全てのリンクには”必然性”がある

全てのリンクには”必然性”がある

全てのリンクには”必然性”がある

アフィリエイトリンクへの誘導方法について

多いご質問の一つに、「どうやってアフィリエイトリンクへ誘導するのですか?」といったものがあります。私はほとんど意識したことはなかったので、誘導方法に関する悩みが多いことに少し驚きました。具体的な悩みとしては以下のようなものです。

  • 画像(ボタン)とテキストリンクのどちらが良いか?
  • テキストリンクの場合、どのような文章にするべきか?
  • 全ての記事にアフィリリンクを置くべきか?
  • 記事(ページ)が少ない初期段階からリンクを置いて良いか?
  • 不自然な誘導にならない方法は?

誘導という考えを捨てる

そもそも誘導するという考えを捨てた方が良いです。

”誘導”というコトバには、なんとなくユーザーを操っているようなイメージがつきまといます。ユーザーにリンクをクリックしてもらうために、小手先のテクニックを使って様々な工夫を凝らすという感じです。「売りたい」「買って欲しい」という気持ちが前に出すぎています。マインドとしてはあまり良くないですね。

誘導するのではなく、訪問者にとってのユーザビリティを第一に考えるべきです。

アフィリリンクは自然に添えられるもの

アフィリエイトリンクは、コンテンツの一連の流れの中でそっと添えられるものだと考えています。記事(コンテンツ)があり、そのコンテンツの流れを受けて、記事の延長線上にアフィリエイトリンクが自然に置かれている、という形が理想的です。

多くのアフィリエイトサイトを観察すると、記事(コンテンツ)に対してアフィリエイトリンクが唐突に置かれている、という印象のサイトが多いように思えます。ユーザーとしては、あまりにも唐突すぎて面食らいます。「え、なに?」という感じです。

そのリンクはユーザーのためか?

ではどうすれば良いのか?簡単です。「そのアフィリエイトリンクは、そもそもユーザーにとって必要か?」という問いを、自分に投げかければ良いのです。

記事(コンテンツ)を書き、その中で商品を紹介した場合、商品のアフィリエイトリンクを記事の下に置くことは、ユーザーにとって役に立つことなのか?常に考えながらリンクを設置すれば、それほど悩むことはありません。

その記事内にアフィリエイトリンクを置くことが、自然でない(唐突すぎる)、ユーザーの役にたたないのであれば、置くべきではないのです。逆に、アフィリリンクを置くことが自然な流れであり、ユーザーにとって親切である(ユーザービリティの向上に繋がる)のであれば、リンクを置くべきです。

画像(ボタン)かテキストか?

アフィリエイトリンクを画像(ボタン)にするべきか、それともテキストリンク(アンカーリンク)にするべきか?こんな悩みも枝葉(えだは)に過ぎません。そのサイトを訪れたユーザーにとって、どちらが良いか(ベターか)、考えれば済むことだと思います。

テキストリンクを設置したほうが、ユーザビリティが高いと思えるのであれば、テキストリンクを設置すれば良いでしょう。

一方、画像ボタンは、ユーザーがアクションを起こしたくなったときに、目につきやすいよう設置してあげることが親切だと考えます。

結局、アフィリエイトリンクに限らず、全てのリンクはユーザビリティを考え、置くべき場所に求められる形で置くということになります。外部リンクも内部リンクも全く同じ考えです。

全てのリンクには必然性がある

サイトに設置するリンクは、アフィリエイトリンクに限りません。たとえば、記事の中でどこかのニュースサイトの記事を引用したのであれば、そのサイトへのリンクを置くべきです。※ニュースサイトや参照サイト、権威のあるサイトなど。

引用ルール(マナー)を尊重する意味もありますが、リンクを置くことがユーザーの役に立つからです。もっと詳しい情報を知りたいというユーザーの為に、外部リンクを設置します。

リンク集も全く同じ考えです。そのリンク集は、そもそも自分のサイトにとって必然性があるのか?リンク集を設置することが本当にユーザーのためなのか?リンク集に登録してあるサイトはユーザーに参照して欲しいサイトなのか?残念ながら、リンク集の設置は外的SEOの一環として行われているのが一般的です。相互リンクもそうですね。SEO強化のために相互リンクをするアフィリエイターが、未だに後を絶ちません。

私の運営するサイトにも、毎日数件の相互リンク依頼がありますが、すべてお断りしています。なぜなら相互リンクサイトを掲載することが、ユーザーにとって役立たない(無意味)だからです。

