良質のコンテンツこそ最良のSEOだ

良質のコンテンツこそ最良のSEOだ

良質のコンテンツこそ最良のSEOだ

良質のコンテンツこそ最良のSEOだ

ゴミサイトの排除は佳境に入りつつある

昨日(2012年10月24日)の記事にも書きましたが、いよいよGoogleがゴミサイトを追い詰めにかかっています。

検索結果を見ても、まだまだゴミサイトを見かけますが、一掃されるのも時間の問題かもしれません。ペラサイトや中身の薄いサイトを量産して、裏技的なSEOを駆使して上位表示させていた時代は、終わりを告げようとしています。

そろそろ本質に立ち返るべき

価値のある良質なコンテンツを作り続けることは、決して楽な作業ではありません。ペラサイトやリライトサイトを作る方が、はるかに楽です。しかも、裏技的なSEOは簡単で(現時点では)効果も大きいので、その味をしめたアフィリエイターは、なかなか止められません。

そろそろアフィリエイトの本質に立ち返るべきではないでしょうか。 良質で価値のあるコンテンツにアフィリリンクが置いてあるからこそ、高確率でコンバージョンするのです。無理矢理リンクを踏ませたり、誘導したりする必要はありません。ユーザーが求めていることを、コンテンツとして返してあげて、その出口の一つとしてアフィリエイトリンクを置いておくだけです。

アフィリエイトの本質は、いたって簡単・シンプルです。

商材や高額塾を売るために複雑にされた”世界”

シンプルなアフィリエイトを複雑にしてしまったのは、いったい誰でしょうか?

多くのアフィリエイト商材や、高額アフィリエイト塾、様々な自動化ツールの出現が、アフィリエイトを難しく複雑なものにしてきました。彼らは、自分の商材やツール・高額塾を売りたいが為に、テキストに必要のない作業を付け加え、裏技とされるテクニックを盛り込んできました。いつの間にか、私たちのやるべき作業は信じられないほどの膨大な量になってしまいました。

作業量が増える一方で、時間短縮を図るための、様々な自動化ツールが販売される。これが今のアフィリエイト業界の現状です。その結果、ゴミブログ、ゴミサイトがネット上に氾濫するようになったのです。彼ら(商材販売者)の罪は軽くはありません。

必要な作業は限られている

アフィリエイトビジネスは、ターゲットに合わせて良質なコンテンツを作り、アフィリエイトリンクを置くだけで良いのです。これが全てです。人為的な被リンクも必要なければ、バックリンクサイトも必要ありません。中古ドメインも必要なければ、日本語ドメインなど、はっきり言ってどうでも良いです。自動リンク集への登録や、SBM(ソーシャルブックマーク)への登録、相互リンク、コメントまわりなども不要です。

そんなことを気にするくらいだったら、1つでも多くの良質なコンテンツを作るべきです。その方が、長期的に見たときに、Googleから評価される可能性が高いからです。

もう一度書きます。やるべき作業はこれだけです。ターゲットに合わせて良質なコンテンツを作り、出口としてアフィリエイトリンクを添えるだけ良いのです。

良質なコンテンツとは体験を語ること

一次情報(オリジナルな体験)こそが良質なコンテンツ

では、良質なコンテンツとは何でしょうか?

私が考える良質なコンテンツとは、あなたの体験を通して咀嚼(そしゃく)されたオリジナル情報です。単なるウィキペディア的な情報を提供するのではなく、あなた自身の体験を語るということです。ユーザーは単なる情報を求めているのではなく、第三者の体験を通じた情報を求めているのです。

または圧倒的なインプットから導き出された、独自のアウトプット情報です。ユーザーに新しい気付きを与えられるような記事、ユーザーの生活を豊かなものに変化させるような記事です。

商品レビューにおいても、単なる商品スペックを書いても意味がありません。

  • その商品を使ってみて、どうだったのか?
  • 実際に効果はあったのか?
  • 体験者はどのように感じたのか?
  • 自分も、その体験(体感)を味わえるのか?
  • 自分にとって、それは本当に価値があるのか?

