全てのリンクには”必然性”がある

全てのリンクには”必然性”がある

全てのリンクには”必然性”がある

アフィリエイトリンクへの誘導方法について

多いご質問の一つに、「どうやってアフィリエイトリンクへ誘導するのですか?」といったものがあります。私はほとんど意識したことはなかったので、誘導方法に関する悩みが多いことに少し驚きました。具体的な悩みとしては以下のようなものです。

  • 画像(ボタン)とテキストリンクのどちらが良いか?
  • テキストリンクの場合、どのような文章にするべきか?
  • 全ての記事にアフィリリンクを置くべきか?
  • 記事(ページ)が少ない初期段階からリンクを置いて良いか?
  • 不自然な誘導にならない方法は?

誘導という考えを捨てる

そもそも誘導するという考えを捨てた方が良いです。

”誘導”というコトバには、なんとなくユーザーを操っているようなイメージがつきまといます。ユーザーにリンクをクリックしてもらうために、小手先のテクニックを使って様々な工夫を凝らすという感じです。「売りたい」「買って欲しい」という気持ちが前に出すぎています。マインドとしてはあまり良くないですね。

誘導するのではなく、訪問者にとってのユーザビリティを第一に考えるべきです。

アフィリリンクは自然に添えられるもの

アフィリエイトリンクは、コンテンツの一連の流れの中でそっと添えられるものだと考えています。記事(コンテンツ)があり、そのコンテンツの流れを受けて、記事の延長線上にアフィリエイトリンクが自然に置かれている、という形が理想的です。

多くのアフィリエイトサイトを観察すると、記事(コンテンツ)に対してアフィリエイトリンクが唐突に置かれている、という印象のサイトが多いように思えます。ユーザーとしては、あまりにも唐突すぎて面食らいます。「え、なに?」という感じです。

そのリンクはユーザーのためか?

ではどうすれば良いのか?簡単です。「そのアフィリエイトリンクは、そもそもユーザーにとって必要か?」という問いを、自分に投げかければ良いのです。

記事(コンテンツ)を書き、その中で商品を紹介した場合、商品のアフィリエイトリンクを記事の下に置くことは、ユーザーにとって役に立つことなのか?常に考えながらリンクを設置すれば、それほど悩むことはありません。

その記事内にアフィリエイトリンクを置くことが、自然でない(唐突すぎる)、ユーザーの役にたたないのであれば、置くべきではないのです。逆に、アフィリリンクを置くことが自然な流れであり、ユーザーにとって親切である(ユーザービリティの向上に繋がる)のであれば、リンクを置くべきです。

画像(ボタン)かテキストか?

アフィリエイトリンクを画像(ボタン)にするべきか、それともテキストリンク(アンカーリンク)にするべきか?こんな悩みも枝葉(えだは)に過ぎません。そのサイトを訪れたユーザーにとって、どちらが良いか(ベターか)、考えれば済むことだと思います。

テキストリンクを設置したほうが、ユーザビリティが高いと思えるのであれば、テキストリンクを設置すれば良いでしょう。

一方、画像ボタンは、ユーザーがアクションを起こしたくなったときに、目につきやすいよう設置してあげることが親切だと考えます。

結局、アフィリエイトリンクに限らず、全てのリンクはユーザビリティを考え、置くべき場所に求められる形で置くということになります。外部リンクも内部リンクも全く同じ考えです。

全てのリンクには必然性がある

サイトに設置するリンクは、アフィリエイトリンクに限りません。たとえば、記事の中でどこかのニュースサイトの記事を引用したのであれば、そのサイトへのリンクを置くべきです。※ニュースサイトや参照サイト、権威のあるサイトなど。

引用ルール(マナー)を尊重する意味もありますが、リンクを置くことがユーザーの役に立つからです。もっと詳しい情報を知りたいというユーザーの為に、外部リンクを設置します。

リンク集も全く同じ考えです。そのリンク集は、そもそも自分のサイトにとって必然性があるのか?リンク集を設置することが本当にユーザーのためなのか?リンク集に登録してあるサイトはユーザーに参照して欲しいサイトなのか?残念ながら、リンク集の設置は外的SEOの一環として行われているのが一般的です。相互リンクもそうですね。SEO強化のために相互リンクをするアフィリエイターが、未だに後を絶ちません。

