優れたレビューを書くために必要な、たった1つのこと

優れたレビューを書くために必要な、たった1つのこと

優れたレビューを書くために必要な、たった1つのこと

読む人を感動させる”Amazonレビュー”

以下のAmazonカスタマーレビューをお読み下さい。

SANYO の IC レコーダーは優れものである。

先ず、音が良い。

30年数前に数十万円を投じてサロンの一角を占領しているハイファイ・セットの機能のすべてが小さなボディに凝縮されている。

電波時計が内蔵されているので秒単位の正確さでAM、FM番組のタイマー録音ができる。

内蔵マイクで野外の小鳥の鳴き声のステレオ録音ができる。

2GBのマイクロSDを使うと35時間の音楽のステレオ録音ができる。

70分のCDならば30枚である。

私は、家内が脳内出血の後遺症で半身不随となり、病院でベッド生活をしている。

初夏には近くの山でウグイスの鳴き声を録音してイヤホンで聞かせた。最近は病院の許可を得てスピーカー(クレードル)を枕元に置けるようになったので、専ら音楽を聞かせている。

IC レコーダを2台購入し、1台は自宅においてFMのタイマー録音、CDのコピイ、編集したマイクロSDの作成に使い、もう1台を家内の枕元に置き、家内の注文に応じてマイクロSDを差し替え聴かせている。

操作は彼女は出来ないので、彼女の注文を聞いて私が鳴らす。

注文を聞く、鳴らす、感想を聞く所にお互いの情報交流ができ、彼女の脳の活性化が著しく進んでいる。

先日はスリープ・タイマーを入れ忘れて、NHKラジオの日曜日朝の50分番組「音楽の泉」の8回分を連続で一晩中鳴らした。

幸い、看護婦さんには怒られず、家内は次々と思いがけない曲が聴けて、こんなに楽しいことはなかったとのことだった。

私も今82才、何時ヨイヨイになって介護老人ホームのご厄介になるかも知れない。

そんな時でも聴けるように、バッハのマタイ受難曲を入れたマイクロSDも用意してある。
このような優れものを開発したSANYOの技術陣に深い敬意を捧げる。

引用:Amazon SANYO ICレコーダー ポータブルラジオレコーダー ICR-RS110MF(S) カスタマーレビュー

いかがですか?思わず情景が目の前に浮かびませんか?私は、このレビューを初めて目にしたときに、抑えがたいほどの強い気持ちが沸き起こりました。たかがレビューされどレビューです。これほど心を動かされるレビューには、めったに遭遇しません。

商品を実際に使っている情景、愛用者の”思い”や”ドラマ”がたったこれだけの文章に凝縮されています。それだけでなく、商品の機能にまでさりげなく言及しています。わずか732文字のレビューなのにショートフィルム(短編映画)のような上質感を感じます。

このレビューを書いたのは、当時82歳の北川さんという方です。

先ほどのボイスレコーダーのレビューですが、決して狙って書いたものではないと思います。商品に対する”想い”が、そのまま素直に文章に置き換えられた印象です。優れたレビューの見本です。

商品への”想い”を誰かに伝えたいという”衝動”

アフィリエイターの書く商品レビュー記事は、どうしても「売りたい」という気持ちが全面に出てしまいがちです。私たちは「売りこまれる」ことを非常に嫌います。狙って書こうとしても、逆に「嫌らしさ」が漂ってしまうこともあります。では、どうすれば良いのか?

そのヒントが、最初に紹介したレビューにあります。

それは”想い”です。”想い”とは、商品に対する”愛”であったり、”感動”です。 自分自身が使ってみて感動したその気持ちを、誰かに伝えたいという強い”衝動”です。

その商品を紹介するときに、商品への”愛情”や”想い”、そして誰かに伝えたいという”衝動”はありますか?それらのエモーショナルな気持ちがあれば、あとは、素直に文章に書き起こせば良いだけです。

あなたのレビュー記事に”想い”や”愛”が無いのなら、優れたレビューを書くことは難しいでしょう。伝えたいという衝動がなければ、文章に気持ちは入りきらないからです。

人は誰かの強い”思い”に動かされる

読みやすく伝わりやすい文章を書くには、ある程度訓練というかテクニックが必要です。広告文(商業文)のような文章は、非常に研究されていて、どのような順序で書くとか、説得するための構文なども、ある程度体系化されています。情報商材の販売ページなども、そのようなルールに基づいて構成されていますね。

