”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア

”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア

”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア

超高齢化社会では1億4000万〜1億5000万円のお金が必要!?

週刊現代WEB版にて興味深い記事を読みました。

超高齢化社会の到来によって仮に100歳まで生きるとしたら1億4000万〜1億5000万円というお金が必要だというのです。計算根拠は次のとおりです。

「総務省の家計調査報告を基に計算してみましょう。

60~69歳の生活費は夫婦二人で年間約330万円(10年で3300万円)。70~74歳は年間約300万円(5年で1500万円)。そして、75歳以降は平均272万円かかるので、100歳まで26年間生きた場合、7072万円(総計で1億1872万円)になります。

こうした日常の生活費以外にも自宅のリフォーム代、医療・介護費、趣味や旅行に使うお金もあるので、2000万~3000万円くらいはかかると考えておいたほうがいい」

合計すると、100歳まで安心して生きるためには約1億4000万~1億5000万円という途方もない額のカネが必要になるわけだ。

その一方で年金収入は100歳まで生きれば、月額22万円☓12ヶ月☓36年=約9500万円。

総支出額ー年金総収入額=約5000万円。

つまり100歳まで生きれば5000万円が不足するというのです。

今年(2017年)から始まった確定拠出年金制度(iDeCo)の加入対象拡大により、老後資金の大半を個人で確保しなければならない社会へ加速度的に変化しているのも事実です。年金も減り医療費や介護費が増大する社会の到来はすぐそこまできています。

平均寿命が伸びつつある日本において、人生100年時代というのはあながち非現実なことではないのかもしれませんが、それにしてもこの乱暴な計算式に、なにか別の意図を感じざるを得ません。

あなたが何歳まで生きるか誰も知らない

結局のところ人は自分の寿命を知ることはできません。何歳まで生きるのか予測することは不可能です。マスメディアで再三取り上げられる老後不安ネタは、その点においてまったく意味をなさないと考えています。

70歳で死ぬ人と80歳で死ぬ人とでは、死ぬまでに必要な資金は大きく異なります。老後に必要な資金を平均寿命で算出しても、その年まで生きられる人もいればその前に亡くなる人もいるし、逆に90歳まで生き続ける人もいるのです。

ましてや100歳まで生きる前提で老後必要資金を計算することに、どんな意味があるのでしょうか?ただ単にあらぬ不安を煽り立てているようにしか感じません。

死ぬまで働き続ける時代がそこまで来ている

老後に必要な資金を貯めるよりも「そこそこ稼げる仕組みの構築」を最優先すべきの記事でも書きましたが、私の考える老後不安を解消するための最良の対策は2つです。

  • そこそこ健康なカラダを維持する
  • そこそこ収入が入り続ける仕組みを構築する

そこそこ健康で、そこそこ稼ぎ続ける仕組みを手に入れて、それを維持し続けることです。60歳でも70歳でも80歳でも収入が入り続ける仕組みを構築しておけば、老後不安に怯える必要はありません。

多少ガタがきても、そこそこ健康であれば、大病による手術・入院費用なども抑えることができます。そのためには今のうちから予防医療に意識を向けカラダのメンテナンスを怠らないことです。

貯金と年金のみに頼ろうとするから不安になるのです。定年後に、自分が死ぬまで月20万円〜30万円程度の収入を維持することができれば、貯金・年金と合わせて十分豊かな生活をおくることができます。そのための仕組みを現役時代に構築しておくことが重要です。

竹中平蔵氏がいみじくも述べているように70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ているのです。

アフィリエイトビジネスを長い目で捉えることの意味

70歳でも80歳でも働き続けなければならない社会と聞くと、ゾットするかもしれません。でもそれは今の仕事の延長で考えているからです。

でも自分の好きな仕事や興味のある仕事を、自分のペースで続けるならばどうでしょうか?趣味の延長線上での仕事というイメージです。誰にも指示されることも拘束されることもなく、ゆったりとした老後の時間の中で、のんびりと仕事ができたら最高だと思いませんか?

