全てのリンクには”必然性”がある

全てのリンクには”必然性”がある

全てのリンクには”必然性”がある

アフィリエイトリンクへの誘導方法について

多いご質問の一つに、「どうやってアフィリエイトリンクへ誘導するのですか?」といったものがあります。私はほとんど意識したことはなかったので、誘導方法に関する悩みが多いことに少し驚きました。具体的な悩みとしては以下のようなものです。

  • 画像(ボタン)とテキストリンクのどちらが良いか?
  • テキストリンクの場合、どのような文章にするべきか?
  • 全ての記事にアフィリリンクを置くべきか?
  • 記事(ページ)が少ない初期段階からリンクを置いて良いか?
  • 不自然な誘導にならない方法は?

誘導という考えを捨てる

そもそも誘導するという考えを捨てた方が良いです。

”誘導”というコトバには、なんとなくユーザーを操っているようなイメージがつきまといます。ユーザーにリンクをクリックしてもらうために、小手先のテクニックを使って様々な工夫を凝らすという感じです。「売りたい」「買って欲しい」という気持ちが前に出すぎています。マインドとしてはあまり良くないですね。

誘導するのではなく、訪問者にとってのユーザビリティを第一に考えるべきです。

アフィリリンクは自然に添えられるもの

アフィリエイトリンクは、コンテンツの一連の流れの中でそっと添えられるものだと考えています。記事(コンテンツ)があり、そのコンテンツの流れを受けて、記事の延長線上にアフィリエイトリンクが自然に置かれている、という形が理想的です。

多くのアフィリエイトサイトを観察すると、記事(コンテンツ)に対してアフィリエイトリンクが唐突に置かれている、という印象のサイトが多いように思えます。ユーザーとしては、あまりにも唐突すぎて面食らいます。「え、なに?」という感じです。

そのリンクはユーザーのためか?

ではどうすれば良いのか?簡単です。「そのアフィリエイトリンクは、そもそもユーザーにとって必要か?」という問いを、自分に投げかければ良いのです。

記事(コンテンツ)を書き、その中で商品を紹介した場合、商品のアフィリエイトリンクを記事の下に置くことは、ユーザーにとって役に立つことなのか?常に考えながらリンクを設置すれば、それほど悩むことはありません。

その記事内にアフィリエイトリンクを置くことが、自然でない(唐突すぎる)、ユーザーの役にたたないのであれば、置くべきではないのです。逆に、アフィリリンクを置くことが自然な流れであり、ユーザーにとって親切である(ユーザービリティの向上に繋がる)のであれば、リンクを置くべきです。

画像(ボタン)かテキストか?

アフィリエイトリンクを画像(ボタン)にするべきか、それともテキストリンク(アンカーリンク)にするべきか?こんな悩みも枝葉(えだは)に過ぎません。そのサイトを訪れたユーザーにとって、どちらが良いか(ベターか)、考えれば済むことだと思います。

テキストリンクを設置したほうが、ユーザビリティが高いと思えるのであれば、テキストリンクを設置すれば良いでしょう。

一方、画像ボタンは、ユーザーがアクションを起こしたくなったときに、目につきやすいよう設置してあげることが親切だと考えます。

結局、アフィリエイトリンクに限らず、全てのリンクはユーザビリティを考え、置くべき場所に求められる形で置くということになります。外部リンクも内部リンクも全く同じ考えです。

全てのリンクには必然性がある

サイトに設置するリンクは、アフィリエイトリンクに限りません。たとえば、記事の中でどこかのニュースサイトの記事を引用したのであれば、そのサイトへのリンクを置くべきです。※ニュースサイトや参照サイト、権威のあるサイトなど。

引用ルール(マナー)を尊重する意味もありますが、リンクを置くことがユーザーの役に立つからです。もっと詳しい情報を知りたいというユーザーの為に、外部リンクを設置します。

リンク集も全く同じ考えです。そのリンク集は、そもそも自分のサイトにとって必然性があるのか?リンク集を設置することが本当にユーザーのためなのか?リンク集に登録してあるサイトはユーザーに参照して欲しいサイトなのか?残念ながら、リンク集の設置は外的SEOの一環として行われているのが一般的です。相互リンクもそうですね。SEO強化のために相互リンクをするアフィリエイターが、未だに後を絶ちません。

私の運営するサイトにも、毎日数件の相互リンク依頼がありますが、すべてお断りしています。なぜなら相互リンクサイトを掲載することが、ユーザーにとって役立たない(無意味)だからです。

