必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました

必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました

必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました

読んでいないと話にならない『ウェブマスター向けガイドライン』

本日(2012年10月3日)、Googleのウェブマスター向けガイドラインが更新されました。ウェブマスター向けガイドラインの重要性については、以前の記事(2012年9月20日)でも書いています。

そのウェブマスター向けガイドラインが、10月3日に更新されています。まだチェックしていない方は、是非確認をしておいて下さい。WEB制作者・サイト運営者にとっては、必読です。

リンクプログラムや隠しテキスト・隠しリンクなどに関して、より詳しく解説されています。

Googleが発信し続けているメッセージ

私たちサイト(ブログ)アフィリエイターにとって、Google(検索エンジン)は決して無視できない存在です。アクセスの大半が検索エンジンに依存しているからです。そのGoogleが、どんなサイトを上位表示させようとしているのか?Googleの思考を詳しく知っておくことは、大変重要なことです。

Googleが私たちサイト運営者に求めていることは、たった一つのメッセージに集約されます。それは、サイトを訪れるユーザーを第一に考えようというメッセージです。Googleウェブマスター向け公式ブログにも、はっきりと明記してあります。

 今回品質に関するガイドラインを更新しましたが、私たちがお伝えしたい基本のメッセージに変わりはありません。

それはサイトを訪れるユーザーを第一に考える、ということです。

引用:Googleウェブマスター向け公式ブログ

Googleは、訪れるユーザーのことを最優先に考えているサイト(ブログ)を、高く評価するということです。被リンクがたくさん付いているサイトを高く評価するとか、中古ドメインだから評価するとか、文字数が多いから評価するとか、無料ブログだから評価するとか、そんなことは、ひと言も書いていません。

Googleは、ユーザーにとって役立つ価値のあるサイトを高く評価します。至極当然といえば、当然ですね。Googleにとっても、価値のあるサイトが上位表示されれば、Googleの検索エンジンの利用者が増え、結果的にGoogleの利益にも繋がるからです。これが本質です。

SEOテクニックなど、枝葉に過ぎません。外的SEOに拘(こだわ)り過ぎている人は、「木を見て森を見ず」に陥っています。

価値のあるサイトとはどんなサイトか?

では、どんなサイトが価値のあるサイトなのでしょうか?価値のあるサイトの定義は簡単ではありませんが、ユーザーにとって利便性があり、オリジナリティがあり、コンテンツに魅力があるサイトですね。

ひと言で分かりやすく言えば、ユーザーが「お気に入り」「ブックマーク」に登録したいと思えるようなサイトです。もう一度読みたい、更新されたら再訪問したい、と思ってもらえるサイトは、大抵ブックマーク登録されると思います。

あなたがこれまでに作成したサイトについて、以下の2つの質問を問うてみて下さい。

  • あなたのサイトは、ブックマークされるようなサイトですか?
  • 自分のサイトを、自分でブックマークしたいと思えますか?

この2つの質問に「YES」と答えられなければ、あなたのサイトはユーザーにとって価値の低いサイトと言えます。サイトを作るときは、常にこの2つの質問を投げかけてみて下さい。言うまでもありませんが、ペラサイトを量産など、論外だということがわかると思います。

ユーザーの視点に立つということ

ユーザーにとって価値のあるサイトを作る為には、ユーザー側の視点に立ってサイト作成するということが、非常に重要になります。ユーザーの悩みや疑問に思いをはせ、その悩みや疑問に対してコンテンツで答えを返してあげることが、私たちアフィリエイターの役割です。

ユーザーが本当に求めている情報を、求められるタイミングで提供することで、悩みを解決できる商品やサービスへの橋渡しをしてあげられるサイトこそ、優れたアフィリエイトサイト(価値あるサイト)と言えるでしょう。

そしてGoogleの役割(目的)は、ユーザーの悩みや疑問を解決できる優れたサイト(価値あるサイト)を、上位に表示させることです。アフィリエイターも、Googleも、ユーザー視点に立ってこそ、ウィン・ウィン(WIN-WIN)の関係が完成します。

これまで広められた手法の大半は、Googleを欺いて上位表示させユーザーを誘導してリンクをクリックさせるようなものばかりでした。こんな裏技かつ自分よがりなテクニックが、いつまでも通用するとは思いません。

ゴミサイトを量産し続けるアフィリエイターも、外的SEOばかり気にしてコンテンツを軽視しているアフィリエイターも、そろそろビジネスの本質に立ち返って、襟を正すべきときが来ていると思います。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

自己満足サイトに陥っていませんか?
自己満足サイトに陥っていませんか?

