのしくじりを紹介する人気企画です。これまでに取り上げられた主な偉人は次の通り。

  • マラドーナ
  • エジソン
  • アインシュタイン
  • マイク・タイソン
  • カール・マルクス
  • パブロ・ピカソ
  • アドルフ・ヒトラー

もともと地頭の良いあっちゃんですが、彼のプレゼン力は非常に素晴らしいです。その中でも完成度が高いとされる「カール・マルクス編」の動画を貼っておきます。テレビ番組を違法にアップロードした動画ですので削除される可能性があります。まだ視聴したことのない人は、是非この機会に視聴をおすすめします。本当に素晴らしいです。

※【追伸】動画はYouTubeにより削除されました。

動画(あっちゃんの歴史講義)をご覧いただければおわかりの通り、学校の授業を遥かに凌ぐ面白さです。カール・マルクスをよく知らない人でも、マルクス、そして彼の著書である『資本論』に興味を持たずにいられません。

オリラジ中田敦彦がアフィリエイターだったら『資本論』が飛ぶように売れていた!?

もしもあっちゃん(オリラジ中田敦彦)が、学校の歴史の先生だったら?きっと歴史を好きになる学生はもっと増えていたかもしれませんね。

それにしても、学校の先生の授業と、あっちゃん(オリラジ中田敦彦)の授業の、大きな違いとは何なのでしょうか?ただたんに教科書の中身を解説する学校の授業と違い、あっちゃんの講義は教室(生徒)を巻き込んで一体感を出しています。声やボディランゲージに強弱をつけ、生徒の「なぜ?どうして?」を呼び起こし、その疑問に答える。ときには冗談を交え、そして時には熱弁をふるって解説することで、まるで映画を観ているような臨場感に包まれます。まさに共感を呼ぶ授業です。

あっちゃん(オリラジ中田敦彦)がアフィリエイターだったら、授業で紹介されていたマルクスの著書『資本論』が飛ぶように売れていたことでしょう。

「はい、それでは先ほど授業の中で紹介したマルクスの『資本論』。今なら先着100名様のみ、定価3000円のところを、なんと!……1,980円でご提供します!分割ならば月々たったの180円です!」byオリラジ中田敦彦

アフィリエイト記事は”教科書”ではなく”授業”であるべき

あっちゃん(オリラジ中田敦彦)の『しくじり偉人伝』は、説得力のあるプレゼンとは何か?を考えさせられる素晴らしい企画です。

プレゼンとは提示・提案であり、それによって人に意思決定をさせ、行動を促すことを目的としています。まさにアフィリエイトビジネスにも参考になる点が大いにあります。

次の動画をご覧ください。

こちらのYouTubeは、アフィリエイター武祐介さんによる講義動画です。武祐介さんはPRIDE(プライド)実践者であり、トレンドアフィリエイトによって大きな収益をあげているアフィリエイターです。このYouTube動画は、PRIDE コミュニティで紹介されている講義動画の一つです。

PRIDE【購入レビュー】 タイトル:PRIDE(プライド)
販売:株式会社PRIDE
発売日:2014/01/31
メディア:PDFテキスト
【PRIDE公式サイト】

武祐介さんは、PRIDEコミュニティスタッフの一人です。

ただ教科書をなぞるだけのような記事よりも、プレゼン力を駆使し、自身の経験や意見・主張を大いに盛り込んだ授業のような記事を書くことが大切であると述べていますね。

教科書をなぞるだけの記事とは、私が主張するウィキペディア的な記事です。

ウィキペディアサイトを作ってはいけない

たんなる事実の羅列(られつ)だけの記事ならば、ウィキペディアを見れば十分です。そんな記事で人にアクションを起こさせることは困難です。やはり人は誰かの強い「想い」に影響を受けて動くのではないでしょうか。オリエンタルラジオあっちゃんの講義のように。

優れたレビューを書くために必要な、たった1つのこと