常にユーザー側を向いてサイト運営をしているかどうか?ということが問われているわけです。Google側を向いて、もしくは、ライバルサイトを睨みながらサイト運営をしている限り、本当にユーザーの役に立つサイトを育てることはできません。

根本的な問題はコンテンツ不足だ

アフィリエイトリンクの設置に関する考えを述べましたが、そもそもサイトコンテンツが不十分では、リンクを設置しても何も意味をなしません。上手く行っていないアフィリエイトサイトの大半は、コンテンツが十分ではありません。ユーザーが本当に欲している情報を、サイト内で提供できていないということです。そんなサイト運営者が、「アフィリエイトリンクをクリックしてもらうには・・・」と悩んでも、本末転倒です。

まずは、ユーザーにとって本当に為になるサイトを作るべきです。ユーザーの役に立つ価値のあるサイトを作り、その延長線上にアフィリエイトリンクを置くべきです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

優れたレビューを書くために必要な、たった1つのこと
優れたレビューを書くために必要な、たった1つのこと

読む人を感動させる”Amazonレビュー” 以下のAmazonカスタマーレビューをお読み下さい。 SANYO の IC レコーダーは優れものである。 先ず、音が良い。 30年数前に…

多作は才能だ
多作は才能だ『作家の収支』(森博嗣)

ビジネスライクな小説家「森博嗣」のマーケティングセンス 『作家の収支』(森博嗣)という興味深い本をさきほどKindleで読み終えました。仕事帰りにiPhoneで購入し、Kindle…

DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた
葉山直樹氏の株式会社MTSが倒産(任意整理)へ

葉山直樹氏の株式会社MTSが任意整理、アフィリエイトセンターも閉鎖 驚くニュースが入ってきました。アフィリエイト情報商材業界でも有名な葉山直樹氏の株式会社MTSが倒産(任意整理)し…

1カ月間、毎日更新をしてみた結果
【1カ月間】毎日更新をしてみた結果、PV数が2.2倍になったが…

30日間”毎日更新”をした結果を振り返る 2016年9月12日から10月11日までの1ヶ月間、ブログ記事を毎日更新してみました。 ”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける…

アフィリエイトLab(アフィLab)【検証とレビュー】
検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

「検索意図が明確かつ上位表示を狙えるキーワード」で記事を書くことの重要性 前回の記事の続きです。 アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる 前回は、アドセンス…

アフィリエイトはルーチンワークではない
アフィリエイトはルーチンワークではない

ルーティン作業で報酬が上がる時代は終わりつつある ルーチンワークアフィリエイトのレビュー依頼があったので、販売ページを見てみました。infotopランキングの上位にランクインしてい…

良質な記事を書けば放っておいても見つけてもらえる時代になってきた
良質な記事を書けば放っておいても見つけてもらえる時代になってきた

上位表示ってそんなに重要ですか? このブログによくいただくご質問がこちらです。 「どうすれば上位表示されますか?」 「サイトを作ったけれど、なかなか上位表示されない・・・」 「上位…

アフィリエイトはラットレース
アフィリエイトという”ラットレース”から抜け出す一番の近道は、市場(マーケット)への再投資だ

サイト売却の話 先日、私が運営するサイト(1サイト)を購入したいとのお話をいただきました。売買専門業者さんを介してのお話です。このサイト(アフィリエイト戦略思考ブログ)ではありませ…

当ブログからの記事盗用に関して
【速報】インフォトップが買収された!情報商材業界は終焉を迎えるのか?

ゲーム会社がインフォトップを買収・子会社化 驚きのニュースです。インフォトップがゲーム会社に買収されました。 モバイルゲームの開発等をおこなうアエリア(東京都)は、安定的な収益基盤…

なぜテーマから始めると、アフィリエイトは「上手くいかない」のか?
なぜテーマから始めると、アフィリエイトは「上手くいかない」のか?

アフィリエイトは「テーマ」からスタートすると失敗する 今回はの記事は、前回の記事とも一部内容がかぶりますが、重要なポイントなので別の角度から改めて記事にしたいと思います。 成約する…

外注なしアドセンスのみで月収80万円超え〜PRIDE【購入レビュー】その3
私がミニサイトを作らない理由(ワケ)

最近のトレンドである「ミニサイト」 先日、ミニサイトに関するご質問をいただきました。 山本様はミニサイト作りは考えておられないのでしょうか? ミニサイトは実際どうなのでしょうか? …

アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックス
アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックスだ

”即時収穫環境”と”遅延収穫環境” 研究者によると、我々人間は「遅延収穫環境」と呼ふ世界に生きています。行動した結果がすぐに利益として現れない(遅延して現れる)世界のことです。 一…