自己満足的なアフィリエイトサイトの特徴 すごく頑張っているのに何故か上手くいっていないサイトには、共通している特徴があります。それは、自己満足的なサイト運営に陥っている、ということ…

パワーアフィリエイトに不可欠な「独自の切り口」とは?
パワーアフィリエイトに不可欠な「独自の切り口」とは?

パワーアフィリエイトの定義 パワーアフィリエイトに関するご質問を多くいただいています。 量産アフィリに疲れたので、1つのサイトでアフィリエイトしたい パワーアフィリエイトを運営した…

転がり始めたら雪だるま式に報酬が拡大するパワーアフィリエイト
転がり始めたら雪だるま式に報酬が拡大するパワーアフィリエイト

パワーサイトとはどんなサイト? 私が運営しているサイトは、俗に言うパワーサイトと呼ばれるものです。パワーサイトの概念ですが、私のイメージとしては、以下のようなサイト(ブログ)です。…

アフィリエイトで成功するには圧倒的な熱量と大量行動が必要だ
アフィリエイトで成功するには圧倒的な熱量と大量行動が必要だ

アフィリエイトで成功するには圧倒的な熱量と大量行動が必要 最近はもっぱら甥にアフィリエイトを教えることに専念しています。第三者にレクチャーしながら感じたことがあります。アフィリエイ…

たった1時間で意図が明確なキーワードを100個、探しだす方法
たった1時間で意図が明確なキーワードを100個、探しだす方法

意図が明確なキーワードを探す方法 前回の記事の続きになります。 意図が明確なキーワードで記事を書くことの重要性 本記事では、具体的に「意図が明確なキーワード」を探す方法を詳しく解説…

書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』
書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』

250円で”個人WEBメディア”の構築と運営ノウハウが学べる 本のご紹介です。 『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』 250円 Kindle本…

作業のモチベーションが上がらない…そんなあなたに「パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学」
作業のモチベーションが上がらない…そんなあなたに「パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学」

アフィリエイトに「行動分析学」を取り入れてみる アフィリエイト初心者にとって最も辛いのは、作業に対する成果がすぐに現れないことです。これは私たち人間が「遅延収穫環境」に置かれている…

【自作自演は不要】3年で700本もの自然リンクを貰えた理由とは?
【自作自演は不要】3年で700本もの自然リンクを貰えた理由とは?

 ferret「アフィリエイトやるなら定期購読必須ブログ21選」に選ばれた WEBマーケティング系「ferret」にて、当ブログが「アフィリエイトやるなら定期購読必須ブログ21選」…

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ
腐るコンテンツと腐らないコンテンツ

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ パワーサイトは、サイトを資産化する手法です。つまり、長期にわたって継続的に収益を生み出してくれるサイトを運営することです。そのために最も大切なこ…

アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ
アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ

パワーアフィリエイト手法の要素の一つである”独自の切り口”に関するご質問を多くいただきます。また、パワーアフィリエイトの手法をまとめたオリジナル特典において、独自の切り口に関する解…

外注なしアドセンスのみで月収80万円超え〜PRIDE【購入レビュー】その3
私がミニサイトを作らない理由(ワケ)

最近のトレンドである「ミニサイト」 先日、ミニサイトに関するご質問をいただきました。 山本様はミニサイト作りは考えておられないのでしょうか? ミニサイトは実際どうなのでしょうか? …

アフィリエイトLab(アフィLab)【検証とレビュー】
検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

「検索意図が明確かつ上位表示を狙えるキーワード」で記事を書くことの重要性 前回の記事の続きです。 アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる 前回は、アドセンス…