検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

「検索意図が明確かつ上位表示を狙えるキーワード」で記事を書くことの重要性

前回の記事の続きです。

前回は、アドセンスを実践する際の検索ボリュームを底上げする方法を考察しました。本日は、アドセンスではなく、ASPアフィリエイトをおこなう前提で、検索ボリュームについて考えます。当然、アドセンスとは考え方が変わってきます。

ASPアフィリエイトサイトの最大の目的は、多くのアクセスを集めることではなく、成約させて報酬を得ることです。もちろんアクセスは多いに越したことはないのですが、まずは成約するサイトを作ることが第一優先です。たとえば以下の2つのサイトがあるとします。

  1. アクセス数が月10万件で、月額報酬が1万円のサイト
  2. アクセス数が月1万件で、月額報酬が10万円のサイト

1と2を比べれば、当然2のほうがアフィリエイトサイトとしては効率が良いと言えます。アクセスを増やすことに注力するよりも、コンバージョン率を高めることを意識して施策をおこなった方が間違いなく効率的です。ではコンバージョン率を増やすためにはどうすれば良いか?「検索意図が明確かつ上位表示を容易に狙えるキーワード」で、コンテンツ(記事)を作成することだと私は考えます。

当然ですが「検索意図が明確かつ上位表示を容易に狙えるキーワード」は、検索ボリュームが間違いなく低いです。以下の2つのキーワードを比べてみます。※検索ボリュームはaramakijake.jpにて調査しました。

  • 「FX」
  • 「FX 口座開設 おすすめ」

「FX」の月間検索ボリュームは、Googleで987,600です。一方、「FX 口座開設 おすすめ」の月刊検索ボリュームは、77しかありません。どちらのキーワードが検索意図が明確か?といえば間違いなく「FX 口座開設 おすすめ」です。さらに検索意図が明確なキーワードで検索ボリュームを調べてみます。

  • 「FX 口座開設 低スプレッド」

すると「データが見つかりませんでした」と表示されました。つまり検索ボリュームが十分ではないためデータを取得できないのです。3つのキーワードを並べてみます。

  1. 「FX」(検索ボリューム大)
  2. 「FX 口座開設 おすすめ」(検索ボリューム小)
  3. 「FX 口座開設 低スプレッド」(検索ボリューム極小)

1番めのキーワード「FX」で検索してくるユーザーの検索意図はすごく曖昧でぼんやりとしています。ユーザーが何を求めてこのキーワードを打ち込んだのか、推測することは容易ではなく、キーワードに対する正しい答え(つまりコンテンツ)を返すことも困難です。

2番めのキーワード「FX 口座開設 おすすめ」の検索意図は明確ですね。FX口座開設を検討しているユーザーが、おすすめの証券会社を探していると推測できます。この場合、ユーザーが求めるコンテンツを作ることは1番目のキーワードと比べてはるかに容易です。おすすめのFX証券会社を、根拠のある理由を添えて提示してあげれば良いわけです。

3番めのキーワード「FX 口座開設 低スプレッド」はどうでしょうか?このキーワードから推測される検索意図は「FX口座開設を検討しているのだが、スプレッド(手数料)が低い証券会社を探している」と思われます。1番目・2番目のキーワードよりも具体性があり、検索者の意図も非常に明確であるため、答えを返しやすいですね。コンテンツを作るならば、低スプレッドの(手数料の低い)証券会社を比較・ランキング形式等で提示すれば、ユーザーの意図とマッチする可能性が高いでしょう。

キーワードを「検索意図」「検索ボリューム」で分類してみる

こうして考えると、キーワードを以下のように分類できます。

  1. 検索ボリュームが「大」& 検索意図が「不明瞭」
  2. 検索ボリュームが「大」& 検索意図が「明瞭」
  3. 検索ボリュームが「小」& 検索意図が「不明瞭」
  4. 検索ボリュームが「小」& 検索意図が「明瞭」

1.検索ボリュームが「大」& 検索意図が「不明瞭」

検索ボリュームが「大」& 検索意図が「不明瞭」キーワードの代表例は、「FX」「ダイエット」「ニキビ」などのビッグキーワードです。上位表示できれば、膨大なアクセスを獲得できますが、必要とされるコンテンツも膨大になります。なぜなら検索者の意図を絞れないからです。「ダイエット」でアクセスを引っ張ってきても、食事でダイエットしたいのか、運動でダイエットしたいのか、サプリでダイエットしたいのか…ダイエットの何をしりたいのか?ユーザーの検索意図を絞りにくいため、あらゆるコンテンツを用意する必要があります。購入までに距離のあるキーワードなので、その距離を埋めるだけのコンテンツが必要とされます。

2.検索ボリュームが「大」& 検索意図が「明瞭」

検索ボリュームが「大」& 検索意図が「明瞭」のキーワードは、「FX 口座開設」「ダイエット 運動」「ニキビ 予防」など、検索者の意図が明瞭かつ、検索ボリュームも大きなものです。複合キーワードであることが多いですね。「有名」な商標名キーワードも、ここに入ります。購入までの距離は短かいので、成約させやすいといえます。膨大な数のライバルアフィリエイターが存在し、上位表示は困難を極めます。まさにレッドオーシャンです。