私の運営するサイトにも、毎日数件の相互リンク依頼がありますが、すべてお断りしています。なぜなら相互リンクサイトを掲載することが、ユーザーにとって役立たない(無意味)だからです。

常にユーザー側を向いてサイト運営をしているかどうか?ということが問われているわけです。Google側を向いて、もしくは、ライバルサイトを睨みながらサイト運営をしている限り、本当にユーザーの役に立つサイトを育てることはできません。

根本的な問題はコンテンツ不足だ

アフィリエイトリンクの設置に関する考えを述べましたが、そもそもサイトコンテンツが不十分では、リンクを設置しても何も意味をなしません。上手く行っていないアフィリエイトサイトの大半は、コンテンツが十分ではありません。ユーザーが本当に欲している情報を、サイト内で提供できていないということです。そんなサイト運営者が、「アフィリエイトリンクをクリックしてもらうには・・・」と悩んでも、本末転倒です。

まずは、ユーザーにとって本当に為になるサイトを作るべきです。ユーザーの役に立つ価値のあるサイトを作り、その延長線上にアフィリエイトリンクを置くべきです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた
DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた

DeNAのウェルク閉鎖が健食EC業界を揺さぶる 健食EC事業者にとってキュレーションメディアは、販路拡大に欠かせないパワフルな広告媒体だったようですね。 そんな中、DeNAのウェル…

「買いたい!」のスイッチを押す方法
「買いたい!」のスイッチを押す方法

消費者の心と行動を読み解く 昨日、たまたまネットで見かけた書籍をAmazoneのKindleで購入しました。内容がアフィリエイターにとってもかなり役立つものだったので紹介します。「…

なぜテーマから始めると、アフィリエイトは「上手くいかない」のか?
なぜテーマから始めると、アフィリエイトは「上手くいかない」のか?

アフィリエイトは「テーマ」からスタートすると失敗する 今回はの記事は、前回の記事とも一部内容がかぶりますが、重要なポイントなので別の角度から改めて記事にしたいと思います。 成約する…

「買いたい!」のスイッチを押す方法
たった480円で学べる”ブログ収益化戦略”

パワーアフィリエイター必読の書 わかったブログの運営者かん吉さんが発行した電子書籍『人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術』 [Kindle版]が、非常に…

あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?
あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?

ストックとフロー 経済用語でストックとフローという言葉があります。 ストック(資産)とは徐々に蓄積されていったものを指し、フロー(所得)は継続的に流れていくものを指しています。アフ…

キーワードの枯渇
稼げるキーワードが枯渇することに対する漠然とした不安

大半のキーワードが先行組アフィリエイターに牛耳られている… わたしたち後発組が、アフィリエイトをスタートするときに、ある事実を知って絶望的な気持ちになることがあります。その事実とは…

アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックス
アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックスだ

”即時収穫環境”と”遅延収穫環境” 研究者によると、我々人間は「遅延収穫環境」と呼ふ世界に生きています。行動した結果がすぐに利益として現れない(遅延して現れる)世界のことです。 一…

書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』
書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』

250円で”個人WEBメディア”の構築と運営ノウハウが学べる 本のご紹介です。 『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』 250円 Kindle本…

意図が明確なkeyword
意図が明確なキーワードで記事を書くことの重要性

キーワードこそがターゲットとサイトを繋ぐ唯一の”橋” 今回は量産アフィリエイト(ペラサイト)におけるキーワードの重要性についてのお話です。最近、多くのアフィリエイターのサイトを見る…

成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある
成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある

その商品を心の底から必要としてる人は「誰」か? アフィリエイターの役目は、商品を必要としているターゲットに適切にアプローチすることです。ユーザーにとって価値のある商品・サービスをお…

アフィリエイトを「自分年金」にする方法
老後に必要な資金を貯めるよりも「そこそこ稼げる仕組みの構築」を最優先すべき

アフィリエイトを「自分年金」にする方法 自分年金とは、金融商品を活用してリタイア後の生活費を自分自身で準備することです。公的年金や預貯金で足りない部分を補完するために、オリジナルの…

必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました
必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました

読んでいないと話にならない『ウェブマスター向けガイドライン』 本日(2012年10月3日)、Googleのウェブマスター向けガイドラインが更新されました。ウェブマスター向けガイドラ…