【ネタ集め】ブログ記事を速く書き上げるコツは事前の準備にある

【ネタ集め】ブログ記事を速く書き上げるコツは事前の準備にある

【ネタ集め】ブログ記事を速く書き上げるコツは事前の準備にある

ブログ記事を30分で書き上げる方法

先日”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探すという記事を書いたですが、その中の記事執筆方法に関してご質問をいただきました。こちらがそのご質問内容です。

いつもブログを読ませていただいています。今回は、先日の記事で1つ気になるポイントがあったのでご質問させていただきました。

『記事の執筆方法について』

私が気になったのは山本一郎さまの投稿した(2016/09/28)【“アフィリエイト作業”と“報酬”のバランスにおける「最適解」を探す】の記事中に登場したの記事の執筆方法にあります。

私は現在1記事(5000文字弱)を執筆するのに1時間以上もの時間をかけています。これはタイピングの速度のなどの問題では無く、山本一郎さまの提示していた「ネタの下書き」を集めていないからに他なりません。その都度、気になるポイントを探しながら記事を執筆しています。

山本一郎さまの「平均30分程度で記事を執筆している」という一言を読み、私自身の行っている作業方法では時間的な効率が悪い事が分かりました。

そこで山本一郎さまの記事のネタ集めの方法、執筆方法について再度、もう少し深掘りしてご教授いただけないでしょうか?

私は1記事を平均30分前後で書き上げていますが、いきなりゼロの状態から30分で完成させているわけではありません。しっかりと事前準備をしています。私がおこなっている事前準備とは、ネタ集めと下書きです。

今回は私が実践しているネタ集めの方法を紹介したいと思います。下書き作業については、次回の記事にて紹介する予定です。

私が実践しているネタ集め

記事のネタ元は、ネット7割、その他3割です。ネットでのネタ集めはシンプルで、使っているツールは以下の3つです。

  1. feedly
  2. Googleアラート
  3. Pocket

■feedly

feedly(RSSリーダー)は、ブログの更新情報を自動取得してくれるツールです。無料版と有料版がありますが、私は登録しているブログ数が多いので有料版の「Feedly Pro」を使っています。私が契約したときは年間65ドルでした。無料版でも機能は十分なので、気になる方はまず無料版で使ってみることをオススメします。

Feedly Proには300前後のブログを登録していて、ジャンル毎にカテゴリ分けをしています。いきなり300ものブログを登録したわけではなく、徐々に増えていった結果です。更新が止まったブログは定期的にまとめて削除しています。

登録するブログは、以下のものが中心となります。

  • ニュース系ブログ
  • レビューブログ(ライバルサイト)
  • 関連ブログ

ニュース系ブログは、その分野における「一次情報に限りなく近い最新情報」を発信しているブログのことです。レビューブログは、私と同じ系列のアフィリエイトブログが中心です。それらのブログでは新着の商品情報などをチェックしています。関連ブログは、その市場と関連性の高い情報を発信しているブログです。アフィリエイトであれば「マーケティング関係」であったり「心理学関係」であったり「起業関係」などの情報発信ブログを中心に登録しています。

こうしたブログの最新記事(更新記事)を集めてくれるのがFeedlyです。1日の決まった時間に、記事タイトルの一覧を流し読みし、気になる記事をピックアップして読んでいます。ネタになりそうなものはPocketに入れておきます。

Feedlyはスマホアプリもあるので、出先でもチェックできるので便利です。

■Googleアラート

Googleアラートは、気になるキーワードを登録することで、そのキーワードを含むWEBサイトをメールで届けてくれるサービスです。例えば「アフィリエイト」というキーワードを登録すれば、記事タイトルや記事本文内に「アフィリエイト」を含むWEBサイトをまとめてメールしてくれます。

Googleアラート

Googleアラート

Googleアラート

Googleアラート

メールを送る頻度(その都度、1日1回以下、週1回以下)や、ソース(ニュース、ブログ、WEB)の選択も可能です。feedly同様に、メールをチェックし気になる記事タイトルをクリックして記事を読みます。ネタになりそうな記事はPocketに保存します。

■Pocket

feedlyやGoogleアラートでピックアップしたネタ記事は、全てPocketに放り込んでおきます。このPocketがネタの貯蔵庫の役割をしているのです。Pocketに入れた記事はタグ付けすることも可能なので、必要に応じてタグを付けておくと、あとで検索する際に便利です。

