アフィリエイトで「週4時間」だけ働く

 

「週4時間」だけ働く。

「週4時間」だけ働く。

週4時間だけ働く

『「週4時間」だけ働く。』という書籍をご存知でしょうか?

刺激的なタイトルですが、出版されたのは約10年前です。2007年9月が初版であり、そのときのタイトルは『なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?』でした。改訂版である『「週4時間」だけ働く。』は2011年に出版されています。

書籍の内容はamazonから引用します。

週4時間働くだけで、お金持ちになれるとしたら?
夢のような話だけれど、実現不可能な話じゃない。4時間は無理でも、本書にある教えを実践すれば、あなたの労働時間はグンと減り、自分のための時間が増えるはずだ。 本当にやりたいことを今やらず、先送りにする「先送り人生プラン」は捨ててしまおう。
「時間」と「移動」を使い「今」をふんだんに生きよう。
ティム・フェリスの主張はこれだ。本書には、彼の主張を実践するための考えかたと方法、役に立つサイトから読書案内までぎっしりと詰まっている。
それらを実践し、人生を楽しむひとを、本書は「ニューリッチ」と名付ける。

ティムの理論を実践し、9時―5時労働からおさらばして、世界中の好きな場所に住み、ニューリッチになろう。
この本はニューリッチをめざす人のための、青写真になるはずだ。

引用:amazon

私はこの書籍を2011年頃に購入したのですが、その現実離れした内容に懐疑的でした。なにしろ週に4時間程度しか働かずにお金持ちになる方法です。死に物狂いで働いてようやく少し裕福な生活ができると信じていた当時の私にとっては、まったく響きませんでした。

9時5時勤務&長時間残業で拘束されるサラリーマンとは対極のライフスタイルを提唱されても、あまりにも夢物語すぎて、いったどこから手をつけてよいのか見当もつかず、

ニューリッチの台頭で「週4時間だけ働く」が多くの人にとって現実のものとなりつつある

『「週4時間」だけ働く。』が販売されてから10年弱。改めて書籍を紐解くと、この中で定義されている「ニューリッチ(NR)」と呼ばれる人々が、今の日本には爆発的に増えているように感じます。

ニューリッチとは、非常に高い生産性により労働時間を劇的に減らし報酬を増やし続けている人々のことです。今の世の中を見回せば、アフィリエイトビジネスや転売ビジネスをおこない、少ない労働時間で大金を手にする人々を普通に見かけることができます。10年前と比べればその数はものすごい勢いで増えていると肌で感じます。

2012年からアフィリエイトをスタートした私は、2016年現在、本業は別として週に10時間程度で月に100〜150万円の副収入を得られるようになりました。週4時間にはまだまだ届きませんが、副業だけを取り上げれば「週4時間だけ働く」状態にかなり近づいています。あれほど懐疑的だった「週4時間だけ働く」が現実のものになりつつあります。

生産性を極限まで高めることが自由への最短距離

私は9月12日から「記事の毎日更新」という課題を自分に課しています。

実際、記事を毎日更新することは容易ではありません。それでも試行錯誤を繰り返す理由は、アフィリエイトの生産性を高めたいという考えがあるからです。アフィリエイトを完全自動化することはムリだとしても、高い生産性を実現することで、より少ない労力と時間で安定した報酬を維持したいと考えています。

私がやっていることは『「週4時間」だけ働く。』で提唱されていたこと(仕事の生産性を極限まで高めよ)そのものであるということに最近になって気付きました。労働時間を減らしつつ報酬を増やす方法を徹底的に考えること。ムダを細部まで削り仕事を最適化(理想は自由化)すること。削減できるコストを見逃さず効率化を図ること…4年前の自分には見えなかったことが、今はよく見えます。アフィリエイトビジネスを実践する中で、思考のパラダイムシフトが起きたのだと考えています。

欲しいライフスタイルに合わせて仕事を”最適化”する

『「週4時間」だけ働く。』で提唱されている方法は「DEAL」と呼ばれています。

  • Definition(定義)
  • Elimination(捨てる)
  • Automation(自動化)
  • Liberation(解放)