常にユーザー側を向いてサイト運営をしているかどうか?ということが問われているわけです。Google側を向いて、もしくは、ライバルサイトを睨みながらサイト運営をしている限り、本当にユーザーの役に立つサイトを育てることはできません。

根本的な問題はコンテンツ不足だ

アフィリエイトリンクの設置に関する考えを述べましたが、そもそもサイトコンテンツが不十分では、リンクを設置しても何も意味をなしません。上手く行っていないアフィリエイトサイトの大半は、コンテンツが十分ではありません。ユーザーが本当に欲している情報を、サイト内で提供できていないということです。そんなサイト運営者が、「アフィリエイトリンクをクリックしてもらうには・・・」と悩んでも、本末転倒です。

まずは、ユーザーにとって本当に為になるサイトを作るべきです。ユーザーの役に立つ価値のあるサイトを作り、その延長線上にアフィリエイトリンクを置くべきです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

アフィリエイトはルーチンワークではない
アフィリエイトはルーチンワークではない

ルーティン作業で報酬が上がる時代は終わりつつある ルーチンワークアフィリエイトのレビュー依頼があったので、販売ページを見てみました。infotopランキングの上位にランクインしてい…

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ
腐るコンテンツと腐らないコンテンツ

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ パワーサイトは、サイトを資産化する手法です。つまり、長期にわたって継続的に収益を生み出してくれるサイトを運営することです。そのために最も大切なこ…

SEOで真っ向勝負するか、オリジナルな価値を提供するか
SEOで真っ向勝負するか、オリジナルな価値を提供するか

SEOで真っ向勝負するか、オリジナルな価値を提供するか アフィリエイトにおいて、今、取るべき手法は2つしかないと考えています。(持論ですので反論もあると思います。) SEOで真っ向…

Googleがリンクプログラムに参加するサイトに制裁措置
Googleがリンクプログラムに参加するサイトに対し制裁措置を発動

不正リンクに対するGoogleの制裁措置が発表された 昨日のGoogleウェブマスター向け公式ブログにて、リンクプログラムに参加するサイトに対する新たな制裁措置が発表されました。 …

レビューとは「自分をレビューする」ことだ
レビューとは「自分をレビューする」ことだ

書評「人気ブログの作り方」 今回も『人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術』 [Kindle版]のレビューをします。たった280円で学べる”ブログ収益化戦…

作業のモチベーションが上がらない…そんなあなたに「パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学」
作業のモチベーションが上がらない…そんなあなたに「パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学」

アフィリエイトに「行動分析学」を取り入れてみる アフィリエイト初心者にとって最も辛いのは、作業に対する成果がすぐに現れないことです。これは私たち人間が「遅延収穫環境」に置かれている…

多作は才能だ
多作は才能だ『作家の収支』(森博嗣)

ビジネスライクな小説家「森博嗣」のマーケティングセンス 『作家の収支』(森博嗣)という興味深い本をさきほどKindleで読み終えました。仕事帰りにiPhoneで購入し、Kindle…

必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました
必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました

読んでいないと話にならない『ウェブマスター向けガイドライン』 本日(2012年10月3日)、Googleのウェブマスター向けガイドラインが更新されました。ウェブマスター向けガイドラ…

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定

Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定 これまで検索結果の右側に表示されていた広告枠を、すべて撤去するとGoogleが発表しました。ソースはThe SEM Post…

アフィリエイトビジネスの可能性
利益率94.4%の凄いビジネス

友人「…アフィリエイトって実際どうなの?」 私は、サラリーマンアフィリエイターです。会社関係の人には、私がアフィリエイトをしていることを隠しています。しかし、親しい友人には隠さず話…

下書きをしておくことで記事の執筆速度は飛躍的にアップする
「さて、何の記事を書こうかな?」では遅すぎる

下書きをしておくことで記事の執筆速度は飛躍的にアップする ストーリーが容易に描けるネタかどうか? 先日の記事のつづきです。 ネタ探し(feedly・Googleアラート) ネタスト…

与沢翼氏が経営する会社の売上高は?
与沢翼氏が経営する会社の売上高は?

与沢翼氏が経営する会社の売上高は? 先日読んだ本に、非常に興味深い内容が掲載されていました。10月26日に出版されたばかりの新刊で、タイトルは『ソーシャルもうええねん』です。 この…