腐るコンテンツと腐らないコンテンツ

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ

パワーサイトは、サイトを資産化する手法です。つまり、長期にわたって継続的に収益を生み出してくれるサイトを運営することです。そのために最も大切なことは、腐らないコンテンツ(記事)を書くということです。

コンテンツには、時間と共に陳腐化してしまうものと、時間が経過しても陳腐化しないものがあると考えています。トレンド的なキーワードで書く記事は、どうしても陳腐化してしまいがちです。

アクセスを呼び込むためには、トレンド記事も重要ですが、それ以上に陳腐化しない普遍的に役立つ記事を書くという意識が重要になってきます。

トレンド記事を書いてはいけない、ということではありません。事実、私もトレンド記事(トレンドキーワード)をアップしています。ただ、記事全体の割合の中では、極力少なめにしています。おそらく、5%前後だと思います。

それ以上に、腐らないコンテンツ(記事)を書くことに、注力しています。

陳腐化しないコンテンツとは?

では、陳腐化しない記事(コンテンツ)とは、どんな記事でしょうか?腐らないコンテンツとはテーマに普遍性のあるコンテンツです。現在だけでなく、半年後、1年後も価値が低減しないコンテンツです。

現在ご覧頂いている「アフィリエイト戦略思考ブログ」を例に、具体的に解説してみたいと思います。

このブログは、アフィリエイトのノウハウに関するネタを中心に記事構成しています。さらに、販売されているアフィリエイト商材のレビュー記事も書いています。

私が考える「腐らないコンテンツ」とは、王道的なアフィリエイトノウハウについて書いた記事です。例えば、

これらの記事は、アフィリエイトに関する普遍的なノウハウを記載しているつもりです。アフィリエイトビジネスが存在する限り、半年後、1年後も内容が陳腐化することはないと思っています。

極端に言えば、情報商材ASP(インフォトップ)が無くなっても記事の内容が陳腐化することはありません。なぜなら、情報商材アフィリだけでなく、アフィリエイトビジネス全般について言及している記事だからです。

優良商品(ロングラン商品)のレビュー記事も腐りにくい

また、長期的に売れ続けている優良商品のレビュー記事も、腐らないコンテンツであると言えます。例えば、

などの記事です。発売されてから2年以上経過している商材であっても、非常に優れた内容であり普遍的なノウハウが満載の商材レビューであれば、そう簡単には陳腐化しません。商材そのものも、ロングランで売れ続けていますので、検索エンジンからのアクセスが常に望めます。

陳腐化する記事とは?

一方、陳腐化する記事とは、一瞬だけランキングを賑わすような商材のレビュー記事です。商材内容も賛否両論だったり、期間限定で販売されるような商材をレビューした記事ですね。限定募集される高額塾なども同様です。

これらの記事は、販売時期とタイミング良くリンクすれば、アクセスを集めやすいですが、数ヶ月後半年後には検索回数も激減するため、将来的なアクセスがほとんど望めません。サイト内においても、巡回されることもほとんどありません。

鮮度が命とされるような記事は、鮮度が落ちればほとんど価値を持ちません。

商材がなくなってもサイトを継続できるか?

理想論ですが、商材・商品やASP(インフォトップやA8など)がなくなってもサイト継続できるようなコンテンツ構成が、パワーサイト運営にとっては最も望ましいです。

商品(商材)タイトルのサイトやブログを作ってしまうと、それらの商品(商材)がなくなれば、ただのゴミサイトになってしまいます。量産型に多いパターンですね。

一方、特定ジャンルに特化したパワーサイトを作り、普遍的なテーマに沿って良質の記事をたくさん投稿しておけば、商品やサービスが無くなっても別の商品を紹介することができます。ターゲットが求める商品・サービスを探してきて、出口記事としてサイトに置けばよいのです。

資産化するサイトを目指すならば普遍的な価値のある記事を増やす

一つのサイトを数年にわたって運営していくことを考えるならば、記事構成は重要な要素になります。

トレンド記事ばかり書いていると、アクセスを集めやすいかもしれませんが、サイト内を巡回してもらえることは、ほとんどありません。鮮度だけが売りのサイトになってしまうので、常に新鮮なテーマで記事を更新し続ける羽目になり、疲弊してしまいます。これではラットレースですね。

