アルファブロガーに学ぶアフィリエイト成功法則

アルファブロガーに学ぶ、アフィリエイト成功法則

アルファブロガーに学ぶ、アフィリエイト成功法則

アルファブロガーに学ぶアフィリエイト成功法則

アフィリエイターではなくブロガー?

昨日の記事に対して「アフィリエイターというよりは、ブロガーっぽいですね。」という感想をいただきました。良質なコンテンツを継続的に書いていくスタイルは、ブロガーにも通じるところがありますね。

私が運営しているパワーサイトにおいても、アフィリエイト記事は全体の2~3割程度です。残りの7~8割は、アフィリエイトリンクを貼らない記事です。このアフィリエイト戦略思考ブログも同様です。

ターゲットであるユーザーが、読む価値を感じてもらえるような記事(コンテンツ)を、丁寧に書くように心掛けています。マネタイズ(アフィリエイト報酬)重視ではなく、むしろブログのファンを増やすために記事を更新しています。もしかしたら、私自身も無意識の内にブロガーという感覚でサイト運営していたのかもしれません。

アフィリエイターとブロガーは非常に似ている

ブログの世界には、アルファブロガーと呼ばれる怪物が存在します。多くの読者を持ち一定の影響力を持ったブロガーのことです。彼らの記事も、オリジナリティに溢れ、面白く読み応えのある文章で満たされています。人気ブロガーの記事には中毒性もあり、多くの熱烈な読者が存在しています。

読者に対して一定の影響力を持ったアルファブロガーが、「これ使ってみたけど良かったよ~!」と商品を紹介したらどうなるでしょう?彼らの熱烈なファン(読者)の多くが、その商品を買いたくなるのではないでしょうか?それが書籍であっても、電化製品であっても、パソコン周辺器であっても、家具であっても、化粧品であっても、食料品であっても、一定数は売れるのではないでしょうか。まさにアフィリエイトビジネスそのものです。

そもそもアフィリエイトの原点はクチコミです。ブロガーと(パワーサイト)アフィリエイターは親和性があって当然なんですね。リピーターを増やすことで、読者とのラポール(信頼関係)を築き、ファンになってもらう。そして、その中で自分が良いと思っている商品・サービスを勧める。とてもシンプルですね。

異なる点はターゲット設定

ブロガーと(パワーサイト)アフィリエイターは似ている点も多いですが、異なる点もあります。それは、ターゲット設定に対する考え方です。

そもそもブロガーの目的は、アフィリエイトではないことが多いです。マネタイズは二の次ということです。ブログというメディアを使って自分の考えを不特定多数に伝達する、情報発信者というイメージですね。もちろん一定の思想や思考を持っているので、それなりの偏った読者が集まりますね。まず情報発信者がいて、読者(ターゲット)は、その発信者に感化された人々が集まります。

一方、アフィリエイターは、最初にターゲット(読者)ありきです。特定の限定されたターゲットに合わせて、情報を発信していきます。当然、発信される情報は、非常にニッチで限定されたものになります。

常にニッチでマニアックを意識する

私たちアフィリエイターに必要とされるのは、ターゲットに合わせたニッチでマニアックな記事を更新し続けることです。提供するコンテンツは、マニアックであればあるほど、ターゲットを絞り込む事ができます。その商品・サービスを必要としないユーザーにとっては、全く価値のないコンテンツであることが重要なのです。

  • 情報商材検証サイトよりも、女性のためのスマホアフィリエイト実践サイト
  • カニ通販サイトよりも、日本一美味しい越前ズワイガニ通販サイト
  • ゴルフ上達サイトよりも、3ラウンド以内に100を切るためのパター上達サイト
  • 英会話上達サイトよりも、TOEICリーディング読解問題マスターサイト
  • 育毛サイトよりも、女性限定!20代から始める若はげ対策・育毛サイト

ターゲットを絞り込み、マニアックな記事を書くことで、サイトコンテンツにオリジナリティが備わってきます。絞り込んだターゲットの属性に合わせたニッチなコンテンツを充実させることで、彼らが必要とする商品・サービス(出口)へと導くことができます。つまり、自分の思ったままを記事として書き連ねても、無意味だということですね。ターゲットが好む記事、ターゲットにとって役立つ価値のある記事、ターゲットが求めている記事を充実させる必要があります。

ブロガーという意識を合わせ持つことのメリット

私たちは、常日頃から”アフィリエイターである”という意識が自分自身に染みついてしまっています。アフィリエイターという意識だけでなく、ブロガーという意識を合わせ持つことでいくつか大きなメリットがあります。最大のメリットは、ウィキペディア的な記事を書かなくなるという点です。