4つのキーワードの頭文字をとって「DEAL」。自分が欲しいライフスタイルを決め、その実現に不要であることは潔く切り捨て、仕事は徹底的に自動化し、自分自身をあらゆる”しがらみ”から解き放つということです。

著者のスタイルを100%真似をするこはできなくても、70%くらいはできるのでは?と思えるようになりました。数年前は「週4時間だけ働く」を全否定をしていた私にとっては信じられないほどの大きな変化です。

まだ読んでいないアフィリエイターにはオススメの書籍です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

アフィリエイトLab(アフィLab)【検証とレビュー】
検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

「検索意図が明確かつ上位表示を狙えるキーワード」で記事を書くことの重要性 前回の記事の続きだ。 アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる 前回は、アドセンスを実践する際の検索ボリュームを底上げする方 […]

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ
腐るコンテンツと腐らないコンテンツ

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ パワーサイトは、サイトを資産化する手法です。つまり、長期にわたって継続的に収益を生み出してくれるサイトを運営することです。そのために最も大切なことは、腐らないコンテンツ(記事)を書くと […]

4400本もの被リンクが付いたアフィリエイトサイトの正体とは?
4400本もの被リンクが付いたアフィリエイトサイトの正体とは?

アフィリエイト界の”7人の海賊”たち 読者様から教えていただいたのですが、このブログ『アフィリエイト戦略思考』を”アフィリエイト界の七武海”として取り上げていただきました。大変光栄に思っています。 アフィリエイト界のすご […]

アフィリエイトで収入が発生するまでの目安
アフィリエイト報酬額は、あなたが市場に提供した”価値”の総量に比例する

「アフィリエイトで報酬が発生するまでの目安を知りたい…」 連日、多くのご質問を頂いています。今回は、特に初心者の方から多く寄せられるご質問(メール)を、いくつかご紹介します。(メールの内容は記事用に一部改編しています) […]

本気のGoogle
Googleが”ゴミサイト”を駆逐し始めた

みなさん、Googleが本気を出します 昨日(2012年10月23日)の、Googleウェブマスター向け公式ブログをご覧になりましたでしょうか?全アフィリエイター必見の記事です。 まだ見ていない人は、今すぐ見て下さい。 […]

70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている
70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

「自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。」竹中平蔵 BLOGOS「賢人論」インタビューで、竹中平蔵氏が取り上げられていて興味深く読んだのだが、とても印象的だった […]

アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる
弱者のためのキーワード戦略

様々な”思い”に応えるためのキーワードを探す 私自身はほとんどキーワードを意識しないで記事を書いています。私が実践しているパワーアフィリエイトにおいては、キーワード戦略はさほど意味をなしません。 関連記事: >&g […]

私がミニサイトを作らない理由(ワケ)
私がミニサイトを作らない理由(ワケ)

最近のトレンドである「ミニサイト」 先日、ミニサイトに関するご質問をいただきました。 +++++++++++++++++++++++++++++++ 山本様はミニサイト作りは考えておられないのでしょうか? ミニサイトは実 […]

「買いたい!」のスイッチを押す方法
たった280円で学べる”ブログ収益化戦略”

パワーアフィリエイター必読の書 わかったブログの運営者かん吉さんが発行した電子書籍『人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術』 [Kindle版]が、非常にオススメできるのでご紹介します。 Kin […]

Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話
書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』

250円で”個人WEBメディア”の構築と運営ノウハウが学べる 本のご紹介です。 『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』 250円 この書籍は、Kindle本の紹介サイト「きんどるどうで […]

ストックとフロー
あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?

ストックとフロー 経済用語でストックとフローという言葉があります。 ストック(資産)とは徐々に蓄積されていったものを指し、フロー(所得)は継続的に流れていくものを指しています。アフィリエイトにおける収入は、フロー(所得) […]

キーワードスキル
キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル

キーワードスキルは集客スキルの1つにすぎない キーワードに関するお問い合わせを多数いただいています。 私が実践するパワーアフィリエイト戦略においては、キーワードはそれほど重要ではありません。ターゲットにとって価値のある記 […]