あなたのサイトはブックマークされている?

ブックマークされるサイトを目指す

あなたのサイトはブックマークされている?

ユーザーにとって価値のあるサイトとは?

私のアフィリエイト手法は、量産ではなく1つ1つのサイト(ブログ)を、時間をかけて育てていく方法です。いわゆるパワーサイトを作っていく手法です。

パワーサイトですので記事数は非常に多いです。最低でも100記事、多いものは300記事を超えています。しかし、記事数はそれほど重要ではありません。重要なのは、ユーザーにとって価値のある記事であるかどうか?です。

一方で、多くのアフィリエイターが記事の数を増やすことに注力しすぎているような気がします。もしくはサイトの量産にばかり力を入れている方が多いように感じます。そんな方に尋ねてみたいです。「あなたの作っているサイトには、価値がありますか?」その問いに対して、自信を持って「もちろん価値がある!」と回答できますでしょうか?

あなたのサイトは誰かの”お気に入り”に登録されていますか?

少し質問を変えてみます。

「あなたのサイトは誰かにブックマークされていると思いますか?」

いかがでしょうか?あなたが作成したサイト(ブログ)は、狙ったユーザー(ターゲット)にブックマークされているでしょうか?ユーザーのお気に入りに登録されているでしょうか?そもそも、ブックマークされるようなサイトを作っていますでしょうか?

あなたが、ペラサイトやコピペサイト、リライトサイトなどを作っている限り、あなたのサイトがお気に入りに登録されることはほとんどないと思います。誰も無価値なサイトを登録したいと思わないからです。

一般的にブックマークされる(お気に入りに登録される)サイトというのは、 以下の様な想いを抱かせるサイトです。

  • 「もう一度訪れたい」
  • 「あとで、もう一度読みたい」
  • 「記事が面白く、知り合いにも紹介したい」
  • 「記事が更新されたら、またアクセスして記事を読みたい」

あなたも心当たりがあると思います。あなたが所有するパソコンのお気に入りに登録されているサイトは、自分自身が「面白いor役に立つ」と思ったサイトであるはずです。お気に入りのブログであれば、RSSリーダー登録していたり、ソーシャルブックマークしているはずです。

パワーアフィリエイターが目指すべきサイト(ブログ)は、これだと思います。つまり、ユーザーにお気に入り登録(ブックマーク)されるようなサイトを作る、ということです。

それができれば確実にリピーターが増えます。リピーターが増えれば接触回数が自然と増えるので、ユーザーとの間にラポール(信頼関係)を築くことができます。信頼関係ができれば、アフィリエイトすることは簡単です。そして、「ありがとう!」と言ってもらえます。

これが、私が考える(パワーブログ)アフィリエイトビジネスです。バックリンクも、サイト量産も、中古ドメインも、有料リンクサービスも、一切必要ありません。極めてシンプルです。

「シンプル=簡単」ではない

やっていることはシンプルでも、簡単ということではありません。ブックマークされるようなサイト(ブログ)を作ることは、常にユーザーのことを考え、ユーザーにとって(オリジナルな)価値のある情報を提供し、ユーザーの役に立つことを第一に考える必要があります。

記事一つ一つに手抜きはできません。手抜きするくらいだったら更新しない方がマシです。 全ての記事に思いを込めて書きます。決して楽ではない作業ですが、”価値の提供”とはそういうものだと思っています。

価値あるサイトは”あなたの資産”になる

で苦労して良記事を更新し続けたサイトは、いずれあなたの資産になります。記事数が増えれば、自然とロングテールによるアクセスが増え、なおかつGoogleからの評価も高まるので、上位表示されやすくなります。

さらに、多くのユーザーにブックマークされるので、リピーターも増えます(私のサイトへのアクセスの約50%はリピーターです)。結果的にアクセス数は右肩上がりになります。

ペンギンアップデートやパンダアップデートなどに、ビクビク怯える必要は全くありません。

ユーザーとの信頼関係も構築できますので、アフィリエイト報酬もアップします。ここまでくればそのサイトは資産のようなものです。資産化したサイトは、定期的なメンテナンス(記事追加など)だけでアクセスが安定し、アフィリエイト報酬も安定します。

