携帯電話を売ろうとする限り、携帯電話が売れない理由

携帯電話を売ろうとする限り、携帯電話が売れない本当の理由

携帯電話を売ろうとする限り、携帯電話が売れない本当の理由

携帯電話を売ろうとする限り、携帯電話が売れない理由

神田昌典氏と前田鎌利氏のスペシャル対談

神田昌典氏といえばマーケティングの第一人者でありコピーライティングにも精通した日本で最も有名なコンサルタントの1人です。そして前田鎌利氏は、ソフトバンク勤務時代にあの孫正義に鍛えられ、現在では多くの企業でプレゼンテーション講師を勤める若手キーパーソンです。

その二人がダイヤモンド社にて対談を行っているのですが、その内容がとても面白いので紹介します。題して「携帯電話を売ろうとする限り、携帯電話が売れない理由」。我々アフィリエイターが、商品やターゲットを深掘りする際に非常に参考になる内容です。

ターゲット目線を徹底して掘り下げる質問

神田昌典氏による稼ぐ言葉を掘り当てる「5つの質問」をご存知でしょうか?『稼ぐ言葉の法則』という書籍で紹介された思考法です。

【質問1】
あなたの商品は、ズバリどんな商品か?
その特徴2つを、20秒以内で、直感的にわかるように説明すると?

【質問2】
この商品を20秒以内で説明しただけで、「なんとか売ってくれ」と頭を下げて、嘆願してくるお客は、どのようなお客か?

【質問3】
いろいろ似たような会社がある中で、既存客は、なぜ自分の会社を選んだのか?
同じような商品を買えるような会社がいろいろある中で、なぜ既存客は、自分の会社から、この商品を買うことにしたのか?

【質問4】
いったい、お客は、どんな場面で、怒鳴りたくなるほどの怒りを感じているか?
どんなことに、夜も眠れないほどの悩み・不安を感じているか?
どんなことに、自分を抑えきれないほどの欲求を持つか?
その「怒り・悩み・不安・欲求」をお客が感じる場面を、「五感」を使って描写すると?

【質問5】
なぜ、この商品は、その悩みを簡単に、短時間で解決できるのか?
それを聞いたとたん、お客はどんな疑いを持つか?
その猜疑心を吹っ飛ばす“具体的・圧倒的な”証拠は?

引用:携帯電話を売ろうとする限り、携帯電話が売れない理由 ―スペシャル対談・神田昌典氏×前田鎌利氏【第2回】

これらの質問はアフィリエイターが商品やターゲットを深掘りする際にも活用できます。商品を知りターゲットの悩み・願望を理解することで、訴求力の高いコンテンツを作ることができるようになります。神田昌典氏によれば、これらの質問こそが「相手の目線に立つ」ことを促すことにつながるとのことです。

自分が売っている商品が「何」なのか、実はわかっていない…

多くのビジネスパーソンが、自分が売っている商品の「本質」を理解していないと、神田氏は語ります。それを裏付けるかのような前田鎌利氏のエピソードが紹介されます。

前田氏が光通信で携帯電話の法人営業をしていたときの話ですが、モノとしての「携帯電話」を売ろうとして上手くいかなかったそうです。そこから視点を切り替え、携帯電話を所有することによって得られる「大切な人とのつながり」を売るというスタイルに徹することで、営業成績が見違えるようになったそうです。

これが冒頭の「携帯電話を売ろうとする限り、携帯電話が売れない理由」というタイトルにつながります。

携帯電話に限らず、具体的な商品は「価値」を乗せるメディアですから、携帯電話を売ろうとする限り、携帯電話を売ることはできない。そのことに、私たちは気づかなければならない。

人は、誰かの強い”想い”に動かされる

相手の立場に立って考えることは簡単なようで実はすごく難しいことです。商売が絡めばどうしても自分の利益に収集してしまいがちです。しかし相手の立場に思いを馳せるという行為こそが、遠回りのように見えて実は近道なのでしょう。そのことを二人の対談から感じることができました。

携帯電話販売のエピソードから、私はある有名なレビューを思い起こさずにはいられません。このブログでも取り上げましたが、amazonに掲載された当時82歳の方が書いたレビューです。

相手の立場への想い、商品への想い…人は誰かの強い”想い”に動かされるのだというのは真理かもしれません。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている
70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

「自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。」竹中平蔵 年金崩壊危機が声高に叫ばれて久しいですが、もはや老後を国に頼ることは…

情報商材アフィリエイトを辞めます
情報商材アフィリエイトを辞めます

情報商材アフィリエイトを卒業します 誠に勝手ながら、本日(2013年8月12日)をもちまして当サイトの運営を中止することを決定致しました。理由は、情報商材アフィリエイトから卒業する…

朝一番でベッドを整えるとアフィリエイト作業がはかどる
朝一番でベッドを整えるとアフィリエイト作業が捗る

自宅作業の生産性を向上させる秘訣 私は専業アフィリエイターではありませんが、基本的には早朝の60分〜90分をアフィリエイト作業に充てています。その際に必ずやっていることがいくつかあ…

ウェブマスター向けガイドライン
あなたのSEO施策にやましい点はないか?

ウェブマスター向けガイドラインを読んでいますか? 極めて重要な”Googleのウェブマスター向けガイドライン” コンサルを開始して非常に驚いたことがあります。それは大半のアフィリエ…

あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?
あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?

ストックとフロー 経済用語でストックとフローという言葉があります。 ストック(資産)とは徐々に蓄積されていったものを指し、フロー(所得)は継続的に流れていくものを指しています。アフ…

オリジナルアフィリエイト
我流はダメなのか?

アフィリエイトにおいて、我流は本当にダメ? アフィリエイトの世界でよく言われている話ですが、 「我流はダメです!」 「まずは、商材のマニュアル通りに進めて下さい!」 「他の商材のノ…

ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法
ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法

ニッチジャンルと独自の切り口(オリジナルな価値)との関係 今回もパワーアフィリエイトに関するご質問をいただきましたのでシェアします。ご質問内容はニッチジャンルと独自の切り口(オリジ…

アフィリエイトLab(アフィLab)【検証とレビュー】
検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

「検索意図が明確かつ上位表示を狙えるキーワード」で記事を書くことの重要性 前回の記事の続きです。 アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる 前回は、アドセンス…

キーワードの枯渇
稼げるキーワードが枯渇することに対する漠然とした不安

大半のキーワードが先行組アフィリエイターに牛耳られている… わたしたち後発組が、アフィリエイトをスタートするときに、ある事実を知って絶望的な気持ちになることがあります。その事実とは…

”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア
”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア

超高齢化社会では1億4000万〜1億5000万円のお金が必要!? 週刊現代WEB版にて興味深い記事を読みました。 年金だけではまったく足りない! 人生100年時代のゾッとする真実 …

当ブログからの記事盗用に関して
【速報】インフォトップが買収された!情報商材業界は終焉を迎えるのか?

ゲーム会社がインフォトップを買収・子会社化 驚きのニュースです。インフォトップがゲーム会社に買収されました。 モバイルゲームの開発等をおこなうアエリア(東京都)は、安定的な収益基盤…

たった1時間で意図が明確なキーワードを100個、探しだす方法
たった1時間で意図が明確なキーワードを100個、探しだす方法

意図が明確なキーワードを探す方法 前回の記事の続きになります。 意図が明確なキーワードで記事を書くことの重要性 本記事では、具体的に「意図が明確なキーワード」を探す方法を詳しく解説…