Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

Googleが本気を出します

昨日(2012年10月23日)の、Googleウェブマスター向け公式ブログをご覧になりましたでしょうか?全アフィリエイター必見の記事です。 まだ見ていない人は、今すぐ見て下さい。

「独自コンテンツをより高く評価するために」というタイトル記事です。

今回は、特に日本語での検索向けに、良質なサイトの検索順位を改善するアルゴリズム変更を実施しましたのでお知らせします。

引用:Google公式ブログ

今回(2012年10月23日)のGoogleアップデートでは、コピペサイトや中身のない価値の低いサイトを排除し、独自コンテンツを持つ価値の高いサイトを上位表示するように改善されたそうです。しかも、日本語サイトに対するアルゴリズムアップデートです。付加価値のないアフィリエイトサイトは、Googleのガイドライン違反となり検索順位が下がることを示唆しています。

ようやくGoogleの本領が発揮され始めたようですね。ペラサイトや中身の薄いアフィリエイトサイトは、ますます厳しい状況に追いやられそうです。逆に、しっかりとコンテンツ重視でサイトを運営されてきた方にとっては、今回のアップデートは朗報ですね。パワーサイトの時代が到来しそうな予感です。

アフィリエイトを長期的視野で捉えているか?

アフィリエイトを、単なる小遣い稼ぎ的な感じで捉えているか、それともしっかりとビジネスと捉え、中長期的な視野で戦略を建てているか、その違いが今後の報酬の伸びを大きく左右します。

1年後、3年後、5年後と、アフィリ経験が伸びるに合わせて、継続的にアフィリエイト報酬を拡大できる人は、資産となるようなサイト作りを心がけているアフィリエイターでしょう。

資産となるサイト=パワーサイトです。パワーサイトは一朝一夕では完成しません。日々の記事更新の積み重ねによって、徐々に完成度が高まります。時間が味方をしてくれます。今日から毎日、記事をアップしていけば、1年後には365記事のパワーサイトが完成します。このパワーサイトから、どれほどのアフィリエイト報酬が生まれるでしょうか?少なく見積もっても、月30万円は下らないと思います。

目先の報酬に囚われない

多くのアフィリエイターは、目先の1万円の報酬に囚われてしまいます。 その1万円を得たいが為に、ペラサイトを量産したり、コピペ的な記事を入れた無料ブログを大量に作ったりします。上位表示されるのは一瞬です。(今後は上位表示すらされない可能性もでてきます)

もっと長期的にアフィリエイトビジネスを捉えるべきです。1年後に月30万円~50万円の報酬が得られる方が、よっぽど有益ではないでしょうか?そのためには、ユーザーにとって本当に役立つ価値のあるサイト作りを目指すべきです。

私の初年度アフィリ報酬額は1200万円を超える

私は2012年2月よりアフィリエイトをスタートしましたが、おかげさまで、1年以内に、総報酬額は1200万円を超えそうです。2012年9月末時点(8ヶ月)で、累計6,999,851円の報酬を得ました。

2012年2月       61,074円 (アフィリエイト開始)
2012年3月     171,668円
2012年4月     475,594円
2012年5月     440,820円
2012年6月  1,120,281円
2012年7月  1,217,637円
2012年8月  1,659,412円
2012年9月  1,853,365円
__________________
合計     6,999,851円

2012年10月 1,500,000円(予定)
2012年11月 1,500,000円(予定)
2012年12月 1,500,000円(予定)
2013年1月  1,500,000円(予定)
__________________
合計    12,999,851円(予定)

残り4ヶ月ですが、仮に月平均150万円を得たとしても、1200万円を超えるアフィリエイト報酬を1年間(12ヶ月)で手にすることが出来そうです。

最終的に1450万円を超えました(2012年12月報酬)。

これがパワーサイトの力だと思います。ご覧の通り、報酬を大きく下げることなく、ほぼ右肩上がりで報酬を伸ばしています。

情報商材アフィリエイトはマーケットが狭いため、今後はどこかで報酬の伸びが停滞すると思いますので、2013年からは物販アフィリに参入したいと思っています。物販アフィリのマーケットは巨大です。取扱商品も幅広く、多彩です。物販アフィリにおいても、今のパワーサイト手法を展開していく予定です。恐らく、私のアフィリエイト報酬は更に拡大すると思います。

