キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル

   2014/12/28

一生食っていけるスキルとは?

キーワードスキルは集客スキルの1つにすぎない

キーワードに関するお問い合わせを多数いただいています。

私が実践するパワーアフィリエイト戦略においては、キーワードはそれほど重要ではありません。ターゲットにとって価値のある記事を書き続ければ、必要なキーワード(検索されるキーワード)は自然と記事内に含まれるからです。私自身、ほとんどキーワードを意識せずに記事を書いています。

パワーアフィリエイトにおける集客ノウハウについては、以下の記事をごらんください。

>>良質な記事を書けば放っておいても見つけてもらえる時代になってきた

一方で、ペラサイト戦略やトレンドアフィリエイトでは、キーワードは非常に重要な要素となります。検索エンジンからの集客を大前提としたアフィリエイト戦略においては、適切なキーワードを拾い出すスキルは欠かせません。

特定のキーワードで上位表示させることが戦略の重要な要(かなめ)となり、上位表示させるためにペナルティ覚悟で多くの被リンクを付けたり、サイトを量産することでペナルティのリスク回避をおこなっています。

キーワード戦略=狙ったターゲットを集客できるスキル

今回は、ペラサイト戦略や量産アフィリエイト戦略を実践しているアフィリエイターが、どのようにキーワード戦略を捉えればよいのか?について書いてみたいと思います。

私の考えるキーワード戦略スキルとは、自分が集めたいターゲットを、ネット上から思いのままに集めることができる技術(集客技術)の1つであると捉えています。これができれば何でも売れます。

属性の濃いターゲットを集め、彼らの望むものをそろえることができれば、ほとんど自動的に(右から左へと)売れていきます。しかも、購入したユーザーからは、感謝されます。

もちろん、ネットマーケティングには、キーワード戦略スキル(集客スキル)以外にも重要な要素がいくつかあります。コピーライティングスキルも必要ですし、デザインスキルも無いよりはあったほうが良いと思います。でも、少なくとも狙ったターゲットを集客できなければ、コピーライティングもデザインも、全て無駄になります。

極論ですが集客スキルが身につけば、本当に一生食べていけるのではないか?とすら思えます(決して大げさではないと思います)。

たとえ、一文無しになろうと、ネットに繋がった1台のパソコンと正しいキーワード戦略さえ身に着けていれば、ゼロからお金を手にすることが可能であると確信しています。

エスキモーに氷を売る必要はない

『エスキモーに氷を売る』というマーケティングの書籍がありましたが、私たちはわざわざ苦労してエスキモーに氷を売る必要はありません。

エスキモーに氷を売る

心の底から氷を欲しているターゲットを集めて、「どうぞ」と提供すれば良いだけです。これが私のイメージしているアフィリエイトです。

ユーザーが欲しい物を、欲しいタイミングで提供してあげる、これができれば、ビジネスは成功したも同然です。そのためには、絶対的に、氷が欲しいユーザーを集めるスキルが求められます。つまり、キーワード戦略(集客スキル)です。

キーワード戦略を構成する4要素

私の考えるキーワード戦略は大きく4つに分かれます。

  1. 商品・サービスを知る
  2. ターゲットを深堀りする
  3. キーワードを選定する
  4. キーワードに対する答えを返す(コンテンツ)

紹介したい商品を良く知ることからスタートし、その商品にマッチしたターゲット(属性)を見極め、ターゲットが打ち込むであろうキーワードを選定し、そのキーワードに対してコンテンツとして答えを返してあげる。これらをひっくるめてキーワード戦略と捉えています。

商品を詳しく知らなければターゲットを絞り込むことができません。その商品を心の底から欲している人々=ターゲットです。その商品を手にすることで幸せになれる人々=ターゲットです。「これこそ、私が探していたものだ!」といってくれる人=ターゲットです。

ターゲットが定まれば、キーワード選定に移行します。

正しいキーワード選定とは?

正しいキーワード選定とは、ターゲットの明確な意図(意思)を汲み取ったキーワードを選ぶ(拾う)ということです。Yahoo!やGoogle検索を使って何かを調べる人は、必ず意図を持っています。その意図は様々であり、人それぞれです。

私達アフィリエイターが集めるべきユーザーは、商品・サービスを購入してくれる可能性の高いユーザー、つまり濃いターゲットです。さらに言えば、目的を達するためにはお金を支払うことを厭(いと)わないと考えているユーザーです。

私達が拾うべきキーワードは、彼ら(ターゲット)が打ち込む可能性の高いキーワード、ということになります。狙うべきターゲットが打ち込むキーワード、すなわち”意図が明確なキーワード”です。

明確な意図とは?

明確な意図とは、

  • 絶望的な悩みを抱えおり
  • 時間的制約(切羽詰まった状況)に置かれていて
  • なおかつ問題を解決することに対してある程度の出費を厭わない

という状況のことを指します。

  • 今すぐ問題を解決したい!
  • とにかくなんとしてでも状況を改善したい!
  • ○日までにこの悩みを解消しなければいけない!
  • そのためには、多少の出費(コスト)は覚悟している!

