サイト作成に経験や体験は必要か?

サイト作成に経験や体験は必要か?

サイト作成に経験や体験は必要か?

サイト作成に経験・体験は必要か?

パワーアフィリエイトに関するご質問をいただきましたので、私の回答とともに記事にしたいと思います。前回記事にした”アフィリエイトにおける「視点」とは、どのように語るのか?ということ”と関連する内容となります。

この度、山本さんのオリジナル特典であるパワーアフィリエイトの極意を頂きました。内容は、まさに自分が取り組んでいるアフィリエイトへの不信感、不安感を一掃してくれる、自分にとって大変価値のあるものでした。ありがとうございます。
今回メールを送信しましたのは、パワーアフィリエイト戦略において、商品選定とジャンル選定に関して質問させて頂きたいことがあったからです。質問内容は以下の通りです。

【質問内容】
ジャンル選定の際、普遍的で大きなマーケット内のニッチを選択するということは理解しました。では、その中でジャンルを選ぶ時、やはり何かしら自分の経験や実績があるものでなくてはならないでしょうか?
例えば、アフィリエイト情報商材のレビューサイトやニキビケアサイト、ゴルフ上達ノウハウサイトなどを作ろうと思ったのなら、アフィリエイトでの実績やニキビケアの体験談、ゴルフの経験が無ければサイト作成は難しいでしょうか?
というのも、知識や情報をインプットすることは商品の購入や専門誌、インターネットで可能ですが、商品への想いはその道の経験者でなければユーザーに伝えるのには限界があるのではないかと思ったからです。
ですが、残念ながら現時点で私には商品紹介へと結びつけられるようなジャンルでの経験がありません。
仮にファンがついてくれるようなサイトを作成できたとしても、何か商品を紹介するのには説得力に欠けてしまう気がします。
この場合はどうしたら良いでしょうか?
サイト作成の前にその道で圧倒的な経験を積むべきなのか、それとも切り口次第なのでしょうか?

自分より知識や経験が劣る人が書いた記事など誰も読みたくない

私が実践するパワーアフィリエイトでは、コアなターゲットに訴求するWEBメディアを構築することが最大の目的です。アフィリエイトサイトを作るというよりは、WEB型の専門雑誌を発行・運営するというイメージです。

コアなターゲットとは、その分野(ジャンル)におけるマニア(もしくはその予備軍)です。彼らに訴求するためには、彼らと同等もしくは彼ら以上の高度でマニアックな専門知識、もしくは圧倒的な体験(経験)をもとにコンテンツを構築していくこと求められます。

ゴルフをしたことがない人がゴルフスイング理論を語っても、ターゲットに訴求する記事を書くことは難しいでしょう。また、ゴルフ未経験者が最新ドライバーの性能に関するレビューを書いても、アマチュアゴルファーから信頼を得ることは困難です。経験や体験なしにターゲットからの共感を得ることは、相当高度なライティングスキルがないと難しいです。

コアなターゲットに訴求するWEBメディアを構築するにあたって、あなた自身の経験や体験そして実績は強力な武器になります。実績がないのであれば、「ターゲット以上の経験や体験」を積む必要があります。

経験や体験、実績は、それだけで「独自の切り口」になる場合がありますので有利です。身も蓋もないお話ですが、自分より「知識や経験」が劣る人が書いた記事を読みたいと思う人は一人もいません。

経験がなければ”圧倒的な専門知識”を身につけるしかない

経験・実績はあった方が有利ですが、その点だけに囚われると選択できるジャンルが限定されてしまいます。経験がないのでしたら、専門知識を身につけるしかありません。未経験・未体験、そして実績ゼロというネックをカバーできるくらいの「圧倒的な専門知識」を手にする必要があります。

インプット作業に大量の時間を投下し、ターゲットよりも専門性の高い知識を学び、それを咀嚼(独自の切り口)してオリジナルな記事として提供していくことが求められます。経験、実績をカバーするためには、相応の努力(インプット作業)が求められます。

インプット作業を難しく捉える必要はありません。専門書を10冊読めばそれなりの専門知識は得られます。さらに定期刊行誌(専門雑誌)が発行されているのであれば、最新号とバックナンバーを3ヶ月分くらい購入しざっと目を通すだけで、ある程度のことは語れるようになります。

継続的なインプット作業で専門知識を習得し続け、記事執筆でアウトプットを継続すれば、日を追うごとにその分野の専門家に近づきます。数ヶ月続ければ、相当レベルまで達するはずです。

