なぜテーマから始めると、アフィリエイトは「上手くいかない」のか?

   2015/07/27

アフィリはテーマからスタートすると失敗する

アフィリエイトは「テーマ」からスタートすると失敗する

今回はの記事は、前回の記事とも一部内容がかぶりますが、重要なポイントなので別の角度から改めて記事にしたいと思います。

>>成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある

上手くいっていないアフィリエイターの大半が、テーマからスタートしています。具体的な失敗例を挙げます。

「アンチエイジング」というテーマが気になり、そのテーマに沿ってサイトを作り始めます。事前にアンチエイジングに最適な商品やサービスも目星を付けているので、サイトの中で紹介(アフィリエイト)するつもりです。「30代から始める女性のためのアンチエイジング」というサイトタイトルを付け、アンチエイジングに関する記事を定期的に書いていきます。そして、その記事の延長線上でアンチエイジングに関する商品やサービスを紹介し、アフィリエイトリンクを設置します。

この方法で、アフィリエイトを進めると、たいてい失敗します。定期的に記事を書いてコンテンツを増やしていけば、時間とともにアクセスはそこそこ増えると思います。しかし、ほとんど成約しません。なぜでしょう?

その他にも「30代から始めるゴルフ上達方法」とか「わかりやすい高血圧改善のためのまとめ」「主婦のためのキャッシングの基礎知識」なども同様です。皆、テーマからスタートしています。

広く浅くユーザーを集めてしまうなら、それはアドセンスと同じ

ニーズのあるテーマでスタートしても上手くいかない原因は、ユーザーを広く浅く集めてしまうからです。「アンチエイジング」をテーマとしたサイトを運営した場合、往々にしてアンチエイジングに関する知識を深めるための記事を書いてしまいがちです。

例)

  • アンチエイジングの基礎知識
  • 老化の原因
  • アンチエイジング医療
  • 肌のアンチエイジング

アンチエイジングに興味のあるユーザーが集まりますが、集まったユーザーの大半はたんなる情報を知りたい人々or暇つぶしです。テーマからスタートすると、ウィキペディア的なサイトになってしまうことが多いのです。

>>ウィキペディアサイトを作ってはいけない

商品を買いたいユーザー(もしくは潜在的に商品を求めているユーザー)は、なかなか集まりません。つまり非常に効率が悪いのです。これではアドセンスと同じです。アドセンスであればもっと多くのアクセスが必要です。しかしアクセスがそこそこではクリックすらされません。

仮にクリックされてもほとんど購入に至りません。なぜなら、購入というアクションから遠いユーザーばかり集めているからです。

購入から遠いユーザーを集めた場合、高度なライティング能力がないと成約まで持っていけない

購入から遠い(距離がある)ユーザーばかりを集めてしまうと、成約に至らせるまでに相当量の説得コンテンツが必要とされます。

  • あなたは、なぜこの商品を買わなければならないのか?
  • あなたが今すぐこの商品を買うべき理由は○○だ!
  • 色々な解決策があるけど、あなたにはこの解決策(商品)が最適である!
  • あなたはそれほど気にしていないかもしれないが、放っておくと大変なことになる!だから今すぐこれを買うべきだ!

訪れたユーザーの大半は、切羽詰まっていません。彼らは自分の悩みをそれほど深く捉えていません。もしくは問題に気づいていない可能性もあります。だからこそ問題点を気付かせてあげて、なおかつその問題を解決する方法を提示し、その解決策が最適な選択肢であることを理解させ、今すぐ購入すべき理由を明確に説明する必要があります。

そこまでしてあげないと、人は行動を起こしません。

まさにPASONAの法則をすべてコンテツ(サイト)内で行う必要があるのです。PASONAの法則とは、

  • Problem(問題点を明確化する)
  • Agitation(その問題点を炙り出し、あおりたてる)
  • Solution(解決策と証拠を提示する)
  • Narrow down(緊急性を訴える)
  • Action(行動を起こさせる)

具体的には、

  • P  「もしかして○○で悩んでいませんか?」
  • A  「○○って本当につらいですよね〜。でも、このままだと大変なことになりますよ!」
  • SO「そんな悩みも□□があれば、すぐに解決できます!」
  • N  「でも□□は、△△な事情で、限定数での提供みたいです…」
  • A  「今ならまだ購入できるみたいです!オススメですよ!」

このPASONAの法則をコンテンツ内で取り入れ、正しくユーザーを導くことができれば、成約の可能性は飛躍的に高まるでしょう。しかし…できますか?私には難しいです。高度なライティング能力と、それなりのコンテンツボリュームが必要とされます。

テーマからスタートするならば、ここまでやらないと成約させることは難しいと感じています。テーマからスタートしていると思われるサイトの大半(ほぼ全て)は、ここまで徹底できていません。リライト的な記事を書き、その下に取って付けたようなアフィリエイトリンクやバナーが置いてあります。これでは、アドセンスと同じです。

もっと簡単な方法がある

ここまでしなくても、もっと簡単に成約してもらう方法があります。それは、テーマからスタートさせるのではなく、商品からスタートさせることです。「アンチエイジング」というテーマでサイトを作るのではなく、「フィフローBTX」(アンチエイジングクリームの商品名)でサイトを作るということです。

究極は商標名サイト(商標名キーワード)ということになりますね。商標名(もしくはその複合キーワード)で検索する人は、PASONAの法則でいうところの、

  • Problem(問題点を明確化する)
  • Agitation(その問題点を炙り出し、あおりたてる)
  • Solution(解決策を提示する)

ここまでは、すでにユーザーの中で終わっているわけです。つまりコンテンツ内で説明不要です。あとは、ユーザーの不安や疑問点を取り除き、

  • Narrow down(緊急性を訴える)
  • Action(行動を起こさせる)

