『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その2】

『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その2】

『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その2】

前回の記事はこちら

書籍で紹介されている「あかちゃんのぐずり」サイト

この書籍では、著者のサイトが1つだけ紹介されています。

それがhttp://あかちゃんのぐずり.net/です。このサイトは、リスタートアフィリエイトの販売ページにも掲載(公開)されています。

このサイトは、書籍で語られているキーワード戦略に基づいてニッチキーワードを拾い、作ったとされています。そして比較的短期で上位表示されたそうです。ちなみに現在も「あかちゃんのぐずり」では1位です。被リンクは数本ついています。

ただし、1位表示されているこのサイトで、どれほどのアフィリエイト報酬が生まれているのか?この点は書籍で述べられていません。リスタートアフィリエイトの販売ページでは「毎月20万円」と記載がありますが、その真偽を確認することは私達にはできません。仮に毎月20万円の報酬が本当だとしても、狙ってこのサイトを作ることは至難の業です。

もしも、このサイトを狙って作ったのであれば、そして報酬が毎月20万円発生しているのであれば、驚嘆に値します。

書籍の中では、それなりにニッチなキーワードをピックアップし、その中から狙うべきキーワードを選定し、キーワードに合った商品を探し出し、さらには実際に取材をして口コミを集め、コンテンツを仕上げたと記載があります(サイトを見る限り本当にここまで手間をかけているのか疑問ですが)。

本当であれば相当な時間と労力がかかっています。1日でできることではありません。すくなくと数日以上はかかっているのではないでしょうか?それほどの労力をかけて、狙い通りに上位表示でき、毎月20万円程度成約するのであれば、手間をかけたかいがあります。

でも、もしも上位表示できなかったら?上位表示できても、成約しなかったら?それまでの苦労が水の泡です。

ニッチキーワードサイトこそ、時間をかけずにサクッと作るべき

ニッチキーワードサイトこそ、時間をかけるべきではないと思います。そして、量産をするべきです。なぜなら、当たるかどうか(上位表示できるかどうか?成約するかどうか?)わからないからです。狙い通りに上位表示することすらマレですし、ましてや成約するかどうかは、全く分かりません。だからこそ、時間をかけずにペラサイトをサクッと作り、様々なニッチキーワードでサイトを量産していく戦略が求められます。

先ほどご紹介した「あかちゃんのぐずり」サイトも、100サイト作った中の、たまたた1サイトが当たった、という解説であれば納得できます。当たったサイトに記事を追加したり、コンテンツを丁寧に作りこむ、という戦略であれば、理解できます。書籍では、まったくその点は触れられていません。ニッチキーワードを選んでサイトを作れば成約する!と初心者が読み違えてしまいそうで、不安が残ります。

成約する可能性の高いキーワードを狙ったほうが簡単

ニッチキーワードを狙うという戦略は、一見、魅力的に見えます。しかし、成約させることを考えれば、私達が第一に狙うべきキーワードは、上位表示できれば成約の可能性が高いと思われるキーワードです。単にライバルが少ないから…、上位表示できそうだから…という観点からキーワード選定をしてしまうと、本質を見誤ります。

上位表示が目的ではありません。成約させることが目的のはずです。ならば、成約の可能性が高いキーワードでサイト(記事)を作るべきです。その最たるものは「商標名キーワード」です。

しかし商標名キーワードはライバルも多いです。であれば、商標名キーワードから少し距離のあるキーワードを探すべきです。たとえば、ライバル商品名など。

残念ながらキーワードの距離が離れれば離れるほど、成約からの距離が遠のいていきます。つまりキーワードがニッチになればなるほど、成約させるまでのハードルが高くなるのです。特に悩み系キーワードなどは、成約させることが非常に難しいです。

なぜなら、その商品をお薦めする理由(ユーザーが購入するべき理由)に、明確な根拠が必要だからです。それらをコンテンツとして正しく返さなければ、なかなか成約しません。

悩み系キーワードでアクセスしてくるユーザーは、単に情報を無料で集めているユーザーが多いというのも現実です。もちろん中にはお金を払って悩みを解決したいユーザーもいると思いますが、その商品を購入すべきだと(感情的に)思わなければ、成約しません。

つまり成約までの距離が離れれば離れるほど、コンテンツパワー(ライティング力)が要求されることになります。初心者には難しいスキルです。

必要とされるキーワードスキルとは?

私が考えるキーワードスキルとは、以下の様なものです。

  1. 上位表示できれば成約できる可能性が高いキーワードを拾い出す
  2. 実際に検索されているキーワードを選ぶ
  3. 商品購入に結びつけられそうなキーワードを拾い出す

ニッチキーワードは、結果に過ぎないと考えています。最初からニッチキーワードを探すのではなく、その商品を必要としているターゲットを見極め、ターゲットの悩みに思いを馳せ、彼らが打ち込みそうなキーワードを拾い出します。その過程で拾いだしたキーワードが、結果としてニッチキーワードである、ということです。順番が逆ですね。

ニッチなキーワードってなんだろう?という入り方では、なかなか成約できるサイトはできないと思います。成約に結び付けられるキーワードは何だろう?という入り方のほうが、キーワード選定の本質に近いと考えています。

アフィリエイトファクトリーと丸山塾が優れている点

こうしてみると、改めてアフィリエイトファクトリー丸山塾の戦略が、いかに優れているか再確認できます。

両者とも、キーワード戦略については、同じ考えをベースにしています。つまり、

  • 上位表示することができれば成約するであろうキーワードを選ぶ
  • キーワードが当たるかどうかわからないので、時間をかけずにサイトを量産する
  • 上がってきたサイト、成約するサイトをさらに育てていくor メインサイトを作る

