たった480円で学べる”ブログ収益化戦略”

たった280円で学べる”ブログ収益化戦略”

たった280円で学べる”ブログ収益化戦略”

パワーアフィリエイター必読の書

わかったブログの運営者かん吉さんが発行した電子書籍『人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術』 [Kindle版]が、非常にオススメできるのでご紹介します。Kindle版ですが、わずか280円です。

かん吉さんは、2010年からわかったブログを運営されているウェブマーケターです。

ブログ界隈では有名な方なのでご存知の人も多いのではないでしょうか。そのかん吉さんが初の電子書籍を出版されたので購入したのですが、興味深く読むことができました。

ブログを収益化するためのノウハウが満載

私のアフィリエイトのスタイルは、当時主流だったペラサイト量産戦略と異なり、1つのサイトを時間をかけて育てていくいわゆるパワーアフィリエイトと呼ばれるものです。

最大の特徴は、継続的に記事を投稿することで読者を増やし、信頼関係(ラポール)を築き上げて、その延長線上で紹介する商品・サービスを購入してもらうというものです。そのスタイルはパワーブロガーと類似する点も多いです。

かん吉さんは、”わかったブログ”をご自身のブランディングに活用しつつ、収益化にも成功されています。更新頻度の高いブログを収益化していく過程は、非常に参考になります。

今回紹介する電子書籍は、アフィリエイトを実践している全ての方におすすめできる電子書籍です。中でもコンテンツ更新型のアフィリエイターにとっては、有益な情報が満載で非常に多くの気付きを得られます。わずか480円で購入できます。

「まずは三カ月毎日書く、話はそれからだ」

印象に残っている部分をいくつかご紹介します。

週一更新と、毎日更新では7倍スピードが違います。7年かかることを、1年でまわせるのです。努力すれば、自力でタイムマシンを動かすことができます。皆さんに悠長に構えていられる余裕はないはずです。ぜひとも毎日更新を目指していただきたいです。

量は質を凌駕します。読者は毎日あなたのブログに読みに来てくれるほど暇ではありません。週一ぐらいで更新しても、目に止めてくれません。毎日更新なら、目にとまる可能性は7倍になります。毎日更新していれば、安心して読みに来てくれるようになります。

3カ月毎日更新すれば、100記事弱の新しい記事がストックできます。これだけの記事数があれば、SEOが効いて、ある程度のアクセスを検索エンジン経由で得ることができます。最初の取っ掛かりとしては十分でしょう。

ブログ形式のアフィリエイトサイトでは、更新頻度を高めることでリピーターを獲得し、アクセスが順比例的に増えていきます。リピーター(ブログの読者)になってもらうことでユーザーとのラポール(信頼関係)を築き、その延長線上で紹介する商品やサービスを購入してもらいやすくなります。記事の更新頻度を高め、リピーターを増やしていくこと(読者を積み上げていくこと)は有効な戦略の一つです。

しかしながら、副業という甘えがあると、更新作業はどうしても後回しになってしまいます。反省すべき点です。今後は、できるだけ更新頻度を上げていけるような工夫をしていきたいと考えています。

量は質を凌駕する

更新頻度を上げることを目的とすると、記事のクオリティが落ちてしまうことを懸念するアフィリエイターもいると思います。著者のかん吉さんは次のように一蹴しています。

毎日更新に固執すると、一つ一つの記事の質が落ちるから毎日更新は必要ないと反論してくる方もいます。でも、そういう人たちで上手くいったケースは、私は知らないです。

できない、やらない理由を探すのは簡単です。世の中には成功法則たくさんありますが、どれも要するに「やれ!」っていうことです。

最高に面白いコンテンツは「成長」だ

人々が本当に知りたい情報とは、結果ではなく成長の過程です。プロセスです。

レビューブログを運営している方は多いと思います。特に物販アフィリエイトでは、商品を実際に購入し、使ってみた感想などを記事としてアップしている方が多いですね。レビューブログの大半は、商品開封から使用してみた感想レベルでとどまっています。

商品購入を検討しているユーザーにとっては、商品レビュー(使用感など)は有益なコンテンツです。しかし本当にユーザーが知りたいのは、その先です。つまり、その商品・サービスを通じて、自分の生活や人生がどのように変化したのか?どのように成長したのか?これらの成長過程をコンテンツとして提供できれば、非常にパワフルでオリジナリティの高いコンテンツとなります。

