【1カ月間】毎日更新をしてみた結果、PV数が2.2倍になったが…

1カ月間、毎日更新をしてみた結果

1カ月間、毎日更新をしてみた結果

30日間”毎日更新”をした結果を振り返る

2016年9月12日から10月11日までの1ヶ月間、ブログ記事を毎日更新してみました。

毎日更新を実践した理由は上の記事で詳しく書いています。

30日経過したので、ちょっと一呼吸置いて1カ月でどれくらいアクセス・報酬の変化があったのか、自分なりにまとめておきたいと思います。そもそも1カ月程度ではそれほど変化がない可能性もあると考えていましたが、意外と目に見える変化を計測することができました。

今回の記事では「アクセス推移」についてまとめてみます。次回の記事で報酬の変化について触れてみたいと思います。

PVデータは顕著な変化がみられた

まずはアクセスです。グーグルアナリティクスのPV数(ページビュー数)グラフがこちらです。

グーグルアナリティクスPV数推移

グーグルアナリティクスPV数推移

2016年9月12日〜10月11日までのPV数推移グラフです。右肩上がりになっているのがわかります。

一番左(9月12日)のPV数が1641、一番右(10月11日)のPV数が3668です。実に2027もPV数が増加しています。約2.2倍増です。

もう少し長期のデータを抽出してみるともっとわかりやすいかもしれません。下のグラグは2016年7月1日〜のPV数推移グラフです。赤枠で囲った部分が毎日更新期間となります。

長期間のPV数データ

長期間のPV数データ

1年前の同期間(7月1日〜10月11日)を比較してみます。明らかにグラフの形状に差が出ているのがわかります。

1年前とPV数を比較

1年前とPV数を比較

不定期更新をしていた時期(2016年7月1日〜9月10日)は、1年前とほとんどPV数が変わらないのですが、毎日更新を始めた時期からPV数がグングン伸び始めています。

ユーザー数の推移比較グラフも掲載しておきます。

ユーザー数の推移比較グラフ

ユーザー数の推移比較グラフ

たった1カ月だけ毎日更新をしただけで、PV数は大きく変化しました。この結果は思わぬ収穫でした。

前年(2015年)は1記事、今年は31記事

ちなみに昨年の同時期(2015年9月12日〜10月11日)に更新した記事数は、1記事です。

そして今年の同時期(2016年9月12日〜10月11日)に更新した記事数は、31記事です。

単純計算ですが、昨年同時期と比べ、労力にして実に31倍の時間とパワーを使っています。

昨年1年間で執筆した記事数を1カ月で上回る

2015年1月1日〜12月31日の1年間に書いた記事はたったの29記事しかありません(その内の12記事は単なるアフィリエイト報酬結果記事ですので、実質記事数は17記事です)。その1年分を上回る記事数(31記事)を1カ月で書いたことになります。

平日の早朝に、このブログを含め2サイトの「毎日更新」を行いました。土日も休まず記事をアップしています。

報酬の変化は…たったの1.2倍

ここまでの労力と時間を使い2サイトの記事更新をおこなったわけですが、はたして報酬はどのように変化したのか?

当然ですが、アクセス数の伸びよりも報酬の伸びの方が重要であることは言うまでもありません。労働量(作業量&労働時間)と報酬の最適バランスを追求することが今回の実験の最大の目的です。

報酬が増えても激務が続くのであれば、それは私にとっての最適解ではありません。できるだけ少ない労働量(作業量&労働時間)で、アフィリエイト報酬を最大化することを追求しているのです。

結論から言えば、報酬は1.2倍程度(前年比)しか変化しませんでした。ただ、アフィリエイトは作業量が即座に反映されるビジネスではありません。増えたアクセスはじわじわと報酬アップにつながる可能性があります。アフィリエイトビジネスの難しいところでもあり面白さでもある点ですね。

今回の更新で、いわゆるキャッシュポイントとなる記事(アフィリエイトリンクの入った記事)は31記事中4記事しかありません。残りの27記事は、いわゆる資産記事です。もしも30記事全てをキャッシュポイントにしたならば、結果はもっと変化していたでしょう。

今回の結果を踏まえて、今後も毎日更新をするか?と言われれば、やらないでしょう。生産性を最大限に高めることこそが私の一番の目標です。つまり報酬を最大化するための最適な作業量を導き出すことです。

