Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

Googleが本気を出します

昨日(2012年10月23日)の、Googleウェブマスター向け公式ブログをご覧になりましたでしょうか?全アフィリエイター必見の記事です。 まだ見ていない人は、今すぐ見て下さい。

「独自コンテンツをより高く評価するために」というタイトル記事です。

今回は、特に日本語での検索向けに、良質なサイトの検索順位を改善するアルゴリズム変更を実施しましたのでお知らせします。

引用:Google公式ブログ

今回(2012年10月23日)のGoogleアップデートでは、コピペサイトや中身のない価値の低いサイトを排除し、独自コンテンツを持つ価値の高いサイトを上位表示するように改善されたそうです。しかも、日本語サイトに対するアルゴリズムアップデートです。付加価値のないアフィリエイトサイトは、Googleのガイドライン違反となり検索順位が下がることを示唆しています。

ようやくGoogleの本領が発揮され始めたようですね。ペラサイトや中身の薄いアフィリエイトサイトは、ますます厳しい状況に追いやられそうです。逆に、しっかりとコンテンツ重視でサイトを運営されてきた方にとっては、今回のアップデートは朗報ですね。パワーサイトの時代が到来しそうな予感です。

アフィリエイトを長期的視野で捉えているか?

アフィリエイトを、単なる小遣い稼ぎ的な感じで捉えているか、それともしっかりとビジネスと捉え、中長期的な視野で戦略を建てているか、その違いが今後の報酬の伸びを大きく左右します。

1年後、3年後、5年後と、アフィリ経験が伸びるに合わせて、継続的にアフィリエイト報酬を拡大できる人は、資産となるようなサイト作りを心がけているアフィリエイターでしょう。

資産となるサイト=パワーサイトです。パワーサイトは一朝一夕では完成しません。日々の記事更新の積み重ねによって、徐々に完成度が高まります。時間が味方をしてくれます。今日から毎日、記事をアップしていけば、1年後には365記事のパワーサイトが完成します。このパワーサイトから、どれほどのアフィリエイト報酬が生まれるでしょうか?少なく見積もっても、月30万円は下らないと思います。

目先の報酬に囚われない

多くのアフィリエイターは、目先の1万円の報酬に囚われてしまいます。 その1万円を得たいが為に、ペラサイトを量産したり、コピペ的な記事を入れた無料ブログを大量に作ったりします。上位表示されるのは一瞬です。(今後は上位表示すらされない可能性もでてきます)

もっと長期的にアフィリエイトビジネスを捉えるべきです。1年後に月30万円~50万円の報酬が得られる方が、よっぽど有益ではないでしょうか?そのためには、ユーザーにとって本当に役立つ価値のあるサイト作りを目指すべきです。

私の初年度アフィリ報酬額は1200万円を超える

私は2012年2月よりアフィリエイトをスタートしましたが、おかげさまで、1年以内に、総報酬額は1200万円を超えそうです。2012年9月末時点(8ヶ月)で、累計6,999,851円の報酬を得ました。

2012年2月       61,074円 (アフィリエイト開始)
2012年3月     171,668円
2012年4月     475,594円
2012年5月     440,820円
2012年6月  1,120,281円
2012年7月  1,217,637円
2012年8月  1,659,412円
2012年9月  1,853,365円
__________________
合計     6,999,851円

2012年10月 1,500,000円(予定)
2012年11月 1,500,000円(予定)
2012年12月 1,500,000円(予定)
2013年1月  1,500,000円(予定)
__________________
合計    12,999,851円(予定)

残り4ヶ月ですが、仮に月平均150万円を得たとしても、1200万円を超えるアフィリエイト報酬を1年間(12ヶ月)で手にすることが出来そうです。

最終的に1450万円を超えました(2012年12月報酬)。

これがパワーサイトの力だと思います。ご覧の通り、報酬を大きく下げることなく、ほぼ右肩上がりで報酬を伸ばしています。

情報商材アフィリエイトはマーケットが狭いため、今後はどこかで報酬の伸びが停滞すると思いますので、2013年からは物販アフィリに参入したいと思っています。物販アフィリのマーケットは巨大です。取扱商品も幅広く、多彩です。物販アフィリにおいても、今のパワーサイト手法を展開していく予定です。恐らく、私のアフィリエイト報酬は更に拡大すると思います。

