ウィキペディアサイトを作ってはいけない

ウィキペディアサイトを作ってはいけない

ウィキペディアサイトを作ってはいけない

残念なサイトを量産していませんか?

アフィリを始めてから、様々なアフィリエイトサイトをチェックするようになりました。しかしながら、そのほとんどが、非常に残念なサイトであるという事実に気付きました。

せっかく上位表示できても、これではコンバージョンしないだろうな・・・というサイトが多いです。世の中に存在する大半のアフィリエイトサイトが残念なサイト(つまらないサイト)です。

Wikipedia化するアフィリエイトサイト

私が考える「残念なサイト」とは、ウィキペディアのようなサイトです。ウィキペディア(Wikipedia)とは、ユーザー同士で作るネット上の百科事典のことです。

ネット上に無数に存在するアフィリエイトサイトの大半が、まるでウィキペディアのような情報サイトになってしまっています。 つまり、

  • ○○とは?
  • ○○の使い方
  • ○○の特徴
  • ○○の効能について・・・
  • ○○と□□の関係について

こんなことばかり書いているサイトのことを、私は「ウィキペディアサイト」と呼んでいます。どこからか情報を拾ってきて、それをリライトしたようなサイトです。記事は、外注化してパートさんなどに書いてもらっているのかもしれません。そして、どのサイトも判で押したように、コンテンツ下段に、唐突にアフィリリンク(バナーなど)を置いていますね。

この手のサイトは、特に物販サイトに多いです。サプリメントなどの健康食品や、美容商品などをアフィリエイトするサイトによく見られます。

なぜウィキペディアサイトはダメなのか?

ウィキペディアのようなサイトを作り続けている限り、あなたのサイトのコンバージョン率は決して上がらないでしょう。どうしてウィキペディアサイトを作ってはいけないのか?あなたは、考えたことがありますでしょうか?

ウィキペディアのようなサイトには「想い」が入っていないからです。単なる情報提供サイトになってしまっているからです。まさにウィキペディアそのものです。ウィキペディアのようなアフィリエイトサイトは、ユーザーに情報だけ抜かれて終わりです。情報を得ることでユーザーは満足してしまい、次のアクションを起こしません。

ある程度は、ユーザーの役に立っているサイトかもしれませんが、そこに「想い」が込められていないので、ユーザーにまったく響きません。結果的に、アクション(クリック)が起きないわけです。

やってることはアドセンス

もちろん、ウィキペディアのようなサイトでもサイトを量産しいくつか上位表示されれば一定数は売れるでしょう。ただ、効率は非常に悪いです。 何故なら、あなたがやっていることは、ウィキペディアサイトにアドセンス広告を貼っているようなものだからです。

総アクセスの数パーセントはクリックするかもしれませんが、サイトアフィリはもともとアクセス数は多くないはずです。アドセンスサイトは、大量のアクセスが必要です。

こんなことをやっている限り、販売力のあるアフィリエイトサイトは永遠に作ることができません。あなたが、ウィキペディアのようなサイトを作り続けている限り、永遠にあなたのアフィリサイトのコンバージョン率は上がらないでしょう。

そもそも、そんなサイトを作ることはぜんぜん面白くありませんし、仮に売れてもそこに「ありがとう」は存在しないと思います。私は、そんなつまらないビジネスは、できればやりたくないです(モチベーションが続かないので)。

あなたのサイトには、”想い”が込められていますか?

以前のエントリー(記事)で書きましたが、誰かの強い”想い”に人は動かされるということです。商品やサービスへの”想い”を、誰かに伝えたいという”衝動”があるからこそ、それが伝わり、相手を行動に駆り立てるのだと思います。

私は、記事の1つ1つに自分の”想い(メッセージ)”を込めて書いています。読者に本気で伝えたいことがあるので、常にその気持ちを記事に込めて書いています。だからこそ、私のサイトにはリピーターが多いのだと考えています(私のサイトは約70%がリピーターです)。

ウィキペディアのようなアフィリサイトには、おそらくリピーターは付かないでしょう。一度アクセスすれば十分だからです。

メルマガを発行しなくてもリピーターがいれば同じ効果がある

私はメルマガを発行していませんので、ユーザーのリスト(メールアドレス)を持っていません。しかし、パワーブログの力(ちから)によってリピーターを獲得しています。これは結局、ユーザーリストを持っていることと同じようなことですよね。ユーザーの方々に何度もサイトに訪れてもらうことで、接触回数が増え、結果的に購入(コンバージョン)に繋がるということです。

