良質のコンテンツこそ、最良のSEOだ

   2014/12/29

SEO

ゴミサイトの排除は佳境に入りつつある

昨日(2012年10月24日)の記事は、読んでいただけましたでしょうか? いよいよGoogleがゴミサイトを追い詰めにかかっています。

検索結果を見ても、まだまだゴミサイトを見かけますが、一掃されるのも時間の問題かもしれません。ペラサイトや中身の薄いサイトを量産して、裏技的なSEOを駆使して上位表示させていた時代は、終わりを告げようとしています。

そろそろ本質に立ち返るべき

価値のある良質なコンテンツを作り続けることは、決して楽な作業ではありません。ペラサイトやリライトサイトを作る方が、はるかに楽です。しかも、裏技的なSEOは簡単で(現時点では)効果も大きいので、その旨みを知ったアフィリエイターは、なかなか止められません。

そろそろ、アフィリエイトの本質に立ち返るべきではないでしょうか。 良質で価値のあるコンテンツに、アフィリリンクが置いてあるからこそ、高確率でコンバージョンするのです。

無理矢理リンクを踏ませたり、誘導したりする必要はありません。ユーザーが求めていることを、コンテンツとして返してあげて、その出口の一つとしてアフィリエイトリンクを置いておくだけです。

アフィリエイトの本質は、いたって簡単・シンプルです。

商材や高額塾を売るために複雑にされた”世界”

シンプルなアフィリエイトを複雑にしてしまったのは、いったい誰でしょうか?

多くのアフィリエイト商材や、高額アフィリエイト塾、様々な自動化ツールの出現が、アフィリエイトを難しく複雑なものにしてきました。彼らは、自分の商材やツール・高額塾を売りたいが為に、テキストに必要のない作業を付け加え、裏技とされるテクニックを盛り込んできました。いつの間にか、私たちのやるべき作業は信じられないほどの膨大な量になってしまいました。

作業量が増える一方で、時間短縮を図るための、様々な自動化ツールが販売される。これが今のアフィリエイト業界の現状です。その結果、ゴミブログ、ゴミサイトがネット上に氾濫するようになったのです。

彼ら(商材販売者)の罪は、重いと思います。

必要な作業は限られている

アフィリエイトビジネスは、ターゲットに合わせて良質なコンテンツを作り、アフィリエイトリンクを置くだけで良いのです。これが全てです。

人為的な被リンクも必要なければ、バックリンクサイトも必要ありません。中古ドメインも必要なければ、日本語ドメインなど、はっきり言ってどうでも良いです。自動リンク集への登録や、SBM(ソーシャルブックマーク)への登録、相互リンク、コメントまわりなども不要です。

そんなことを気にするくらいだったら、1つでも多くの良質なコンテンツを作るべきです。その方が、長期的に見たときに、Googleから評価される可能性が高いからです。

もう一度書きます。やるべき作業はこれだけです。ターゲットに合わせて良質なコンテンツを作り、出口としてアフィリエイトリンクを添えるだけ良いのです。

良質なコンテンツとは、体験を語ること

では、良質なコンテンツとは何でしょうか?

私が考える良質なコンテンツとは、あなたの体験を通して咀嚼(そしゃく)されたオリジナル情報です。単なるウィキペディア的な情報を提供するのではなく、あなた自身の体験を語るということです。ユーザーは単なる情報を求めているのではなく、第三者の体験を通じた情報を求めているのです。

または圧倒的なインプットから導き出された、独自のアウトプット情報です。ユーザーに新しい気付きを与えられるような記事、ユーザーの生活を豊かなものに変化させるような記事です。

商品レビューにおいても、単なる商品スペックを書いても意味がありません。

  • その商品を使ってみて、どうだったのか?
  • 実際に効果はあったのか?
  • 体験者はどのように感じたのか?
  • 自分も、その体験(体感)を味わえるのか?
  • 自分にとって、それは本当に価値があるのか?