  1. 月に1記事(作業時間30分/月)で報酬10万円
  2. 月に30記事(作業時間900分/月)で報酬30万円(報酬3倍)

上の2つだったら、1番を選びます。

最適化を探す作業はまだ始まったばかりです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

多作は才能だ
多作は才能だ『作家の収支』(森博嗣)

ビジネスライクな小説家「森博嗣」のマーケティングセンス 『作家の収支』(森博嗣)という興味深い本をさきほどKindleで読み終えました。仕事帰りにiPhoneで購入し、Kindle…

アフィリエイトはラットレース
アフィリエイトという”ラットレース”から抜け出す一番の近道は、市場(マーケット)への再投資だ

サイト売却の話 先日、私が運営するサイト(1サイト)を購入したいとのお話をいただきました。売買専門業者さんを介してのお話です。このサイト(アフィリエイト戦略思考ブログ)ではありませ…

類似コンテンツ
他と被らないコンテンツの作り方

他と被らないコンテンツの作り方 類似コンテンツが氾濫する世界 大半のアフィリエイトサイトのコンテンツ(中身)は、どれも似通っていることが多いですね。情報商材アフィリエイトにしても、…

ターゲットを軽視してはいけない
ターゲットを軽視してはいけない

ターゲットを軽視してはいけない ターゲットの重要性 多くのアフィリエイターが、ターゲットを軽視している、もしくは上手く絞れていないことが多いように感じます。 ターゲットとは、私たち…

「welq(ウェルク)」にアフィリエイターが勝てなかった理由
「welq(ウェルク)」に個人アフィリエイターが勝てなかった理由

「welq(ウェルク)」に個人アフィリエイターが勝てなかった理由は”生産性”の差にある DeNA運営の「welq(ウェルク)」を始めとした大手コンテンツサイトが検索上位表示を独占し…

アフィリエイトLab(アフィLab)【検証とレビュー】
検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

「検索意図が明確かつ上位表示を狙えるキーワード」で記事を書くことの重要性 前回の記事の続きです。 アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる 前回は、アドセンス…

YouTubeアフィリエイトに暗雲立ち込める
YouTubeアフィリエイトを始めるには「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」であること!パートナープログラム審査基準が一層厳しくなる(2018年2月20日より)

「YouTubeパートナープログラム」への参加条件が厳しくなる 先日YTM∞のレビューをしたばかりですが、世界から暗いニュースが飛び込んできました。「YouTubeパートナープログ…

あなたはペラサイトの量産に耐えられるか?
あなたはペラサイトの量産に耐えられるか?

ペラサイトの量産・更新に抵抗がないか? パンダ塾ピラミダルが話題になっていますね。パンダ塾ピラミダルは、携帯・スマホアフィリを教えてくれる塾です(パソコンを使ったアフィリにも応用で…

たった1時間で意図が明確なキーワードを100個、探しだす方法
たった1時間で意図が明確なキーワードを100個、探しだす方法

意図が明確なキーワードを探す方法 前回の記事の続きになります。 意図が明確なキーワードで記事を書くことの重要性 本記事では、具体的に「意図が明確なキーワード」を探す方法を詳しく解説…

アフィリエイトで成功するには圧倒的な熱量と大量行動が必要だ
アフィリエイトで成功するには圧倒的な熱量と大量行動が必要だ

アフィリエイトで成功するには圧倒的な熱量と大量行動が必要 最近はもっぱら甥にアフィリエイトを教えることに専念しています。第三者にレクチャーしながら感じたことがあります。アフィリエイ…

2018年6月、仮想通貨アフィリエイトが全面禁止へ…!?
【衝撃】2018年6月、仮想通貨アフィリエイトが全面禁止される?!

Googleが仮想通貨とICOの広告を6月から禁止すると発表 盛り上がりをみせる仮想通貨アフィリエイトに水を差すようなニュースが飛び込んできました。 Googleが今年(2018年…

朝一番でベッドを整えるとアフィリエイト作業がはかどる
朝一番でベッドを整えるとアフィリエイト作業が捗る

自宅作業の生産性を向上させる秘訣 私は専業アフィリエイターではありませんが、基本的には早朝の60分〜90分をアフィリエイト作業に充てています。その際に必ずやっていることがいくつかあ…