【ネタ集め】ブログ記事を速く書き上げるコツは事前の準備にある

【ネタ集め】ブログ記事を速く書き上げるコツは事前の準備にある

【ネタ集め】ブログ記事を速く書き上げるコツは事前の準備にある

ブログ記事を30分で書き上げる方法

先日”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探すという記事を書いたですが、その中の記事執筆方法に関してご質問をいただきました。こちらがそのご質問内容です。

いつもブログを読ませていただいています。今回は、先日の記事で1つ気になるポイントがあったのでご質問させていただきました。

『記事の執筆方法について』

私が気になったのは山本一郎さまの投稿した(2016/09/28)【“アフィリエイト作業”と“報酬”のバランスにおける「最適解」を探す】の記事中に登場したの記事の執筆方法にあります。

私は現在1記事(5000文字弱)を執筆するのに1時間以上もの時間をかけています。これはタイピングの速度のなどの問題では無く、山本一郎さまの提示していた「ネタの下書き」を集めていないからに他なりません。その都度、気になるポイントを探しながら記事を執筆しています。

山本一郎さまの「平均30分程度で記事を執筆している」という一言を読み、私自身の行っている作業方法では時間的な効率が悪い事が分かりました。

そこで山本一郎さまの記事のネタ集めの方法、執筆方法について再度、もう少し深掘りしてご教授いただけないでしょうか?

私は1記事を平均30分前後で書き上げていますが、いきなりゼロの状態から30分で完成させているわけではありません。しっかりと事前準備をしています。私がおこなっている事前準備とは、ネタ集めと下書きです。

今回は私が実践しているネタ集めの方法を紹介したいと思います。下書き作業については、次回の記事にて紹介する予定です。

私が実践しているネタ集め

記事のネタ元は、ネット7割、その他3割です。ネットでのネタ集めはシンプルで、使っているツールは以下の3つです。

  1. feedly
  2. Googleアラート
  3. Pocket

■feedly

feedly(RSSリーダー)は、ブログの更新情報を自動取得してくれるツールです。無料版と有料版がありますが、私は登録しているブログ数が多いので有料版の「Feedly Pro」を使っています。私が契約したときは年間65ドルでした。無料版でも機能は十分なので、気になる方はまず無料版で使ってみることをオススメします。

Feedly Proには300前後のブログを登録していて、ジャンル毎にカテゴリ分けをしています。いきなり300ものブログを登録したわけではなく、徐々に増えていった結果です。更新が止まったブログは定期的にまとめて削除しています。

登録するブログは、以下のものが中心となります。

  • ニュース系ブログ
  • レビューブログ(ライバルサイト)
  • 関連ブログ

ニュース系ブログは、その分野における「一次情報に限りなく近い最新情報」を発信しているブログのことです。レビューブログは、私と同じ系列のアフィリエイトブログが中心です。それらのブログでは新着の商品情報などをチェックしています。関連ブログは、その市場と関連性の高い情報を発信しているブログです。アフィリエイトであれば「マーケティング関係」であったり「心理学関係」であったり「起業関係」などの情報発信ブログを中心に登録しています。

こうしたブログの最新記事(更新記事)を集めてくれるのがFeedlyです。1日の決まった時間に、記事タイトルの一覧を流し読みし、気になる記事をピックアップして読んでいます。ネタになりそうなものはPocketに入れておきます。

Feedlyはスマホアプリもあるので、出先でもチェックできるので便利です。

■Googleアラート

Googleアラートは、気になるキーワードを登録することで、そのキーワードを含むWEBサイトをメールで届けてくれるサービスです。例えば「アフィリエイト」というキーワードを登録すれば、記事タイトルや記事本文内に「アフィリエイト」を含むWEBサイトをまとめてメールしてくれます。

Googleアラート

Googleアラート

Googleアラート

Googleアラート

メールを送る頻度(その都度、1日1回以下、週1回以下)や、ソース(ニュース、ブログ、WEB)の選択も可能です。feedly同様に、メールをチェックし気になる記事タイトルをクリックして記事を読みます。ネタになりそうな記事はPocketに保存します。