ネタ集めは毎日の習慣にする

ここまでが、私が実践しているネタ集めの方法です。特段変わったことはしていません。

ネタ集めは習慣化しておくことが大切です。毎日やらないとfeedlyもGoogleアラートもあっという間に未読が増えてしまうのです。開いている時間があれば常に新着情報をチェックするように心がけています。

実際のところ、本当にネタになる情報は30件に1件もありません。ザッピングする意識で時間をかけずに、記事タイトルを一気に流し読みをするのがコツです。

次回は、集めたネタを元に下書きをする方法を紹介する予定です。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探す
”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探す

ブログの毎日更新を開始した理由 このブログでは、2016年9月12日から毎日記事を更新しています。それまでは月に1〜2本程度しか記事を書いていませんでした。 唐突に毎日更新を開始し…

アフィリエイトを難しくしているのは誰か?
アフィリエイトを難しくしているのは誰か? 

アフィリエイトは本来シンプルなビジネスだ 私は2012年2月からアフィリエイトを始めました。アフィリエイトを学び実践する中で感じたことは「アフィリエイトは極めてシンプルなビジネスで…

【自作自演は不要】3年で700本もの自然リンクを貰えた理由とは?
【自作自演は不要】3年で700本もの自然リンクを貰えた理由とは?

 ferret「アフィリエイトやるなら定期購読必須ブログ21選」に選ばれた WEBマーケティング系「ferret」にて、当ブログが「アフィリエイトやるなら定期購読必須ブログ21選」…

「welq(ウェルク)」にアフィリエイターが勝てなかった理由
「welq(ウェルク)」に個人アフィリエイターが勝てなかった理由

「welq(ウェルク)」に個人アフィリエイターが勝てなかった理由は”生産性”の差にある DeNA運営の「welq(ウェルク)」を始めとした大手コンテンツサイトが検索上位表示を独占し…

価値を提供できているか?
”儲ける・稼ぐ”という言葉に違和感を感じます

2ヶ月ぶりくらいの記事投稿になります。本業が忙しく、このブログの記事を書くほどの気持ちの余裕がありませんでした。ようやく本業が落ち着いてきましたので、徐々に記事を書くペースを上げて…

キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル
キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル

キーワードスキルは集客スキルの1つにすぎない キーワードに関するお問い合わせを多数いただいています。 私が実践するパワーアフィリエイト戦略においては、キーワードはそれほど重要ではあ…

「脳が老化する」はデマだった
「脳が老化する」はデマだった!高齢者でもアフィリエイトは始められる

高齢者にアフィリエイトはムリ? 昨日の記事で、老後も働かざるをえない社会が到来するのでは?という話題を取り上げました。その中で、アフィリエイトビジネスこそが、年令に関係なく働き続け…

レビューとは「自分をレビューする」ことだ
レビューとは「自分をレビューする」ことだ

書評「人気ブログの作り方」 今回も『人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術』 [Kindle版]のレビューをします。たった280円で学べる”ブログ収益化戦…

アフィリエイトで「週4時間」だけ働く

週4時間だけ働く 『「週4時間」だけ働く。』という書籍をご紹介します。 刺激的なタイトルですが、出版されたのは約10年前です。2007年9月が初版であり、そのときのタイトルは『なぜ…

「買いたい!」のスイッチを押す方法
「買いたい!」のスイッチを押す方法

消費者の心と行動を読み解く 昨日、たまたまネットで見かけた書籍をAmazoneのKindleで購入しました。内容がアフィリエイターにとってもかなり役立つものだったので紹介します。「…

あなたはペラサイトの量産に耐えられるか?
あなたはペラサイトの量産に耐えられるか?

ペラサイトの量産・更新に抵抗がないか? パンダ塾ピラミダルが話題になっていますね。パンダ塾ピラミダルは、携帯・スマホアフィリを教えてくれる塾です(パソコンを使ったアフィリにも応用で…

私がサラリーマンを辞めない理由
私がサラリーマンを辞めて専業アフィリエイターを目指さない本当の理由

副業アフィリエイター”山本一郎” 大学を中退してブロガーとして食べていくというエントリー(記事)がネットを賑わせていますね。 私は特に反論も賛同もしません。他人がどのような人生を選…