全てのリンクには”必然性”がある

全てのリンクには”必然性”がある

全てのリンクには”必然性”がある

アフィリエイトリンクへの誘導方法について

多いご質問の一つに、「どうやってアフィリエイトリンクへ誘導するのですか?」といったものがあります。私はほとんど意識したことはなかったので、誘導方法に関する悩みが多いことに少し驚きました。具体的な悩みとしては以下のようなものです。

  • 画像(ボタン)とテキストリンクのどちらが良いか?
  • テキストリンクの場合、どのような文章にするべきか?
  • 全ての記事にアフィリリンクを置くべきか?
  • 記事(ページ)が少ない初期段階からリンクを置いて良いか?
  • 不自然な誘導にならない方法は?

誘導という考えを捨てる

そもそも誘導するという考えを捨てた方が良いです。

”誘導”というコトバには、なんとなくユーザーを操っているようなイメージがつきまといます。ユーザーにリンクをクリックしてもらうために、小手先のテクニックを使って様々な工夫を凝らすという感じです。「売りたい」「買って欲しい」という気持ちが前に出すぎています。マインドとしてはあまり良くないですね。

誘導するのではなく、訪問者にとってのユーザビリティを第一に考えるべきです。

アフィリリンクは自然に添えられるもの

アフィリエイトリンクは、コンテンツの一連の流れの中でそっと添えられるものだと考えています。記事(コンテンツ)があり、そのコンテンツの流れを受けて、記事の延長線上にアフィリエイトリンクが自然に置かれている、という形が理想的です。

多くのアフィリエイトサイトを観察すると、記事(コンテンツ)に対してアフィリエイトリンクが唐突に置かれている、という印象のサイトが多いように思えます。ユーザーとしては、あまりにも唐突すぎて面食らいます。「え、なに?」という感じです。

そのリンクはユーザーのためか?

ではどうすれば良いのか?簡単です。「そのアフィリエイトリンクは、そもそもユーザーにとって必要か?」という問いを、自分に投げかければ良いのです。

記事(コンテンツ)を書き、その中で商品を紹介した場合、商品のアフィリエイトリンクを記事の下に置くことは、ユーザーにとって役に立つことなのか?常に考えながらリンクを設置すれば、それほど悩むことはありません。

その記事内にアフィリエイトリンクを置くことが、自然でない(唐突すぎる)、ユーザーの役にたたないのであれば、置くべきではないのです。逆に、アフィリリンクを置くことが自然な流れであり、ユーザーにとって親切である(ユーザービリティの向上に繋がる)のであれば、リンクを置くべきです。

画像(ボタン)かテキストか?

アフィリエイトリンクを画像(ボタン)にするべきか、それともテキストリンク(アンカーリンク)にするべきか?こんな悩みも枝葉(えだは)に過ぎません。そのサイトを訪れたユーザーにとって、どちらが良いか(ベターか)、考えれば済むことだと思います。

テキストリンクを設置したほうが、ユーザビリティが高いと思えるのであれば、テキストリンクを設置すれば良いでしょう。

一方、画像ボタンは、ユーザーがアクションを起こしたくなったときに、目につきやすいよう設置してあげることが親切だと考えます。

結局、アフィリエイトリンクに限らず、全てのリンクはユーザビリティを考え、置くべき場所に求められる形で置くということになります。外部リンクも内部リンクも全く同じ考えです。

全てのリンクには必然性がある

サイトに設置するリンクは、アフィリエイトリンクに限りません。たとえば、記事の中でどこかのニュースサイトの記事を引用したのであれば、そのサイトへのリンクを置くべきです。※ニュースサイトや参照サイト、権威のあるサイトなど。

引用ルール(マナー)を尊重する意味もありますが、リンクを置くことがユーザーの役に立つからです。もっと詳しい情報を知りたいというユーザーの為に、外部リンクを設置します。

リンク集も全く同じ考えです。そのリンク集は、そもそも自分のサイトにとって必然性があるのか?リンク集を設置することが本当にユーザーのためなのか?リンク集に登録してあるサイトはユーザーに参照して欲しいサイトなのか?残念ながら、リンク集の設置は外的SEOの一環として行われているのが一般的です。相互リンクもそうですね。SEO強化のために相互リンクをするアフィリエイターが、未だに後を絶ちません。

