「脳が老化する」はデマだった!高齢者でもアフィリエイトは始められる

「脳が老化する」はデマだった

「脳が老化する」はデマだった

高齢者にアフィリエイトはムリ?

昨日の記事で、老後も働かざるをえない社会が到来するのでは?という話題を取り上げました。その中で、アフィリエイトビジネスこそが、年令に関係なく働き続けることができると述べました。

普遍性の高いメインサイトを1〜2個所有し、定期更新することで、安定した報酬を得ることができます。金融資産+公的年金、そしてアフィリエイト報酬が月に10万円〜30万円程度あれば、老後は安泰でしょう。記事の更新は体力を必要としない知識集約型の労働です。外出する必要もないし、コストもかかりません。ボケを防ぐ頭の体操にも最適です。

その一方で、アフィリエイトは高齢者にはムリでは?という考えをする方もいるでしょう。特にこれから始めようとする50代、60代の方にとっては、アフィリエイトは若い人達のビジネスなので、自分たちにとってはハードルが高いと感じている高齢者が多いような気がします。おそらく、自分なりに脳の衰えを感じていて、早いスピードで変化するネットビジネスについていけないというネガティブな思考があるのでしょう。

  • 脳も年齡とともに老化し、脳細胞はどんどん減少していく…
  • 記憶力も低下してきているし…
  • だから今からアフィリエイトなんてムリ…

もしもそう思っているのであれば、それは完全に思い違いです。

「老化に伴って脳細胞が劇的に減る」という言説は完全に誤り

最近の研究データでは、「老化で脳細胞が減少するという説が誤り」であるということがわかっています。脳科学の第一人者である東京大学大学院の久恒辰博准教授は次のように述べています。

記憶力に関する一般の人たちの大きな誤解は、「人間の脳細胞は1日当たり10万個死んでいる。だから年をとればとるほど記憶力が低くなるのは仕方がない」と思っていることだ。

引用:PRESIDENTオンライン

大人になっても新しい神経細胞「新生ニューロン」が生まれていることが、実験データによって明らかになっているというのです。

脳は老化しない

ミラノ大学の薬学者・神経生物学者、ミケーラ・マッテオーリ(イタリア・ロッツァーノのウマニタス医療研究所の神経科学プログラムのトップ)の論説も、WIREDに掲載されています。それによれば「脳は老化しない」ということです。

しかし、最も驚くべき発見は、これが老化しないということだ。もっと正確にいうと、決して老化しない可能性がある。「体のほかの細胞は不可避的に老化していきます。というのも、増殖することでDNAにダメージを蓄積させ、ついには細胞死に至るからです。これに対してニューロンは、一度分化するとそのまま残ります」と、ミラノ大学の薬学者・神経生物学者、ミケーラ・マッテオーリは説明する。彼女はラグーザの会議で「科学の未来」の長寿の秘密についてのセッションを取り仕切った。

「その結果、特定の病気が生じなければ、脳は常に若いまま維持することができます」。むしろ年齢とともに、学習のおかげでシナプスの結合は増加する。さらに失われたニューロンを、70〜80歳でも再生することのできる神経幹細胞が存在する(特に、嗅球や海馬において)。「このことは、脳が一生の間中、回復できることを意味します」。

引用:WIRED「脳は老化しない!?:研究結果」

皮膚や筋肉・骨と違って、脳細胞は老化しないという驚くべき論説です。「神経細胞は、これが属している体よりも長く生き延びることがで」ると述べています。

健康な70代~80代の脳と20代の脳の脳細胞の数はほとんど同じ

最近読んだ『使ってはいけないエセ心理学 使ってもいい心理学』(妹尾武治 著)にも以下のように記載があります。

たとえば、「老化に伴って脳細胞が劇的に減る」という言説は完全に誤りである。健康な70代~80代の脳と20代の脳の脳細胞の数はほとんど同一である(大きな個人差はあるが)。体が健康であれば、脳は決して若者に劣らないのである。それどころか、老人の脳でも新しい神経のネットワークが活発に形成されていることが、近年科学論文でくり返し報告されている。

引用:『使ってはいけないエセ心理学 使ってもいい心理学』(妹尾武治 著)

「老化すると脳のシナプスの柔軟性が下がり、新しい学習が困難になる」という説には、科学的な裏付けがないとのことです。

「脳が老化する」はデマだった

脳が年齡とともに老化するという言説は、今の脳科学では完全に否定されているのです。このことは高齢者(またこれから高齢を迎える人)にとって勇気をもらえる事実ですね。

結局、自分が年を取ったというネガティブな思考がモチベーションを下げてしまって、新しいことにチャレンジすることを阻害しているということではないでしょうか。「もう年だから」と自分に言い訳をすることで面倒なことを避けているだけなのかもしれません。

