私がミニサイトを作らない理由(ワケ)

私がミニサイトを作らない理由(ワケ)

私がミニサイトを作らない理由(ワケ)

最近のトレンドである「ミニサイト」

先日、ミニサイトに関するご質問をいただきました。

山本様はミニサイト作りは考えておられないのでしょうか?
ミニサイトは実際どうなのでしょうか?
山本様が実践されてるパワーアフィリエイトとミニサイト、迷っています。

ミニサイトはここ最近のトレンドですね。Wada-blogの和田亜希子さんが提唱されている手法です。メインサイトのコンテンツの一部をスピンオフさせて専門性の高い小型サイトを作るやり方です。

ミニサイト提唱者の和田亜希子さんは『ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法』という書籍も出版され、”ミニサイト”がちょっとしたブームになりつつあります。

ミニサイトについて詳しく知りたい方は、まずはこちらのPDFファイルをご覧になると良いと思います。

  • ブログ記事リサイクルでミニサイトを作ろう!(PDF60ページ)※リンク切れ

今年のブロガーフェスティバルにてWada-blogの和田亜希子さんがミニサイトに関する講義をされたときに使われたPDF資料です。PDF内では様々なミニサイト事例が紹介されていて、非常に参考になる資料です。

ミニサイトのメリットとは?

「ミニサイト運営」のメリットは以下の3つに集約されます。

  1. マネタイズしやすい
  2. ニッチテーマに特化しやすい
  3. 短期間で完成させることができる

2番目の「ニッチテーマに特化させやすい」ことが、特定の情報を探しやすいという訪問者のメリットにつながります。

和田さんも述べられているようにミニサイトは「企画が命」です。単にメインブログの一部をスピンオフするだけでは、マネタイズできるミニサイトは作れないでしょう。「“勝てる”“充実コンテンツ”」を「作れる所まで絞込む」ことこそがミニサイト作りには欠かせません。

和田さんのPDF資料を読めば、一つのミニサイトを作るために非常に緻密なリサーチ、ターゲティング、コンテンツ構成などを検討されていることがわかります。ここまでの作業をしているからこそ和田さんのミニサイトは成功(マネタイズ)できているのだと思います。

サイトを作品と捉え、サイト作りを楽しめる方には向いている

ミニサイトは「サイト制作」が好きな人には非常に向いている手法です。1つ1つのサイトを短期間で完成させていく過程は、工芸品などの作品を手作業で組み立てて完成させることと似ていると思います。ミニサイトは「作品」です。

和田さんのミニサイト群を見ていると、和田さんが匠(たくみ)に見えてきます。確かな技術を持ち一つ一つの作品(ミニサイト)を仕上げていく姿はまさに現代の名工です。和田さんはきっとサイト制作が大好きなのだと思います。

和田さんと同じように「サイト制作」の過程(企画〜作業〜完成)を楽しめる方は、ミニサイト手法は合っているのではないでしょうか。

私がミニサイトを作らない理由(ワケ)

私は運営するサイトを「作品」というよりも「メディア」と捉えています。自身の作品をたくさん作って世に出すよりも、影響力のある「メディア」を運営することに喜びを感じます。

テーマに特化した少数のメディアを長期に渡って運営するというイメージです。メディアですので「完成(完結)」はありません。定期的に情報を発信し続けます。アフィリエイト戦略思考ブログも「メディア」という位置づけで運営しています。可能であれば10年20年と情報を発信し続けたいと考えています。

私が「ミニサイト」を作らない理由は、ミニサイトが長期的に情報発信を続けるメディアではなく完結型サイトだからです。手法の優劣ではなく、方向性の違いです。

作品を作り続けることに喜びを感じることができるならば、ミニサイトに代表される完結型サイトをたくさん作れば良いと思います。一方、メディアとして長期的に情報を発信し続けることが楽しいならば、1つのサイトを大きく育てていく方法を採用すれば良いと考えています。

手法の優劣を考えるよりも、どちらのやり方が自分に向いているかを考えてみると良いかもしれません。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

全てのリンクには”必然性”がある
Googleのさじ加減一つでゴミブログは消える

忍者サイト自動生成機能が終了 残念なお知らせです。以前ご紹介したARMS(アームズ)ですが、2012年9月27日をもって忍者サイト自動生成機能が使えなくなりました。ARMS(アーム…

アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ
アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ

パワーアフィリエイト手法の要素の一つである”独自の切り口”に関するご質問を多くいただきます。また、パワーアフィリエイトの手法をまとめたオリジナル特典において、独自の切り口に関する解…

【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される
【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される

渋谷で開催される年1回のビッグイベント 毎年恒例のビッグイベントが渋谷で開催されます。その名も「本気でアフィリエイトを学ぶ会2016 -Japan Affiliate Summit…

YouTubeアフィリエイトに暗雲立ち込める
YouTubeアフィリエイトを始めるには「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」であること!パートナープログラム審査基準が一層厳しくなる(2018年2月20日より)

「YouTubeパートナープログラム」への参加条件が厳しくなる 先日YTM∞のレビューをしたばかりですが、世界から暗いニュースが飛び込んできました。「YouTubeパートナープログ…

アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックス
アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックスだ

”即時収穫環境”と”遅延収穫環境” 研究者によると、我々人間は「遅延収穫環境」と呼ふ世界に生きています。行動した結果がすぐに利益として現れない(遅延して現れる)世界のことです。 一…

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
ターゲットにとって価値のある記事を書けば、被リンクは自然に増えるという事実

被リンクについての考察 私が外的SEOを一切していない、とお答えするとなかなか信じてもらえません。本当は隠れてリンクを送っているんじゃないか?などと勘ぐられてしまいます。 何度も述…

あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?
あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?

ストックとフロー 経済用語でストックとフローという言葉があります。 ストック(資産)とは徐々に蓄積されていったものを指し、フロー(所得)は継続的に流れていくものを指しています。アフ…

全てのリンクには”必然性”がある
全てのリンクには”必然性”がある

アフィリエイトリンクへの誘導方法について 多いご質問の一つに、「どうやってアフィリエイトリンクへ誘導するのですか?」といったものがあります。私はほとんど意識したことはなかったので、…

Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた
Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

Googleが本気を出します 昨日(2012年10月23日)の、Googleウェブマスター向け公式ブログをご覧になりましたでしょうか?全アフィリエイター必見の記事です。 まだ見てい…

アフィ業者が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む
アフィリエイト法人が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む

セキネット vs. グーグル アフィリエイト業者の株式会社Sekinet(セキネット)が、Googleを相手取って裁判を起こしました。 自社名(株式会社Sekinet)をGoogl…

私がキーワード選定にこだわらない理由
私がキーワード選定にこだわらない理由

キーワード戦略に関するご質問 過去記事で「キーワードを意識しない」と書いたことに対して、次のご質問をいただきました。 いつも楽しくブログを拝見しています。 現在山本様はキーワードに…

作業のモチベーションが上がらない…そんなあなたに「パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学」
作業のモチベーションが上がらない…そんなあなたに「パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学」

アフィリエイトに「行動分析学」を取り入れてみる アフィリエイト初心者にとって最も辛いのは、作業に対する成果がすぐに現れないことです。これは私たち人間が「遅延収穫環境」に置かれている…