ブロガーは、ウィキペディア的な記事を書くことはまずありませんね。日常の出来事やニュースを、自分自身の体験や考えを通じて咀嚼し、はき出したものをオリジナルな記事として毎日アップしています。私たちもブロガーと同じ意識を持つことができれば、

  • 「○○とは?」
  • 「○○の効能について」
  • 「○○の性能」
  • 「○○の特徴」

などという、つまらないウィキペディアサイトを作ることは減ると思います。

もう一つのメリットは、毎日記事をアップするという習慣が身につくという点です。ブロガーは、ほぼ毎日、あるいは定期的に記事をアップしていますね。更新頻度が高く、定期更新されることで、記事の更新を楽しみにする読者を惹きつけやすくなります。

私たちパワーアフィリエイターも、記事を定期更新することでリピーターを確保できるようになります。ターゲットと何度も接触することでラポールを構築することができ、影響力が徐々に増してきます。結果的に、コンバージョン率がアップします。

パワーサイトでは、アフィリエイターとブロガーという二面性を持つことで、より早く成功しやすくなるのではないかと考えています。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

価値を提供できているか?
”儲ける・稼ぐ”という言葉に違和感を感じます

2ヶ月ぶりくらいの記事投稿になります。本業が忙しく、このブログの記事を書くほどの気持ちの余裕がありませんでした。ようやく本業が落ち着いてきましたので、徐々に記事を書くペースを上げて…

当ブログからの記事盗用に関して
当ブログからの記事盗用行為に関して

このブログ「アフィリエイト戦略思考」(https://affiliate-review-blog.com)から無断で記事を引用・盗用しているサイトが多く見受けられます。今後、悪質な…

全てのリンクには”必然性”がある
Googleのさじ加減一つでゴミブログは消える

忍者サイト自動生成機能が終了 残念なお知らせです。以前ご紹介したARMS(アームズ)ですが、2012年9月27日をもって忍者サイト自動生成機能が使えなくなりました。ARMS(アーム…

ウィキペディアサイトを作ってはいけない
ウィキペディアサイトを作ってはいけない

残念なサイトを量産していませんか? アフィリを始めてから、様々なアフィリエイトサイトをチェックするようになりました。しかしながら、そのほとんどが、非常に残念なサイトであるという事実…

アフィリエイトで「週4時間」だけ働く

週4時間だけ働く 『「週4時間」だけ働く。』という書籍をご紹介します。 刺激的なタイトルですが、出版されたのは約10年前です。2007年9月が初版であり、そのときのタイトルは『なぜ…

アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる
アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる

アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる 昨日、興味深いご質問を頂きましたので、シェアしたいと思います。読者様からのご質問内容は、”一般記事からアフィリエイトリンクページへいかに…

アフィリエイトはラットレース
アフィリエイトという”ラットレース”から抜け出す一番の近道は、市場(マーケット)への再投資だ

サイト売却の話 先日、私が運営するサイト(1サイト)を購入したいとのお話をいただきました。売買専門業者さんを介してのお話です。このサイト(アフィリエイト戦略思考ブログ)ではありませ…

当ブログからの記事盗用に関して
【速報】インフォトップが買収された!情報商材業界は終焉を迎えるのか?

ゲーム会社がインフォトップを買収・子会社化 驚きのニュースです。インフォトップがゲーム会社に買収されました。 モバイルゲームの開発等をおこなうアエリア(東京都)は、安定的な収益基盤…

アフィリエイトLab(アフィLab)【検証とレビュー】
検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

「検索意図が明確かつ上位表示を狙えるキーワード」で記事を書くことの重要性 前回の記事の続きです。 アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる 前回は、アドセンス…

Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた
Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

Googleが本気を出します 昨日(2012年10月23日)の、Googleウェブマスター向け公式ブログをご覧になりましたでしょうか?全アフィリエイター必見の記事です。 まだ見てい…

アフィリエイトビジネスの可能性
利益率94.4%の凄いビジネス

友人「…アフィリエイトって実際どうなの?」 私は、サラリーマンアフィリエイターです。会社関係の人には、私がアフィリエイトをしていることを隠しています。しかし、親しい友人には隠さず話…

70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている
70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

「自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。」竹中平蔵 年金崩壊危機が声高に叫ばれて久しいですが、もはや老後を国に頼ることは…