何歳からでもアフィリエイトで”自分年金”を作ることができる

アフィリエイトを始めるに年齡は関係ありません。アフィリエイトで自分年金を作る!という強い意志と覚悟があれば、何歳になってもスタートすることができます。自分にあったやり方を見つけ継続できれば、間違いなく報酬が発生するというビジネス、それがアフィリエイトです。その点においてハードルは限りなく低いといえます。

継続こそが安定した報酬をもたらしてくれます。だからこそスタートは早ければ早いほど良いのです。アフィリエイト報酬を今の生活の足しにする、という考えだけでなく、老後の生活を豊かにするという目的を持って取り組むことも、モチベーションアップにつながるかもしれませんね。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

自己満足サイトに陥っていませんか?
自己満足サイトに陥っていませんか?

自己満足的なアフィリエイトサイトの特徴 すごく頑張っているのに何故か上手くいっていないサイトには、共通している特徴があります。それは、自己満足的なサイト運営に陥っている、ということ…

アフィリエイト報酬額はあなたが市場に提供した”価値”の総量に比例する
アフィリエイト報酬額はあなたが市場に提供した”価値”の総量に比例する

「アフィリエイトで報酬が発生するまでの目安を知りたい…」 連日多くのご質問を頂いています。今回は特に初心者の方から多く寄せられるご質問(メール)を、いくつかご紹介します。(メールの…

ウィキペディアサイトを作ってはいけない
ウィキペディアサイトを作ってはいけない

残念なサイトを量産していませんか? アフィリを始めてから、様々なアフィリエイトサイトをチェックするようになりました。しかしながら、そのほとんどが、非常に残念なサイトであるという事実…

【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?
【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?

infotopランキグで情報商材業界の”いま”が見えてくる 私は1週間に一度くらいのペースで、インフォトップの30日ランキング(1位〜100位)を定点観測しています。ランキングを定…

自己満足的なアフィリエイトサイト
アフィリエイトで結果を出すために必要な2つの視点

”想い”と”切り口”を意識する 私が実践しているパワーブログアフィリエイトに必要な2つの”視点”についてお話したいと思います。2つの”視点”、それは「想い」と「切り口」です。 ”想…

意図が明確なkeyword
意図が明確なキーワードで記事を書くことの重要性

キーワードこそがターゲットとサイトを繋ぐ唯一の”橋” 今回は量産アフィリエイト(ペラサイト)におけるキーワードの重要性についてのお話です。最近、多くのアフィリエイターのサイトを見る…

キーワードの枯渇
稼げるキーワードが枯渇することに対する漠然とした不安

大半のキーワードが先行組アフィリエイターに牛耳られている… わたしたち後発組が、アフィリエイトをスタートするときに、ある事実を知って絶望的な気持ちになることがあります。その事実とは…

外注なしアドセンスのみで月収80万円超え〜PRIDE【購入レビュー】その3
私がミニサイトを作らない理由(ワケ)

最近のトレンドである「ミニサイト」 先日、ミニサイトに関するご質問をいただきました。 山本様はミニサイト作りは考えておられないのでしょうか? ミニサイトは実際どうなのでしょうか? …

パワーアフィリエイトに不可欠な「独自の切り口」とは?
パワーアフィリエイトに不可欠な「独自の切り口」とは?

パワーアフィリエイトの定義 パワーアフィリエイトに関するご質問を多くいただいています。 量産アフィリに疲れたので、1つのサイトでアフィリエイトしたい パワーアフィリエイトを運営した…

ターゲットを軽視してはいけない
ターゲットを軽視してはいけない

ターゲットを軽視してはいけない ターゲットの重要性 多くのアフィリエイターが、ターゲットを軽視している、もしくは上手く絞れていないことが多いように感じます。 ターゲットとは、私たち…

【売上4億円!】悪質情報商材に対し消費者庁が注意を呼びかける事案が発生
【売上4億円!】悪質情報商材に対し消費者庁が注意を呼びかける事案が発生【コピー&ペースト in Youtube】

【消費者庁】YouTubeアフィリエイト商材販売業者を名指しで注意喚起 わずか1年で4億円を売り上げたとされる「悪質」情報商材販売業者に対し、消費者庁が名指しで注意喚起しています。…

アフィリエイトで「週4時間」だけ働く

週4時間だけ働く 『「週4時間」だけ働く。』という書籍をご紹介します。 刺激的なタイトルですが、出版されたのは約10年前です。2007年9月が初版であり、そのときのタイトルは『なぜ…