アフィリエイトビジネス(ブログビジネス)は、老後の仕事として非常に適していると思います。自分の興味のあるテーマに沿って情報を発信し続け、その延長線上でマネタイズをします。特定のテーマに特化した専門ブログを長期的に運営することができれば、マネタイズは難しくありません。

つまりブログ(アフィリエイトブログ)を、自分年金にするというアイデアです。そのために今のうちからブログ運営を開始します。今すぐマネタイズできなくても、数年後さらには10年後15年後のマネタイズを意識して今から記事を書き始めます。

コツコツと執筆した記事が資産化し、いずれそこから収益が発生するようになります。定年後も記事を書き続けるだけならばできそうだと思いませんか?自分のブログから毎月数十万円の収益が発生すれば、老後不安などありません。

マネタイズは、不動産投資などよりも遥かにリスクが低く、簡単です。運営中のリスクもほぼゼロです。

老後不安を解消する一つの方法として、ブログビジネス(アフィリエイトビジネス)はアリだと思いませんか?

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル
キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル

キーワードスキルは集客スキルの1つにすぎない キーワードに関するお問い合わせを多数いただいています。 私が実践するパワーアフィリエイト戦略においては、キーワードはそれほど重要ではあ…

アフィリエイト開始20カ月で500万円達成
アフィリエイト開始20カ月で500万円達成

開始20カ月で500万円を突破 凄い方もいるものですね。アフィリエイトを開始してわずか20カ月で確定で500万円を達成した方がいます。と・みたさん(@sptomy01)です。 運営…

自己満足サイトに陥っていませんか?
アフィリエイトで2000万円の所得隠しが発覚!?

アフィリエイト報酬で2000万円の所得隠し 本日の読売新聞WEBニュース(YOMIURI ONLINE)からのニュースです。 アフィリエイト、報酬申告を…2千万所得隠しも 2014…

作業のモチベーションが上がらない…そんなあなたに「パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学」
作業のモチベーションが上がらない…そんなあなたに「パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学」

アフィリエイトに「行動分析学」を取り入れてみる アフィリエイト初心者にとって最も辛いのは、作業に対する成果がすぐに現れないことです。これは私たち人間が「遅延収穫環境」に置かれている…

”無料ブログ”を使ったスパムサイトの取り締まりが本格化
”無料ブログを使ったスパムサイト”に対する取り締まりが本格化

スパムサイト情報の相互共有が本格始動 先日の記事にてAdvanced Hosting Meetupを取り上げました。 Advanced Hosting Meetupとは、Googl…

下克上(GEKOKUJO)は本当に成果がでるのか?
ニッチとは”細分化されたニーズ”だ

ニッチジャンルに関するご質問 ニッチなターゲットとニッチなブログテーマに関するご質問を頂きました。 山本様が考えるニッチジャンルとはライバルがいないジャンルを狙うことであり、ニッチ…

Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた
Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

Googleが本気を出します 昨日(2012年10月23日)の、Googleウェブマスター向け公式ブログをご覧になりましたでしょうか?全アフィリエイター必見の記事です。 まだ見てい…

ブックマークされるサイトを目指す
あなたのサイトはブックマークされている?

ユーザーにとって価値のあるサイトとは? 私のアフィリエイト手法は、量産ではなく1つ1つのサイト(ブログ)を、時間をかけて育てていく方法です。いわゆるパワーサイトを作っていく手法です…

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
ターゲットにとって価値のある記事を書けば、被リンクは自然に増えるという事実

被リンクについての考察 私が外的SEOを一切していない、とお答えするとなかなか信じてもらえません。本当は隠れてリンクを送っているんじゃないか?などと勘ぐられてしまいます。 何度も述…

アフィリエイトはルーチンワークではない
アフィリエイトはルーチンワークではない

ルーティン作業で報酬が上がる時代は終わりつつある ルーチンワークアフィリエイトのレビュー依頼があったので、販売ページを見てみました。infotopランキングの上位にランクインしてい…

レビューとは「自分をレビューする」ことだ
レビューとは「自分をレビューする」ことだ

書評「人気ブログの作り方」 今回も『人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術』 [Kindle版]のレビューをします。たった280円で学べる”ブログ収益化戦…

アフィリエイトで「週4時間」だけ働く

週4時間だけ働く 『「週4時間」だけ働く。』という書籍をご紹介します。 刺激的なタイトルですが、出版されたのは約10年前です。2007年9月が初版であり、そのときのタイトルは『なぜ…