これらをコンテンツとして提示するだけでOKです。

検索キーワードによっては、Action(行動を起こさせる)だけでもコンテンツが成り立つ場合があります。Problem+Agitation+Solutionを説明する必要がないので、とても楽ですね。

商標名キーワードが成約させやすいといわれる理由はここにあります。ユーザーが何を選ぶべきか理解していて、最終段階まで来ているわけです。あとはユーザーの不安や疑問点を解決してあげるだけで、アクションを起こします。だから成約するのです。アクションまでの距離が短いのです。まさに「今すぐ客」です。

「今すぐ客」をまず狙う、それから「そのうち客」に照準を

初心者アフィリエイターであるほど「すごいサイトを作ってやろう」と思ってしまいます。大きなテーマでスタートしてしまい、人気サイトを作ろうと意気込みます。しかし、なかなか人気サイトなど作れるものではありません。成約しないどころかアクセスすら集まらず、意気消沈してしまいます。

初心者の方こそ「今すぐ客」をターゲットにすべきです。なぜならその方が簡単だからです。ライティングスキルもそれほど要求されません。購入に関する不安を取り除くだけで成約します。

もちろんこの「今すぐ客」を集めるためのキーワードは超激戦区です。それでも参入するべきだと考えています。「今すぐ客」すら成約できないようでは「そのうち客」など絶対に成約させることはできません。「今すぐ客」を成約できるようになってから、徐々にアクションまでの距離を伸ばしたユーザーをターゲットにしていったほうがラクです。

「ライティングに自信があるから、そのうち客を成約させる!」と考えている方は、それでも良いと思います。

ただ同じ時間と労力をかけるならば、「今すぐ客」を狙ったほうが遥かに効率が良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

ストックとフロー
あなたは今日、自分のサイトにどれほどの価値を加えたでしょうか?

ストックとフロー 経済用語でストックとフローという言葉があります。 ストック(資産)とは徐々に蓄積されていったものを指し、フロー(所得)は継続的に流れていくものを指しています。アフィリエイトにおける収入は、フロー(所得) […]

キーワードの枯渇
稼げるキーワードが枯渇することに対する漠然とした不安

大半のキーワードが先行組アフィリエイターに牛耳られている… わたしたち後発組が、アフィリエイトをスタートするときに、ある事実を知って絶望的な気持ちになることがあります。その事実とは、ほとんどのキーワードで大量のアフィリエ […]

1カ月間、毎日更新をしてみた結果
【1カ月間】毎日更新をしてみた結果、PV数が2.2倍になった

”記事毎日更新”をした結果を総括する 9月12日から10月11日まで、ブログ記事を毎日更新してみました。 ”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探す 毎日更新をすることにした理由は上の記事で詳しく […]

アフィ業者が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む
アフィ業者が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む

セキネット vs グーグル アフィリエイト業者の株式会社Sekinet(セキネット)が、Googleを相手取って裁判を起こしました。 自社名(株式会社Sekinet)をGoogleで検索すると「詐欺」「悪徳情報商材」など […]

報酬はありがとうの対価
アフィリエイト報酬は「ありがとう!」の対価であるべき

記事自動生成ツールで作った記事に”価値”はない 記事自動生成ツールが売れていますね。Sk-Grandeについて問い合わせをいただいたので、販売ページを見てみました。Sk-Grandeは次世代型の記事生成技術を搭載したツー […]

「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと
「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと

「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと 長年このブログを読んでいただいている方は気付いているかもしれませんが、私は文体をよく変えています。ブログスタート当初は「ですます調」で執筆していました。 途中からは「 […]

もしもオリエンタルラジオのあっちゃんがアフィリエイターだったら…
もしもオリエンタルラジオのあっちゃんがアフィリエイターだったら…

オリラジのあっちゃんがアフィリエイターだったら… しくじり先生の『中田歴史塾』が最高に面白い! テレビ朝日で放送されているバラエティ特番『しくじり先生 』、面白いですよね。 この中で昨年から注目を集めているのがお笑い芸人 […]

【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される
【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される

渋谷で開催される年1回のビッグイベント 毎年恒例のビッグイベントが渋谷で開催されます。その名も「本気でアフィリエイトを学ぶ会2016 -Japan Affiliate Summit-」です。主催は日本アフィリエイト協議会 […]

「買いたい!」のスイッチを押す方法
「買いたい!」のスイッチを押す方法

消費者の心と行動を読み解く 昨日、たまたまネットで見かけた書籍をAmazoneのKindleで購入した。内容がアフィリエイターにとってもかなり役立つものだったので紹介したいと思う。「買いたい!」のスイッチを押す方法(小阪 […]

パワーサイトとは?
転がり始めたら雪だるま式に報酬が拡大するパワーアフィリエイト

パワーサイトとはどんなサイト? 私が運営しているサイトは、俗に言うパワーサイトと呼ばれるものです。パワーサイトの概念ですが、私のイメージとしては、以下のようなサイト(ブログ)です。 サイトのボリュームが大きい 長期的に運 […]

作家の収支とアフィリエイター
多作は才能だ

ビジネスライクな小説家「森博嗣」のマーケティングセンス 『作家の収支』(森博嗣)という興味深い本をさきほどKindleで読み終えました。仕事帰りにiPhoneで購入し、Kindleで一気読みしてしまいました。 『作家の収 […]

SEO
良質のコンテンツこそ、最良のSEOだ

ゴミサイトの排除は佳境に入りつつある 昨日(2012年10月24日)の記事は、読んでいただけましたでしょうか? いよいよGoogleがゴミサイトを追い詰めにかかっています。 検索結果を見ても、まだまだゴミサイトを見かけま […]