これらを知りたいのです。

情報を羅列したウィキペディアサイトではなく、オリジナルな体験サイトこそ、良質のコンテンツなのです。

良質のコンテンツを求めているGoogle

Googleは、常に良質のコンテンツサイトを上位表示させたいと考えています。このことは何度も何度も、Google側から私たちに届けられています。それだけ強いメッセージだということです。

Google ではこのところ、より良質なサイトを検索結果としてユーザーに返すことに力を入れています。

引用:Googleウェブマスター向け公式ブログ

Googleは、ここまではっきりと言い切っているのです。つまり良質なコンテンツサイトを作れば、勝手に(必然的に)上位表示されるのです。何故なら、Googleがそうしたいと考えているからです。

良質のコンテンツを作り続けることこそ、最高(最良)のSEOとも言えます。だったら私たちがやるべきことは、簡単ですね。良質で価値のあるアフィリエイトサイトを作れば良いのです。この点が、なかなか腑に落ちない方は、Googleのガイドラインを20回くらい読んでみて下さい。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法
ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法

ニッチジャンルと独自の切り口(オリジナルな価値)との関係 今回もパワーアフィリエイトに関するご質問をいただきましたのでシェアします。ご質問内容はニッチジャンルと独自の切り口(オリジ…

【自作自演は不要】3年で700本もの自然リンクを貰えた理由とは?
【自作自演は不要】3年で700本もの自然リンクを貰えた理由とは?

 ferret「アフィリエイトやるなら定期購読必須ブログ21選」に選ばれた WEBマーケティング系「ferret」にて、当ブログが「アフィリエイトやるなら定期購読必須ブログ21選」…

Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた
Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

Googleが本気を出します 昨日(2012年10月23日)の、Googleウェブマスター向け公式ブログをご覧になりましたでしょうか?全アフィリエイター必見の記事です。 まだ見てい…

「welq(ウェルク)」にアフィリエイターが勝てなかった理由
「welq(ウェルク)」に個人アフィリエイターが勝てなかった理由

「welq(ウェルク)」に個人アフィリエイターが勝てなかった理由は”生産性”の差にある DeNA運営の「welq(ウェルク)」を始めとした大手コンテンツサイトが検索上位表示を独占し…

成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある
成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある

その商品を心の底から必要としてる人は「誰」か? アフィリエイターの役目は、商品を必要としているターゲットに適切にアプローチすることです。ユーザーにとって価値のある商品・サービスをお…

YouTubeアフィリエイトに暗雲立ち込める
YouTubeアフィリエイトを始めるには「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」であること!パートナープログラム審査基準が一層厳しくなる(2018年2月20日より)

「YouTubeパートナープログラム」への参加条件が厳しくなる 先日YTM∞のレビューをしたばかりですが、世界から暗いニュースが飛び込んできました。「YouTubeパートナープログ…

アフィリエイトはラットレース
アフィリエイトという”ラットレース”から抜け出す一番の近道は、市場(マーケット)への再投資だ

サイト売却の話 先日、私が運営するサイト(1サイト)を購入したいとのお話をいただきました。売買専門業者さんを介してのお話です。このサイト(アフィリエイト戦略思考ブログ)ではありませ…

アフィリエイト開始20カ月で500万円達成
アフィリエイト開始20カ月で500万円達成

開始20カ月で500万円を突破 凄い方もいるものですね。アフィリエイトを開始してわずか20カ月で確定で500万円を達成した方がいます。と・みたさん(@sptomy01)です。 運営…

キーワードの枯渇
稼げるキーワードが枯渇することに対する漠然とした不安

大半のキーワードが先行組アフィリエイターに牛耳られている… わたしたち後発組が、アフィリエイトをスタートするときに、ある事実を知って絶望的な気持ちになることがあります。その事実とは…

私がキーワード選定にこだわらない理由
私がキーワード選定にこだわらない理由

キーワード戦略に関するご質問 過去記事で「キーワードを意識しない」と書いたことに対して、次のご質問をいただきました。 いつも楽しくブログを拝見しています。 現在山本様はキーワードに…

アフィリエイトを「自分年金」にする方法
老後に必要な資金を貯めるよりも「そこそこ稼げる仕組みの構築」を最優先すべき

アフィリエイトを「自分年金」にする方法 自分年金とは、金融商品を活用してリタイア後の生活費を自分自身で準備することです。公的年金や預貯金で足りない部分を補完するために、オリジナルの…

アフィリエイト実績
アルファブロガーに学ぶアフィリエイト成功法則

アルファブロガーに学ぶアフィリエイト成功法則 アフィリエイターではなくブロガー? 昨日の記事に対して「アフィリエイターというよりは、ブロガーっぽいですね。」という感想をいただきまし…