一方、腐らない記事(価値のある普遍的な内容の記事)を増やすことを意識して記事を書いていけば、書きためた記事がそのまま資産化します。普遍的なテーマであれば、過去に書いた記事も検索されやすく、その内容の価値が損なわれていなければ、ユーザーは評価してくれますし、ブックマークしてくれます。記事の更新がストップしても、検索エンジンからのアクセスに加え、ブックマークからのアクセスもしっかりと確保できるのです。

長期にわたって、継続的に収益を生み出してくれるサイトを運営したいのであれば、是非、腐らないコンテンツという概念を意識して記事を書いてみては、いかがでしょうか。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探す
”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探す

ブログの毎日更新を開始した理由 このブログでは、2016年9月12日から毎日記事を更新しています。それまでは月に1〜2本程度しか記事を書いていませんでした。 唐突に毎日更新を開始し…

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則
『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その2】

前回の記事はこちら 『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を購入してみた【その1】 書籍で紹介されている「あかちゃんのぐずり」サイト この書籍では、著者のサイ…

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定

Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定 これまで検索結果の右側に表示されていた広告枠を、すべて撤去するとGoogleが発表しました。ソースはThe SEM Post…

なぜテーマから始めると、アフィリエイトは「上手くいかない」のか?
なぜテーマから始めると、アフィリエイトは「上手くいかない」のか?

アフィリエイトは「テーマ」からスタートすると失敗する 今回はの記事は、前回の記事とも一部内容がかぶりますが、重要なポイントなので別の角度から改めて記事にしたいと思います。 成約する…

【ネタ集め】ブログ記事を速く書き上げるコツは事前の準備にある
【ネタ集め】ブログ記事を速く書き上げるコツは事前の準備にある

ブログ記事を30分で書き上げる方法 先日”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探すという記事を書いたですが、その中の記事執筆方法に関してご質問をいただきまし…

あなたはペラサイトの量産に耐えられるか?
あなたはペラサイトの量産に耐えられるか?

ペラサイトの量産・更新に抵抗がないか? パンダ塾ピラミダルが話題になっていますね。パンダ塾ピラミダルは、携帯・スマホアフィリを教えてくれる塾です(パソコンを使ったアフィリにも応用で…

もしもオリエンタルラジオのあっちゃんがアフィリエイターだったら…
もしもオリエンタルラジオのあっちゃんがアフィリエイターだったら…

オリラジのあっちゃんがアフィリエイターだったら… しくじり先生の『中田歴史塾』が最高に面白い! テレビ朝日で放送されているバラエティ特番『しくじり先生 』、面白いですよね。 この中…

全てのリンクには”必然性”がある
Googleのさじ加減一つでゴミブログは消える

忍者サイト自動生成機能が終了 残念なお知らせです。以前ご紹介したARMS(アームズ)ですが、2012年9月27日をもって忍者サイト自動生成機能が使えなくなりました。ARMS(アーム…

アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックス
アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックスだ

”即時収穫環境”と”遅延収穫環境” 研究者によると、我々人間は「遅延収穫環境」と呼ふ世界に生きています。行動した結果がすぐに利益として現れない(遅延して現れる)世界のことです。 一…

当ブログからの記事盗用に関して
【速報】インフォトップが買収された!情報商材業界は終焉を迎えるのか?

ゲーム会社がインフォトップを買収・子会社化 驚きのニュースです。インフォトップがゲーム会社に買収されました。 モバイルゲームの開発等をおこなうアエリア(東京都)は、安定的な収益基盤…

必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました
必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました

読んでいないと話にならない『ウェブマスター向けガイドライン』 本日(2012年10月3日)、Googleのウェブマスター向けガイドラインが更新されました。ウェブマスター向けガイドラ…

1カ月間、毎日更新をしてみた結果
【1カ月間】毎日更新をしてみた結果、PV数が2.2倍になったが…

30日間”毎日更新”をした結果を振り返る 2016年9月12日から10月11日までの1ヶ月間、ブログ記事を毎日更新してみました。 ”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける…