”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探す

”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探す

”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探す

ブログの毎日更新を開始した理由

このブログでは、2016年9月12日から毎日記事を更新しています。それまでは月に1〜2本程度しか記事を書いていませんでした。

唐突に毎日更新を開始したことに対して「なぜ毎日更新するようになったのか?」というご質問を多くの方からいただくようになりました。毎日更新を始めた理由は、自分のサイトを使ってちょっとした検証をしたいと考えたからです。毎日記事を更新することで検証したいことは以下の3点です。

  1. 毎日更新によりアクセス数がどれほど伸びるのか?
  2. 毎日更新により報酬がどれほど伸びるのか?
  3. 毎日更新はどれほどの作業時間を必要とするのか?

これらを検証するために、とりあえず1カ月続けてみるつもりです。

ブログ記事の量と質、どちらを優先すべきかという件に関してはネットでも様々な意見があります。毎日更新のメリットについては、かん吉さんの「わかったブログ」の記事が引用されることが多いですね。

ブログを利用して、ネット・ソーシャルメディア上でセルフブランディングをかけようと思ったら、基本は毎日更新をお勧めします。始めるには、新年を迎えて、気分一新してモチベーションが高い、今の時期がベストです。

週一更新と、毎日更新では7倍スピードが違います。7年かかることを、1年でまわせるのです。努力すれば、自分でタイムマシンを動かすことができます。皆さんには悠長に構えていられる余裕は無いはずです。ぜひとも毎日更新を目指していただきたいです。

量は質を凌駕します。読者は毎日あなたのブログに読みに来てくれるほど暇ではありません。週一ぐらいで更新しても、目に止めてくれません。それが毎日更新であれば、目にとまる可能性は7倍になります。毎日更新していると理解すれば、安心して読みに来てくれるようになります。

毎日更新によりアクセス数がどれほど伸びるのか?

アフィリエイトを開始してから5年目ですが、これまで毎日更新したことはありませんでした。数日更新が続いたことはありましたが、大抵は月に数本程度の更新でサイト運営してきました。最大に記事をアップしたとしてもせいぜい月に10本前後です。

情報フロー型のアフィリエイトサイトで毎日更新しているのは、いわゆるブロガーと呼ばれる人々がほとんどです。雑多ブログや情報ブログなどが多く、マネタイズはアドセンス広告が中心です。

私が運営するパワーアフィリエイトサイトにおいては、毎日更新は不要であると考えていました。毎日更新せずともアクセス数はほとんど変わらず、減ることもありません。一定レベルまで達すればPVグラフはほぼ水平です。サイトの規模(総記事数)や市場の規模(ターゲット数)などによって、獲得できるアクセス数に上限があるという考えでした。

最近になって、その考えは間違っているのではないか?と思うようになったのです。サイトのポテンシャルが自分で考えるよりも大きいのではないか?ということです。

そこで、実験をしてみることにしたのです。これまで不定期更新だったサイトを毎日更新に変更することで、アクセス数にどれほどの変化が生じるのかを検証してみたくなりました。

毎日更新により報酬がどれほど伸びるのか?

アクセス数に変化があれば、当然報酬にも変化が生じる可能性があります。当サイト内の各レビュー記事のURL誘導数、コンバージョン率は、ほぼ一定です。以下は今月(2016年9月)のURL誘導数と購入数の一部です。URL誘導数順に並べ替えてあります。

誘導率と購入数

URL誘導数と購入率その1

上図データを購入率順に並べ替えたものがこちら。

URL誘導数と購入率その2

URL誘導数と購入率その2

ご覧通り購入率は3%〜5%というところです。アフィリエイト記事毎にアクセス数を抽出すれば、詳細なURL誘導率も計算できますが、現時点ではそこまでしていません。誘導数、そして購入率のみのチェックです。同一商材においては、月ごとのURL誘導数そして購入率にさほど大きな変化はありません。

アクセス数が増えれば必然的にURL誘導数も増え報酬も比例して伸びるのでは?と予測しています。毎日更新によって変化する伸び率を計測したいと考えています。

毎日更新はどれほどの作業時間を必要とするのか?

