検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

「検索意図が明確かつ上位表示を狙えるキーワード」で記事を書くことの重要性

前回の記事の続きです。

前回は、アドセンスを実践する際の検索ボリュームを底上げする方法を考察しました。本日は、アドセンスではなく、ASPアフィリエイトをおこなう前提で、検索ボリュームについて考えます。当然、アドセンスとは考え方が変わってきます。

ASPアフィリエイトサイトの最大の目的は、多くのアクセスを集めることではなく、成約させて報酬を得ることです。もちろんアクセスは多いに越したことはないのですが、まずは成約するサイトを作ることが第一優先です。たとえば以下の2つのサイトがあるとします。

  1. アクセス数が月10万件で、月額報酬が1万円のサイト
  2. アクセス数が月1万件で、月額報酬が10万円のサイト

1と2を比べれば、当然2のほうがアフィリエイトサイトとしては効率が良いと言えます。アクセスを増やすことに注力するよりも、コンバージョン率を高めることを意識して施策をおこなった方が間違いなく効率的です。ではコンバージョン率を増やすためにはどうすれば良いか?「検索意図が明確かつ上位表示を容易に狙えるキーワード」で、コンテンツ(記事)を作成することだと私は考えます。

当然ですが「検索意図が明確かつ上位表示を容易に狙えるキーワード」は、検索ボリュームが間違いなく低いです。以下の2つのキーワードを比べてみます。※検索ボリュームはaramakijake.jpにて調査しました。

  • 「FX」
  • 「FX 口座開設 おすすめ」

「FX」の月間検索ボリュームは、Googleで987,600です。一方、「FX 口座開設 おすすめ」の月刊検索ボリュームは、77しかありません。どちらのキーワードが検索意図が明確か?といえば間違いなく「FX 口座開設 おすすめ」です。さらに検索意図が明確なキーワードで検索ボリュームを調べてみます。

  • 「FX 口座開設 低スプレッド」

すると「データが見つかりませんでした」と表示されました。つまり検索ボリュームが十分ではないためデータを取得できないのです。3つのキーワードを並べてみます。

  1. 「FX」(検索ボリューム大)
  2. 「FX 口座開設 おすすめ」(検索ボリューム小)
  3. 「FX 口座開設 低スプレッド」(検索ボリューム極小)

1番めのキーワード「FX」で検索してくるユーザーの検索意図はすごく曖昧でぼんやりとしています。ユーザーが何を求めてこのキーワードを打ち込んだのか、推測することは容易ではなく、キーワードに対する正しい答え(つまりコンテンツ)を返すことも困難です。

2番めのキーワード「FX 口座開設 おすすめ」の検索意図は明確ですね。FX口座開設を検討しているユーザーが、おすすめの証券会社を探していると推測できます。この場合、ユーザーが求めるコンテンツを作ることは1番目のキーワードと比べてはるかに容易です。おすすめのFX証券会社を、根拠のある理由を添えて提示してあげれば良いわけです。

3番めのキーワード「FX 口座開設 低スプレッド」はどうでしょうか?このキーワードから推測される検索意図は「FX口座開設を検討しているのだが、スプレッド(手数料)が低い証券会社を探している」と思われます。1番目・2番目のキーワードよりも具体性があり、検索者の意図も非常に明確であるため、答えを返しやすいですね。コンテンツを作るならば、低スプレッドの(手数料の低い)証券会社を比較・ランキング形式等で提示すれば、ユーザーの意図とマッチする可能性が高いでしょう。

キーワードを「検索意図」「検索ボリューム」で分類してみる

こうして考えると、キーワードを以下のように分類できます。

  1. 検索ボリュームが「大」& 検索意図が「不明瞭」
  2. 検索ボリュームが「大」& 検索意図が「明瞭」
  3. 検索ボリュームが「小」& 検索意図が「不明瞭」
  4. 検索ボリュームが「小」& 検索意図が「明瞭」

1.検索ボリュームが「大」& 検索意図が「不明瞭」

検索ボリュームが「大」& 検索意図が「不明瞭」キーワードの代表例は、「FX」「ダイエット」「ニキビ」などのビッグキーワードです。上位表示できれば、膨大なアクセスを獲得できますが、必要とされるコンテンツも膨大になります。なぜなら検索者の意図を絞れないからです。「ダイエット」でアクセスを引っ張ってきても、食事でダイエットしたいのか、運動でダイエットしたいのか、サプリでダイエットしたいのか…ダイエットの何をしりたいのか?ユーザーの検索意図を絞りにくいため、あらゆるコンテンツを用意する必要があります。購入までに距離のあるキーワードなので、その距離を埋めるだけのコンテンツが必要とされます。

2.検索ボリュームが「大」& 検索意図が「明瞭」

検索ボリュームが「大」& 検索意図が「明瞭」のキーワードは、「FX 口座開設」「ダイエット 運動」「ニキビ 予防」など、検索者の意図が明瞭かつ、検索ボリュームも大きなものです。複合キーワードであることが多いですね。「有名」な商標名キーワードも、ここに入ります。購入までの距離は短かいので、成約させやすいといえます。膨大な数のライバルアフィリエイターが存在し、上位表示は困難を極めます。まさにレッドオーシャンです。

3.検索ボリュームが「小」& 検索意図が「不明瞭」

検索ボリュームが「小」& 検索意図が「不明瞭」キーワードは、最も避けるべきキーワードです。アクセスがほとんど集まらないのに、ユーザーの検索意図すら絞り込みにくい。ニッチなジャンル名であったり、検索されることが少ない一般名詞などの「単一キーワード」が該当するでしょう。

