”儲ける・稼ぐ”という言葉に違和感を感じます

”儲ける”という言葉に違和感を感じます

”儲ける”という言葉に違和感を感じます

2ヶ月ぶりくらいの記事投稿になります。本業が忙しく、このブログの記事を書くほどの気持ちの余裕がありませんでした。ようやく本業が落ち着いてきましたので、徐々に記事を書くペースを上げていきたいと思います。今年も、多くのアフィリエイターにとって、気付きのある記事を書いていきたいと思っています。

2013年第一回目の記事ですが、「儲けること」と「価値の提供」について書いてみたいと思います。

”儲ける”という言葉に違和感を感じる

アフィリエイトビジネスをしていると、様々な場面で「儲ける」「儲かる」「儲かった」という言葉を耳にします。同じような言葉で「稼ぐ」というものもありますね。

  • 「もっと儲けたい」
  • 「もっと稼ぐには」
  • 「最短で儲かる○○○」
  • 「儲けるために必要なこと」
  • 「月100万円稼ぐには?」

私自身も文脈の中で「稼ぐ」「儲かる」という言葉を使用することがありますが、これらの言葉に常に一定の違和感を感じているのも事実です。特に初心者アフィリエイターの方々とお話をしていると、その違和感はさらに増大します。

  • 「どうすればもっと稼げるようになりますか?」
  • 「あと10万円、稼ぎたいんです!」
  • 「1年間頑張ったのに、7000円しか儲かりませんでした・・・」

確かに、私たちがアフィリエイトビジネスを行っているのは、「稼ぐため」「儲けるため」というのが第一にあると思います。それを否定はしません。

報酬の先には一人一人のユーザーが存在している

でも、もっと大切なことがあると思いませんか?それは、報酬の先にはユーザーが存在しているということです。私が5000円のアフィリエイト報酬を手にしたとき、その報酬の先には1~2万円程度の商材を購入してくれたユーザーが存在しています。

誰かが自分のサイトを経由して商品・サービスを購入してくれたからこそ、アフィリエイト報酬が発生しているわけです。つまり、全てはユーザーありき、です。「報酬」の向こう側には常に「人」が存在します。

上手くいっていないアフィリエイターの大半は、ユーザーのことをほとんど何も考えてないと思います。ゴミサイト量産アフィリエイターも同様です。いかに自分がラクをして稼げるか?いかに時間を使わずに儲けられるか?そのことにばかり注力しています。

報酬とは何だろう?

アフィリエイト報酬の本質は何でしょうか?そもそも「報酬」とは何なのでしょうか?「報酬」とは、価値の提供(移動)によって生まれるものだと考えています。報酬は「労働の対価」ではありません。たくさん働いたから、たくさん報酬をもらえるわけではありません。

報酬は「価値の提供の対価」です。多くの価値を作り出し、必要としている多くの人々へ提供したから、相応の報酬を手にすることができるのだと思います。

価値がゼロだから報酬もゼロ

アフィリエイトも同じです。ユーザーに多くの価値を提供するアフィリエイターが、その対価として、結果的に多くの報酬を手にすることができると考えています。上手くいっていないアフィリエイターは、単純に「価値を提供できていない」からです。提供している価値がゼロだから、報酬もゼロなのです。シンプルですね。

報酬をアップさせる方法もシンプルです。つまり、より多くのユーザーに、多くの価値を提供すればよいだけです。一流のプロサッカープレーヤー莫大な報酬を手にしているのは、それだけ多くの顧客に優れた価値(感動・喜びなど)を提供し続けているからです。ハリウッドの映画スターが、信じられないほどの出演料をもらっているのは、世界中の人々に最高の価値(夢や希望)を与えているからです。

報酬の量は、あなたが提供する価値の量に100%比例します。

価値を提供できるサイト運営をするべき

私たちアフィリエイターは、必要としているターゲットに付加価値を提供することで、その対価としてアフィリエイト報酬を頂いているわけです。このマインドが抜け落ちているアフィリエイターが、非常に多いように感じます。

ユーザーにとって役に立つコンテンツを提供し続けているからこそ、リピーターが増えてアクセスが増大し、時間をかけて信頼関係を築くことができ、その結果として一定数がコンバージョンする(購入に至る)のです。 

優れた商材(商品・サービス)と、「それを必要としている人々」との間に橋渡しをすることが、私達アフィリエイターの役割です。「必要としている人々」に「価値のある商材(情報)」を「心(情熱)を込めて」オススメする、それが私の考えるアフィリエイトビジネスです。

価値のない商材を扱っている時点でアウト

価値のない(あるいは価値の低い)商品を、アフィリエイト報酬欲しさに、押し売りのように薦めてくるアフィリエイターがいますが、当然「報酬=価値の対価」の法則と反しています。価値のある商品であっても、全く必要としていない人々に薦めることも、単なる迷惑行為です。スパムと同じですね。

