【ネタ集め】ブログ記事を速く書き上げるコツは事前の準備にある

【ネタ集め】ブログ記事を速く書き上げるコツは事前の準備にある

【ネタ集め】ブログ記事を速く書き上げるコツは事前の準備にある

ブログ記事を30分で書き上げる方法

先日”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探すという記事を書いたですが、その中の記事執筆方法に関してご質問をいただきました。こちらがそのご質問内容です。

いつもブログを読ませていただいています。今回は、先日の記事で1つ気になるポイントがあったのでご質問させていただきました。

『記事の執筆方法について』

私が気になったのは山本一郎さまの投稿した(2016/09/28)【“アフィリエイト作業”と“報酬”のバランスにおける「最適解」を探す】の記事中に登場したの記事の執筆方法にあります。

私は現在1記事(5000文字弱)を執筆するのに1時間以上もの時間をかけています。これはタイピングの速度のなどの問題では無く、山本一郎さまの提示していた「ネタの下書き」を集めていないからに他なりません。その都度、気になるポイントを探しながら記事を執筆しています。

山本一郎さまの「平均30分程度で記事を執筆している」という一言を読み、私自身の行っている作業方法では時間的な効率が悪い事が分かりました。

そこで山本一郎さまの記事のネタ集めの方法、執筆方法について再度、もう少し深掘りしてご教授いただけないでしょうか?

私は1記事を平均30分前後で書き上げていますが、いきなりゼロの状態から30分で完成させているわけではありません。しっかりと事前準備をしています。私がおこなっている事前準備とは、ネタ集めと下書きです。

今回は私が実践しているネタ集めの方法を紹介したいと思います。下書き作業については、次回の記事にて紹介する予定です。

私が実践しているネタ集め

記事のネタ元は、ネット7割、その他3割です。ネットでのネタ集めはシンプルで、使っているツールは以下の3つです。

  1. feedly
  2. Googleアラート
  3. Pocket

■feedly

feedly(RSSリーダー)は、ブログの更新情報を自動取得してくれるツールです。無料版と有料版がありますが、私は登録しているブログ数が多いので有料版の「Feedly Pro」を使っています。私が契約したときは年間65ドルでした。無料版でも機能は十分なので、気になる方はまず無料版で使ってみることをオススメします。

Feedly Proには300前後のブログを登録していて、ジャンル毎にカテゴリ分けをしています。いきなり300ものブログを登録したわけではなく、徐々に増えていった結果です。更新が止まったブログは定期的にまとめて削除しています。

登録するブログは、以下のものが中心となります。

  • ニュース系ブログ
  • レビューブログ(ライバルサイト)
  • 関連ブログ

ニュース系ブログは、その分野における「一次情報に限りなく近い最新情報」を発信しているブログのことです。レビューブログは、私と同じ系列のアフィリエイトブログが中心です。それらのブログでは新着の商品情報などをチェックしています。関連ブログは、その市場と関連性の高い情報を発信しているブログです。アフィリエイトであれば「マーケティング関係」であったり「心理学関係」であったり「起業関係」などの情報発信ブログを中心に登録しています。

こうしたブログの最新記事(更新記事)を集めてくれるのがFeedlyです。1日の決まった時間に、記事タイトルの一覧を流し読みし、気になる記事をピックアップして読んでいます。ネタになりそうなものはPocketに入れておきます。

Feedlyはスマホアプリもあるので、出先でもチェックできるので便利です。

■Googleアラート

Googleアラートは、気になるキーワードを登録することで、そのキーワードを含むWEBサイトをメールで届けてくれるサービスです。例えば「アフィリエイト」というキーワードを登録すれば、記事タイトルや記事本文内に「アフィリエイト」を含むWEBサイトをまとめてメールしてくれます。

Googleアラート

Googleアラート

Googleアラート

Googleアラート

メールを送る頻度(その都度、1日1回以下、週1回以下)や、ソース(ニュース、ブログ、WEB)の選択も可能です。feedly同様に、メールをチェックし気になる記事タイトルをクリックして記事を読みます。ネタになりそうな記事はPocketに保存します。

