70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

「自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。」竹中平蔵

年金崩壊危機が声高に叫ばれて久しいですが、もはや老後を国に頼ることは非現実的なのかもしれません。

BLOGOS「賢人論」インタビューで、竹中平蔵氏が取り上げられていて興味深く読みました。

今の日本の問題は、年を取ったら国が支えてくれると思い込んでいることです。そんなことあり得ないんですよ。90歳、100歳まで生きたいんだったら、自分で貯めておく。それがイヤで、国に面倒をみて欲しいんだったら、スウェーデンみたいに若い時に自分の稼ぎの3分の2を国に渡すことです。例えば年収1,000万円もらっているような、わりと高給取りなサラリーマンだとします。そのうちの600何十万を国に渡せますか?

引用:BLOGOS「賢人論」第13回(前編)竹中平蔵氏

そもそも日本人は、社会保障に対して誤解をもっています。自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。保険は不測の事態に備えるものなんですから。

引用:BLOGOS「賢人論」第13回(前編)竹中平蔵氏

私たちが老後に受取ることのできる年金などたかが知れています。そんな年金に期待をしているだけでは老後崩壊は避けられません。

年を取っても働くことが求められる時代になってくる

年金をもらえたとしても、現役時代と同じような生活水準を維持することは難しいでしょう。老後は細々と暮らしていくしかないのでしょうか。

結局、現役世代に老後の生活を保証できるだけの金融資産を作るか、リタイア後も老体に鞭打って働き続けるか、の2択しか残されていないということです。

  1. 老後の生活を維持できる規模の金融資産を築く
  2. 老後も働き続ける

実は、このどちらもアフィリエイトビジネスが可能にしてくれます。

1.老後の生活を維持できる規模の金融資産を築く

私は現在もサラリーマンを続けながら、アフィリエイトビジネスで得た報酬(サイト売却益も含む)の大半を株式市場に再投資をしています。その結果、短期間で大台に乗るほどの金融資産構築に成功することができました。

アフィリエイト報酬を金融市場に再投資する方法は、全ての副業アフィリエイターにおすすめしたスタイルです。生活費は会社の給料でカバーし、副業で得たアフィリエイト報酬は、リスク性の高い金融商品に投資する。副業で得たお金だからこそハイリスクハイリターンを狙えます。外注などのアフィリエイトビジネスに再投資するよりも、資産を一気に増やせる可能性が高いと考えています。

2.老後も働き続ける

アフィリエイトビジネスの魅力は、年齡や体力がほとんど関係のないという点です。

体力の衰えた老後でも、取り組みやすいビジネスです。もちろん若いうちから取り組んでおいたほうがメリットは大きいでしょう。60歳を過ぎても70歳を過ぎても、文章を書くだけで報酬を得ることができるのです。

65歳を過ぎて再就職することは簡単ではないし、再雇用されても体力を求められる仕事だったりすることが多いですね。高い報酬を求めることも現実的には厳しいでしょう。自分よりも年下の上司に指示をされ、少ない賃金で働いて生活費の足しにする生活は、想像するだけで厳しいものがあります。

だからこそ今のうちからアフィリエイトビジネスのスキルを身につけ、老後も続けられる仕組みを今のうちから構築することに大きな意味があります。

普遍性のあるテーマを選び、長期的(10年〜)に運営できるサイト構築をおこなう。そして定期的に記事を更新していけば10年後には、かなり大きなサイトが完成しているはずです。検索流入も増え、一定数が商品を購入してくれるサイトが完成します。そんなサイトを所有していれば、老後も自宅で仕事ができ、安定した報酬を得ることが可能です。アフィリエイトはそれを可能にしてくれます。

国は支えてくれない

誰もが国に頼らず経済的な自立を目指して、今のうちからできることをやるべきです。

「そうはいっても、年金でなんとかなるんじゃないの?」などと楽観視している人にもういちど竹中平蔵氏の言葉を送ります。

今の日本の問題は、年を取ったら国が支えてくれると思い込んでいること。そんなことはあり得ないんです。

経済学者 竹中平蔵

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル
キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル

キーワードスキルは集客スキルの1つにすぎない キーワードに関するお問い合わせを多数いただいています。 私が実践するパワーアフィリエイト戦略においては、キーワードはそれほど重要ではあ…

ニッチなテーマについて
どうせならニッチなジャンルで専門性の高いサイトを作る

ニッチなジャンルで”尖ったサイト”を作ることの重要性 これまでにいただいたアフィリエイトに関する質問メールから、シェアできるものを数回に分けてピックアップしてお届けします。今回は、…

もしもオリエンタルラジオのあっちゃんがアフィリエイターだったら…
もしもオリエンタルラジオのあっちゃんがアフィリエイターだったら…

オリラジのあっちゃんがアフィリエイターだったら… しくじり先生の『中田歴史塾』が最高に面白い! テレビ朝日で放送されているバラエティ特番『しくじり先生 』、面白いですよね。 この中…

忍者サイト凍結措置が予見する、アフィリエイトの未来
忍者サイト凍結措置が予見するアフィリエイトの”未来”

忍者がアフィリエイトサイトを凍結 先日、読者様から悲痛な連絡がありました。その方は、忍者ホームページを始め様々な無料ホームページサービスを利用して、大量のアフィリエイトサイトを運営…

アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる
アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる

アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる 昨日、興味深いご質問を頂きましたので、シェアしたいと思います。読者様からのご質問内容は、”一般記事からアフィリエイトリンクページへいかに…

ブックマークされるサイトを目指す
あなたのサイトはブックマークされている?

ユーザーにとって価値のあるサイトとは? 私のアフィリエイト手法は、量産ではなく1つ1つのサイト(ブログ)を、時間をかけて育てていく方法です。いわゆるパワーサイトを作っていく手法です…

ウィキペディアサイトを作ってはいけない
ウィキペディアサイトを作ってはいけない

残念なサイトを量産していませんか? アフィリを始めてから、様々なアフィリエイトサイトをチェックするようになりました。しかしながら、そのほとんどが、非常に残念なサイトであるという事実…

良質のコンテンツこそ最良のSEOだ
良質のコンテンツこそ最良のSEOだ

良質のコンテンツこそ最良のSEOだ ゴミサイトの排除は佳境に入りつつある 昨日(2012年10月24日)の記事にも書きましたが、いよいよGoogleがゴミサイトを追い詰めにかかって…

類似コンテンツ
他と被らないコンテンツの作り方

他と被らないコンテンツの作り方 類似コンテンツが氾濫する世界 大半のアフィリエイトサイトのコンテンツ(中身)は、どれも似通っていることが多いですね。情報商材アフィリエイトにしても、…

全てのリンクには”必然性”がある
Googleのさじ加減一つでゴミブログは消える

忍者サイト自動生成機能が終了 残念なお知らせです。以前ご紹介したARMS(アームズ)ですが、2012年9月27日をもって忍者サイト自動生成機能が使えなくなりました。ARMS(アーム…

当ブログからの記事盗用に関して
当ブログからの記事盗用行為に関して

このブログ「アフィリエイト戦略思考」(https://affiliate-review-blog.com)から無断で記事を引用・盗用しているサイトが多く見受けられます。今後、悪質な…

サイト作成に経験や体験は必要か?
サイト作成に経験や体験は必要か?

サイト作成に経験・体験は必要か? パワーアフィリエイトに関するご質問をいただきましたので、私の回答とともに記事にしたいと思います。前回記事にした”アフィリエイトにおける「視点」とは…