ただ、それ以上に大切なのは、やはり”想い”ではないでしょうか?人は誰かの強い”思い”に動かされるのだと思います。それは、小手先のテクニックなどを超越するものです。

私たちアフィリエイターは、どうしても小手先のテクニックや裏技に走りがちです。結論から先に書くべきだとか、弁証法を使って書くと効果的だとか、感情を動かすようなネガティブな言葉を使うと良いだとか、どこにアフィリエイトリンクを置いたら良いとか・・・それらのテクニックも無駄だとは思いませんが、テクニック以上に、まず”想い”や”愛”が必要ではないでしょうか?

自分が紹介したい商品・サービスに対する”想い”を、決して忘れることなくアフィリエイトビジネスを進めていきたいですね。そのためにも、冒頭に紹介したカスタマーレビューを時々読み返すことをおすすめします。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックス
アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックスだ

”即時収穫環境”と”遅延収穫環境” 研究者によると、我々人間は「遅延収穫環境」と呼ふ世界に生きています。行動した結果がすぐに利益として現れない(遅延して現れる)世界のことです。 一…

【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?
【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?

infotopランキグで情報商材業界の”いま”が見えてくる 私は1週間に一度くらいのペースで、インフォトップの30日ランキング(1位〜100位)を定点観測しています。ランキングを定…

【9月23日実施】ペンギンアップデート4.0により被リンクスパムは駆逐されるのか?
【9月23日実施】ペンギンアップデート4.0により被リンクスパムは駆逐されるのか?

ペンギンアップデート4.0が9月23日に発動 9月23日にペンギンアップデート4.0を実施したと、Googleが公式に発表しました。ペンギンアップデートとは、Googleが不正と認…

アフィリエイト開始20カ月で500万円達成
アフィリエイト開始20カ月で500万円達成

開始20カ月で500万円を突破 凄い方もいるものですね。アフィリエイトを開始してわずか20カ月で確定で500万円を達成した方がいます。と・みたさん(@sptomy01)です。 運営…

アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる
アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる

アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる 昨日、興味深いご質問を頂きましたので、シェアしたいと思います。読者様からのご質問内容は、”一般記事からアフィリエイトリンクページへいかに…

キーワードの枯渇
稼げるキーワードが枯渇することに対する漠然とした不安

大半のキーワードが先行組アフィリエイターに牛耳られている… わたしたち後発組が、アフィリエイトをスタートするときに、ある事実を知って絶望的な気持ちになることがあります。その事実とは…

アフィリエイトを難しくしているのは誰か?
アフィリエイトを難しくしているのは誰か? 

アフィリエイトは本来シンプルなビジネスだ 私は2012年2月からアフィリエイトを始めました。アフィリエイトを学び実践する中で感じたことは「アフィリエイトは極めてシンプルなビジネスで…

あなたはペラサイトの量産に耐えられるか?
あなたはペラサイトの量産に耐えられるか?

ペラサイトの量産・更新に抵抗がないか? パンダ塾ピラミダルが話題になっていますね。パンダ塾ピラミダルは、携帯・スマホアフィリを教えてくれる塾です(パソコンを使ったアフィリにも応用で…

横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催
【日本アフィリエイト協議会主催】横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催

参加費「無料」の勉強会&交流会 日本アフィリエイト協議会が主催する横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催されます。 横浜アフィリエイト勉強会&交流会、2016年10月…

良質な記事を書けば放っておいても見つけてもらえる時代になってきた
良質な記事を書けば放っておいても見つけてもらえる時代になってきた

上位表示ってそんなに重要ですか? このブログによくいただくご質問がこちらです。 「どうすれば上位表示されますか?」 「サイトを作ったけれど、なかなか上位表示されない・・・」 「上位…

書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』
書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』

250円で”個人WEBメディア”の構築と運営ノウハウが学べる 本のご紹介です。 『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』 250円 Kindle本…

下克上(GEKOKUJO)は本当に成果がでるのか?
ニッチとは”細分化されたニーズ”だ

ニッチジャンルに関するご質問 ニッチなターゲットとニッチなブログテーマに関するご質問を頂きました。 山本様が考えるニッチジャンルとはライバルがいないジャンルを狙うことであり、ニッチ…