なぜテーマから始めると、アフィリエイトは「上手くいかない」のか?

   2015/07/27

アフィリはテーマからスタートすると失敗する

アフィリエイトは「テーマ」からスタートすると失敗する

今回はの記事は、前回の記事とも一部内容がかぶりますが、重要なポイントなので別の角度から改めて記事にしたいと思います。

>>成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある

上手くいっていないアフィリエイターの大半が、テーマからスタートしています。具体的な失敗例を挙げます。

「アンチエイジング」というテーマが気になり、そのテーマに沿ってサイトを作り始めます。事前にアンチエイジングに最適な商品やサービスも目星を付けているので、サイトの中で紹介(アフィリエイト)するつもりです。「30代から始める女性のためのアンチエイジング」というサイトタイトルを付け、アンチエイジングに関する記事を定期的に書いていきます。そして、その記事の延長線上でアンチエイジングに関する商品やサービスを紹介し、アフィリエイトリンクを設置します。

この方法で、アフィリエイトを進めると、たいてい失敗します。定期的に記事を書いてコンテンツを増やしていけば、時間とともにアクセスはそこそこ増えると思います。しかし、ほとんど成約しません。なぜでしょう?

その他にも「30代から始めるゴルフ上達方法」とか「わかりやすい高血圧改善のためのまとめ」「主婦のためのキャッシングの基礎知識」なども同様です。皆、テーマからスタートしています。

広く浅くユーザーを集めてしまうなら、それはアドセンスと同じ

ニーズのあるテーマでスタートしても上手くいかない原因は、ユーザーを広く浅く集めてしまうからです。「アンチエイジング」をテーマとしたサイトを運営した場合、往々にしてアンチエイジングに関する知識を深めるための記事を書いてしまいがちです。

例)

  • アンチエイジングの基礎知識
  • 老化の原因
  • アンチエイジング医療
  • 肌のアンチエイジング

アンチエイジングに興味のあるユーザーが集まりますが、集まったユーザーの大半はたんなる情報を知りたい人々or暇つぶしです。テーマからスタートすると、ウィキペディア的なサイトになってしまうことが多いのです。

>>ウィキペディアサイトを作ってはいけない

商品を買いたいユーザー(もしくは潜在的に商品を求めているユーザー)は、なかなか集まりません。つまり非常に効率が悪いのです。これではアドセンスと同じです。アドセンスであればもっと多くのアクセスが必要です。しかしアクセスがそこそこではクリックすらされません。

仮にクリックされてもほとんど購入に至りません。なぜなら、購入というアクションから遠いユーザーばかり集めているからです。

購入から遠いユーザーを集めた場合、高度なライティング能力がないと成約まで持っていけない

購入から遠い(距離がある)ユーザーばかりを集めてしまうと、成約に至らせるまでに相当量の説得コンテンツが必要とされます。

  • あなたは、なぜこの商品を買わなければならないのか?
  • あなたが今すぐこの商品を買うべき理由は○○だ!
  • 色々な解決策があるけど、あなたにはこの解決策(商品)が最適である!
  • あなたはそれほど気にしていないかもしれないが、放っておくと大変なことになる!だから今すぐこれを買うべきだ!

訪れたユーザーの大半は、切羽詰まっていません。彼らは自分の悩みをそれほど深く捉えていません。もしくは問題に気づいていない可能性もあります。だからこそ問題点を気付かせてあげて、なおかつその問題を解決する方法を提示し、その解決策が最適な選択肢であることを理解させ、今すぐ購入すべき理由を明確に説明する必要があります。

そこまでしてあげないと、人は行動を起こしません。

まさにPASONAの法則をすべてコンテツ(サイト)内で行う必要があるのです。PASONAの法則とは、

  • Problem(問題点を明確化する)
  • Agitation(その問題点を炙り出し、あおりたてる)
  • Solution(解決策と証拠を提示する)
  • Narrow down(緊急性を訴える)
  • Action(行動を起こさせる)

具体的には、

  • P  「もしかして○○で悩んでいませんか?」
  • A  「○○って本当につらいですよね〜。でも、このままだと大変なことになりますよ!」
  • SO「そんな悩みも□□があれば、すぐに解決できます!」
  • N  「でも□□は、△△な事情で、限定数での提供みたいです…」
  • A  「今ならまだ購入できるみたいです!オススメですよ!」

このPASONAの法則をコンテンツ内で取り入れ、正しくユーザーを導くことができれば、成約の可能性は飛躍的に高まるでしょう。しかし…できますか?私には難しいです。高度なライティング能力と、それなりのコンテンツボリュームが必要とされます。

テーマからスタートするならば、ここまでやらないと成約させることは難しいと感じています。テーマからスタートしていると思われるサイトの大半(ほぼ全て)は、ここまで徹底できていません。リライト的な記事を書き、その下に取って付けたようなアフィリエイトリンクやバナーが置いてあります。これでは、アドセンスと同じです。

もっと簡単な方法がある

ここまでしなくても、もっと簡単に成約してもらう方法があります。それは、テーマからスタートさせるのではなく、商品からスタートさせることです。「アンチエイジング」というテーマでサイトを作るのではなく、「フィフローBTX」(アンチエイジングクリームの商品名)でサイトを作るということです。

究極は商標名サイト(商標名キーワード)ということになりますね。商標名(もしくはその複合キーワード)で検索する人は、PASONAの法則でいうところの、

  • Problem(問題点を明確化する)
  • Agitation(その問題点を炙り出し、あおりたてる)
  • Solution(解決策を提示する)

ここまでは、すでにユーザーの中で終わっているわけです。つまりコンテンツ内で説明不要です。あとは、ユーザーの不安や疑問点を取り除き、

  • Narrow down(緊急性を訴える)
  • Action(行動を起こさせる)