4.検索ボリュームが「小」& 検索意図が「明瞭」

検索ボリュームが「小」& 検索意図が「明瞭」のキーワードは、3語以上のキーワードであったり、よりジャンルを絞った複合キーワードでの組み合わせであることが多いですね。「FX 口座開設 手数料安い」「ダイエット 炭水化物 危険」「ニキビ 背中 治す」など。検索ボリュームは少なくなりますが、検索意図は非常に具体性を帯びてくるので、コンテンツを作りやすいし、コンバージョンにつなげやすいですね。「ニッチ(マイナー)」な商標名キーワードもここに分類されるでしょう。検索ボリュームが小さく、その一方で複合キーワードの組み合わせも様々なので、ライバルは比較的少ないといえます。

検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードで作ることを心掛ける

どのキーワードを狙うかは、そのアフィリエイターの実力、持っているリソース(サーバーやドメイン・構築されたリンク郡など)によって変わってくるでしょう。ビッグキーワードをガンガン狙えるだけの仕組みや組織力を持っていれば、レッドオーシャンに飛び込んで戦うことが可能です。

一方で、組織力も仕組みも脆弱なアフィリエイターは、レッドオーシャンで戦うことは不可能ではありませんが困難を極めます。機動力を活かせるならば「検索ボリュームが小さくても検索意図が明瞭なキーワード」を数多く狙っていくべきでしょう。  当たりが出ればそこから横展開も可能です。

検索ボリュームが少なければ、当然そのキーワードからのアクセスも多くは望めません。しかし検索意図が明確な複合キーワードで、かつライバルが少なければ上位表示を狙いやすく、上がればコンバージョンに繋がりやすいです。

アクセス数が1日に10件しかなくても、1件成約(成約率10%)するようなサイトを作ることこそが、アフィリエイトビジネスの醍醐味と言えます。

検索意図が明確なキーワードを選ぶ具体的な方法は以下の記事にも書いたので参考にしてください。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

与沢翼氏が経営する会社の売上高は?
与沢翼氏が経営する会社の売上高は?

与沢翼氏が経営する会社の売上高は? 先日読んだ本に、非常に興味深い内容が掲載されていました。10月26日に出版されたばかりの新刊で、タイトルは『ソーシャルもうええねん』です。 この…

Googleがリンクプログラムに参加するサイトに制裁措置
Googleがリンクプログラムに参加するサイトに対し制裁措置を発動

不正リンクに対するGoogleの制裁措置が発表された 昨日のGoogleウェブマスター向け公式ブログにて、リンクプログラムに参加するサイトに対する新たな制裁措置が発表されました。 …

成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある
成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある

その商品を心の底から必要としてる人は「誰」か? アフィリエイターの役目は、商品を必要としているターゲットに適切にアプローチすることです。ユーザーにとって価値のある商品・サービスをお…

”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア
えっ!税務調査?アフィリエイターの会社に調査官がやってきた事の顛末

※今回の記事はストーリー仕立てで書いてみます。実話です。 運営する会社に税務調査が入った(設立3年目) 先月下旬(2016年4月下旬)、私の会社(私が作った会社)に税務調査が入った…

アフィ業者が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む
アフィリエイト法人が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む

セキネット vs. グーグル アフィリエイト業者の株式会社Sekinet(セキネット)が、Googleを相手取って裁判を起こしました。 自社名(株式会社Sekinet)をGoogl…

アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックス
アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックスだ

”即時収穫環境”と”遅延収穫環境” 研究者によると、我々人間は「遅延収穫環境」と呼ふ世界に生きています。行動した結果がすぐに利益として現れない(遅延して現れる)世界のことです。 一…

私がキーワード選定にこだわらない理由
私がキーワード選定にこだわらない理由

キーワード戦略に関するご質問 過去記事で「キーワードを意識しない」と書いたことに対して、次のご質問をいただきました。 いつも楽しくブログを拝見しています。 現在山本様はキーワードに…

全てのリンクには”必然性”がある
Googleのさじ加減一つでゴミブログは消える

忍者サイト自動生成機能が終了 残念なお知らせです。以前ご紹介したARMS(アームズ)ですが、2012年9月27日をもって忍者サイト自動生成機能が使えなくなりました。ARMS(アーム…

忍者サイト凍結措置が予見する、アフィリエイトの未来
忍者サイト凍結措置が予見するアフィリエイトの”未来”

忍者がアフィリエイトサイトを凍結 先日、読者様から悲痛な連絡がありました。その方は、忍者ホームページを始め様々な無料ホームページサービスを利用して、大量のアフィリエイトサイトを運営…

アフィリエイトを難しくしているのは誰か?
アフィリエイトを難しくしているのは誰か? 

アフィリエイトは本来シンプルなビジネスだ 私は2012年2月からアフィリエイトを始めました。アフィリエイトを学び実践する中で感じたことは「アフィリエイトは極めてシンプルなビジネスで…

ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法
ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法

ニッチジャンルと独自の切り口(オリジナルな価値)との関係 今回もパワーアフィリエイトに関するご質問をいただきましたのでシェアします。ご質問内容はニッチジャンルと独自の切り口(オリジ…

下書きをしておくことで記事の執筆速度は飛躍的にアップする
「さて、何の記事を書こうかな?」では遅すぎる

下書きをしておくことで記事の執筆速度は飛躍的にアップする ストーリーが容易に描けるネタかどうか? 先日の記事のつづきです。 ネタ探し(feedly・Googleアラート) ネタスト…