独自の切り口は「最低限の専門知識」or「経験・体験」があってこそ

「圧倒的な専門知識」or「独自の経験&体験」、このどちらかもしくは両方がパワーアフィリエイトには求められます。専門知識も経験/体験もないのであれば、パワーアフィリエイトの構築は困難です。今どきブラックSEOですら、最低限の専門知識や体験レビューが求められる時代です。また検索エンジンにおいても専門性がますます重要視されるように進化しています。

そして「独自の切り口」は、最低限の「専門知識」や「経験・体験」があってこそ、成り立つと考えています。アフィリエイトサイト乱立の時代では、単なる「専門知識」や「経験・体験」だけでは、凡庸になってしまいます。多くのアフィリエイターが高度な専門知識をベースに記事を書き、そして商品を実際に買ってレビュー記事を作成しているからです。

パワーアフィリエイトでは、「専門知識」や「経験・体験」をベースに「オリジナルな価値」を加えるために「独自の切り口」でコンテンツをアレンジして構築していきます。

アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ

2016.04.09

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

アフィリエイトで「週4時間」だけ働く

週4時間だけ働く 『「週4時間」だけ働く。』という書籍をご紹介します。 刺激的なタイトルですが、出版されたのは約10年前です。2007年9月が初版であり、そのときのタイトルは『なぜ…

アフィリエイトで成功するには圧倒的な熱量と大量行動が必要だ
アフィリエイトで成功するには圧倒的な熱量と大量行動が必要だ

アフィリエイトで成功するには圧倒的な熱量と大量行動が必要 最近はもっぱら甥にアフィリエイトを教えることに専念しています。第三者にレクチャーしながら感じたことがあります。アフィリエイ…

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ
腐るコンテンツと腐らないコンテンツ

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ パワーサイトは、サイトを資産化する手法です。つまり、長期にわたって継続的に収益を生み出してくれるサイトを運営することです。そのために最も大切なこ…

”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア
えっ!税務調査?アフィリエイターの会社に調査官がやってきた事の顛末

※今回の記事はストーリー仕立てで書いてみます。実話です。 運営する会社に税務調査が入った(設立3年目) 先月下旬(2016年4月下旬)、私の会社(私が作った会社)に税務調査が入った…

【売上4億円!】悪質情報商材に対し消費者庁が注意を呼びかける事案が発生
【売上4億円!】悪質情報商材に対し消費者庁が注意を呼びかける事案が発生【コピー&ペースト in Youtube】

【消費者庁】YouTubeアフィリエイト商材販売業者を名指しで注意喚起 わずか1年で4億円を売り上げたとされる「悪質」情報商材販売業者に対し、消費者庁が名指しで注意喚起しています。…

”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探す
”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探す

ブログの毎日更新を開始した理由 このブログでは、2016年9月12日から毎日記事を更新しています。それまでは月に1〜2本程度しか記事を書いていませんでした。 唐突に毎日更新を開始し…

「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと
「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと

「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと 長年このブログを読んでいただいている方は気付いているかもしれませんが、私は文体をよく変えています。ブログスタート当初は「ですま…

多作は才能だ
多作は才能だ『作家の収支』(森博嗣)

ビジネスライクな小説家「森博嗣」のマーケティングセンス 『作家の収支』(森博嗣)という興味深い本をさきほどKindleで読み終えました。仕事帰りにiPhoneで購入し、Kindle…

当ブログからの記事盗用に関して
当ブログからの記事盗用行為に関して

このブログ「アフィリエイト戦略思考」(https://affiliate-review-blog.com)から無断で記事を引用・盗用しているサイトが多く見受けられます。今後、悪質な…

「買いたい!」のスイッチを押す方法
「買いたい!」のスイッチを押す方法

消費者の心と行動を読み解く 昨日、たまたまネットで見かけた書籍をAmazoneのKindleで購入しました。内容がアフィリエイターにとってもかなり役立つものだったので紹介します。「…

価値を提供できているか?
”儲ける・稼ぐ”という言葉に違和感を感じます

2ヶ月ぶりくらいの記事投稿になります。本業が忙しく、このブログの記事を書くほどの気持ちの余裕がありませんでした。ようやく本業が落ち着いてきましたので、徐々に記事を書くペースを上げて…

アフィ業者が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む
アフィリエイト法人が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む

セキネット vs. グーグル アフィリエイト業者の株式会社Sekinet(セキネット)が、Googleを相手取って裁判を起こしました。 自社名(株式会社Sekinet)をGoogl…