70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

「自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。」竹中平蔵

年金崩壊危機が声高に叫ばれて久しいですが、もはや老後を国に頼ることは非現実的なのかもしれません。

BLOGOS「賢人論」インタビューで、竹中平蔵氏が取り上げられていて興味深く読みました。

今の日本の問題は、年を取ったら国が支えてくれると思い込んでいることです。そんなことあり得ないんですよ。90歳、100歳まで生きたいんだったら、自分で貯めておく。それがイヤで、国に面倒をみて欲しいんだったら、スウェーデンみたいに若い時に自分の稼ぎの3分の2を国に渡すことです。例えば年収1,000万円もらっているような、わりと高給取りなサラリーマンだとします。そのうちの600何十万を国に渡せますか?

引用:BLOGOS「賢人論」第13回(前編)竹中平蔵氏

そもそも日本人は、社会保障に対して誤解をもっています。自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。保険は不測の事態に備えるものなんですから。

引用:BLOGOS「賢人論」第13回(前編)竹中平蔵氏

私たちが老後に受取ることのできる年金などたかが知れています。そんな年金に期待をしているだけでは老後崩壊は避けられません。

年を取っても働くことが求められる時代になってくる

年金をもらえたとしても、現役時代と同じような生活水準を維持することは難しいでしょう。老後は細々と暮らしていくしかないのでしょうか。

結局、現役世代に老後の生活を保証できるだけの金融資産を作るか、リタイア後も老体に鞭打って働き続けるか、の2択しか残されていないということです。

  1. 老後の生活を維持できる規模の金融資産を築く
  2. 老後も働き続ける

実は、このどちらもアフィリエイトビジネスが可能にしてくれます。

1.老後の生活を維持できる規模の金融資産を築く

私は現在もサラリーマンを続けながら、アフィリエイトビジネスで得た報酬(サイト売却益も含む)の大半を株式市場に再投資をしています。その結果、短期間で大台に乗るほどの金融資産構築に成功することができました。

アフィリエイト報酬を金融市場に再投資する方法は、全ての副業アフィリエイターにおすすめしたスタイルです。生活費は会社の給料でカバーし、副業で得たアフィリエイト報酬は、リスク性の高い金融商品に投資する。副業で得たお金だからこそハイリスクハイリターンを狙えます。外注などのアフィリエイトビジネスに再投資するよりも、資産を一気に増やせる可能性が高いと考えています。

2.老後も働き続ける

アフィリエイトビジネスの魅力は、年齡や体力がほとんど関係のないという点です。

体力の衰えた老後でも、取り組みやすいビジネスです。もちろん若いうちから取り組んでおいたほうがメリットは大きいでしょう。60歳を過ぎても70歳を過ぎても、文章を書くだけで報酬を得ることができるのです。

65歳を過ぎて再就職することは簡単ではないし、再雇用されても体力を求められる仕事だったりすることが多いですね。高い報酬を求めることも現実的には厳しいでしょう。自分よりも年下の上司に指示をされ、少ない賃金で働いて生活費の足しにする生活は、想像するだけで厳しいものがあります。

だからこそ今のうちからアフィリエイトビジネスのスキルを身につけ、老後も続けられる仕組みを今のうちから構築することに大きな意味があります。

普遍性のあるテーマを選び、長期的(10年〜)に運営できるサイト構築をおこなう。そして定期的に記事を更新していけば10年後には、かなり大きなサイトが完成しているはずです。検索流入も増え、一定数が商品を購入してくれるサイトが完成します。そんなサイトを所有していれば、老後も自宅で仕事ができ、安定した報酬を得ることが可能です。アフィリエイトはそれを可能にしてくれます。

国は支えてくれない

誰もが国に頼らず経済的な自立を目指して、今のうちからできることをやるべきです。

「そうはいっても、年金でなんとかなるんじゃないの?」などと楽観視している人にもういちど竹中平蔵氏の言葉を送ります。

今の日本の問題は、年を取ったら国が支えてくれると思い込んでいること。そんなことはあり得ないんです。

経済学者 竹中平蔵

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

なぜテーマから始めると、アフィリエイトは「上手くいかない」のか?
なぜテーマから始めると、アフィリエイトは「上手くいかない」のか?

アフィリエイトは「テーマ」からスタートすると失敗する 今回はの記事は、前回の記事とも一部内容がかぶりますが、重要なポイントなので別の角度から改めて記事にしたいと思います。 成約する…

良質な記事を書けば放っておいても見つけてもらえる時代になってきた
良質な記事を書けば放っておいても見つけてもらえる時代になってきた

上位表示ってそんなに重要ですか? このブログによくいただくご質問がこちらです。 「どうすれば上位表示されますか?」 「サイトを作ったけれど、なかなか上位表示されない・・・」 「上位…

アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ
アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ

パワーアフィリエイト手法の要素の一つである”独自の切り口”に関するご質問を多くいただきます。また、パワーアフィリエイトの手法をまとめたオリジナル特典において、独自の切り口に関する解…

2018年6月、仮想通貨アフィリエイトが全面禁止へ…!?
【衝撃】2018年6月、仮想通貨アフィリエイトが全面禁止される?!

Googleが仮想通貨とICOの広告を6月から禁止すると発表 盛り上がりをみせる仮想通貨アフィリエイトに水を差すようなニュースが飛び込んできました。 Googleが今年(2018年…

”無料ブログ”を使ったスパムサイトの取り締まりが本格化
”無料ブログを使ったスパムサイト”に対する取り締まりが本格化

スパムサイト情報の相互共有が本格始動 先日の記事にてAdvanced Hosting Meetupを取り上げました。 Advanced Hosting Meetupとは、Googl…

4400本の被リンクをもらうためのたった1つの施策とは?
4400本の被リンクをもらうためのたった1つの施策とは?

アフィリエイト界の”7人の海賊”たち 読者様から教えていただいたのですが、このブログ『アフィリエイト戦略思考』を”アフィリエイト界の七武海”として取り上げていただきました。大変光栄…

「welq(ウェルク)」にアフィリエイターが勝てなかった理由
「welq(ウェルク)」に個人アフィリエイターが勝てなかった理由

「welq(ウェルク)」に個人アフィリエイターが勝てなかった理由は”生産性”の差にある DeNA運営の「welq(ウェルク)」を始めとした大手コンテンツサイトが検索上位表示を独占し…

多作は才能だ
多作は才能だ『作家の収支』(森博嗣)

ビジネスライクな小説家「森博嗣」のマーケティングセンス 『作家の収支』(森博嗣)という興味深い本をさきほどKindleで読み終えました。仕事帰りにiPhoneで購入し、Kindle…

【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?
【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?

infotopランキグで情報商材業界の”いま”が見えてくる 私は1週間に一度くらいのペースで、インフォトップの30日ランキング(1位〜100位)を定点観測しています。ランキングを定…

ウェブマスター向けガイドライン
あなたのSEO施策にやましい点はないか?

ウェブマスター向けガイドラインを読んでいますか? 極めて重要な”Googleのウェブマスター向けガイドライン” コンサルを開始して非常に驚いたことがあります。それは大半のアフィリエ…

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
ターゲットにとって価値のある記事を書けば、被リンクは自然に増えるという事実

被リンクについての考察 私が外的SEOを一切していない、とお答えするとなかなか信じてもらえません。本当は隠れてリンクを送っているんじゃないか?などと勘ぐられてしまいます。 何度も述…

あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?
あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?

ストックとフロー 経済用語でストックとフローという言葉があります。 ストック(資産)とは徐々に蓄積されていったものを指し、フロー(所得)は継続的に流れていくものを指しています。アフ…