極めて合理的で、効率的な戦略です。

そして、キーワードに対する正しい答えをコンテンツとして返していくライティングスキル。これらを総合的に学べる商材が、アフィリエイトファクトリーであり、丸山塾であると考えています。

この2つの商材は、手法は違えど、本質は同じです。どちらの商材もキーワード戦略が重要な要素を占めますが、当たるかどうかはやってみなければわからない、というスタンスです。

もちろん、当たり(上位表示できれば成約する)キーワードを狙うのですが、思ったほど簡単には当たらないだろう、という前提です。当たったキーワードでサイトを展開したり(ファクトリー)、ページ数を増やして安定させたり(丸山塾)することで報酬を拡大していきます。

キーワード、そしてアフィリエイトの本質を捉えています。

高確率で成約できるニッチキーワードを拾うことは困難

結局のところ、100発100中で成約に結び付けられるキーワードを拾うことは不可能です。だったら、成約に結びつきそうなキーワードを拾えるだけ拾ったら、すべてのキーワードでサイトを作るor記事を書く、ということが重要な戦略になり得ます。

100キーワードでサイトを作れば、当たりキーワードは良くて10個程度ではないでしょうか。でも10個当たれば大成功だと思います。どのキーワードが当たるか(成約できるか?)というのは、やってみなければわかりません。狙い通りに上位表示できることすら、むしろ稀(まれ)です。

中村貞文さんの商材”リスタートアフィリエイト”

色々とネガティブなことを書きましたが、しょせん1500円の書籍です。どうしても書籍では限界があります。あえて伏せている部分もあるかもしれません。

そうなると中村貞文さんのリスタートアフィリエイトが気になってきます。書籍では語られなかった部分の解説があるのかどうか?その点を確認してみたくなりました。

私が気になるのは、以下の点です。

  • ニッチキーワードかつ成約できるキーワードの拾い方が解説されているのか?
  • キーワードに対するコンテンツの書き方は解説されているのか?
  • どれほどのサイトを量産することが求められるのか?
  • 被リンクSEOはどの程度しているのか?

時間があればリスタートアフィリエイトを購入し、そのあたりを検証できればと考えています。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
ターゲットにとって価値のある記事を書けば、被リンクは自然に増えるという事実

被リンクについての考察 私が外的SEOを一切していない、とお答えするとなかなか信じてもらえません。本当は隠れてリンクを送っているんじゃないか?などと勘ぐられてしまいます。 何度も述…

”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探す
”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探す

ブログの毎日更新を開始した理由 このブログでは、2016年9月12日から毎日記事を更新しています。それまでは月に1〜2本程度しか記事を書いていませんでした。 唐突に毎日更新を開始し…

【9月23日実施】ペンギンアップデート4.0により被リンクスパムは駆逐されるのか?
【9月23日実施】ペンギンアップデート4.0により被リンクスパムは駆逐されるのか?

ペンギンアップデート4.0が9月23日に発動 9月23日にペンギンアップデート4.0を実施したと、Googleが公式に発表しました。ペンギンアップデートとは、Googleが不正と認…

キーワードの枯渇
稼げるキーワードが枯渇することに対する漠然とした不安

大半のキーワードが先行組アフィリエイターに牛耳られている… わたしたち後発組が、アフィリエイトをスタートするときに、ある事実を知って絶望的な気持ちになることがあります。その事実とは…

【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?
【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?

infotopランキグで情報商材業界の”いま”が見えてくる 私は1週間に一度くらいのペースで、インフォトップの30日ランキング(1位〜100位)を定点観測しています。ランキングを定…

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ
腐るコンテンツと腐らないコンテンツ

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ パワーサイトは、サイトを資産化する手法です。つまり、長期にわたって継続的に収益を生み出してくれるサイトを運営することです。そのために最も大切なこ…

アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる
アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる

アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる 昨日、興味深いご質問を頂きましたので、シェアしたいと思います。読者様からのご質問内容は、”一般記事からアフィリエイトリンクページへいかに…

忍者サイト凍結措置が予見する、アフィリエイトの未来
忍者サイト凍結措置が予見するアフィリエイトの”未来”

忍者がアフィリエイトサイトを凍結 先日、読者様から悲痛な連絡がありました。その方は、忍者ホームページを始め様々な無料ホームページサービスを利用して、大量のアフィリエイトサイトを運営…

アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックス
アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックスだ

”即時収穫環境”と”遅延収穫環境” 研究者によると、我々人間は「遅延収穫環境」と呼ふ世界に生きています。行動した結果がすぐに利益として現れない(遅延して現れる)世界のことです。 一…

SEOで真っ向勝負するか、オリジナルな価値を提供するか
SEOで真っ向勝負するか、オリジナルな価値を提供するか

SEOで真っ向勝負するか、オリジナルな価値を提供するか アフィリエイトにおいて、今、取るべき手法は2つしかないと考えています。(持論ですので反論もあると思います。) SEOで真っ向…

アフィ業者が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む
アフィリエイト法人が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む

セキネット vs. グーグル アフィリエイト業者の株式会社Sekinet(セキネット)が、Googleを相手取って裁判を起こしました。 自社名(株式会社Sekinet)をGoogl…

書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』
書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』

250円で”個人WEBメディア”の構築と運営ノウハウが学べる 本のご紹介です。 『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』 250円 Kindle本…