コツコツ記事をアップすることが将来の報酬を生んでくれる

コツコツと毎日、記事を入れていけば、半年後~1年後には、誰にもマネのできないパワーサイトが完成します。時間をかけて育てたサイトは、Googleの評価も高くなり、上位表示しやすくなるでしょう。そのパワーサイトに、そっとアフィリエイトリンク(出口)を添えるだけでOKです。総アクセスの一定割合のユーザーがコンバージョンしてくれます。毎日のようにアフィリエイト報酬が発生するでしょう。

こんなビジネスが、今後生き残っていくのではないでしょうか。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

アフィリエイト実績
アルファブロガーに学ぶアフィリエイト成功法則

アルファブロガーに学ぶアフィリエイト成功法則 アフィリエイターではなくブロガー? 昨日の記事に対して「アフィリエイターというよりは、ブロガーっぽいですね。」という感想をいただきまし…

パワーアフィリエイトに不可欠な「独自の切り口」とは?
パワーアフィリエイトに不可欠な「独自の切り口」とは?

パワーアフィリエイトの定義 パワーアフィリエイトに関するご質問を多くいただいています。 量産アフィリに疲れたので、1つのサイトでアフィリエイトしたい パワーアフィリエイトを運営した…

キーワードの枯渇
稼げるキーワードが枯渇することに対する漠然とした不安

大半のキーワードが先行組アフィリエイターに牛耳られている… わたしたち後発組が、アフィリエイトをスタートするときに、ある事実を知って絶望的な気持ちになることがあります。その事実とは…

たった1時間で意図が明確なキーワードを100個、探しだす方法
たった1時間で意図が明確なキーワードを100個、探しだす方法

意図が明確なキーワードを探す方法 前回の記事の続きになります。 意図が明確なキーワードで記事を書くことの重要性 本記事では、具体的に「意図が明確なキーワード」を探す方法を詳しく解説…

レビューとは「自分をレビューする」ことだ
レビューとは「自分をレビューする」ことだ

書評「人気ブログの作り方」 今回も『人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術』 [Kindle版]のレビューをします。たった280円で学べる”ブログ収益化戦…

「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと
「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと

「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと 長年このブログを読んでいただいている方は気付いているかもしれませんが、私は文体をよく変えています。ブログスタート当初は「ですま…

ニッチなテーマについて
どうせならニッチなジャンルで専門性の高いサイトを作る

ニッチなジャンルで”尖ったサイト”を作ることの重要性 これまでにいただいたアフィリエイトに関する質問メールから、シェアできるものを数回に分けてピックアップしてお届けします。今回は、…

”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア
”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア

超高齢化社会では1億4000万〜1億5000万円のお金が必要!? 週刊現代WEB版にて興味深い記事を読みました。 年金だけではまったく足りない! 人生100年時代のゾッとする真実 …

アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ
アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ

パワーアフィリエイト手法の要素の一つである”独自の切り口”に関するご質問を多くいただきます。また、パワーアフィリエイトの手法をまとめたオリジナル特典において、独自の切り口に関する解…

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則
『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その2】

前回の記事はこちら 『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を購入してみた【その1】 書籍で紹介されている「あかちゃんのぐずり」サイト この書籍では、著者のサイ…

朝一番でベッドを整えるとアフィリエイト作業がはかどる
朝一番でベッドを整えるとアフィリエイト作業が捗る

自宅作業の生産性を向上させる秘訣 私は専業アフィリエイターではありませんが、基本的には早朝の60分〜90分をアフィリエイト作業に充てています。その際に必ずやっていることがいくつかあ…

成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある
成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある

その商品を心の底から必要としてる人は「誰」か? アフィリエイターの役目は、商品を必要としているターゲットに適切にアプローチすることです。ユーザーにとって価値のある商品・サービスをお…