ターゲットを軽視してはいけない

   2015/07/27

ターゲットを軽視しない

ターゲットの重要性

多くのアフィリエイターが、ターゲットを軽視している、もしくは上手く絞れていないことが多いように感じます。

ターゲットとは、私たちアフィリエイターが集めたいと考えているユーザーのことです。このターゲット設定が曖昧だと、キーワードもコンテンツもそしてサイトそのものも、曖昧模糊(あいまいもこ)としてしまい、これといって特徴のない、ありきたりなサイトに陥ってしまいます。

当然、サイトの訴求性も低くなり熱烈なファンもつきにくいため、結果的にコンバージョン(成約率)も低くなります。

全ては紹介する商品からスタートしている

アドセンスであれば、どんな記事を書いてもその記事にあった広告が自動表示されるので、気にする必要はありません。しかし、一般的なアフィリエイトは、紹介すべき商品が最初から決まっているはずです。その商品を紹介するために(販売するために)、そのブログを作っているはずです。

※たまに1つのサイトで、様々な商品を紹介しているサイトがありますが、決して効率が良いとは言えません。

一般的には、Aという特定の商品・サービスをアフィリエイトするために、そのサイト(ブログ)のタイトルを決め、コンテンツ(記事)を作っているはずです。

であれば、私たちが集客するべきターゲットは、その商品やサービスを心の底から欲している人々ということになります。

  • その商品を手にすることで、満足感を得られる人々
  • その商品を紹介してあげることで、幸せになれる人々
  • その商品によって、長年の悩みが解決できる人々
  • その商品を紹介すると、「ありがとう!」と言ってくれる人々
  • その商品に対しては、お金を惜しまないと思っている人々
  • その商品が、彼らの潜在的な悩みを解決できそうと思える人々
  • 自分の悩みに対して、お金をかけてでも解決したいと思っている人々

いきなりサイトを作ってしまう前に、ここに挙げた人々(ターゲット)のことをじっくりと時間をかけて考えてみる必要があると思います。

商品を知り尽くす

ターゲットを絞り込むには商品を知り尽くす必要があります。

  • その商品は誰に向けて販売されているのか?
  • その商品はどんな特徴があるのか?
  • その商品は何を解決してくれるのか?
  • その商品は他の類似品と何が違うのか?
  • その商品はどんなシーンで役立つのか?
  • その商品が他と比べて優れているポイントは何か?
  • その商品を既に購入している人は何と言っているのか?
  • その商品のアフターサービス(サポート)は何か?
  • その商品を買うべき最大の理由は何か?

その商品の全てを把握するために、徹底的に商品を分析します。この作業過程を怠ると、ターゲット選定に戸惑ってしまいます。

どうしても判らなければ、制作者や販売者に直接問い合わせてみて下さい。まともな制作者・販売者であれば、真摯(しんし)に答えてくれるはずです。

そもそも優れた商品・サービスは、誰かの強い情熱によって、生み出されているはずです。その強い熱意に触れることで、その商品・サービスを届けるべき人々が明確になってきます。

”商品→ターゲット→コンテンツ”という流れ

始めに商品ありきです。そしてターゲットの選定を行い、そのターゲットが必要としているコンテンツを作りこんでいきます。つまり、

商品 → ターゲット → コンテンツ

これが正しい思考の流れだと考えています。

しかしながら、大半の上手くいかないアフィリエイターは、この逆をやってしまったり、手を抜いて飛ばしたりしています。先にキーワードを考えてしまったり、ターゲットが曖昧のまま、適当にキーワードを拾ってきたり、とりあえずウィキペディア的なコンテンツを作ってしまったりしています。

これでは、雑多なアクセスしか集まりません。情報だけ抜かれて閉じられたり、全然商品を欲しくない人を大量に集めてしまったり、二度とアクセスしてもらえないようなサイトが出来上がります。

濃厚なアクセスを集めるために

私たちが必要としているものは、濃いアクセスです。10アクセスで1件コンバージョン(成約)するくらいの、濃厚なアクセスです。アクセス数は少なくてもよいのです。

今すぐその商品が欲しい!と言ってくれるユーザーを、大量に集めることができれば、放っておいてもコンバージョン(成約)してくれます。

情報を集めているユーザーではなく、お金を払ってでも解決したいと真剣に悩んでいるユーザー(ターゲット)を集めることが出来れば、アフィリエイトビジネスは簡単に成功します。

