アフィリエイトで「週4時間」だけ働く

「週4時間」だけ働く。

「週4時間」だけ働く。

週4時間だけ働く

『「週4時間」だけ働く。』という書籍をご紹介します。

刺激的なタイトルですが、出版されたのは約10年前です。2007年9月が初版であり、そのときのタイトルは『なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?』でした。改訂版である『「週4時間」だけ働く。』は2011年に出版されています。

書籍の内容はamazonから引用します。

週4時間働くだけで、お金持ちになれるとしたら?
夢のような話だけれど、実現不可能な話じゃない。4時間は無理でも、本書にある教えを実践すれば、あなたの労働時間はグンと減り、自分のための時間が増えるはずだ。 本当にやりたいことを今やらず、先送りにする「先送り人生プラン」は捨ててしまおう。
「時間」と「移動」を使い「今」をふんだんに生きよう。
ティム・フェリスの主張はこれだ。本書には、彼の主張を実践するための考えかたと方法、役に立つサイトから読書案内までぎっしりと詰まっている。
それらを実践し、人生を楽しむひとを、本書は「ニューリッチ」と名付ける。

ティムの理論を実践し、9時―5時労働からおさらばして、世界中の好きな場所に住み、ニューリッチになろう。
この本はニューリッチをめざす人のための、青写真になるはずだ。

引用:amazon

私はこの書籍を2011年頃に購入したのですが、その現実離れした内容に懐疑的でした。なにしろ週に4時間程度しか働かずにお金持ちになる方法です。死に物狂いで働いてようやく少し裕福な生活ができると信じていた当時の私にとっては、非現実的な話にしか思えませんでした。

ニューリッチの台頭で「週4時間だけ働く」が多くの人にとって現実のものとなりつつある

『「週4時間」だけ働く。』が販売されてから10年弱。改めて書籍を紐解くと、この中で定義されている「ニューリッチ(NR)」と呼ばれる人々が、今の日本には爆発的に増えているように感じます。

ニューリッチとは、非常に高い生産性によって労働時間を劇的に減らし、報酬を増やし続けている人々のことです。今の世の中を見回せば、アフィリエイトビジネスや転売ビジネスをおこない、少ない労働時間で大金を手にする個人事業者を普通に見かけることができます。10年前と比べればその数はものすごい勢いで増えていると肌で感じます。

2012年からアフィリエイトをスタートした私は、2016年現在、本業は別として週に10時間程度で月に100〜150万円の副収入を得られるようになりました。週4時間にはまだまだ届きませんが、副業だけを取り上げれば「週4時間だけ働く」状態にかなり近づいています。あれほど懐疑的だった「週4時間だけ働く」が現実のものになりつつあります。

生産性を極限まで高めることが自由への最短距離

私は9月12日から1ヶ月間、「記事の毎日更新」という課題を自分に課しました。

実際、記事を毎日更新することは容易ではありません。それでも試行錯誤を繰り返す理由は、アフィリエイトの生産性を高めたいという考えがあるからです。アフィリエイトを完全自動化することはムリだとしても、高い生産性を実現することで、より少ない労力と時間で安定した報酬を維持したいと考えています。

私がやっていることは『「週4時間」だけ働く。』で提唱されていたこと、つまり「仕事の生産性を極限まで高めよ」という提言そのものであるということに最近になって気付きました。労働時間を減らしつつ報酬を増やす方法を徹底的に考えること。ムダを細部まで削り仕事を最適化(理想は自由化)すること。削減できるコストを見逃さず効率化を図ること…4年前の自分には見えなかったことが、今はよく見えます。アフィリエイトビジネスを実践する中で、思考のパラダイムシフトが起きたのだと考えています。

欲しいライフスタイルに合わせて仕事を”最適化”する

『「週4時間」だけ働く。』で提唱されている方法は「DEAL」と呼ばれています。

  • Definition(定義)
  • Elimination(捨てる)
  • Automation(自動化)
  • Liberation(解放)

4つのキーワードの頭文字をとって「DEAL」。自分が欲しいライフスタイルを決め、その実現に不要であることは潔く切り捨てる。仕事は徹底的に自動化し、自分自身をあらゆる”しがらみ”から解き放つことが提唱されています。

著者のスタイルを100%真似をするこはできなくても、70%くらいはできるのでは?と思えるようになりました。数年前は「週4時間だけ働く」を全否定をしていた私にとっては信じられないほどの大きな変化です。

アフィリエイターにオススメの一冊です。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

【丸山塾】なぜアフィリエイト塾に入る決意をしたのか?
アフィリエイトで得た報酬を株式投資へ再投資する仕組みが軌道に乗ってきた

アフィリエイトビジネスで得た報酬を株式投資へ再投資する仕組みが軌道に乗ってきた 会社員のかたわら、副業としてアフィリエイトビジネスに取り組んできました。その結果、約3年で6000万…

あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?
あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?

ストックとフロー 経済用語でストックとフローという言葉があります。 ストック(資産)とは徐々に蓄積されていったものを指し、フロー(所得)は継続的に流れていくものを指しています。アフ…

【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?
【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?

infotopランキグで情報商材業界の”いま”が見えてくる 私は1週間に一度くらいのペースで、インフォトップの30日ランキング(1位〜100位)を定点観測しています。ランキングを定…

書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』
書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』

250円で”個人WEBメディア”の構築と運営ノウハウが学べる 本のご紹介です。 『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』 250円 Kindle本…

下書きをしておくことで記事の執筆速度は飛躍的にアップする
「さて、何の記事を書こうかな?」では遅すぎる

下書きをしておくことで記事の執筆速度は飛躍的にアップする ストーリーが容易に描けるネタかどうか? 先日の記事のつづきです。 ネタ探し(feedly・Googleアラート) ネタスト…

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定

Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定 これまで検索結果の右側に表示されていた広告枠を、すべて撤去するとGoogleが発表しました。ソースはThe SEM Post…

アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる
アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる

アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる 昨日、興味深いご質問を頂きましたので、シェアしたいと思います。読者様からのご質問内容は、”一般記事からアフィリエイトリンクページへいかに…

どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか?
どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか?

どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか? 岡田斗司夫さんの「いや、上京するの面倒くさいし地元の方が楽だよね: ジモらくのススメ」を読みました。 いや、上京するの面倒くさい…

横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催
【日本アフィリエイト協議会主催】横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催

参加費「無料」の勉強会&交流会 日本アフィリエイト協議会が主催する横浜アフィリエイト勉強会&交流会が10月27日に開催されます。 横浜アフィリエイト勉強会&交流会、2016年10月…

忍者サイト凍結措置が予見する、アフィリエイトの未来
忍者サイト凍結措置が予見するアフィリエイトの”未来”

忍者がアフィリエイトサイトを凍結 先日、読者様から悲痛な連絡がありました。その方は、忍者ホームページを始め様々な無料ホームページサービスを利用して、大量のアフィリエイトサイトを運営…

私がサラリーマンを辞めない理由
私がサラリーマンを辞めて専業アフィリエイターを目指さない本当の理由

副業アフィリエイター”山本一郎” 大学を中退してブロガーとして食べていくというエントリー(記事)がネットを賑わせていますね。 私は特に反論も賛同もしません。他人がどのような人生を選…

意図が明確なkeyword
意図が明確なキーワードで記事を書くことの重要性

キーワードこそがターゲットとサイトを繋ぐ唯一の”橋” 今回は量産アフィリエイト(ペラサイト)におけるキーワードの重要性についてのお話です。最近、多くのアフィリエイターのサイトを見る…