Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

Googleが本気を出します

昨日(2012年10月23日)の、Googleウェブマスター向け公式ブログをご覧になりましたでしょうか?全アフィリエイター必見の記事です。 まだ見ていない人は、今すぐ見て下さい。

「独自コンテンツをより高く評価するために」というタイトル記事です。

今回は、特に日本語での検索向けに、良質なサイトの検索順位を改善するアルゴリズム変更を実施しましたのでお知らせします。

引用:Google公式ブログ

今回(2012年10月23日)のGoogleアップデートでは、コピペサイトや中身のない価値の低いサイトを排除し、独自コンテンツを持つ価値の高いサイトを上位表示するように改善されたそうです。しかも、日本語サイトに対するアルゴリズムアップデートです。付加価値のないアフィリエイトサイトは、Googleのガイドライン違反となり検索順位が下がることを示唆しています。

ようやくGoogleの本領が発揮され始めたようですね。ペラサイトや中身の薄いアフィリエイトサイトは、ますます厳しい状況に追いやられそうです。逆に、しっかりとコンテンツ重視でサイトを運営されてきた方にとっては、今回のアップデートは朗報ですね。パワーサイトの時代が到来しそうな予感です。

アフィリエイトを長期的視野で捉えているか?

アフィリエイトを、単なる小遣い稼ぎ的な感じで捉えているか、それともしっかりとビジネスと捉え、中長期的な視野で戦略を建てているか、その違いが今後の報酬の伸びを大きく左右します。

1年後、3年後、5年後と、アフィリ経験が伸びるに合わせて、継続的にアフィリエイト報酬を拡大できる人は、資産となるようなサイト作りを心がけているアフィリエイターでしょう。

資産となるサイト=パワーサイトです。パワーサイトは一朝一夕では完成しません。日々の記事更新の積み重ねによって、徐々に完成度が高まります。時間が味方をしてくれます。今日から毎日、記事をアップしていけば、1年後には365記事のパワーサイトが完成します。このパワーサイトから、どれほどのアフィリエイト報酬が生まれるでしょうか?少なく見積もっても、月30万円は下らないと思います。

目先の報酬に囚われない

多くのアフィリエイターは、目先の1万円の報酬に囚われてしまいます。 その1万円を得たいが為に、ペラサイトを量産したり、コピペ的な記事を入れた無料ブログを大量に作ったりします。上位表示されるのは一瞬です。(今後は上位表示すらされない可能性もでてきます)

もっと長期的にアフィリエイトビジネスを捉えるべきです。1年後に月30万円~50万円の報酬が得られる方が、よっぽど有益ではないでしょうか?そのためには、ユーザーにとって本当に役立つ価値のあるサイト作りを目指すべきです。

私の初年度アフィリ報酬額は1200万円を超える

私は2012年2月よりアフィリエイトをスタートしましたが、おかげさまで、1年以内に、総報酬額は1200万円を超えそうです。2012年9月末時点(8ヶ月)で、累計6,999,851円の報酬を得ました。

2012年2月       61,074円 (アフィリエイト開始)
2012年3月     171,668円
2012年4月     475,594円
2012年5月     440,820円
2012年6月  1,120,281円
2012年7月  1,217,637円
2012年8月  1,659,412円
2012年9月  1,853,365円
__________________
合計     6,999,851円

2012年10月 1,500,000円(予定)
2012年11月 1,500,000円(予定)
2012年12月 1,500,000円(予定)
2013年1月  1,500,000円(予定)
__________________
合計    12,999,851円(予定)

残り4ヶ月ですが、仮に月平均150万円を得たとしても、1200万円を超えるアフィリエイト報酬を1年間(12ヶ月)で手にすることが出来そうです。

最終的に1450万円を超えました(2012年12月報酬)。

これがパワーサイトの力だと思います。ご覧の通り、報酬を大きく下げることなく、ほぼ右肩上がりで報酬を伸ばしています。

情報商材アフィリエイトはマーケットが狭いため、今後はどこかで報酬の伸びが停滞すると思いますので、2013年からは物販アフィリに参入したいと思っています。物販アフィリのマーケットは巨大です。取扱商品も幅広く、多彩です。物販アフィリにおいても、今のパワーサイト手法を展開していく予定です。恐らく、私のアフィリエイト報酬は更に拡大すると思います。