たった1つのサイトで、50~100万円(月額)も可能です。私が所有するサイトの1つは、月100万円(2012年8月)を超えています。そんな資産サイトを2~3個所有することができれば、あなたのアフィリ報酬は月100万円〜になる可能性もあります。

資産化したサイトを所有して自由になろう

資産化したサイトを2〜3サイト所有していれば、アフィリエイト報酬は安定します。少なくとも一般サラリーマンの月収の数倍は、毎月得ることが可能になります。経済的、空間的、時間的自由が得られるので、かなり自由度が高まります。

さらに、「ありがとう」という感謝の言葉も頂けます。ユーザーの役に立つサイトを運営し、そのお礼として、アフィリエイト報酬を得ることができるのです。互いの顔の見えないネット空間であっても、感謝される仕事をしたいです。その対価として報酬を手にしたいと思います。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される
【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される

渋谷で開催される年1回のビッグイベント 毎年恒例のビッグイベントが渋谷で開催されます。その名も「本気でアフィリエイトを学ぶ会2016 -Japan Affiliate Summit…

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則
『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その1】

『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入した 本日は書籍のご紹介です。中村貞文さんの『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』です…

アフィリエイトはルーチンワークではない
アフィリエイトはルーチンワークではない

ルーティン作業で報酬が上がる時代は終わりつつある ルーチンワークアフィリエイトのレビュー依頼があったので、販売ページを見てみました。infotopランキングの上位にランクインしてい…

なぜテーマから始めると、アフィリエイトは「上手くいかない」のか?
なぜテーマから始めると、アフィリエイトは「上手くいかない」のか?

アフィリエイトは「テーマ」からスタートすると失敗する 今回はの記事は、前回の記事とも一部内容がかぶりますが、重要なポイントなので別の角度から改めて記事にしたいと思います。 成約する…

当ブログからの記事盗用に関して
当ブログからの記事盗用行為に関して

このブログ「アフィリエイト戦略思考」(https://affiliate-review-blog.com)から無断で記事を引用・盗用しているサイトが多く見受けられます。今後、悪質な…

”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探す
”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探す

ブログの毎日更新を開始した理由 このブログでは、2016年9月12日から毎日記事を更新しています。それまでは月に1〜2本程度しか記事を書いていませんでした。 唐突に毎日更新を開始し…

自己満足サイトに陥っていませんか?
自己満足サイトに陥っていませんか?

自己満足的なアフィリエイトサイトの特徴 すごく頑張っているのに何故か上手くいっていないサイトには、共通している特徴があります。それは、自己満足的なサイト運営に陥っている、ということ…

【ネタ集め】ブログ記事を速く書き上げるコツは事前の準備にある
【ネタ集め】ブログ記事を速く書き上げるコツは事前の準備にある

ブログ記事を30分で書き上げる方法 先日”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探すという記事を書いたですが、その中の記事執筆方法に関してご質問をいただきまし…

アフィリエイトで「週4時間」だけ働く

週4時間だけ働く 『「週4時間」だけ働く。』という書籍をご紹介します。 刺激的なタイトルですが、出版されたのは約10年前です。2007年9月が初版であり、そのときのタイトルは『なぜ…

”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア
えっ!税務調査?アフィリエイターの会社に調査官がやってきた事の顛末

※今回の記事はストーリー仕立てで書いてみます。実話です。 運営する会社に税務調査が入った(設立3年目) 先月下旬(2016年4月下旬)、私の会社(私が作った会社)に税務調査が入った…

関連キーワードをもっと楽に探したい!というあなたへ
関連キーワードをもっと楽に探したい!というあなたへ

視覚的にキーワードを俯瞰できるツール「OMUSUBI」が秀逸 こんなツールがあるとは知りませんでした。 キーワードをマインドマップ的に俯瞰できるツール「OMUSUBI(おむすび)」…

下克上(GEKOKUJO)は本当に成果がでるのか?
ニッチとは”細分化されたニーズ”だ

ニッチジャンルに関するご質問 ニッチなターゲットとニッチなブログテーマに関するご質問を頂きました。 山本様が考えるニッチジャンルとはライバルがいないジャンルを狙うことであり、ニッチ…