これらをコンテンツとして提示するだけでOKです。

検索キーワードによっては、Action(行動を起こさせる)だけでもコンテンツが成り立つ場合があります。Problem+Agitation+Solutionを説明する必要がないので、とても楽ですね。

商標名キーワードが成約させやすいといわれる理由はここにあります。ユーザーが何を選ぶべきか理解していて、最終段階まで来ているわけです。あとはユーザーの不安や疑問点を解決してあげるだけで、アクションを起こします。だから成約するのです。アクションまでの距離が短いのです。まさに「今すぐ客」です。

「今すぐ客」をまず狙う、それから「そのうち客」に照準を

初心者アフィリエイターであるほど「すごいサイトを作ってやろう」と思ってしまいます。大きなテーマでスタートしてしまい、人気サイトを作ろうと意気込みます。しかし、なかなか人気サイトなど作れるものではありません。成約しないどころかアクセスすら集まらず、意気消沈してしまいます。

初心者の方こそ「今すぐ客」をターゲットにすべきです。なぜならその方が簡単だからです。ライティングスキルもそれほど要求されません。購入に関する不安を取り除くだけで成約します。

もちろんこの「今すぐ客」を集めるためのキーワードは超激戦区です。それでも参入するべきだと考えています。「今すぐ客」すら成約できないようでは「そのうち客」など絶対に成約させることはできません。「今すぐ客」を成約できるようになってから、徐々にアクションまでの距離を伸ばしたユーザーをターゲットにしていったほうがラクです。

「ライティングに自信があるから、そのうち客を成約させる!」と考えている方は、それでも良いと思います。

ただ同じ時間と労力をかけるならば、「今すぐ客」を狙ったほうが遥かに効率が良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

4400本もの被リンクが付いたアフィリエイトサイトの正体とは?
サイト作成に経験や体験は必要か?

アフィリエイトサイト作成に経験・体験は必要か? パワーアフィリエイトに関するご質問をいただきましたので、私の回答とともに記事にしたいと思います。前回記事にした”アフィリエイトにおける「視点」とは、どのように語るのか?とい […]

上位表示は必要か?
良質な記事を書けば、放っておいても見つけてもらえる時代になってきた

上位表示ってそんなに重要ですか? 最近、メールでご質問をいただくことが多いのですが、その中でも特に多いお問い合わせが、 「どうすれば上位表示されますか?」 「サイトを作ったけれど、なかなか上位表示されない・・・」 「上位 […]

アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる
弱者のためのキーワード戦略

様々な”思い”に応えるためのキーワードを探す 私自身はほとんどキーワードを意識しないで記事を書いています。私が実践しているパワーアフィリエイトにおいては、キーワード戦略はさほど意味をなしません。 関連記事: >&g […]

アフィリエイトはラットレース
アフィリエイトという”ラットレース”から抜け出す一番の近道は、市場(マーケット)への再投資だ

サイト売却の話 先日、私が運営するサイト(1サイト)を購入したいとのお話をいただきました。売買専門業者さんを介してのお話です。このサイト(アフィリエイト戦略思考ブログ)ではありません。2013年10月に立ち上げたサイトで […]

アフィリエイトビジネスの可能性
利益率94.4%の凄いビジネス

「アフィリエイトって実際どうなの?」 私は、サラリーマンアフィリエイターです。会社関係の人には、私がアフィリエイトをしていることを隠しています。しかし、親しい友人には隠さず話をしています。 「アフィリエイトをやっているよ […]

当ブログからの記事盗用に関して
【速報】インフォトップが買収された!情報商材業界は終焉を迎えるのか?

ゲーム会社がインフォトップを買収・子会社化 驚きのニュースです。インフォトップがゲーム会社に買収されるようです。 モバイルゲームの開発等をおこなうアエリア(東京都)は、安定的な収益基盤であるレンタルサーバー等のITサービ […]

忍者サイトとアームズ
Googleのさじ加減一つで、ゴミブログは消える

忍者サイト自動生成機能が終了 残念なお知らせです。以前ご紹介したARMS(アームズ)ですが、2012年9月27日をもって忍者サイト自動生成機能が使えなくなりました。 ARMS(アームズ)を販売している株式会社ミスリルから […]

【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される
どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか?

どうすれば自分の好きなことをして食っていけるのか? 岡田斗司夫さんの「いや、上京するの面倒くさいし地元の方が楽だよね: ジモらくのススメ」を読みました。 いや、上京するの面倒くさいし地元の方が楽だよね: ジモらくのススメ […]

”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探す

ブログの毎日更新を開始した理由 このブログでは、2016年9月12日から毎日記事を更新しています。それまでは月に1〜2本程度しか記事を書いていませんでした。 唐突に毎日更新を開始したことに対して「なぜ毎日更新するようにな […]

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則
『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その1】

『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入した 本日は書籍のご紹介です。 中村貞文さんの『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』です。 中村貞文さんといえば、リスタートア […]

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ
腐るコンテンツと腐らないコンテンツ

腐るコンテンツと腐らないコンテンツ パワーサイトは、サイトを資産化する手法です。つまり、長期にわたって継続的に収益を生み出してくれるサイトを運営することです。そのために最も大切なことは、腐らないコンテンツ(記事)を書くと […]

ニッチとは”細分化されたニーズ”だ
ニッチとは”細分化されたニーズ”だ

ニッチジャンルに関するご質問 ニッチなターゲットとニッチなブログテーマに関するご質問を頂きました。 山本様が考えるニッチジャンルとはライバルがいないジャンルを狙うことであり、ニッチジャンルを考えるにあたり、ニッチな人をタ […]