必要としている人々(悩んでいる人々・困っている人々)に、正しい答えを返してあげること(問題解決)が、私たちアフィリエイターの役目です。サイトコンテンツの中身は、本来「正しい答え」であるべきです。商材やサービスの紹介は、正しい答えのうちの一つ(選択肢)に過ぎません。

儲けることを考えるよりも付加価値を提供することに注力する

儲けることを考えるよりも、より多くの付加価値を提供することを意識すれば、自然とアフィリエイト報酬はアップします。報酬は、価値のボリュームに比例するからです。あなたが稼げないのは、単純に価値を提供していないからです。

「もっと稼ぐにはどうすれば?」つぶやくよりも、
「もっと価値を提供できるにはどうすればよいか?」と考えるべきです。

「月に30万円稼ぐには何をすればよいか?」よりも、
「自分は月に300万円以上の価値を提供できているのか?」と考えるべきです。

「儲けるためには何をすればよいのだろう?」よりも、
「より多くのユーザーに価値を与えるにはどんなコンテンツが必要だろう?」と考えるべきです。

見知らぬ誰かから、搾取(さくしゅ)するのではなく、必要としている人に価値を提供し、「ありがとう!」という感謝の言葉と共にアフィリエイト報酬を手にしたいと私は思っています。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

【丸山塾】なぜアフィリエイト塾に入る決意をしたのか?
アフィリエイトで得た報酬を株式投資へ再投資する仕組みが軌道に乗ってきた

アフィリエイトビジネスで得た報酬を株式投資へ再投資する仕組みが軌道に乗ってきた 会社員のかたわら、副業としてアフィリエイトビジネスに取り組んできました。その結果、約3年で6000万…

ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法
ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法

ニッチジャンルと独自の切り口(オリジナルな価値)との関係 今回もパワーアフィリエイトに関するご質問をいただきましたのでシェアします。ご質問内容はニッチジャンルと独自の切り口(オリジ…

必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました
必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました

読んでいないと話にならない『ウェブマスター向けガイドライン』 本日(2012年10月3日)、Googleのウェブマスター向けガイドラインが更新されました。ウェブマスター向けガイドラ…

アフィリエイトで「週4時間」だけ働く

週4時間だけ働く 『「週4時間」だけ働く。』という書籍をご紹介します。 刺激的なタイトルですが、出版されたのは約10年前です。2007年9月が初版であり、そのときのタイトルは『なぜ…

アフィリエイトはルーチンワークではない
アフィリエイトはルーチンワークではない

ルーティン作業で報酬が上がる時代は終わりつつある ルーチンワークアフィリエイトのレビュー依頼があったので、販売ページを見てみました。infotopランキングの上位にランクインしてい…

私がキーワード選定にこだわらない理由
私がキーワード選定にこだわらない理由

キーワード戦略に関するご質問 過去記事で「キーワードを意識しない」と書いたことに対して、次のご質問をいただきました。 いつも楽しくブログを拝見しています。 現在山本様はキーワードに…

1カ月間、毎日更新をしてみた結果
【1カ月間】毎日更新をしてみた結果、PV数が2.2倍になったが…

30日間”毎日更新”をした結果を振り返る 2016年9月12日から10月11日までの1ヶ月間、ブログ記事を毎日更新してみました。 ”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける…

たった1時間で意図が明確なキーワードを100個、探しだす方法
たった1時間で意図が明確なキーワードを100個、探しだす方法

意図が明確なキーワードを探す方法 前回の記事の続きになります。 意図が明確なキーワードで記事を書くことの重要性 本記事では、具体的に「意図が明確なキーワード」を探す方法を詳しく解説…

DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた
葉山直樹氏の株式会社MTSが倒産(任意整理)へ

葉山直樹氏の株式会社MTSが任意整理、アフィリエイトセンターも閉鎖 驚くニュースが入ってきました。アフィリエイト情報商材業界でも有名な葉山直樹氏の株式会社MTSが倒産(任意整理)し…

”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア
”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア

超高齢化社会では1億4000万〜1億5000万円のお金が必要!? 週刊現代WEB版にて興味深い記事を読みました。 年金だけではまったく足りない! 人生100年時代のゾッとする真実 …

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則
『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その1】

『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入した 本日は書籍のご紹介です。中村貞文さんの『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』です…

アフィリエイトLab(アフィLab)【検証とレビュー】
検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

「検索意図が明確かつ上位表示を狙えるキーワード」で記事を書くことの重要性 前回の記事の続きです。 アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる 前回は、アドセンス…