”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア

”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア

”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア

超高齢化社会では1億4000万〜1億5000万円のお金が必要!?

週刊現代WEB版にて興味深い記事を読みました。

超高齢化社会の到来によって仮に100歳まで生きるとしたら1億4000万〜1億5000万円というお金が必要だというのです。計算根拠は次のとおりです。

「総務省の家計調査報告を基に計算してみましょう。

60~69歳の生活費は夫婦二人で年間約330万円(10年で3300万円)。70~74歳は年間約300万円(5年で1500万円)。そして、75歳以降は平均272万円かかるので、100歳まで26年間生きた場合、7072万円(総計で1億1872万円)になります。

こうした日常の生活費以外にも自宅のリフォーム代、医療・介護費、趣味や旅行に使うお金もあるので、2000万~3000万円くらいはかかると考えておいたほうがいい」

合計すると、100歳まで安心して生きるためには約1億4000万~1億5000万円という途方もない額のカネが必要になるわけだ。

その一方で年金収入は100歳まで生きれば、月額22万円☓12ヶ月☓36年=約9500万円。

総支出額ー年金総収入額=約5000万円。

つまり100歳まで生きれば5000万円が不足するというのです。

今年(2017年)から始まった確定拠出年金制度(iDeCo)の加入対象拡大により、老後資金の大半を個人で確保しなければならない社会へ加速度的に変化しているのも事実です。年金も減り医療費や介護費が増大する社会の到来はすぐそこまできています。

平均寿命が伸びつつある日本において、人生100年時代というのはあながち非現実なことではないのかもしれませんが、それにしてもこの乱暴な計算式に、なにか別の意図を感じざるを得ません。

あなたが何歳まで生きるか誰も知らない

結局のところ人は自分の寿命を知ることはできません。何歳まで生きるのか予測することは不可能です。マスメディアで再三取り上げられる老後不安ネタは、その点においてまったく意味をなさないと考えています。

70歳で死ぬ人と80歳で死ぬ人とでは、死ぬまでに必要な資金は大きく異なります。老後に必要な資金を平均寿命で算出しても、その年まで生きられる人もいればその前に亡くなる人もいるし、逆に90歳まで生き続ける人もいるのです。

ましてや100歳まで生きる前提で老後必要資金を計算することに、どんな意味があるのでしょうか?ただ単にあらぬ不安を煽り立てているようにしか感じません。

死ぬまで働き続ける時代がそこまで来ている

老後に必要な資金を貯めるよりも「そこそこ稼げる仕組みの構築」を最優先すべきの記事でも書きましたが、私の考える老後不安を解消するための最良の対策は2つです。

  • そこそこ健康なカラダを維持する
  • そこそこ収入が入り続ける仕組みを構築する

そこそこ健康で、そこそこ稼ぎ続ける仕組みを手に入れて、それを維持し続けることです。60歳でも70歳でも80歳でも収入が入り続ける仕組みを構築しておけば、老後不安に怯える必要はありません。

多少ガタがきても、そこそこ健康であれば、大病による手術・入院費用なども抑えることができます。そのためには今のうちから予防医療に意識を向けカラダのメンテナンスを怠らないことです。

貯金と年金のみに頼ろうとするから不安になるのです。定年後に、自分が死ぬまで月20万円〜30万円程度の収入を維持することができれば、貯金・年金と合わせて十分豊かな生活をおくることができます。そのための仕組みを現役時代に構築しておくことが重要です。

竹中平蔵氏がいみじくも述べているように70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ているのです。

アフィリエイトビジネスを長い目で捉えることの意味

70歳でも80歳でも働き続けなければならない社会と聞くと、ゾットするかもしれません。でもそれは今の仕事の延長で考えているからです。

でも自分の好きな仕事や興味のある仕事を、自分のペースで続けるならばどうでしょうか?趣味の延長線上での仕事というイメージです。誰にも指示されることも拘束されることもなく、ゆったりとした老後の時間の中で、のんびりと仕事ができたら最高だと思いませんか?