しかも、メルマガにありがちな「押し売り」的なセールスではありません。

あなたの”想い”を込めて記事を書きましょう

サイト(ブログ)のコンバージョンを上げることは、そんなに難しいことではないと思います。あなたの本気の”想い(メッセージ)”を込めれば、人は動かされると思います。小手先のテクニックなど二の次です。相手(ターゲット)のことを思い、本気でお勧めしたいと思ってレビューなどを書けば、その”想い”は、伝わるものです。

あなたの”想い”が伝われば、相手はアクションを起こすと思います。そして「ありがとう」という気持ちを受け取ることができるかもしれません。こんなビジネスをしたいと思いませんか?

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

自己満足サイトに陥っていませんか?
自己満足サイトに陥っていませんか?

自己満足的なアフィリエイトサイトの特徴 すごく頑張っているのに何故か上手くいっていないサイトには、共通している特徴があります。それは、自己満足的なサイト運営に陥っている、ということ…

「買いたい!」のスイッチを押す方法
「買いたい!」のスイッチを押す方法

消費者の心と行動を読み解く 昨日、たまたまネットで見かけた書籍をAmazoneのKindleで購入しました。内容がアフィリエイターにとってもかなり役立つものだったので紹介します。「…

アフィリエイト開始20カ月で500万円達成
アフィリエイト開始20カ月で500万円達成

開始20カ月で500万円を突破 凄い方もいるものですね。アフィリエイトを開始してわずか20カ月で確定で500万円を達成した方がいます。と・みたさん(@sptomy01)です。 運営…

良質のコンテンツこそ最良のSEOだ
良質のコンテンツこそ最良のSEOだ

良質のコンテンツこそ最良のSEOだ ゴミサイトの排除は佳境に入りつつある 昨日(2012年10月24日)の記事にも書きましたが、いよいよGoogleがゴミサイトを追い詰めにかかって…

類似コンテンツ
他と被らないコンテンツの作り方

他と被らないコンテンツの作り方 類似コンテンツが氾濫する世界 大半のアフィリエイトサイトのコンテンツ(中身)は、どれも似通っていることが多いですね。情報商材アフィリエイトにしても、…

多作は才能だ
多作は才能だ『作家の収支』(森博嗣)

ビジネスライクな小説家「森博嗣」のマーケティングセンス 『作家の収支』(森博嗣)という興味深い本をさきほどKindleで読み終えました。仕事帰りにiPhoneで購入し、Kindle…

キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル
キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル

キーワードスキルは集客スキルの1つにすぎない キーワードに関するお問い合わせを多数いただいています。 私が実践するパワーアフィリエイト戦略においては、キーワードはそれほど重要ではあ…

必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました
必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました

読んでいないと話にならない『ウェブマスター向けガイドライン』 本日(2012年10月3日)、Googleのウェブマスター向けガイドラインが更新されました。ウェブマスター向けガイドラ…

アフィリエイトはラットレース
アフィリエイトという”ラットレース”から抜け出す一番の近道は、市場(マーケット)への再投資だ

サイト売却の話 先日、私が運営するサイト(1サイト)を購入したいとのお話をいただきました。売買専門業者さんを介してのお話です。このサイト(アフィリエイト戦略思考ブログ)ではありませ…

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則
『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その1】

『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入した 本日は書籍のご紹介です。中村貞文さんの『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』です…

ブックマークされるサイトを目指す
あなたのサイトはブックマークされている?

ユーザーにとって価値のあるサイトとは? 私のアフィリエイト手法は、量産ではなく1つ1つのサイト(ブログ)を、時間をかけて育てていく方法です。いわゆるパワーサイトを作っていく手法です…

優れたレビューを書くために必要な、たった1つのこと
優れたレビューを書くために必要な、たった1つのこと

読む人を感動させる”Amazonレビュー” 以下のAmazonカスタマーレビューをお読み下さい。 SANYO の IC レコーダーは優れものである。 先ず、音が良い。 30年数前に…