”儲ける・稼ぐ”という言葉に違和感を感じます

”儲ける”という言葉に違和感を感じます

”儲ける”という言葉に違和感を感じます

2ヶ月ぶりくらいの記事投稿になります。本業が忙しく、このブログの記事を書くほどの気持ちの余裕がありませんでした。ようやく本業が落ち着いてきましたので、徐々に記事を書くペースを上げていきたいと思います。今年も、多くのアフィリエイターにとって、気付きのある記事を書いていきたいと思っています。

2013年第一回目の記事ですが、「儲けること」と「価値の提供」について書いてみたいと思います。

”儲ける”という言葉に違和感を感じる

アフィリエイトビジネスをしていると、様々な場面で「儲ける」「儲かる」「儲かった」という言葉を耳にします。同じような言葉で「稼ぐ」というものもありますね。

  • 「もっと儲けたい」
  • 「もっと稼ぐには」
  • 「最短で儲かる○○○」
  • 「儲けるために必要なこと」
  • 「月100万円稼ぐには?」

私自身も文脈の中で「稼ぐ」「儲かる」という言葉を使用することがありますが、これらの言葉に常に一定の違和感を感じているのも事実です。特に初心者アフィリエイターの方々とお話をしていると、その違和感はさらに増大します。

  • 「どうすればもっと稼げるようになりますか?」
  • 「あと10万円、稼ぎたいんです!」
  • 「1年間頑張ったのに、7000円しか儲かりませんでした・・・」

確かに、私たちがアフィリエイトビジネスを行っているのは、「稼ぐため」「儲けるため」というのが第一にあると思います。それを否定はしません。

報酬の先には一人一人のユーザーが存在している

でも、もっと大切なことがあると思いませんか?それは、報酬の先にはユーザーが存在しているということです。私が5000円のアフィリエイト報酬を手にしたとき、その報酬の先には1~2万円程度の商材を購入してくれたユーザーが存在しています。

誰かが自分のサイトを経由して商品・サービスを購入してくれたからこそ、アフィリエイト報酬が発生しているわけです。つまり、全てはユーザーありき、です。「報酬」の向こう側には常に「人」が存在します。

上手くいっていないアフィリエイターの大半は、ユーザーのことをほとんど何も考えてないと思います。ゴミサイト量産アフィリエイターも同様です。いかに自分がラクをして稼げるか?いかに時間を使わずに儲けられるか?そのことにばかり注力しています。

報酬とは何だろう?

アフィリエイト報酬の本質は何でしょうか?そもそも「報酬」とは何なのでしょうか?「報酬」とは、価値の提供(移動)によって生まれるものだと考えています。報酬は「労働の対価」ではありません。たくさん働いたから、たくさん報酬をもらえるわけではありません。

報酬は「価値の提供の対価」です。多くの価値を作り出し、必要としている多くの人々へ提供したから、相応の報酬を手にすることができるのだと思います。

価値がゼロだから報酬もゼロ

アフィリエイトも同じです。ユーザーに多くの価値を提供するアフィリエイターが、その対価として、結果的に多くの報酬を手にすることができると考えています。上手くいっていないアフィリエイターは、単純に「価値を提供できていない」からです。提供している価値がゼロだから、報酬もゼロなのです。シンプルですね。

報酬をアップさせる方法もシンプルです。つまり、より多くのユーザーに、多くの価値を提供すればよいだけです。一流のプロサッカープレーヤー莫大な報酬を手にしているのは、それだけ多くの顧客に優れた価値(感動・喜びなど)を提供し続けているからです。ハリウッドの映画スターが、信じられないほどの出演料をもらっているのは、世界中の人々に最高の価値(夢や希望)を与えているからです。

報酬の量は、あなたが提供する価値の量に100%比例します。

価値を提供できるサイト運営をするべき

私たちアフィリエイターは、必要としているターゲットに付加価値を提供することで、その対価としてアフィリエイト報酬を頂いているわけです。このマインドが抜け落ちているアフィリエイターが、非常に多いように感じます。

ユーザーにとって役に立つコンテンツを提供し続けているからこそ、リピーターが増えてアクセスが増大し、時間をかけて信頼関係を築くことができ、その結果として一定数がコンバージョンする(購入に至る)のです。 

優れた商材(商品・サービス)と、「それを必要としている人々」との間に橋渡しをすることが、私達アフィリエイターの役割です。「必要としている人々」に「価値のある商材(情報)」を「心(情熱)を込めて」オススメする、それが私の考えるアフィリエイトビジネスです。

価値のない商材を扱っている時点でアウト

価値のない(あるいは価値の低い)商品を、アフィリエイト報酬欲しさに、押し売りのように薦めてくるアフィリエイターがいますが、当然「報酬=価値の対価」の法則と反しています。価値のある商品であっても、全く必要としていない人々に薦めることも、単なる迷惑行為です。スパムと同じですね。