アフィリエイトビジネス(ブログビジネス)は、老後の仕事として非常に適していると思います。自分の興味のあるテーマに沿って情報を発信し続け、その延長線上でマネタイズをします。特定のテーマに特化した専門ブログを長期的に運営することができれば、マネタイズは難しくありません。

つまりブログ(アフィリエイトブログ)を、自分年金にするというアイデアです。そのために今のうちからブログ運営を開始します。今すぐマネタイズできなくても、数年後さらには10年後15年後のマネタイズを意識して今から記事を書き始めます。

コツコツと執筆した記事が資産化し、いずれそこから収益が発生するようになります。定年後も記事を書き続けるだけならばできそうだと思いませんか?自分のブログから毎月数十万円の収益が発生すれば、老後不安などありません。

マネタイズは、不動産投資などよりも遥かにリスクが低く、簡単です。運営中のリスクもほぼゼロです。

老後不安を解消する一つの方法として、ブログビジネス(アフィリエイトビジネス)はアリだと思いませんか?

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

朝一番でベッドを整えるとアフィリエイト作業がはかどる
朝一番でベッドを整えるとアフィリエイト作業が捗る

自宅作業の生産性を向上させる秘訣 私は専業アフィリエイターではありませんが、基本的には早朝の60分〜90分をアフィリエイト作業に充てています。その際に必ずやっていることがいくつかあ…

ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法
ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法

ニッチジャンルと独自の切り口(オリジナルな価値)との関係 今回もパワーアフィリエイトに関するご質問をいただきましたのでシェアします。ご質問内容はニッチジャンルと独自の切り口(オリジ…

【売上4億円!】悪質情報商材に対し消費者庁が注意を呼びかける事案が発生
【売上4億円!】悪質情報商材に対し消費者庁が注意を呼びかける事案が発生【コピー&ペースト in Youtube】

【消費者庁】YouTubeアフィリエイト商材販売業者を名指しで注意喚起 わずか1年で4億円を売り上げたとされる「悪質」情報商材販売業者に対し、消費者庁が名指しで注意喚起しています。…

価値を提供できているか?
”儲ける・稼ぐ”という言葉に違和感を感じます

2ヶ月ぶりくらいの記事投稿になります。本業が忙しく、このブログの記事を書くほどの気持ちの余裕がありませんでした。ようやく本業が落ち着いてきましたので、徐々に記事を書くペースを上げて…

アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる
アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる

アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる 昨日、興味深いご質問を頂きましたので、シェアしたいと思います。読者様からのご質問内容は、”一般記事からアフィリエイトリンクページへいかに…

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定

Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定 これまで検索結果の右側に表示されていた広告枠を、すべて撤去するとGoogleが発表しました。ソースはThe SEM Post…

”無料ブログ”を使ったスパムサイトの取り締まりが本格化
”無料ブログを使ったスパムサイト”に対する取り締まりが本格化

スパムサイト情報の相互共有が本格始動 先日の記事にてAdvanced Hosting Meetupを取り上げました。 Advanced Hosting Meetupとは、Googl…

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ
腐るコンテンツと腐らないコンテンツ

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ パワーサイトは、サイトを資産化する手法です。つまり、長期にわたって継続的に収益を生み出してくれるサイトを運営することです。そのために最も大切なこ…

DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた
DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた

DeNAのウェルク閉鎖が健食EC業界を揺さぶる 健食EC事業者にとってキュレーションメディアは、販路拡大に欠かせないパワフルな広告媒体だったようですね。 そんな中、DeNAのウェル…

Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた
Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

Googleが本気を出します 昨日(2012年10月23日)の、Googleウェブマスター向け公式ブログをご覧になりましたでしょうか?全アフィリエイター必見の記事です。 まだ見てい…

アフィリエイト実績
アルファブロガーに学ぶアフィリエイト成功法則

アルファブロガーに学ぶアフィリエイト成功法則 アフィリエイターではなくブロガー? 昨日の記事に対して「アフィリエイターというよりは、ブロガーっぽいですね。」という感想をいただきまし…

ウェブマスター向けガイドライン
あなたのSEO施策にやましい点はないか?

ウェブマスター向けガイドラインを読んでいますか? 極めて重要な”Googleのウェブマスター向けガイドライン” コンサルを開始して非常に驚いたことがあります。それは大半のアフィリエ…