ウィキペディアサイトを作ってはいけない

ウィキペディアサイトを作ってはいけない

ウィキペディアサイトを作ってはいけない

残念なサイトを量産していませんか?

アフィリを始めてから、様々なアフィリエイトサイトをチェックするようになりました。しかしながら、そのほとんどが、非常に残念なサイトであるという事実に気付きました。

せっかく上位表示できても、これではコンバージョンしないだろうな・・・というサイトが多いです。世の中に存在する大半のアフィリエイトサイトが残念なサイト(つまらないサイト)です。

Wikipedia化するアフィリエイトサイト

私が考える「残念なサイト」とは、ウィキペディアのようなサイトです。ウィキペディア(Wikipedia)とは、ユーザー同士で作るネット上の百科事典のことです。

ネット上に無数に存在するアフィリエイトサイトの大半が、まるでウィキペディアのような情報サイトになってしまっています。 つまり、

  • ○○とは?
  • ○○の使い方
  • ○○の特徴
  • ○○の効能について・・・
  • ○○と□□の関係について

こんなことばかり書いているサイトのことを、私は「ウィキペディアサイト」と呼んでいます。どこからか情報を拾ってきて、それをリライトしたようなサイトです。記事は、外注化してパートさんなどに書いてもらっているのかもしれません。そして、どのサイトも判で押したように、コンテンツ下段に、唐突にアフィリリンク(バナーなど)を置いていますね。

この手のサイトは、特に物販サイトに多いです。サプリメントなどの健康食品や、美容商品などをアフィリエイトするサイトによく見られます。

なぜウィキペディアサイトはダメなのか?

ウィキペディアのようなサイトを作り続けている限り、あなたのサイトのコンバージョン率は決して上がらないでしょう。どうしてウィキペディアサイトを作ってはいけないのか?あなたは、考えたことがありますでしょうか?

ウィキペディアのようなサイトには「想い」が入っていないからです。単なる情報提供サイトになってしまっているからです。まさにウィキペディアそのものです。ウィキペディアのようなアフィリエイトサイトは、ユーザーに情報だけ抜かれて終わりです。情報を得ることでユーザーは満足してしまい、次のアクションを起こしません。

ある程度は、ユーザーの役に立っているサイトかもしれませんが、そこに「想い」が込められていないので、ユーザーにまったく響きません。結果的に、アクション(クリック)が起きないわけです。

やってることはアドセンス

もちろん、ウィキペディアのようなサイトでもサイトを量産しいくつか上位表示されれば一定数は売れるでしょう。ただ、効率は非常に悪いです。 何故なら、あなたがやっていることは、ウィキペディアサイトにアドセンス広告を貼っているようなものだからです。

総アクセスの数パーセントはクリックするかもしれませんが、サイトアフィリはもともとアクセス数は多くないはずです。アドセンスサイトは、大量のアクセスが必要です。

こんなことをやっている限り、販売力のあるアフィリエイトサイトは永遠に作ることができません。あなたが、ウィキペディアのようなサイトを作り続けている限り、永遠にあなたのアフィリサイトのコンバージョン率は上がらないでしょう。

そもそも、そんなサイトを作ることはぜんぜん面白くありませんし、仮に売れてもそこに「ありがとう」は存在しないと思います。私は、そんなつまらないビジネスは、できればやりたくないです(モチベーションが続かないので)。

あなたのサイトには、”想い”が込められていますか?

以前のエントリー(記事)で書きましたが、誰かの強い”想い”に人は動かされるということです。商品やサービスへの”想い”を、誰かに伝えたいという”衝動”があるからこそ、それが伝わり、相手を行動に駆り立てるのだと思います。

私は、記事の1つ1つに自分の”想い(メッセージ)”を込めて書いています。読者に本気で伝えたいことがあるので、常にその気持ちを記事に込めて書いています。だからこそ、私のサイトにはリピーターが多いのだと考えています(私のサイトは約70%がリピーターです)。

