優れたレビューを書くために必要な、たった1つのこと

   2014/12/09

レビュー記事の書き方

読む人を感動させるレビュー

まずは、以下のカスタマーレビューをお読み下さい。

SANYO の IC レコーダーは優れものである。

先ず、音が良い。

30年数前に数十万円を投じてサロンの一角を占領しているハイファイ・セットの機能のすべてが小さなボディに凝縮されている。

電波時計が内蔵されているので秒単位の正確さでAM、FM番組のタイマー録音ができる。

内蔵マイクで野外の小鳥の鳴き声のステレオ録音ができる。

2GBのマイクロSDを使うと35時間の音楽のステレオ録音ができる。

70分のCDならば30枚である。

私は、家内が脳内出血の後遺症で半身不随となり、病院でベッド生活をしている。

初夏には近くの山でウグイスの鳴き声を録音してイヤホンで聞かせた。最近は病院の許可を得てスピーカー(クレードル)を枕元に置けるようになったので、専ら音楽を聞かせている。

IC レコーダを2台購入し、1台は自宅においてFMのタイマー録音、CDのコピイ、編集したマイクロSDの作成に使い、もう1台を家内の枕元に置き、家内の注文に応じてマイクロSDを差し替え聴かせている。

操作は彼女は出来ないので、彼女の注文を聞いて私が鳴らす。

注文を聞く、鳴らす、感想を聞く所にお互いの情報交流ができ、彼女の脳の活性化が著しく進んでいる。

先日はスリープ・タイマーを入れ忘れて、NHKラジオの日曜日朝の50分番組「音楽の泉」の8回分を連続で一晩中鳴らした。

幸い、看護婦さんには怒られず、家内は次々と思いがけない曲が聴けて、こんなに楽しいことはなかったとのことだった。

私も今82才、何時ヨイヨイになって介護老人ホームのご厄介になるかも知れない。

そんな時でも聴けるように、バッハのマタイ受難曲を入れたマイクロSDも用意してある。
このような優れものを開発したSANYOの技術陣に深い敬意を捧げる。

~Amazon SANYO ICレコーダー ポータブルラジオレコーダー ICR-RS110MF(S) カスタマーレビューより引用~

いかがですか?思わず情景が目の前に浮かびませんか?私は、このレビューを初めて目にしたときに、抑えがたいほどの強い気持ちが沸き起こりました。たかがレビュー、されどレビューです。これほど心を動かされるレビューには、めったに遭遇しません。

商品を実際に使っている情景、愛用者の”思い”や”ドラマ”が、たったこれだけのレビューに凝縮されています。さらに商品の性能にまでさりげなく言及しています。わずか732文字のレビューなのに、ショートフィルム(短編映画)のような上質感を感じます。このレビューを書いたのは、当時82歳の北川さんという方です。

レビューは狙って書くものではない

先ほどのボイスレコーダーのレビューですが、決して狙って書いたものではないと思います。商品に対する”想い”が、そのまま素直に文章に置き換えられた印象です。まさに、レビューの見本といえると思います。

アフィリエイトサイトで、商品やサービスのレビューを書いている方は、多いと思います。商品レビューは、どうしても「売りたい」という気持ちが全面に出てしまいがちです。

私たちは「売りこまれる」ことを非常に嫌います。狙って書こうとしても、逆に「嫌らしさ」が漂ってしまうこともあります。では、どうすれば良いのか?

商品への”想い”を、誰かに伝えたいという”衝動”

そのヒントが、最初に紹介したレビューにあると思っています。 それは”想い”であると、私は考えます。

”想い”とは、商品に対する”愛”であったり、”感動”です。 自分自身が使ってみて感動したという、その気持ちを思わず誰かに伝えたくなるという”衝動”です。

あなたが、その商品を紹介するときに、商品への”愛情”や”想い”、そして誰かに伝えたいという”衝動”はありますか?それらのエモーショナルな気持ちがあれば、あとは、素直に文章に書き起こせば良いだけです。

もしも、あなたのレビュー記事に”想い”や”愛”が無いのなら、優れたレビューを書くことは困難でしょう。伝えたいという衝動がなければ、文章に気持ちは入らないからです。

テクニックも大切だけど・・・

読みやすく、伝わりやすい文章を書くには、ある程度訓練というかテクニックが必要です。

広告文(商業文)のような文章は、非常に研究されていて、どのような順序で書くとか、説得するための構文なども、ある程度体系化されています。情報商材の販売ページなども、そのようなルールに基づいて構成されていますね。

ただ、それ以上に大切なのは、やはり”想い”ではないでしょうか?人は、誰かの強い”思い”に、動かされるのだと思います。それは、小手先のテクニックなどを超越するものです。

私たちアフィリエイターは、どうしても小手先のテクニックや裏技に走りがちです。結論から先に書くべきだとか、弁証法を使って書くと効果的だとか、感情を動かすようなネガティブな言葉を使うと良いだとか、どこにアフィリエイトリンクを置いたら良いとか・・・

それらのテクニックも無駄だとは思いませんが、テクニック以上に、まず”想い”や”愛”が必要ではないでしょうか?