3.検索ボリュームが「小」& 検索意図が「不明瞭」

検索ボリュームが「小」& 検索意図が「不明瞭」キーワードは、最も避けるべきキーワードです。アクセスがほとんど集まらないのに、ユーザーの検索意図すら絞り込みにくい。ニッチなジャンル名であったり、検索されることが少ない一般名詞などの「単一キーワード」が該当するでしょう。

4.検索ボリュームが「小」& 検索意図が「明瞭」

検索ボリュームが「小」& 検索意図が「明瞭」のキーワードは、3語以上のキーワードであったり、よりジャンルを絞った複合キーワードでの組み合わせであることが多いですね。「FX 口座開設 手数料安い」「ダイエット 炭水化物 危険」「ニキビ 背中 治す」など。検索ボリュームは少なくなりますが、検索意図は非常に具体性を帯びてくるので、コンテンツを作りやすいし、コンバージョンにつなげやすいですね。「ニッチ(マイナー)」な商標名キーワードもここに分類されるでしょう。検索ボリュームが小さく、その一方で複合キーワードの組み合わせも様々なので、ライバルは比較的少ないといえます。

検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードで作ることを心掛ける

どのキーワードを狙うかは、そのアフィリエイターの実力、持っているリソース(サーバーやドメイン・構築されたリンク郡など)によって変わってくるでしょう。ビッグキーワードをガンガン狙えるだけの仕組みや組織力を持っていれば、レッドオーシャンに飛び込んで戦うことが可能です。

一方で、組織力も仕組みも脆弱なアフィリエイターは、レッドオーシャンで戦うことは不可能ではありませんが困難を極めます。機動力を活かせるならば「検索ボリュームが小さくても検索意図が明瞭なキーワード」を数多く狙っていくべきでしょう。  当たりが出ればそこから横展開も可能です。

検索ボリュームが少なければ、当然そのキーワードからのアクセスも多くは望めません。しかし検索意図が明確な複合キーワードで、かつライバルが少なければ上位表示を狙いやすく、上がればコンバージョンに繋がりやすいです。

アクセス数が1日に10件しかなくても、1件成約(成約率10%)するようなサイトを作ることこそが、アフィリエイトビジネスの醍醐味と言えます。

検索意図が明確なキーワードを選ぶ具体的な方法は以下の記事にも書いたので参考にしてください。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定

Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定 これまで検索結果の右側に表示されていた広告枠を、すべて撤去するとGoogleが発表しました。ソースはThe SEM Post…

全てのリンクには”必然性”がある
Googleのさじ加減一つでゴミブログは消える

忍者サイト自動生成機能が終了 残念なお知らせです。以前ご紹介したARMS(アームズ)ですが、2012年9月27日をもって忍者サイト自動生成機能が使えなくなりました。ARMS(アーム…

アフィリエイトはルーチンワークではない
アフィリエイトはルーチンワークではない

ルーティン作業で報酬が上がる時代は終わりつつある ルーチンワークアフィリエイトのレビュー依頼があったので、販売ページを見てみました。infotopランキングの上位にランクインしてい…

アフィリエイトを「自分年金」にする方法
老後に必要な資金を貯めるよりも「そこそこ稼げる仕組みの構築」を最優先すべき

アフィリエイトを「自分年金」にする方法 自分年金とは、金融商品を活用してリタイア後の生活費を自分自身で準備することです。公的年金や預貯金で足りない部分を補完するために、オリジナルの…

どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか?
どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか?

どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか? 岡田斗司夫さんの「いや、上京するの面倒くさいし地元の方が楽だよね: ジモらくのススメ」を読みました。 いや、上京するの面倒くさい…

あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?
あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?

ストックとフロー 経済用語でストックとフローという言葉があります。 ストック(資産)とは徐々に蓄積されていったものを指し、フロー(所得)は継続的に流れていくものを指しています。アフ…

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則
『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その1】

『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入した 本日は書籍のご紹介です。中村貞文さんの『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』です…

【自作自演は不要】3年で700本もの自然リンクを貰えた理由とは?
【自作自演は不要】3年で700本もの自然リンクを貰えた理由とは?

 ferret「アフィリエイトやるなら定期購読必須ブログ21選」に選ばれた WEBマーケティング系「ferret」にて、当ブログが「アフィリエイトやるなら定期購読必須ブログ21選」…

キーワードの枯渇
稼げるキーワードが枯渇することに対する漠然とした不安

大半のキーワードが先行組アフィリエイターに牛耳られている… わたしたち後発組が、アフィリエイトをスタートするときに、ある事実を知って絶望的な気持ちになることがあります。その事実とは…

下克上(GEKOKUJO)は本当に成果がでるのか?
ニッチとは”細分化されたニーズ”だ

ニッチジャンルに関するご質問 ニッチなターゲットとニッチなブログテーマに関するご質問を頂きました。 山本様が考えるニッチジャンルとはライバルがいないジャンルを狙うことであり、ニッチ…

アフィ業者が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む
アフィリエイト法人が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む

セキネット vs. グーグル アフィリエイト業者の株式会社Sekinet(セキネット)が、Googleを相手取って裁判を起こしました。 自社名(株式会社Sekinet)をGoogl…

【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される
【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される

渋谷で開催される年1回のビッグイベント 毎年恒例のビッグイベントが渋谷で開催されます。その名も「本気でアフィリエイトを学ぶ会2016 -Japan Affiliate Summit…