『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その1】

『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その1】

『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その1】

『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入した

本日は書籍のご紹介です。中村貞文さんの『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』です。

中村貞文さんといえば、リスタートアフィリエイト商材の著者(ノウハウ提供者)ですね。リスタートアフィリエイトは、売れ行きも好調のようで、ランキングでも常に上位に入っている商材です。

そのノウハウ提供者である中村さんが、約1年前(2013年9月1日)に出版した書籍です。

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則

昨日の会社帰りに、たまたま寄ったブックオフで書籍を見つけて購入しました。購入価格は510円です。古本なので1000円オフです。

ブックオフで購入

現在販売中のリスタートアフィリエイトのノウハウのベースになっている書籍です。書籍そのものは、1時間程度でサクッと読めます。検索キーワード戦略に焦点を絞り、詳しく解説されています。

私自身、キーワード戦略についてはとても興味があり、キーワードスキルを極めることをアフィリエイトビジネスの最大の目標の一つとしています。過去にも以下のような記事を書いています。

アフィリエイト書籍としては「良書」

総評ですが、アフィリエイト書籍としては良書です。1500円程度(私は500円で購入)の投資に対しては、十分なリターンがあるでしょう。上位表示しやすいニッチなキーワードを拾う(考える)方法が、詳しく解説されています。キーワード選定方法として8つの法則が紹介されています。

ただし、初心者向けです。中級者以上のアフィリエイターにとっては、それほど得るものはありません。

それから、この書籍だけでアフィリエイトをスタートして軌道に乗せることはできません。なぜならこの本は、様々なスキルの中のキーワード選定スキルにのみ焦点を当てて執筆された書籍だからです。

アフィリエイトは、様々なスキルが要求されます。サイト作成スキル、商品選定スキル、キーワードスキル、ライティングスキル、SEOスキル等々。これらのスキルをトータルで学ばないと、なかなかアフィリエイトビジネスは上手くいきません。

本の概要は「ニッチキーワードを攻略しよう」

書籍の内容を一言で要約すると、「ニッチキーワードを攻めろ」ということになります。

ビッグキーワードや商標名キーワードは、先行者やライバルが多く、後発組が参入しても上位表示は難しい。だからニッチなキーワードを攻めるべきだ。そうすれば、ライバルとの競争に巻き込まれにくく、楽に上位表示ができる。結果的に稼げる…。

成約できるキーワードについてではなく、上位表示しやすいキーワードについて語られているにすぎません。

ビッグキーワードしか頭にない初心者アフィリエイターにとっては、目からウロコだと思いますが、大半のアフィリエイターにとっては目新しい内容ではありません。LFM−TVなどでも再三述べられている「キーワードを俯瞰する」ことと、内容は全く同じです。

しかも大切な要素が抜け落ちている(orあえて伏せてある?)ため、このノウハウを鵜呑みにしてしまうと、かえって上手くいかないのでは?と懸念されます。

この本で語られていない重要なポイントとは?

書籍で述べられているキーワード選定の目の付け所は、私が過去の記事で取り上げた内容と本質は同じです。

ただ、大切な要素が、この本では語られていません。それは、成約するキーワードを選定することの重要性です。

書籍では、上位表示にこだわったキーワード選定法が語られています。ライバルが不在、もしくは少ないキーワードをいかに見つけるか?という点に重点が置かれており、ニッチなキーワードを見つけることができれば上位表示できて、成約できる…と楽観的に書かれています。

たしかに、ニッチなキーワードでサイトを作れば、そのキーワードでは上位表示はできるでしょう。ただし、上位表示しても成約するとは限りません。むしろ、上位表示したのに、ほとんど成約しない…という可能性のほうが、はるかに高いです。

狙ったニッチキーワードで成約させることは、至難の業です。アフィリエイト上級者ですら難しいスキルでしょう。

ニッチキーワード ≠ 成約しやすい

ニッチなキーワード=上位表示しやすい であっても、ニッチなキーワード=成約しやすい ではないということです。ここを履き違えると、ニッチなキーワードで一生懸命サイトを作ってもほとんど売れない…という状況に陥る可能性があります。