私の運営するサイトにも、毎日数件の相互リンク依頼がありますが、すべてお断りしています。なぜなら相互リンクサイトを掲載することが、ユーザーにとって役立たない(無意味)だからです。

常にユーザー側を向いてサイト運営をしているかどうか?ということが問われているわけです。Google側を向いて、もしくは、ライバルサイトを睨みながらサイト運営をしている限り、本当にユーザーの役に立つサイトを育てることはできません。

根本的な問題はコンテンツ不足だ

アフィリエイトリンクの設置に関する考えを述べましたが、そもそもサイトコンテンツが不十分では、リンクを設置しても何も意味をなしません。上手く行っていないアフィリエイトサイトの大半は、コンテンツが十分ではありません。ユーザーが本当に欲している情報を、サイト内で提供できていないということです。そんなサイト運営者が、「アフィリエイトリンクをクリックしてもらうには・・・」と悩んでも、本末転倒です。

まずは、ユーザーにとって本当に為になるサイトを作るべきです。ユーザーの役に立つ価値のあるサイトを作り、その延長線上にアフィリエイトリンクを置くべきです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

外注なしアドセンスのみで月収80万円超え〜PRIDE【購入レビュー】その3
私がミニサイトを作らない理由(ワケ)

最近のトレンドである「ミニサイト」 先日、ミニサイトに関するご質問をいただきました。 山本様はミニサイト作りは考えておられないのでしょうか? ミニサイトは実際どうなのでしょうか? …

意図が明確なkeyword
意図が明確なキーワードで記事を書くことの重要性

キーワードこそがターゲットとサイトを繋ぐ唯一の”橋” 今回は量産アフィリエイト(ペラサイト)におけるキーワードの重要性についてのお話です。最近、多くのアフィリエイターのサイトを見る…

キーワードの枯渇
稼げるキーワードが枯渇することに対する漠然とした不安

大半のキーワードが先行組アフィリエイターに牛耳られている… わたしたち後発組が、アフィリエイトをスタートするときに、ある事実を知って絶望的な気持ちになることがあります。その事実とは…

Googleがリンクプログラムに参加するサイトに制裁措置
Googleがリンクプログラムに参加するサイトに対し制裁措置を発動

不正リンクに対するGoogleの制裁措置が発表された 昨日のGoogleウェブマスター向け公式ブログにて、リンクプログラムに参加するサイトに対する新たな制裁措置が発表されました。 …

”無料ブログ”を使ったスパムサイトの取り締まりが本格化
”無料ブログを使ったスパムサイト”に対する取り締まりが本格化

スパムサイト情報の相互共有が本格始動 先日の記事にてAdvanced Hosting Meetupを取り上げました。 Advanced Hosting Meetupとは、Googl…

関連キーワードをもっと楽に探したい!というあなたへ
関連キーワードをもっと楽に探したい!というあなたへ

視覚的にキーワードを俯瞰できるツール「OMUSUBI」が秀逸 こんなツールがあるとは知りませんでした。 キーワードをマインドマップ的に俯瞰できるツール「OMUSUBI(おむすび)」…

類似コンテンツ
他と被らないコンテンツの作り方

他と被らないコンテンツの作り方 類似コンテンツが氾濫する世界 大半のアフィリエイトサイトのコンテンツ(中身)は、どれも似通っていることが多いですね。情報商材アフィリエイトにしても、…

あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?
あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?

ストックとフロー 経済用語でストックとフローという言葉があります。 ストック(資産)とは徐々に蓄積されていったものを指し、フロー(所得)は継続的に流れていくものを指しています。アフ…

アフィリエイトLab(アフィLab)【検証とレビュー】
検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

「検索意図が明確かつ上位表示を狙えるキーワード」で記事を書くことの重要性 前回の記事の続きです。 アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる 前回は、アドセンス…

アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ
アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ

パワーアフィリエイト手法の要素の一つである”独自の切り口”に関するご質問を多くいただきます。また、パワーアフィリエイトの手法をまとめたオリジナル特典において、独自の切り口に関する解…

アフィリエイトビジネスの可能性
利益率94.4%の凄いビジネス

友人「…アフィリエイトって実際どうなの?」 私は、サラリーマンアフィリエイターです。会社関係の人には、私がアフィリエイトをしていることを隠しています。しかし、親しい友人には隠さず話…

70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている
70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

「自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。」竹中平蔵 年金崩壊危機が声高に叫ばれて久しいですが、もはや老後を国に頼ることは…