コツコツ記事をアップすることが将来の報酬を生んでくれる

コツコツと毎日、記事を入れていけば、半年後~1年後には、誰にもマネのできないパワーサイトが完成します。時間をかけて育てたサイトは、Googleの評価も高くなり、上位表示しやすくなるでしょう。そのパワーサイトに、そっとアフィリエイトリンク(出口)を添えるだけでOKです。総アクセスの一定割合のユーザーがコンバージョンしてくれます。毎日のようにアフィリエイト報酬が発生するでしょう。

こんなビジネスが、今後生き残っていくのではないでしょうか。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

アフィリエイトを「自分年金」にする方法
老後に必要な資金を貯めるよりも「そこそこ稼げる仕組みの構築」を最優先すべき

アフィリエイトを「自分年金」にする方法 自分年金とは、金融商品を活用してリタイア後の生活費を自分自身で準備することです。公的年金や預貯金で足りない部分を補完するために、オリジナルの…

アフィリエイトビジネスの可能性
利益率94.4%の凄いビジネス

友人「…アフィリエイトって実際どうなの?」 私は、サラリーマンアフィリエイターです。会社関係の人には、私がアフィリエイトをしていることを隠しています。しかし、親しい友人には隠さず話…

アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックス
アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックスだ

”即時収穫環境”と”遅延収穫環境” 研究者によると、我々人間は「遅延収穫環境」と呼ふ世界に生きています。行動した結果がすぐに利益として現れない(遅延して現れる)世界のことです。 一…

どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか?
どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか?

どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか? 岡田斗司夫さんの「いや、上京するの面倒くさいし地元の方が楽だよね: ジモらくのススメ」を読みました。 いや、上京するの面倒くさい…

アフィリエイトはラットレース
アフィリエイトという”ラットレース”から抜け出す一番の近道は、市場(マーケット)への再投資だ

サイト売却の話 先日、私が運営するサイト(1サイト)を購入したいとのお話をいただきました。売買専門業者さんを介してのお話です。このサイト(アフィリエイト戦略思考ブログ)ではありませ…

意図が明確なkeyword
意図が明確なキーワードで記事を書くことの重要性

キーワードこそがターゲットとサイトを繋ぐ唯一の”橋” 今回は量産アフィリエイト(ペラサイト)におけるキーワードの重要性についてのお話です。最近、多くのアフィリエイターのサイトを見る…

アフィリエイト報酬額はあなたが市場に提供した”価値”の総量に比例する
アフィリエイト報酬額はあなたが市場に提供した”価値”の総量に比例する

「アフィリエイトで報酬が発生するまでの目安を知りたい…」 連日多くのご質問を頂いています。今回は特に初心者の方から多く寄せられるご質問(メール)を、いくつかご紹介します。(メールの…

SEOで真っ向勝負するか、オリジナルな価値を提供するか
SEOで真っ向勝負するか、オリジナルな価値を提供するか

SEOで真っ向勝負するか、オリジナルな価値を提供するか アフィリエイトにおいて、今、取るべき手法は2つしかないと考えています。(持論ですので反論もあると思います。) SEOで真っ向…

ウェブマスター向けガイドライン
あなたのSEO施策にやましい点はないか?

ウェブマスター向けガイドラインを読んでいますか? 極めて重要な”Googleのウェブマスター向けガイドライン” コンサルを開始して非常に驚いたことがあります。それは大半のアフィリエ…

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則
『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その1】

『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入した 本日は書籍のご紹介です。中村貞文さんの『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』です…

ニッチなテーマについて
どうせならニッチなジャンルで専門性の高いサイトを作る

ニッチなジャンルで”尖ったサイト”を作ることの重要性 これまでにいただいたアフィリエイトに関する質問メールから、シェアできるものを数回に分けてピックアップしてお届けします。今回は、…

全てのリンクには”必然性”がある
全てのリンクには”必然性”がある

アフィリエイトリンクへの誘導方法について 多いご質問の一つに、「どうやってアフィリエイトリンクへ誘導するのですか?」といったものがあります。私はほとんど意識したことはなかったので、…