■Pocket

feedlyやGoogleアラートでピックアップしたネタ記事は、全てPocketに放り込んでおきます。このPocketがネタの貯蔵庫の役割をしているのです。Pocketに入れた記事はタグ付けすることも可能なので、必要に応じてタグを付けておくと、あとで検索する際に便利です。

ネタ集めは毎日の習慣にする

ここまでが、私が実践しているネタ集めの方法です。特段変わったことはしていません。

ネタ集めは習慣化しておくことが大切です。毎日やらないとfeedlyもGoogleアラートもあっという間に未読が増えてしまうのです。開いている時間があれば常に新着情報をチェックするように心がけています。

実際のところ、本当にネタになる情報は30件に1件もありません。ザッピングする意識で時間をかけずに、記事タイトルを一気に流し読みをするのがコツです。

次回は、集めたネタを元に下書きをする方法を紹介する予定です。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

アフィリエイトで「週4時間」だけ働く

週4時間だけ働く 『「週4時間」だけ働く。』という書籍をご紹介します。 刺激的なタイトルですが、出版されたのは約10年前です。2007年9月が初版であり、そのときのタイトルは『なぜ…

アフィリエイトLab(アフィLab)【検証とレビュー】
検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

「検索意図が明確かつ上位表示を狙えるキーワード」で記事を書くことの重要性 前回の記事の続きです。 アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる 前回は、アドセンス…

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定

Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定 これまで検索結果の右側に表示されていた広告枠を、すべて撤去するとGoogleが発表しました。ソースはThe SEM Post…

当ブログからの記事盗用に関して
当ブログからの記事盗用行為に関して

このブログ「アフィリエイト戦略思考」(https://affiliate-review-blog.com)から無断で記事を引用・盗用しているサイトが多く見受けられます。今後、悪質な…

横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催
【日本アフィリエイト協議会主催】横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催

参加費「無料」の勉強会&交流会 日本アフィリエイト協議会が主催する横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催されます。 横浜アフィリエイト勉強会&交流会、2016年10月…

アフィリエイトを「自分年金」にする方法
老後に必要な資金を貯めるよりも「そこそこ稼げる仕組みの構築」を最優先すべき

アフィリエイトを「自分年金」にする方法 自分年金とは、金融商品を活用してリタイア後の生活費を自分自身で準備することです。公的年金や預貯金で足りない部分を補完するために、オリジナルの…

良質な記事を書けば放っておいても見つけてもらえる時代になってきた
良質な記事を書けば放っておいても見つけてもらえる時代になってきた

上位表示ってそんなに重要ですか? このブログによくいただくご質問がこちらです。 「どうすれば上位表示されますか?」 「サイトを作ったけれど、なかなか上位表示されない・・・」 「上位…

たった1時間で意図が明確なキーワードを100個、探しだす方法
たった1時間で意図が明確なキーワードを100個、探しだす方法

意図が明確なキーワードを探す方法 前回の記事の続きになります。 意図が明確なキーワードで記事を書くことの重要性 本記事では、具体的に「意図が明確なキーワード」を探す方法を詳しく解説…

”無料ブログ”を使ったスパムサイトの取り締まりが本格化
”無料ブログを使ったスパムサイト”に対する取り締まりが本格化

スパムサイト情報の相互共有が本格始動 先日の記事にてAdvanced Hosting Meetupを取り上げました。 Advanced Hosting Meetupとは、Googl…

朝一番でベッドを整えるとアフィリエイト作業がはかどる
朝一番でベッドを整えるとアフィリエイト作業が捗る

自宅作業の生産性を向上させる秘訣 私は専業アフィリエイターではありませんが、基本的には早朝の60分〜90分をアフィリエイト作業に充てています。その際に必ずやっていることがいくつかあ…

あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?
あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?

ストックとフロー 経済用語でストックとフローという言葉があります。 ストック(資産)とは徐々に蓄積されていったものを指し、フロー(所得)は継続的に流れていくものを指しています。アフ…

アフィ業者が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む
アフィリエイト法人が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む

セキネット vs. グーグル アフィリエイト業者の株式会社Sekinet(セキネット)が、Googleを相手取って裁判を起こしました。 自社名(株式会社Sekinet)をGoogl…