ウィキペディアのようなアフィリサイトには、おそらくリピーターは付かないでしょう。一度アクセスすれば十分だからです。

メルマガを発行しなくてもリピーターがいれば同じ効果がある

私はメルマガを発行していませんので、ユーザーのリスト(メールアドレス)を持っていません。しかし、パワーブログの力(ちから)によってリピーターを獲得しています。これは結局、ユーザーリストを持っていることと同じようなことですよね。ユーザーの方々に何度もサイトに訪れてもらうことで、接触回数が増え、結果的に購入(コンバージョン)に繋がるということです。

しかも、メルマガにありがちな「押し売り」的なセールスではありません。

あなたの”想い”を込めて記事を書きましょう

サイト(ブログ)のコンバージョンを上げることは、そんなに難しいことではないと思います。あなたの本気の”想い(メッセージ)”を込めれば、人は動かされると思います。小手先のテクニックなど二の次です。相手(ターゲット)のことを思い、本気でお勧めしたいと思ってレビューなどを書けば、その”想い”は、伝わるものです。

あなたの”想い”が伝われば、相手はアクションを起こすと思います。そして「ありがとう」という気持ちを受け取ることができるかもしれません。こんなビジネスをしたいと思いませんか?

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた
DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた

DeNAのウェルク閉鎖が健食EC業界を揺さぶる 健食EC事業者にとってキュレーションメディアは、販路拡大に欠かせないパワフルな広告媒体だったようですね。 そんな中、DeNAのウェル…

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定

Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定 これまで検索結果の右側に表示されていた広告枠を、すべて撤去するとGoogleが発表しました。ソースはThe SEM Post…

ウェブマスター向けガイドライン
あなたのSEO施策にやましい点はないか?

ウェブマスター向けガイドラインを読んでいますか? 極めて重要な”Googleのウェブマスター向けガイドライン” コンサルを開始して非常に驚いたことがあります。それは大半のアフィリエ…

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ
腐るコンテンツと腐らないコンテンツ

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ パワーサイトは、サイトを資産化する手法です。つまり、長期にわたって継続的に収益を生み出してくれるサイトを運営することです。そのために最も大切なこ…

Googleがリンクプログラムに参加するサイトに制裁措置
Googleがリンクプログラムに参加するサイトに対し制裁措置を発動

不正リンクに対するGoogleの制裁措置が発表された 昨日のGoogleウェブマスター向け公式ブログにて、リンクプログラムに参加するサイトに対する新たな制裁措置が発表されました。 …

ブックマークされるサイトを目指す
あなたのサイトはブックマークされている?

ユーザーにとって価値のあるサイトとは? 私のアフィリエイト手法は、量産ではなく1つ1つのサイト(ブログ)を、時間をかけて育てていく方法です。いわゆるパワーサイトを作っていく手法です…

意図が明確なkeyword
意図が明確なキーワードで記事を書くことの重要性

キーワードこそがターゲットとサイトを繋ぐ唯一の”橋” 今回は量産アフィリエイト(ペラサイト)におけるキーワードの重要性についてのお話です。最近、多くのアフィリエイターのサイトを見る…

成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある
成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある

その商品を心の底から必要としてる人は「誰」か? アフィリエイターの役目は、商品を必要としているターゲットに適切にアプローチすることです。ユーザーにとって価値のある商品・サービスをお…

アフィリエイト報酬額はあなたが市場に提供した”価値”の総量に比例する
アフィリエイト報酬額はあなたが市場に提供した”価値”の総量に比例する

「アフィリエイトで報酬が発生するまでの目安を知りたい…」 連日多くのご質問を頂いています。今回は特に初心者の方から多く寄せられるご質問(メール)を、いくつかご紹介します。(メールの…

DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた
葉山直樹氏の株式会社MTSが倒産(任意整理)へ

葉山直樹氏の株式会社MTSが任意整理、アフィリエイトセンターも閉鎖 驚くニュースが入ってきました。アフィリエイト情報商材業界でも有名な葉山直樹氏の株式会社MTSが倒産(任意整理)し…

ターゲットを軽視してはいけない
ターゲットを軽視してはいけない

ターゲットを軽視してはいけない ターゲットの重要性 多くのアフィリエイターが、ターゲットを軽視している、もしくは上手く絞れていないことが多いように感じます。 ターゲットとは、私たち…

70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている
70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

「自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。」竹中平蔵 年金崩壊危機が声高に叫ばれて久しいですが、もはや老後を国に頼ることは…