情報商材レビューも同様です。情報商材を購入し、中身をレビューするだけでは、ありきたりなコンテンツになってしまい、ライバルとの差別化はできません。一方、その商材を購入し実践する過程を定期的に記事にしていくことで、オリジナリティが生まれます。稼ぐ系の商材であれば、実践日記を毎日更新し、少しずつでも報酬が増えていく過程をコンテンツとして提供できれば、非常に魅力的なブログになります。

また、実践する過程で得られた気付きなどを、オリジナル特典として提供しても喜ばれる可能性もあります。ここまでやってはじめて、そのサイトにアクセスしないと得られないオリジナルな価値を提供することが可能になります。まさに「独自の切り口」です。

人は、人の成長する姿に心を動かされます。困難を乗り越え日々成長していく姿に共感を抱きます。

”人々が本当に知りたい情報とは、結果ではなく成長の過程”というフレーズは、私の心に強く響きました。書評の続きはこちら。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

情報商材アフィリエイトを辞めます
情報商材アフィリエイトを辞めます

情報商材アフィリエイトを卒業します 誠に勝手ながら、本日(2013年8月12日)をもちまして当サイトの運営を中止することを決定致しました。理由は、情報商材アフィリエイトから卒業する…

キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル
キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル

キーワードスキルは集客スキルの1つにすぎない キーワードに関するお問い合わせを多数いただいています。 私が実践するパワーアフィリエイト戦略においては、キーワードはそれほど重要ではあ…

【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?
【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?

infotopランキグで情報商材業界の”いま”が見えてくる 私は1週間に一度くらいのペースで、インフォトップの30日ランキング(1位〜100位)を定点観測しています。ランキングを定…

どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか?
どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか?

どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか? 岡田斗司夫さんの「いや、上京するの面倒くさいし地元の方が楽だよね: ジモらくのススメ」を読みました。 いや、上京するの面倒くさい…

アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる
アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる

アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる 昨日、興味深いご質問を頂きましたので、シェアしたいと思います。読者様からのご質問内容は、”一般記事からアフィリエイトリンクページへいかに…

下書きをしておくことで記事の執筆速度は飛躍的にアップする
「さて、何の記事を書こうかな?」では遅すぎる

下書きをしておくことで記事の執筆速度は飛躍的にアップする ストーリーが容易に描けるネタかどうか? 先日の記事のつづきです。 ネタ探し(feedly・Googleアラート) ネタスト…

全てのリンクには”必然性”がある
Googleのさじ加減一つでゴミブログは消える

忍者サイト自動生成機能が終了 残念なお知らせです。以前ご紹介したARMS(アームズ)ですが、2012年9月27日をもって忍者サイト自動生成機能が使えなくなりました。ARMS(アーム…

アフィリエイト報酬額はあなたが市場に提供した”価値”の総量に比例する
アフィリエイト報酬額はあなたが市場に提供した”価値”の総量に比例する

「アフィリエイトで報酬が発生するまでの目安を知りたい…」 連日多くのご質問を頂いています。今回は特に初心者の方から多く寄せられるご質問(メール)を、いくつかご紹介します。(メールの…

多作は才能だ
多作は才能だ『作家の収支』(森博嗣)

ビジネスライクな小説家「森博嗣」のマーケティングセンス 『作家の収支』(森博嗣)という興味深い本をさきほどKindleで読み終えました。仕事帰りにiPhoneで購入し、Kindle…

忍者サイト凍結措置が予見する、アフィリエイトの未来
忍者サイト凍結措置が予見するアフィリエイトの”未来”

忍者がアフィリエイトサイトを凍結 先日、読者様から悲痛な連絡がありました。その方は、忍者ホームページを始め様々な無料ホームページサービスを利用して、大量のアフィリエイトサイトを運営…

もしもオリエンタルラジオのあっちゃんがアフィリエイターだったら…
もしもオリエンタルラジオのあっちゃんがアフィリエイターだったら…

オリラジのあっちゃんがアフィリエイターだったら… しくじり先生の『中田歴史塾』が最高に面白い! テレビ朝日で放送されているバラエティ特番『しくじり先生 』、面白いですよね。 この中…

下克上(GEKOKUJO)は本当に成果がでるのか?
ニッチとは”細分化されたニーズ”だ

ニッチジャンルに関するご質問 ニッチなターゲットとニッチなブログテーマに関するご質問を頂きました。 山本様が考えるニッチジャンルとはライバルがいないジャンルを狙うことであり、ニッチ…