私は本業があるため、アフィリエイトに使える時間が非常に限られています。早朝の2時間と週末のみです。この限られた時間内で毎日更新は可能なのかという点も合わせて検証していきます。実はこの作業時間の検証が最重要であると考えています。

わずかな時間で毎日記事を更新するためには、記事をまとめて書いておくしかありません。記事のストックを大量の用意しておき、それを毎日アップするという方法です。WordPressなどのCMSでは記事は予約投稿が簡単に設定できます。

私が実践している記事執筆の流れは以下の通りです。

  • 空き時間にネタ集めしながら記事の下書きを200文字程度でまとめる
  • 早朝の空き時間で記事を2〜3記事執筆(1記事あたり30分で仕上げる)

イケダハヤト氏のように1記事15分という訳にはいきませんが、私の場合1記事を平均30分程度で執筆できています。

※この記事の執筆所要時間は26分です。

そのための事前準備として「ネタの下書き」を大量の書き溜めておくという点がポイントです。「ネタの下書き」のストックは常時10本以上あります。話題性のあるフロー情報などは、その都度タイムリーに記事にすることもありますが、基本的にはストックした「ネタの下書き」から選んで記事を執筆(清書)するようにしています。記事アップは全てWordPressの予約投稿です。

今のところ、上記の流れでなんとか毎日更新が可能となっています。

作業と報酬のバランスにおける「最適解」を探す

記事をストックしているとはいえ、正直この作業は、それなりの時間と労力が求められます。毎日更新の負担が、得られる報酬額にはたして見合うのかどうか?見合うのであれば続けるだろうし、見合わなければ調整が必要です。また1カ月程度で満足できる検証結果が出るのか?この点も気になる点です。

私のような副業アフィリエイターにとって最も重要視すべき要素は、作業の効率性(生産性)です。できるだけ少ない作業時間で成果(報酬)を最大化するための最適解を探す必要があります。

まずは1カ月程度やってみて検証し、必要であれば条件を変更して、さらに続けるかもしれません。

結果については、またこのブログで報告する予定です。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定

Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定 これまで検索結果の右側に表示されていた広告枠を、すべて撤去するとGoogleが発表しました。ソースはThe SEM Post…

下克上(GEKOKUJO)は本当に成果がでるのか?
ニッチとは”細分化されたニーズ”だ

ニッチジャンルに関するご質問 ニッチなターゲットとニッチなブログテーマに関するご質問を頂きました。 山本様が考えるニッチジャンルとはライバルがいないジャンルを狙うことであり、ニッチ…

ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法
ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法

ニッチジャンルと独自の切り口(オリジナルな価値)との関係 今回もパワーアフィリエイトに関するご質問をいただきましたのでシェアします。ご質問内容はニッチジャンルと独自の切り口(オリジ…

アフィ業者が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む
アフィリエイト法人が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む

セキネット vs. グーグル アフィリエイト業者の株式会社Sekinet(セキネット)が、Googleを相手取って裁判を起こしました。 自社名(株式会社Sekinet)をGoogl…

【自作自演は不要】3年で700本もの自然リンクを貰えた理由とは?
【自作自演は不要】3年で700本もの自然リンクを貰えた理由とは?

 ferret「アフィリエイトやるなら定期購読必須ブログ21選」に選ばれた WEBマーケティング系「ferret」にて、当ブログが「アフィリエイトやるなら定期購読必須ブログ21選」…

たった1時間で意図が明確なキーワードを100個、探しだす方法
たった1時間で意図が明確なキーワードを100個、探しだす方法

意図が明確なキーワードを探す方法 前回の記事の続きになります。 意図が明確なキーワードで記事を書くことの重要性 本記事では、具体的に「意図が明確なキーワード」を探す方法を詳しく解説…

良質な記事を書けば放っておいても見つけてもらえる時代になってきた
良質な記事を書けば放っておいても見つけてもらえる時代になってきた

上位表示ってそんなに重要ですか? このブログによくいただくご質問がこちらです。 「どうすれば上位表示されますか?」 「サイトを作ったけれど、なかなか上位表示されない・・・」 「上位…

私がキーワード選定にこだわらない理由
私がキーワード選定にこだわらない理由

キーワード戦略に関するご質問 過去記事で「キーワードを意識しない」と書いたことに対して、次のご質問をいただきました。 いつも楽しくブログを拝見しています。 現在山本様はキーワードに…

自己満足サイトに陥っていませんか?
自己満足サイトに陥っていませんか?

自己満足的なアフィリエイトサイトの特徴 すごく頑張っているのに何故か上手くいっていないサイトには、共通している特徴があります。それは、自己満足的なサイト運営に陥っている、ということ…

アフィリエイトLab(アフィLab)【検証とレビュー】
検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

「検索意図が明確かつ上位表示を狙えるキーワード」で記事を書くことの重要性 前回の記事の続きです。 アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる 前回は、アドセンス…

当ブログからの記事盗用に関して
当ブログからの記事盗用行為に関して

このブログ「アフィリエイト戦略思考」(https://affiliate-review-blog.com)から無断で記事を引用・盗用しているサイトが多く見受けられます。今後、悪質な…

携帯電話を売ろうとする限り、携帯電話が売れない本当の理由
携帯電話を売ろうとする限り、携帯電話が売れない理由

携帯電話を売ろうとする限り、携帯電話が売れない理由 神田昌典氏と前田鎌利氏のスペシャル対談 神田昌典氏といえばマーケティングの第一人者でありコピーライティングにも精通した日本で最も…