これらを知りたいのです。

情報を羅列したウィキペディアサイトではなく、オリジナルな体験(体感)サイトこそ、良質のコンテンツなのです。

良質のコンテンツこそ、最良のSEO

Googleは、常に良質のコンテンツサイトを上位表示させたいと考えています。このことは何度も何度も、Google側から私たちに届けられています。それだけ強いメッセージだということです。

Google ではこのところ、より良質なサイトを検索結果としてユーザーに返すことに力を入れています。

引用:Googleウェブマスター向け公式ブログ

Googleは、ここまではっきりと言い切っているのです。つまり良質なコンテンツサイトを作れば、勝手に(必然的に)上位表示されるのです。何故なら、Googleがそうしたいと考えているからです。

良質のコンテンツを作り続けることこそ、最高(最良)のSEOとも言えます。だったら私たちがやるべきことは、簡単ですね。良質で価値のあるアフィリエイトサイトを作れば良いのです。

この点が、なかなか腑に落ちない方は、Googleのガイドラインを20回くらい読んでみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定

Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定 これまで検索結果の右側に表示されていた広告枠を、すべて撤去するとGoogleが発表しました。 ソースはThe SEM Postの記事です。 Google AdWor […]

独自の切り口
パワーアフィリエイトに不可欠な「独自の切り口」とは?

私が考えるパワーアフィリエイトの定義 最近、パワーアフィリエイトに関するご質問を多くいただいています。 量産アフィリに疲れたので、1つのサイトでアフィリエイトしたい パワーアフィリエイトを運営したのだが、何から始めれば良 […]

アフィリエイトサイト売却
3回目のサイト売却が完了

ようやく3回目のサイト売却が完了 ようやくサイト売却が完了した。私にとっては今回で3回目のサイト売却だ。 情報商材アフィリエイトを再開することにしました(2014年4月1日) アフィリエイトという”ラットレース”から抜け […]

ニッチなテーマについて
SEOで真っ向勝負するか、オリジナルな価値を提供するか

SEOで真っ向勝負するか、オリジナルな価値を提供するか アフィリエイトにおいて、今、取るべき手法は2つしかないと考えています。(私の持論ですので反論もあると思います。) SEOで真っ向勝負する オリジナルな価値を提供する […]

情報商材アフィリを卒業
情報商材アフィリエイトを辞めます

情報商材アフィリエイトを卒業します 誠に勝手ながら、本日(2013年8月12日)をもちまして当サイトの運営を中止することを決定致しました。理由は、情報商材アフィリエイトから卒業するためです。1年と6ヶ月間にわたって情報商 […]

本気のGoogle
Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

みなさん、Googleが本気を出します 昨日(2012年10月23日)の、Googleウェブマスター向け公式ブログをご覧になりましたでしょうか?全アフィリエイター必見の記事です。 まだ見ていない人は、今すぐ見て下さい。 […]

類似コンテンツ
他と被らないコンテンツの作り方

類似コンテンツサイトの氾濫 大半のアフィリエイトサイトのコンテンツ(中身)は、どれも似通っていることが多いですね。情報商材アフィリエイトにしても、物販アフィリエイトにしても、同様です。 どのサイトを見ても、だいたい同じよ […]

アフィリイトリンクへの誘導
アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる

一般記事からアフィリエイト記事への誘導 昨日、興味深いご質問を頂きましたので、シェアしたいと思います。 読者様からのご質問内容は、”一般記事からアフィリエイトリンクページへいかに誘導すれば良いか?”といったものです。 私 […]

なぜアフィリ初心者が初月に15万円の初報酬を獲得できたのか?
なぜアフィリ初心者が初月に15万円の初報酬を獲得できたのか?

「遅延収穫環境」とアフィリエイト アフィリエイト初心者にとって最も辛いのは、作業に対する成果がすぐに現れないことです。これは私たち人間が「遅延収穫環境」に置かれていることが大きな原因であり、過去の記事でも取り上げました。 […]

ターゲット戦略の重要性
成約するサイトと、できないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある

その商品を心の底から必要としてる人は、誰か? 私達アフィリエイターの役目は、商品を必要としているターゲットに適切にアプローチし、ユーザーにとって価値のある商品・サービスを届けることです。 必要としているユーザーに必要な商 […]

朝一番でベッドを整えるとアフィリエイト作業がはかどる
朝一番でベッドを整えるとアフィリエイト作業が捗る

自宅作業の生産性を向上させる秘訣 私は専業アフィリエイターではありませんが、基本的には早朝の60分〜90分をアフィリエイト作業に充てています。その際に必ずやっていることがいくつかあります。 起きたらスグにベッドを整える […]

70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている
70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

「自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。」竹中平蔵 BLOGOS「賢人論」インタビューで、竹中平蔵氏が取り上げられていて興味深く読んだのだが、とても印象的だった […]