ウィキペディアサイトを作ってはいけない

ウィキペディアサイトを作ってはいけない

ウィキペディアサイトを作ってはいけない

残念なサイトを量産していませんか?

アフィリを始めてから、様々なアフィリエイトサイトをチェックするようになりました。しかしながら、そのほとんどが、非常に残念なサイトであるという事実に気付きました。

せっかく上位表示できても、これではコンバージョンしないだろうな・・・というサイトが多いです。世の中に存在する大半のアフィリエイトサイトが残念なサイト(つまらないサイト)です。

Wikipedia化するアフィリエイトサイト

私が考える「残念なサイト」とは、ウィキペディアのようなサイトです。ウィキペディア(Wikipedia)とは、ユーザー同士で作るネット上の百科事典のことです。

ネット上に無数に存在するアフィリエイトサイトの大半が、まるでウィキペディアのような情報サイトになってしまっています。 つまり、

  • ○○とは?
  • ○○の使い方
  • ○○の特徴
  • ○○の効能について・・・
  • ○○と□□の関係について

こんなことばかり書いているサイトのことを、私は「ウィキペディアサイト」と呼んでいます。どこからか情報を拾ってきて、それをリライトしたようなサイトです。記事は、外注化してパートさんなどに書いてもらっているのかもしれません。そして、どのサイトも判で押したように、コンテンツ下段に、唐突にアフィリリンク(バナーなど)を置いていますね。

この手のサイトは、特に物販サイトに多いです。サプリメントなどの健康食品や、美容商品などをアフィリエイトするサイトによく見られます。

なぜウィキペディアサイトはダメなのか?

ウィキペディアのようなサイトを作り続けている限り、あなたのサイトのコンバージョン率は決して上がらないでしょう。どうしてウィキペディアサイトを作ってはいけないのか?あなたは、考えたことがありますでしょうか?

ウィキペディアのようなサイトには「想い」が入っていないからです。単なる情報提供サイトになってしまっているからです。まさにウィキペディアそのものです。ウィキペディアのようなアフィリエイトサイトは、ユーザーに情報だけ抜かれて終わりです。情報を得ることでユーザーは満足してしまい、次のアクションを起こしません。

ある程度は、ユーザーの役に立っているサイトかもしれませんが、そこに「想い」が込められていないので、ユーザーにまったく響きません。結果的に、アクション(クリック)が起きないわけです。

やってることはアドセンス

もちろん、ウィキペディアのようなサイトでもサイトを量産しいくつか上位表示されれば一定数は売れるでしょう。ただ、効率は非常に悪いです。 何故なら、あなたがやっていることは、ウィキペディアサイトにアドセンス広告を貼っているようなものだからです。

総アクセスの数パーセントはクリックするかもしれませんが、サイトアフィリはもともとアクセス数は多くないはずです。アドセンスサイトは、大量のアクセスが必要です。

こんなことをやっている限り、販売力のあるアフィリエイトサイトは永遠に作ることができません。あなたが、ウィキペディアのようなサイトを作り続けている限り、永遠にあなたのアフィリサイトのコンバージョン率は上がらないでしょう。

そもそも、そんなサイトを作ることはぜんぜん面白くありませんし、仮に売れてもそこに「ありがとう」は存在しないと思います。私は、そんなつまらないビジネスは、できればやりたくないです(モチベーションが続かないので)。

あなたのサイトには、”想い”が込められていますか?

以前のエントリー(記事)で書きましたが、誰かの強い”想い”に人は動かされるということです。商品やサービスへの”想い”を、誰かに伝えたいという”衝動”があるからこそ、それが伝わり、相手を行動に駆り立てるのだと思います。

私は、記事の1つ1つに自分の”想い(メッセージ)”を込めて書いています。読者に本気で伝えたいことがあるので、常にその気持ちを記事に込めて書いています。だからこそ、私のサイトにはリピーターが多いのだと考えています(私のサイトは約70%がリピーターです)。

ウィキペディアのようなアフィリサイトには、おそらくリピーターは付かないでしょう。一度アクセスすれば十分だからです。

メルマガを発行しなくてもリピーターがいれば同じ効果がある

私はメルマガを発行していませんので、ユーザーのリスト(メールアドレス)を持っていません。しかし、パワーブログの力(ちから)によってリピーターを獲得しています。これは結局、ユーザーリストを持っていることと同じようなことですよね。ユーザーの方々に何度もサイトに訪れてもらうことで、接触回数が増え、結果的に購入(コンバージョン)に繋がるということです。