必要としている人々(悩んでいる人々・困っている人々)に、正しい答えを返してあげること(問題解決)が、私たちアフィリエイターの役目です。サイトコンテンツの中身は、本来「正しい答え」であるべきです。商材やサービスの紹介は、正しい答えのうちの一つ(選択肢)に過ぎません。

儲けることを考えるよりも付加価値を提供することに注力する

儲けることを考えるよりも、より多くの付加価値を提供することを意識すれば、自然とアフィリエイト報酬はアップします。報酬は、価値のボリュームに比例するからです。あなたが稼げないのは、単純に価値を提供していないからです。

「もっと稼ぐにはどうすれば?」つぶやくよりも、
「もっと価値を提供できるにはどうすればよいか?」と考えるべきです。

「月に30万円稼ぐには何をすればよいか?」よりも、
「自分は月に300万円以上の価値を提供できているのか?」と考えるべきです。

「儲けるためには何をすればよいのだろう?」よりも、
「より多くのユーザーに価値を与えるにはどんなコンテンツが必要だろう?」と考えるべきです。

見知らぬ誰かから、搾取(さくしゅ)するのではなく、必要としている人に価値を提供し、「ありがとう!」という感謝の言葉と共にアフィリエイト報酬を手にしたいと私は思っています。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

「welq(ウェルク)」にアフィリエイターが勝てなかった理由
「welq(ウェルク)」に個人アフィリエイターが勝てなかった理由

「welq(ウェルク)」に個人アフィリエイターが勝てなかった理由は”生産性”の差にある DeNA運営の「welq(ウェルク)」を始めとした大手コンテンツサイトが検索上位表示を独占し…

朝一番でベッドを整えるとアフィリエイト作業がはかどる
朝一番でベッドを整えるとアフィリエイト作業が捗る

自宅作業の生産性を向上させる秘訣 私は専業アフィリエイターではありませんが、基本的には早朝の60分〜90分をアフィリエイト作業に充てています。その際に必ずやっていることがいくつかあ…

ニッチなテーマについて
どうせならニッチなジャンルで専門性の高いサイトを作る

ニッチなジャンルで”尖ったサイト”を作ることの重要性 これまでにいただいたアフィリエイトに関する質問メールから、シェアできるものを数回に分けてピックアップしてお届けします。今回は、…

アフィリエイト報酬額はあなたが市場に提供した”価値”の総量に比例する
アフィリエイト報酬額はあなたが市場に提供した”価値”の総量に比例する

「アフィリエイトで報酬が発生するまでの目安を知りたい…」 連日多くのご質問を頂いています。今回は特に初心者の方から多く寄せられるご質問(メール)を、いくつかご紹介します。(メールの…

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ
腐るコンテンツと腐らないコンテンツ

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ パワーサイトは、サイトを資産化する手法です。つまり、長期にわたって継続的に収益を生み出してくれるサイトを運営することです。そのために最も大切なこ…

キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル
キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル

キーワードスキルは集客スキルの1つにすぎない キーワードに関するお問い合わせを多数いただいています。 私が実践するパワーアフィリエイト戦略においては、キーワードはそれほど重要ではあ…

作業のモチベーションが上がらない…そんなあなたに「パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学」
作業のモチベーションが上がらない…そんなあなたに「パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学」

アフィリエイトに「行動分析学」を取り入れてみる アフィリエイト初心者にとって最も辛いのは、作業に対する成果がすぐに現れないことです。これは私たち人間が「遅延収穫環境」に置かれている…

転がり始めたら雪だるま式に報酬が拡大するパワーアフィリエイト
転がり始めたら雪だるま式に報酬が拡大するパワーアフィリエイト

パワーサイトとはどんなサイト? 私が運営しているサイトは、俗に言うパワーサイトと呼ばれるものです。パワーサイトの概念ですが、私のイメージとしては、以下のようなサイト(ブログ)です。…

関連キーワードをもっと楽に探したい!というあなたへ
関連キーワードをもっと楽に探したい!というあなたへ

視覚的にキーワードを俯瞰できるツール「OMUSUBI」が秀逸 こんなツールがあるとは知りませんでした。 キーワードをマインドマップ的に俯瞰できるツール「OMUSUBI(おむすび)」…

アフィリエイトで「週4時間」だけ働く

週4時間だけ働く 『「週4時間」だけ働く。』という書籍をご紹介します。 刺激的なタイトルですが、出版されたのは約10年前です。2007年9月が初版であり、そのときのタイトルは『なぜ…

「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと
「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと

「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと 長年このブログを読んでいただいている方は気付いているかもしれませんが、私は文体をよく変えています。ブログスタート当初は「ですま…

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
ターゲットにとって価値のある記事を書けば、被リンクは自然に増えるという事実

被リンクについての考察 私が外的SEOを一切していない、とお答えするとなかなか信じてもらえません。本当は隠れてリンクを送っているんじゃないか?などと勘ぐられてしまいます。 何度も述…