コツコツ記事をアップすることが将来の報酬を生んでくれる

コツコツと毎日、記事を入れていけば、半年後~1年後には、誰にもマネのできないパワーサイトが完成します。時間をかけて育てたサイトは、Googleの評価も高くなり、上位表示しやすくなるでしょう。そのパワーサイトに、そっとアフィリエイトリンク(出口)を添えるだけでOKです。総アクセスの一定割合のユーザーがコンバージョンしてくれます。毎日のようにアフィリエイト報酬が発生するでしょう。

こんなビジネスが、今後生き残っていくのではないでしょうか。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

当ブログからの記事盗用に関して
【速報】インフォトップが買収された!情報商材業界は終焉を迎えるのか?

ゲーム会社がインフォトップを買収・子会社化 驚きのニュースです。インフォトップがゲーム会社に買収されました。 モバイルゲームの開発等をおこなうアエリア(東京都)は、安定的な収益基盤…

類似コンテンツ
他と被らないコンテンツの作り方

他と被らないコンテンツの作り方 類似コンテンツが氾濫する世界 大半のアフィリエイトサイトのコンテンツ(中身)は、どれも似通っていることが多いですね。情報商材アフィリエイトにしても、…

全てのリンクには”必然性”がある
Googleのさじ加減一つでゴミブログは消える

忍者サイト自動生成機能が終了 残念なお知らせです。以前ご紹介したARMS(アームズ)ですが、2012年9月27日をもって忍者サイト自動生成機能が使えなくなりました。ARMS(アーム…

自己満足サイトに陥っていませんか?
自己満足サイトに陥っていませんか?

自己満足的なアフィリエイトサイトの特徴 すごく頑張っているのに何故か上手くいっていないサイトには、共通している特徴があります。それは、自己満足的なサイト運営に陥っている、ということ…

DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた
DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた

DeNAのウェルク閉鎖が健食EC業界を揺さぶる 健食EC事業者にとってキュレーションメディアは、販路拡大に欠かせないパワフルな広告媒体だったようですね。 そんな中、DeNAのウェル…

Googleが検索結果右側の広告枠撤廃を決定
Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定

Googleが検索結果の右側広告枠を撤廃することを決定 これまで検索結果の右側に表示されていた広告枠を、すべて撤去するとGoogleが発表しました。ソースはThe SEM Post…

作業のモチベーションが上がらない…そんなあなたに「パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学」
作業のモチベーションが上がらない…そんなあなたに「パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学」

アフィリエイトに「行動分析学」を取り入れてみる アフィリエイト初心者にとって最も辛いのは、作業に対する成果がすぐに現れないことです。これは私たち人間が「遅延収穫環境」に置かれている…

アフィリエイトビジネスの可能性
利益率94.4%の凄いビジネス

友人「…アフィリエイトって実際どうなの?」 私は、サラリーマンアフィリエイターです。会社関係の人には、私がアフィリエイトをしていることを隠しています。しかし、親しい友人には隠さず話…

「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと
「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと

「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと 長年このブログを読んでいただいている方は気付いているかもしれませんが、私は文体をよく変えています。ブログスタート当初は「ですま…

必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました
必読!Googleウェブマスター向けガイドラインが更新されました

読んでいないと話にならない『ウェブマスター向けガイドライン』 本日(2012年10月3日)、Googleのウェブマスター向けガイドラインが更新されました。ウェブマスター向けガイドラ…

【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される
【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される

渋谷で開催される年1回のビッグイベント 毎年恒例のビッグイベントが渋谷で開催されます。その名も「本気でアフィリエイトを学ぶ会2016 -Japan Affiliate Summit…

アフィ業者が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む
アフィリエイト法人が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む

セキネット vs. グーグル アフィリエイト業者の株式会社Sekinet(セキネット)が、Googleを相手取って裁判を起こしました。 自社名(株式会社Sekinet)をGoogl…