こんな状況に置かれたターゲットを集めることができれば、アフィリエイトはシンプルになります。

  • 「あなたの求めているものは、これですね?」
  • 「あなたの悩みはコチラで解決できますよ。」

たったこれだけで商品が売れます。

ターゲットの悩みや怒り、苦しみ、悲しみ(叫び)が、検索ワードとして顕在化したものが、意図の明確なキーワードだと考えます。

  • お金を払ってでも解決したい!
  • 期限が迫っていて、今すぐ解決したい!
  • 緊急性が高い!
  • 切羽詰まっている!
  • 絶望感を抱えている…

まさに本気度の高いユーザーと言えます。単に情報を集めたいユーザーとは、一線を画しています。彼らが実際に打ち込むキーワードこそ、意図が明確なキーワードと言えます。

キーワードを掘り下げていけば、本気度の高いキーワードが見つかる

悩みが深い分だけ、キーワードは複雑になります。例えば、Yahoo!の虫眼鏡キーワードを深く深く掘り下げていく。そこで発見した複合キーワードは、本気度が高いのではないでしょうか?悩みが深い=キーワードも深い、のではないでしょうか?

単一キーワード(ビッグキーワード)では、ターゲットの悩みの深さは決してわかりません。もちろんアクセスは少なくなります。しかし本気度が高いため、少ないアクセスでもコンバージョン率は高まります。

自分の悩みや疑問を言語化できないユーザーも多数存在すると思います。彼らはどのような言葉で検索をするのか?これがわかれば、濃いアクセスを集めることができるようになります。

アクセスに対し、コンテンツで正しい答えを返してあげれば、自然とコンバージョンします。

長くなりましたので、続きは次回の記事でアップします。

>>意図が明確なキーワードで記事を書くことの重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている
70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

「自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。」竹中平蔵 BLOGOS「賢人論」インタビューで、竹中平蔵氏が取り上げられていて興味深く読んだのだが、とても印象的だった […]

忍者サイトとアームズ
Googleのさじ加減一つで、ゴミブログは消える

忍者サイト自動生成機能が終了 残念なお知らせです。以前ご紹介したARMS(アームズ)ですが、2012年9月27日をもって忍者サイト自動生成機能が使えなくなりました。 ARMS(アームズ)を販売している株式会社ミスリルから […]

アフィ業者が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む
アフィ業者が「神(Google)」相手に勝てない戦いを挑む

セキネット vs グーグル アフィリエイト業者の株式会社Sekinet(セキネット)が、Googleを相手取って裁判を起こしました。 自社名(株式会社Sekinet)をGoogleで検索すると「詐欺」「悪徳情報商材」など […]

類似コンテンツ
他と被らないコンテンツの作り方

類似コンテンツサイトの氾濫 大半のアフィリエイトサイトのコンテンツ(中身)は、どれも似通っていることが多いですね。情報商材アフィリエイトにしても、物販アフィリエイトにしても、同様です。 どのサイトを見ても、だいたい同じよ […]

LFM-TVをヤフオクで手に入れることの危険性
【危険】LFM-TVがヤフオクで手に入る?

販売終了の「LMF-TV」がヤフオクに出品されている件 私がアフィリエイトを始めた当初(2012年)は、素晴らしい教材がそろっていた。 アフィリエイトファクトリー アンリミテッドアフィリエイト LFM‐TV2012 残念 […]

アフィリイトリンクへの誘導
アフィリリンクに誘導するという考えを捨てる

一般記事からアフィリエイト記事への誘導 昨日、興味深いご質問を頂きましたので、シェアしたいと思います。 読者様からのご質問内容は、”一般記事からアフィリエイトリンクページへいかに誘導すれば良いか?”といったものです。 私 […]

Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話
書評『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』

250円で”個人WEBメディア”の構築と運営ノウハウが学べる 本のご紹介です。 『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』 250円 この書籍は、Kindle本の紹介サイト「きんどるどうで […]

被リンクの重要性
【自作自演は不要】3年で700本もの自然リンクを貰えた理由とは?

YouTube動画で紹介されました 当ブログ(アフィリエイト戦略思考ブログ)がYouTube動画で取り上げられていることを偶然知りました。 その動画とはこちらの2本です。tamo315さんという方が当ブログをピックアップ […]

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則
『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その2】

前回の記事はこちら >>『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その1】 書籍で紹介されている「あかちゃんのぐずり」サイト この書籍では、著者のサイトが1つだけ紹介さ […]

アフィリエイトLab(アフィLab)【検証とレビュー】
検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

「検索意図が明確かつ上位表示を狙えるキーワード」で記事を書くことの重要性 前回の記事の続きだ。 アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる 前回は、アドセンスを実践する際の検索ボリュームを底上げする方 […]

報酬はありがとうの対価
アフィリエイト報酬は「ありがとう!」の対価であるべき

記事自動生成ツールで作った記事に”価値”はない 記事自動生成ツールが売れていますね。Sk-Grandeについて問い合わせをいただいたので、販売ページを見てみました。Sk-Grandeは次世代型の記事生成技術を搭載したツー […]

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則
『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その1】

『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入した 本日は書籍のご紹介です。 中村貞文さんの『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』です。 中村貞文さんといえば、リスタートア […]