自分が紹介したい商品・サービスに対する”想い”を、決して忘れることなく、アフィリエイトビジネスを進めていきたいと思っています。そのためにも、最初に紹介した82歳のカスタマーレビューを、私自身、時々読み返したいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

2014年インフォトップアワード年間結果発表
2014年インフォトップアワードで第20位

2014年インフォトップアワードで第20位 2014年のインフォトップアワード年間結果が発表されました。 >>2014年インフォトップアワード年間結果発表アフィリエイター部門 2014年は20位にランクインし […]

Wikipediaサイトはダメ
ウィキペディアサイトを作ってはいけない

残念なサイトを量産していませんか? アフィリを始めてから、様々なアフィリエイトサイトをチェックするようになりました。しかしながら、そのほとんどが、非常に残念なサイトであるという事実に気付きました。 せっかく上位表示できて […]

独自の切り口
パワーアフィリエイトに不可欠な「独自の切り口」とは?

私が考えるパワーアフィリエイトの定義 最近、パワーアフィリエイトに関するご質問を多くいただいています。 量産アフィリに疲れたので、1つのサイトでアフィリエイトしたい パワーアフィリエイトを運営したのだが、何から始めれば良 […]

Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話
書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』

250円で”個人WEBメディア”の構築と運営ノウハウが学べる 本のご紹介です。 『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』 250円 この書籍は、Kindle本の紹介サイト「きんどるどうで […]

「視点」とは、どのように語るのか?ということ
アフィリエイトにおける「視点」とは、どのように語るのか?ということ

最近、私が提唱するパワーアフィリエイト手法の要素の一つである”独自の切り口”に関するご質問を多くいただきます。また、パワーアフィリエイトの手法をまとめたオリジナル特典において、独自の切り口に関する解説を補足したのですが、 […]

キーワードスキル
キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル

キーワードスキルは集客スキルの1つにすぎない キーワードに関するお問い合わせを多数いただいています。 私が実践するパワーアフィリエイト戦略においては、キーワードはそれほど重要ではありません。ターゲットにとって価値のある記 […]

アフィリエイトサイト売却
3回目のサイト売却が完了

ようやく3回目のサイト売却が完了 ようやくサイト売却が完了した。私にとっては今回で3回目のサイト売却だ。 情報商材アフィリエイトを再開することにしました(2014年4月1日) アフィリエイトという”ラットレース”から抜け […]

パンダ塾
あなたは、ペラサイトの量産に耐えられるか?

ペラサイトの量産・更新に抵抗がないか? パンダ塾ピラミダルが話題になっていますね。パンダ塾ピラミダルは、携帯・スマホアフィリを教えてくれる塾です(パソコンを使ったアフィリにも応用できます)。扱う商品は、着うたや、占い、パ […]

アフィリエイトジーニアス
メルマガアフィリの最大のネックは、本名と住所の開示

メルマガアフィリの最大のネック・・・氏名と住所の開示 私がメルマガアフィリを行わない最大の理由は、住所や氏名を開示したくないからです。メルマガを発行するには、本名や連絡の取れる住所等をメルマガ本文に記載することが法律で義 […]

忍者サイトとアームズ
Googleのさじ加減一つで、ゴミブログは消える

忍者サイト自動生成機能が終了 残念なお知らせです。以前ご紹介したARMS(アームズ)ですが、2012年9月27日をもって忍者サイト自動生成機能が使えなくなりました。 ARMS(アームズ)を販売している株式会社ミスリルから […]

与沢翼
与沢翼氏が経営する会社の売上高は?

与沢翼氏が経営する会社の売上高は? 先日読んだ本に、非常に興味深い内容が掲載されていました。10月26日に出版されたばかりの新しい本で、タイトルは『ソーシャルもうええねん』です。 『ソーシャルもうええねん』 (ナナ・コー […]

本気のGoogle
Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

みなさん、Googleが本気を出します 昨日(2012年10月23日)の、Googleウェブマスター向け公式ブログをご覧になりましたでしょうか?全アフィリエイター必見の記事です。 まだ見ていない人は、今すぐ見て下さい。 […]