■Pocket

feedlyやGoogleアラートでピックアップしたネタ記事は、全てPocketに放り込んでおきます。このPocketがネタの貯蔵庫の役割をしているのです。Pocketに入れた記事はタグ付けすることも可能なので、必要に応じてタグを付けておくと、あとで検索する際に便利です。

ネタ集めは毎日の習慣にする

ここまでが、私が実践しているネタ集めの方法です。特段変わったことはしていません。

ネタ集めは習慣化しておくことが大切です。毎日やらないとfeedlyもGoogleアラートもあっという間に未読が増えてしまうのです。開いている時間があれば常に新着情報をチェックするように心がけています。

実際のところ、本当にネタになる情報は30件に1件もありません。ザッピングする意識で時間をかけずに、記事タイトルを一気に流し読みをするのがコツです。

次回は、集めたネタを元に下書きをする方法を紹介する予定です。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される
【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される

渋谷で開催される年1回のビッグイベント 毎年恒例のビッグイベントが渋谷で開催されます。その名も「本気でアフィリエイトを学ぶ会2016 -Japan Affiliate Summit…

良質な記事を書けば放っておいても見つけてもらえる時代になってきた
良質な記事を書けば放っておいても見つけてもらえる時代になってきた

上位表示ってそんなに重要ですか? このブログによくいただくご質問がこちらです。 「どうすれば上位表示されますか?」 「サイトを作ったけれど、なかなか上位表示されない・・・」 「上位…

【丸山塾】なぜアフィリエイト塾に入る決意をしたのか?
アフィリエイトで得た報酬を株式投資へ再投資する仕組みが軌道に乗ってきた

アフィリエイトビジネスで得た報酬を株式投資へ再投資する仕組みが軌道に乗ってきた 会社員のかたわら、副業としてアフィリエイトビジネスに取り組んできました。その結果、約3年で6000万…

私がサラリーマンを辞めない理由
私がサラリーマンを辞めて専業アフィリエイターを目指さない本当の理由

副業アフィリエイター”山本一郎” 大学を中退してブロガーとして食べていくというエントリー(記事)がネットを賑わせていますね。 私は特に反論も賛同もしません。他人がどのような人生を選…

キーワードの枯渇
稼げるキーワードが枯渇することに対する漠然とした不安

大半のキーワードが先行組アフィリエイターに牛耳られている… わたしたち後発組が、アフィリエイトをスタートするときに、ある事実を知って絶望的な気持ちになることがあります。その事実とは…

ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法
ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法

ニッチジャンルと独自の切り口(オリジナルな価値)との関係 今回もパワーアフィリエイトに関するご質問をいただきましたのでシェアします。ご質問内容はニッチジャンルと独自の切り口(オリジ…

【自作自演は不要】3年で700本もの自然リンクを貰えた理由とは?
【自作自演は不要】3年で700本もの自然リンクを貰えた理由とは?

 ferret「アフィリエイトやるなら定期購読必須ブログ21選」に選ばれた WEBマーケティング系「ferret」にて、当ブログが「アフィリエイトやるなら定期購読必須ブログ21選」…

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定

Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定 これまで検索結果の右側に表示されていた広告枠を、すべて撤去するとGoogleが発表しました。ソースはThe SEM Post…

私がキーワード選定にこだわらない理由
私がキーワード選定にこだわらない理由

キーワード戦略に関するご質問 過去記事で「キーワードを意識しない」と書いたことに対して、次のご質問をいただきました。 いつも楽しくブログを拝見しています。 現在山本様はキーワードに…

与沢翼氏が経営する会社の売上高は?
与沢翼氏が経営する会社の売上高は?

与沢翼氏が経営する会社の売上高は? 先日読んだ本に、非常に興味深い内容が掲載されていました。10月26日に出版されたばかりの新刊で、タイトルは『ソーシャルもうええねん』です。 この…

アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックス
アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックスだ

”即時収穫環境”と”遅延収穫環境” 研究者によると、我々人間は「遅延収穫環境」と呼ふ世界に生きています。行動した結果がすぐに利益として現れない(遅延して現れる)世界のことです。 一…

DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた
DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた

DeNAのウェルク閉鎖が健食EC業界を揺さぶる 健食EC事業者にとってキュレーションメディアは、販路拡大に欠かせないパワフルな広告媒体だったようですね。 そんな中、DeNAのウェル…