しかも、メルマガにありがちな「押し売り」的なセールスではありません。

あなたの”想い”を込めて記事を書きましょう

サイト(ブログ)のコンバージョンを上げることは、そんなに難しいことではないと思います。あなたの本気の”想い(メッセージ)”を込めれば、人は動かされると思います。小手先のテクニックなど二の次です。相手(ターゲット)のことを思い、本気でお勧めしたいと思ってレビューなどを書けば、その”想い”は、伝わるものです。

あなたの”想い”が伝われば、相手はアクションを起こすと思います。そして「ありがとう」という気持ちを受け取ることができるかもしれません。こんなビジネスをしたいと思いませんか?

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか?
どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか?

どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか? 岡田斗司夫さんの「いや、上京するの面倒くさいし地元の方が楽だよね: ジモらくのススメ」を読みました。 いや、上京するの面倒くさい…

1カ月間、毎日更新をしてみた結果
【1カ月間】毎日更新をしてみた結果、PV数が2.2倍になったが…

30日間”毎日更新”をした結果を振り返る 2016年9月12日から10月11日までの1ヶ月間、ブログ記事を毎日更新してみました。 ”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける…

パワーアフィリエイトに不可欠な「独自の切り口」とは?
パワーアフィリエイトに不可欠な「独自の切り口」とは?

パワーアフィリエイトの定義 パワーアフィリエイトに関するご質問を多くいただいています。 量産アフィリに疲れたので、1つのサイトでアフィリエイトしたい パワーアフィリエイトを運営した…

【丸山塾】なぜアフィリエイト塾に入る決意をしたのか?
アフィリエイトで得た報酬を株式投資へ再投資する仕組みが軌道に乗ってきた

アフィリエイトビジネスで得た報酬を株式投資へ再投資する仕組みが軌道に乗ってきた 会社員のかたわら、副業としてアフィリエイトビジネスに取り組んできました。その結果、約3年で6000万…

外注なしアドセンスのみで月収80万円超え〜PRIDE【購入レビュー】その3
私がミニサイトを作らない理由(ワケ)

最近のトレンドである「ミニサイト」 先日、ミニサイトに関するご質問をいただきました。 山本様はミニサイト作りは考えておられないのでしょうか? ミニサイトは実際どうなのでしょうか? …

当ブログからの記事盗用に関して
【速報】インフォトップが買収された!情報商材業界は終焉を迎えるのか?

ゲーム会社がインフォトップを買収・子会社化 驚きのニュースです。インフォトップがゲーム会社に買収されました。 モバイルゲームの開発等をおこなうアエリア(東京都)は、安定的な収益基盤…

成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある
成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある

その商品を心の底から必要としてる人は「誰」か? アフィリエイターの役目は、商品を必要としているターゲットに適切にアプローチすることです。ユーザーにとって価値のある商品・サービスをお…

「買いたい!」のスイッチを押す方法
たった480円で学べる”ブログ収益化戦略”

パワーアフィリエイター必読の書 わかったブログの運営者かん吉さんが発行した電子書籍『人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術』 [Kindle版]が、非常に…

アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ
アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ

パワーアフィリエイト手法の要素の一つである”独自の切り口”に関するご質問を多くいただきます。また、パワーアフィリエイトの手法をまとめたオリジナル特典において、独自の切り口に関する解…

優れたレビューを書くために必要な、たった1つのこと
優れたレビューを書くために必要な、たった1つのこと

読む人を感動させる”Amazonレビュー” 以下のAmazonカスタマーレビューをお読み下さい。 SANYO の IC レコーダーは優れものである。 先ず、音が良い。 30年数前に…

下克上(GEKOKUJO)は本当に成果がでるのか?
ニッチとは”細分化されたニーズ”だ

ニッチジャンルに関するご質問 ニッチなターゲットとニッチなブログテーマに関するご質問を頂きました。 山本様が考えるニッチジャンルとはライバルがいないジャンルを狙うことであり、ニッチ…

アフィリエイトLab(アフィLab)【検証とレビュー】
検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

「検索意図が明確かつ上位表示を狙えるキーワード」で記事を書くことの重要性 前回の記事の続きです。 アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる 前回は、アドセンス…