重要な事は、上位表示できれば成約する可能性の高いと思われるキーワードを狙うということです。しかし、成約しやすいキーワードというのは狙って当てるとこは困難です。それこそ100キーワードを狙って作っても、当たるのは多くて10個程度、というのが現実ではないでしょうか。

ビッグキーワドでない限り、どのニッチキーワードが当たる(成約に結びつく)かは、実際に作ってみなければわかりません。だからこそ、様々なキーワードでサイトを作ったり、記事を書いたりするわけです。つまり、ニッチキーワード戦略には、圧倒的な量(量産)が求められるということです。残念ながらこの点は、書籍内でひと言も語られていません。

長くなりましたので、次の記事に続きます。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

外注なしアドセンスのみで月収80万円超え〜PRIDE【購入レビュー】その3
私がミニサイトを作らない理由(ワケ)

最近のトレンドである「ミニサイト」 先日、ミニサイトに関するご質問をいただきました。 山本様はミニサイト作りは考えておられないのでしょうか? ミニサイトは実際どうなのでしょうか? …

ニッチなテーマについて
どうせならニッチなジャンルで専門性の高いサイトを作る

ニッチなジャンルで”尖ったサイト”を作ることの重要性 これまでにいただいたアフィリエイトに関する質問メールから、シェアできるものを数回に分けてピックアップしてお届けします。今回は、…

キーワードの枯渇
稼げるキーワードが枯渇することに対する漠然とした不安

大半のキーワードが先行組アフィリエイターに牛耳られている… わたしたち後発組が、アフィリエイトをスタートするときに、ある事実を知って絶望的な気持ちになることがあります。その事実とは…

アフィ業者が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む
アフィリエイト法人が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む

セキネット vs. グーグル アフィリエイト業者の株式会社Sekinet(セキネット)が、Googleを相手取って裁判を起こしました。 自社名(株式会社Sekinet)をGoogl…

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定

Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定 これまで検索結果の右側に表示されていた広告枠を、すべて撤去するとGoogleが発表しました。ソースはThe SEM Post…

70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている
70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

「自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。」竹中平蔵 年金崩壊危機が声高に叫ばれて久しいですが、もはや老後を国に頼ることは…

ターゲットを軽視してはいけない
ターゲットを軽視してはいけない

ターゲットを軽視してはいけない ターゲットの重要性 多くのアフィリエイターが、ターゲットを軽視している、もしくは上手く絞れていないことが多いように感じます。 ターゲットとは、私たち…

アフィリエイトを「自分年金」にする方法
老後に必要な資金を貯めるよりも「そこそこ稼げる仕組みの構築」を最優先すべき

アフィリエイトを「自分年金」にする方法 自分年金とは、金融商品を活用してリタイア後の生活費を自分自身で準備することです。公的年金や預貯金で足りない部分を補完するために、オリジナルの…

アフィリエイトはルーチンワークではない
アフィリエイトはルーチンワークではない

ルーティン作業で報酬が上がる時代は終わりつつある ルーチンワークアフィリエイトのレビュー依頼があったので、販売ページを見てみました。infotopランキングの上位にランクインしてい…

アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ
アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ

パワーアフィリエイト手法の要素の一つである”独自の切り口”に関するご質問を多くいただきます。また、パワーアフィリエイトの手法をまとめたオリジナル特典において、独自の切り口に関する解…

下克上(GEKOKUJO)は本当に成果がでるのか?
ニッチとは”細分化されたニーズ”だ

ニッチジャンルに関するご質問 ニッチなターゲットとニッチなブログテーマに関するご質問を頂きました。 山本様が考えるニッチジャンルとはライバルがいないジャンルを狙うことであり、ニッチ…

【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?
【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?

infotopランキグで情報商材業界の”いま”が見えてくる 私は1週間に一度くらいのペースで、インフォトップの30日ランキング(1位〜100位)を定点観測しています。ランキングを定…