コンバージョン率(成約率)が低かったりリピーターが極端に少ないアフィリエイターは、このポイントをもう一度しっかりと考えてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

ターゲット戦略の重要性
成約するサイトと、できないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある

その商品を心の底から必要としてる人は、誰か? 私達アフィリエイターの役目は、商品を必要としているターゲットに適切にアプローチし、ユーザーにとって価値のある商品・サービスを届けることです。 必要としているユーザーに必要な商 […]

”無料ブログ”を使ったスパムサイトの取り締まりが本格化
”無料ブログ”を使ったスパムサイトの取り締まりが本格化

スパムサイト情報の相互共有が本格始動 先日の記事にてAdvanced Hosting Meetupを取り上げました。 Advanced Hosting Meetupとは、Googleが先導しておこなっている「スパムサイト […]

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定

Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定 これまで検索結果の右側に表示されていた広告枠を、すべて撤去するとGoogleが発表しました。 ソースはThe SEM Postの記事です。 Google AdWor […]

キーワードスキル
キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル

キーワードスキルは集客スキルの1つにすぎない キーワードに関するお問い合わせを多数いただいています。 私が実践するパワーアフィリエイト戦略においては、キーワードはそれほど重要ではありません。ターゲットにとって価値のある記 […]

【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される
【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される

渋谷で開催される年1回のビッグイベント 毎年恒例のビッグイベントが渋谷で開催されます。その名も「本気でアフィリエイトを学ぶ会2016 -Japan Affiliate Summit-」です。主催は日本アフィリエイト協議会 […]

【9月23日実施】ペンギンアップデート4.0により被リンクスパムは駆逐されるのか?
【9月23日実施】ペンギンアップデート4.0により被リンクスパムは駆逐されるのか?

ペンギンアップデート4.0が9月23日に発動 9月23日にペンギンアップデート4.0を実施したと、Googleが公式に発表しました。ペンギンアップデートとは、Googleが不正と認知する悪質な被リンク対策を実施しているサ […]

「買いたい!」のスイッチを押す方法
たった280円で学べる”ブログ収益化戦略”

パワーアフィリエイター必読の書 わかったブログの運営者かん吉さんが発行した電子書籍『人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術』 [Kindle版]が、非常にオススメできるのでご紹介します。 Kin […]

1カ月間、毎日更新をしてみた結果
【1カ月間】毎日更新をしてみた結果、PV数が2.2倍になった

”記事毎日更新”をした結果を総括する 9月12日から10月11日まで、ブログ記事を毎日更新してみました。 ”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探す 毎日更新をすることにした理由は上の記事で詳しく […]

ニッチジャンルと独自の切り口(オリジナルな価値)との関係
ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法

ニッチジャンルと独自の切り口(オリジナルな価値)との関係 今回も、パワーアフィリエイトに関するご質問をいただきましたのでシェアしたいと思います。ご質問内容はニッチジャンルと独自の切り口(オリジナルな価値)との関係について […]

Googleガイドライン
必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました

読んでいないと話になりません 本日(2012年10月3日)、Googleのウェブマスター向けガイドラインが更新されました。ウェブマスター向けガイドラインの重要性については、以前の記事でも書いています。 >>ウ […]

SEO
良質のコンテンツこそ、最良のSEOだ

ゴミサイトの排除は佳境に入りつつある 昨日(2012年10月24日)の記事は、読んでいただけましたでしょうか? いよいよGoogleがゴミサイトを追い詰めにかかっています。 検索結果を見ても、まだまだゴミサイトを見かけま […]

アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックス
アフィリエイトは不安と不確実性のブラックボックスだ

”即時収穫環境”と”遅延収穫環境” 研究者によると、我々人間は「遅延収穫環境」と呼ふ世界に生きています。行動した結果がすぐに利益として現れない(遅延して現れる)世界のことです。 一方でキリンやライオンなどの動物は「即時収 […]